出産の不安や悩み

出産の不安や悩み

「出産」に関するまとめが集まったページです。出産に最低限の準備で買うもの、分娩の痛みから内祝いなどの情報を見ることができます。

出産の不安や悩みに関連するキーワード

出産 出産の基礎知識
>>出産の不安や悩みに関連するキーワード一覧

出産の不安や悩みの記事一覧

【医師監修】帝王切開の傷に関するまとめ! 傷跡の処置方法と注意点

【医師監修】帝王切開の傷に関するまとめ! 傷跡の処置方法と注意点

帝王切開によるお産はどんなときに行われ、傷跡がどれくらい残るのか、気になる人も多いでしょう。そこで今回は傷の痛みや治り方、そして忘れてはいけない心の傷も含め、帝王切開による傷跡のケア方法や注意点を解説します。


【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。


【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

里帰り出産で実家に戻るベストなタイミングについて、助産師のアドバイスをご紹介。里帰り出産の際に知っておきたい注意点や持ち物、産後に自分の家に帰る目安時期についてもお伝えしています。


【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

バースプランとは何か?その立て方と考えるメリットなどについて、助産師がアドバイスします。プランに書ける内容や書き方のコツ、知っておきたい注意点についてもお伝えしています。


【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

妊娠中に不安を抱えるママは多いものです。どのような不安が多いのか、先輩ママの体験談をお届け。その心配をどう解消すればいいのかについても、助産師がアドバイスします。


【医師監修】出産予定日を超過してもお産の兆候がないときは?

【医師監修】出産予定日を超過してもお産の兆候がないときは?

出産予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれてこない……そんなとき、どこまでなら安心して待っていてよいのでしょうか。また予定日を超えた場合、どんなリスクがあるのでしょうか。予定日を超えたお産について解説します。


【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

お産が近づくと「子宮口が今、○cm開いています!」などといわれることがあります。お産が進むと子宮口はどれくらい開き、全開になるまでどのくらい時間がかかるのでしょうか。お産の進み方とともに解説します。


【医師監修】初産だと出産が遅れる? 初めての出産にまつわるうわさのウソ・ホント

【医師監修】初産だと出産が遅れる? 初めての出産にまつわるうわさのウソ・ホント

初めての妊娠・出産はすべてが初体験。だからこそ、いろいろなことを知っておきたいと調べたら……なんだか気になるうわさを見つけて不安になってしまうこともあるでしょう。そこで初産にまつわるうわさの真偽を解説します。


【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

出産が怖いと感じる妊婦さんは意外と多いもの。その理由と対処法について、助産師がアドバイスします。漠然とした不安でもやもやしている方も、陣痛などはっきりとした不安がある方も、ぜひチェックしてください。


【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。腰痛や股関節の痛みもその一つ。実はその症状は、臨月に見られるお産の兆候かもしれません。今回は分娩の前に見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


【医師監修】おしるしから出産までに知っておきたい7つの事

【医師監修】おしるしから出産までに知っておきたい7つの事

出産が近づいてくると、妊婦さんの体にはいくつかのサインが出現します。「おしるし」もその一つ。おしるしが来てからあわてることのないように、おしるしから出産までの流れを理解し、準備を整えておきましょう。


【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

35歳を超え、40歳近くで出産する人も珍しくない今日。一方、35歳を超えてのいわゆる「高齢出産」では若いときに比べて、いくつかのリスクが伴うことをご存知でしょうか。知っておきたい高齢出産の具体的なリスク、そして無事に出産するまでに自分でできる対策についてまとめました。


【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

母乳はいつ頃から出始めるの?分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。


【医師監修】「正期産」とはいつ出産すること?出産を控えて知っておきたい4つのこと

【医師監修】「正期産」とはいつ出産すること?出産を控えて知っておきたい4つのこと

出産が近づくとカレンダーの“予定日”につけた印が気になって、落ち着かない気持ちになる人もいるかもしれません。とはいえ一般にも知られる通り、出産が予定日を過ぎることはよくあることですね。では「正期産」と呼ばれる時期はいつでしょうか? その時期の過ごし方とともにまとめます。


【医師監修】陣痛がわからないこともある? そんなときどうする?

【医師監修】陣痛がわからないこともある? そんなときどうする?

出産が近づくと普段からお腹が張る感覚をもつこともあるので、もしも陣痛がきたときにも、それが本当に陣痛かわからなかったら? と心配になる妊婦さんもいます。不安感があるときにどう対処すると良いのか、専門医に聞きました。


【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

妊婦健診などで主治医から「子宮口、3センチ(cm)」と言われたら、それはどんなことを意味しているのでしょうか。長かったマタニティライフが終わりに近づいていることは間違いありません。その言葉の意味を分娩までの経過とともに紹介します。


【専門家監修】ソフロロジー式分娩・ラマーズ法の効果は?薬を使わずに陣痛を和らげる方法

【専門家監修】ソフロロジー式分娩・ラマーズ法の効果は?薬を使わずに陣痛を和らげる方法

もうすぐ赤ちゃんに会えるのは楽しみだけど、陣痛がつらいのではないかと悩んでいませんか? 無痛分娩も興味あるけど、薬は使いたくない! そんな人におすすめなのがソフロロジー式分娩法とラマーズ法。今回は呼吸方法を中心に紹介します。


【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

「2人目はスピード出産」といわれることもあるように、2人目以降の出産では兆候やお産の進み方で初産とは異なる点があるのでしょうか? 2人目以降を妊娠中の人が安心して出産に臨めるよう、経産婦と初産婦のお産の違いについて解説します。


【医師監修】経産婦は陣痛が短い? 出産経験の有無と陣痛の関係

【医師監修】経産婦は陣痛が短い? 出産経験の有無と陣痛の関係

出産の際に繰り返し起こる子宮の収縮が「陣痛」です。経産婦は初産婦と比較して「陣痛が短い」「出産が早く終わる」などといわれることもありますが、それは本当なのでしょうか? 出産経験の有無と陣痛、そして出産の進み方の関係についてまとめました。


【医師監修】いよいよ出産準備、お産にのぞむ“心の備え”とは?

【医師監修】いよいよ出産準備、お産にのぞむ“心の備え”とは?

待望の出産の時が近づくと、喜びとともに不安もよぎり、すこし複雑な気持ちになるかもしれません。赤ちゃんを迎える物品などの準備と同時に、大切な心の備えについてまとめます。