【助産師解説】母乳が出過ぎるときのリスクと対処法

【助産師解説】母乳が出過ぎるときのリスクと対処法

母乳が出過ぎて困るというママへ向けて、考えられる要因とそれに合わせた6つの対策をご紹介。母乳は出ないことだけでなく、出過ぎても問題に。母乳に関するさまざまな問題に、助産師が丁寧に解説します。


母乳が出過ぎるのはなぜ?主な原因と注意点

Getty logo

母乳が出ないことが悩みというママも多いですが、実は出過ぎることに悩んでいる女性も少なくありません。母乳が出過ぎるのには、どのような理由があるのでしょうか?考えられる原因をまとめました。

まだ需要と供給のバランスが合っていない時期かも

出産後、乳房は赤ちゃんのおっぱいを飲む量に合わせて母乳を産生します。ですが、母乳産生量と赤ちゃんの摂取量の調節ができるまでの間、赤ちゃんが飲む量を大幅に超える母乳を産生してしまうことがあります。

最初の約10日間はホルモンの調節で母乳を産生するので、おっぱいが張るからとすぐに片側授乳で母乳量を減らす対策をするのはNGです。おっぱいが張って痛かったり、母乳の勢いが強くて赤ちゃんがむせてしまうようなときは、授乳の前に軽く搾乳するなどして対応しましょう。

人によっては母乳量の調整に時間がかかることもあります。一般的に張りが落ち着いてくるといわれる2~4週間を過ぎても母乳量が安定しなかったとしても、焦らずもう少しだけ様子を見るようにしましょう。

【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6513

母乳はいつ頃から出始めるの?分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。

母乳分泌過多で出過ぎている可能性も

Getty logo

赤ちゃんの飲む量より母乳の分泌が多すぎることを、母乳分泌過多と言います。母乳分泌過多になると常におっぱいが張っている感じがするので、これを“溜まり乳”と表現することもあります。
産後2~4週を大幅に過ぎてもおっぱいの張りや母乳の漏れが落ち着かない場合は、母乳分泌過多の可能性があります。

母乳分泌過多になるのには、主に以下の2つの要因が考えらえます。

1.授乳方法や搾乳のしすぎによる理由

授乳方法がまちがっていたり、搾乳をしすぎることも要因のひとつとなります。例えば1回の授乳で両方の乳房を短時間で切り替え授乳したり、乳房をいつも空にしようと授乳後にさらに搾乳したりすると、乳房はおっぱいが足りないと判断して母乳を多く作ろうとし、結果的に母乳分泌過多になってしまうことがあります。

2.母親の身体的な理由

母親の身体的な問題から母乳分泌過多が起こることもあります[*1]。

・高プロラクチン血症
・一部の薬剤(ドンペリドン・SSRI・H2ブロッカーなど)
・下垂体腺腫などの病変によるホルモンの異常

母乳の分泌を減らす方法を試しても変化がないときは、一度医療機関に相談をしましょう。

母乳分泌過多の場合は、授乳状況を確認しながら原因を探って解決法を見出すことが大切です。何が原因になっているかは調べてみないとわからないこともあるので、乳腺炎などのトラブルを繰り返さないためにも自己判断はせず、早めに医療機関に相談することをおすすめします。

母乳分泌過多になると何が問題?ママと赤ちゃんへのリスク

Getty logo

産後1ヶ月を大幅に過ぎても母乳量が多く、常におっぱいが張っているという場合は、母乳分泌過多になっている可能性があります。では、母乳分泌過多になるとどのような問題があるのでしょうか?ママと赤ちゃん、それぞれのリスクについて見てきましょう。

母乳分泌過多になったときの母体へのリスク

母乳分泌過多になると、赤ちゃんが飲む量よりも産生量の方が多くなるため、飲み切れなかった母乳が溜まって乳汁うっ滞が起こり、乳腺炎になるリスクが高まります。乳腺炎は繰り返しやすいので、一度なると何度も悩まされる可能性も。

また、頻繁に母乳が乳房から漏れ出てしまうため、常に不快な状態で生活しなければならないというデメリットもあります。

母乳分泌過多になったときの赤ちゃんへのリスク

赤ちゃん側のリスクとしては、授乳時の射乳の勢いや母乳の流れの速さによっては、乳房から直接飲む際に、むせたり、咳き込んだり、乳房に吸着し続けることが困難なことがあります。こまた、直接飲めた時でも、大量の母乳と空気を一緒に飲みこむことになるため、吐き戻しやお腹にガスが溜まりやすいという問題があります。

その他、母乳は多く摂取しているのに、すぐに飲みたがるという矛盾した状況になる場合も。これは、母乳分泌過多になると、満腹感を得られやすい脂肪分を含む母乳を赤ちゃんに飲ませにくくなるためです。というのも、母乳の脂肪含有量は、おっぱいが空に近づくにつれ高くなります。飲み始めの頃の母乳には、脂肪分よりもラクトースと呼ばれる糖が多く含まれます。母乳分泌過多になると赤ちゃんが母乳を最後まで飲み切れなくなるため、満腹感を得られやすい高脂肪の母乳は飲めず、すぐにお腹が空き授乳間隔が短くなることもあります。また、脂肪分の多い母乳を飲めないことで、体重増加が緩やかになることがあります。

このように、吐き戻しが多かったり、母乳の分泌はいいのに赤ちゃんの体重増加が緩やかな場合は、母乳分泌過多の可能性を示すサインとなります。また、授乳中に赤ちゃんが咳き込む、のけぞったり暴れたりして乳房に吸着し続けることが困難、授乳のときに赤ちゃんの口から母乳があふれ出るなども、母乳分泌過多のサインである可能性があります[*2]。

母乳が出過ぎるときの6つの対処法

Getty logo

まだ母乳量の調整過程で需要と供給のバランスが合っていないだけであれば、適度な圧抜きや搾乳などで対処が可能です。産後早期の場合は、このような方法で様子を見てみましょう。

ただ、何かしらの理由で母乳分泌過多になっている場合は、授乳状況を確認し、原因を探って解決法を見出すことが大切です。主な6つの対策を実践しつつ、それでもダメなときは医療機関で相談してみましょう

(1)授乳前に圧抜きをしよう

おっぱいが張り過ぎてカチカチになっているときは、そのまま授乳すると赤ちゃんが飲めないことがあります。授乳の前に乳輪を柔らかくしてから、赤ちゃんにおっぱいをふくませるようにしましょう。乳輪のむくみの程度により赤ちゃんが容易に吸着できるようになるまで数回行います。授乳の直前に行うのが効果的です。

<圧抜きの方法>
1.圧抜きをする方と反対の手で乳房を下から支えます。
2.指先を乳輪の周りに置き、体の内側へ痛みがないようやさしく押します。
3.位置を変えて、数分間の圧迫を続けます。


このとき、おっぱいをしごくと乳腺を傷めてしまうので、必ずやさしく圧するくらいにとどめるようにしましょう。

(2)赤ちゃんが飲み切れなかった母乳は適度に搾乳を

授乳後もおっぱいが張っているときは、適度に搾乳しましょう。圧抜きと同じ要領で、親指と人差し指を使って乳輪のすぐ外側から体の内側に向かって軽く押すようにしながら搾乳してください。

手で搾る方法の他、搾乳機を使う方法もあります。搾乳が頻繁であったり、飲み残しが多いときは、搾乳機を使うと楽でしょう。さまざまな製品が出ているので、使いやすいものを選んでください。

わからないときは、かかりつけの産婦人科や助産師さんに相談してみましょう。

ただし、搾乳のしすぎは逆効果になるので注意が必要です。搾乳しすぎると、乳房はより多くの母乳を作ろうとするため、むしろ状態が悪化する場合があります。決して搾りきろうとせず、おっぱいの張りがなくなったらやめるようにしてください。

(3)張りが強いときは適度に冷やそう

授乳と授乳の間で、張りが強いときは適度に冷やすという方法も効果的です。

ただし、おっぱい専用の保冷剤や冷やしたガーゼ、タオルでくるんだ保冷剤、冷却シートなどで気持ちいいと感じるくらいにゆっくり冷やすことがポイントです。乳房の冷却は、強い張りによる痛みの緩和にも効果的なので、このようなときにもぜひ試してみてください。

(4)添い乳やレイバック姿勢で授乳してみよう

授乳姿勢を工夫してみましょう。縦抱きや脇抱きやレイバック(ママのお腹に赤ちゃんを乗せて授乳する姿勢)をためしてみてもいいでしょう。このような授乳姿勢は赤ちゃんが乳首に吸い付きやすく、自分のペースで飲みやすいというメリットがあります。特に、射乳の勢いが強くて赤ちゃんが飲みにくそうにしているときは、こちらの抱き方で授乳してみるといいでしょう。

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3509

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。

(5)母乳パッドの使用で不快感をなくそう

母乳の漏れが大量であったり、頻繁である場合は、母乳パッドを使用すると下着や服を汚しにくくなります。
母乳パッドには、布製のものと使い捨ての2種類があります。

布製の方は洗って何度も使えるので経済的というメリットがあります。洗い替え用に2組ほど用意しておけば安心でしょう。ただ、使うたびに洗わなければならないという手間があり、何度も交換というわけにもいかないので衛生面が気になる方もいるかもしれません。

使い捨ての方は手間がなく、手軽に新しいものに交換できるので清潔を保てるというメリットもあります。ただ、布製のものに比べるとコストがかかるので、頻繁に使用する場合は経済的なデメリットがありますね。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、どちらを選ぶかは使用頻度や使い勝手なども考慮して決めるといいでしょう。肌にやさしいもの、通気性の良いものなど、素材や形もさまざまなので、そちらもチェックして自分に合ったものを選んでください。

母乳パッドの正しい選び方と人気パッド11選

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2461

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。

(6)何を試してもダメなときは専門家に相談を

何をしても改善されない、不快感がなくならないという場合は、体質や医学的な理由で母乳分泌過多になっている可能性もあります。一度かかりつけの産婦人科や母乳外来を受診し、相談しましょう。

授乳の方法が原因の場合は母乳量をコントロールする専門的な方法もあるので、医師や助産師のアドバイスを受けてください。専門家の指示のもと行うことで、改善が見られる場合もあります。

まとめ

産後1ヶ月前後は身体が赤ちゃんに合う母乳量を調整する期間なので、おっぱいが張ったり母乳が漏れることもあるでしょう。適度な圧抜きや搾乳などで様子を見てみましょう。いつまで経っても授乳と産生量のバランスが合わない、常におっぱいが張っている、授乳と授乳の間も母乳が漏れるなどの状態が見られるときは、何かしらの理由で母乳分泌過多になっている可能性があります。おっぱいの張りをやわらげる方法を試しつつ、どうしても改善されないときは一度かかりつけの産婦人科や母乳外来などを受診して原因を探り、それに合った対策をアドバイスしてもらいましょう。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

参考文献
[*1]「母乳育児支援スタンダード」(医学書院)p.260
[*2]水野克己ほか「母乳育児支援講座」(南山堂)p.211

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連するキーワード


産後 母乳

関連する投稿


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

「産後すぐに出る“初乳”は大事らしい」という知識を持っている人は少なくないようですが、なぜ大事なのか、いつまで出るものなのか、それ以降の母乳とはどう違うのか、となると「??」となってしまうものですよね。今回はそんな初乳にまつわるクエスチョンについて解説します。


【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

新生児の赤ちゃんはまだ母乳をうまく飲めない子もいますが、その理由はさまざまです。今回は「赤ちゃん、母乳をうまく飲めてない?」と思われるケース別に対処法を考えます。


【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、母乳や育児用ミルク(以下、ミルク)から栄養や水分を得て暮らしていきます。栄養方法を何にするかはママや赤ちゃんの状況によって変わってきますが、それぞれに悩みや疑問を持つものです。今回は、母乳メインのママ、ミルクメインのママ、混合(以下、混合)のママそれぞれのお悩みに答えます!


【助産師監修】「貧乳だと母乳が出ない?」の疑問に答えます

【助産師監修】「貧乳だと母乳が出ない?」の疑問に答えます

初めての出産を控え、さまざまなことが不安になるものです。今回は「貧乳でも母乳は出るか」という疑問を、国際認定ラクテーションコンサルタントで助産師の坂田陽子先生にお答えいただきます。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。