出産・産後 出産・産後
2021年05月06日 10:15 更新

【医師監修】臨月に足の付け根が痛くて歩けない原因と対策

大きくなったおなかを支える腰や背中の痛みは、妊娠後期の妊婦さんを悩ませるマイナートラブルの筆頭ともいえるもの。赤ちゃんの頭がママの骨盤の中へと降りてくる臨月には、足の付け根あたりがズキズキと痛んで歩くのもつらい……という人もいます。腰や背中、足の付け根に生じる痛みの原因と対策、予防法についてお伝えします。

足の付け根が痛くなる原因は?

臨月の痛みで歩けない妊婦
Lazy dummy

妊娠中、日ごとに大きくなるママの子宮をしっかりと支えている骨盤。1つの骨ではなく、複数の骨の集合体なのをご存じですか? 骨盤は、左右に広がる寛(かん)骨(こつ)(腸骨、坐骨、恥骨が結合したもの)と尾骨、仙骨が組み合わさってできており、周囲の靭帯や筋肉がそれをガードしています。

臨月になると生じる腰背痛や足の付け根の痛みは、こうした骨盤の構造と、お産に向けたママの体の変化に由来します。以下、ママの体に起こる変化とその原因を解説します。

骨盤のイメージ
Lazy dummy

子宮が大きくなるにつれ、反り返るような姿勢になる

おなかが大きく重くなってくると、体の重心が前方に移るため、立ったり歩いたりするときには上体を反らせてバランスを取るようになります。すると、腰や背中の筋肉に負担がかかり、疲れや痛みを感じやすくなります。腹筋が引き伸ばされて弱くなり、おなかを支える筋肉のバランスが崩れることも、腰痛の一因です。

赤ちゃんが下がってくることによる圧迫

お産の際に赤ちゃんの通り道になる「産道」は、ママの骨盤に囲まれた「骨産道」と、子宮頸管や腟、会陰などの軟らかい組織に囲まれた「軟産道」から成るトンネルのようなもの。妊娠36週ごろになると、赤ちゃんの頭はトンネル(産道)の入り口に向かって下降を始めます。その重みで骨盤や周囲の靭帯・筋肉が圧迫されると、腰や足の付け根あたりに痛みを感じるようになります。

骨盤が開くことによる影響

分娩予定日が近づくと、赤ちゃんの頭はさらに下がってきて骨盤内に固定されます。この頃には骨盤周囲の靭帯が緩み、「仙腸関節(仙骨と腸骨の間にある関節)」「恥骨結合(左右の恥骨が靭帯でつながる箇所)」といった骨のつなぎ目が開いてきます。

これは、赤ちゃんが産道をスムーズに通過できるようにするための準備ですが、関節や結合部分が開くと腰全体が少し不安定になり、鈍くうずくような痛みを感じたり、足の付け根付近にズキズキと刺すような痛みを感じたりする人もいます。

分娩時の赤ちゃんと骨盤のイメージ
Lazy dummy
分娩時の赤ちゃんと骨盤のイメージ

ホルモンバランスの変化による影響

骨盤周囲の靭帯が緩むのは、妊娠によって分泌が増えるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、リラキシン)の影響と考えられています。これらのホルモンは、骨そのものではなく、骨を支える靭帯に作用して関節や結合部分を開き、お産の準備を整えるのです。

坐骨神経痛による影響

腰のあたりから膝上まで伸びている坐骨神経が圧迫・刺激されて起こる「坐骨神経痛」の影響という場合もあります。坐骨神経痛が原因の場合は、腰痛が出たあと、お尻や太ももの後ろなどに痛みやしびれがあらわれます。

だれでも簡単にできる! 足の付け根の痛み予防と対策

臨月で歩けない痛みの予防をすることもできる。笑顔で寝そべる妊婦
Lazy dummy

安産のためには、ウオーキングなど適度な運動を行って体力をつけておきたいところですが、腰や足の付け根に痛みがあると、運動はおろか、外出もおっくうになりがちです。これから紹介する改善策や予防法を実践して、少しでも痛みをやわらげ、できる範囲で体を動かすようにしましょう。

なるべく正しい姿勢を取る

腰や足の付け根が痛くてつらいときは、決して無理はしないこと。長時間立ち続けたり、座り続けたりするのはNGです。おなかが大きいと、つい背中を反らせた姿勢を取りがちですが、それが痛みの原因になります。なるべく背筋を伸ばして、腰や背中に負担をかけないようにしましょう。座るときは、背もたれの真っ直ぐな椅子を使うなど、常に腰や背中をケアするよう意識してください。

寝るときは横向きになり、ひざの間に枕などを挟む

シムスの体位
Lazy dummy

足の付け根が痛むと、足を開く動作がつらくなったり、寝返りを打つのも困難になったりすることがあります。「痛くて眠れない」ときには、寝具や寝る姿勢を変えてみると、楽になるかもしれません。具体的には、「硬めのマットレスに横向きに寝て、クッションや枕などをひざの間にはさみ、骨盤周りを安定させる」のがおすすめ。お風呂タイムではゆったり湯船につかり、腰や背中を温めるとよいでしょう。

骨盤ベルトや腹帯を活用しよう

骨盤ベルトや腹帯も、腰や足の付け根が痛む妊婦さんには心強いアイテムです。骨盤ベルトや腹帯で、おなかや骨盤周りをしっかり支えてあげると、痛みの軽減・予防につながります。着用するときは、おなかを締め付け過ぎないように注意してください。

軽い体操も有効

腰痛の改善・予防に有効とされている運動療法(エアロビック運動、ストレッチなど)は、妊娠中の腰痛予防にも有効であることが、初産婦さん300人あまりを対象とした調査で確かめられています[*1]。両手・両膝をついた姿勢を取り背中を丸めたり反らせたりする「猫の体位」や、胡坐をかいて背筋を伸ばし両膝を外側に倒す「股関節ストレッチ」など、手軽な運動を朝夕のリラックスタイムの習慣にするとよいでしょう。

妊婦の運動例として猫のポーズイメージ
Lazy dummy
猫の体位

おなかの張りや痛みが出たら安静に

腰や足の付け根の痛みに悩まされやすい妊娠36週以降は、赤ちゃんがお産に向けてスタンバイ状態になる時期でもあります。この頃には、陣痛の予行演習のようなおなかの張りや痛み(前駆陣痛と言います)を、頻繁に感じるようになります。しばらく安静にすると治まるようなら心配はいりませんが、「張りがだんだん規則的になってくる」「痛みがどんどん強くなる」などの場合は、かかりつけの産婦人科や産院に連絡してください。

前回妊娠時に腰や足の付け根に痛みが出た妊婦さんは要注意

1人目妊娠のときに腰や足の付け根に痛みが出た人は、2人目以降も痛みが出る傾向があるとする報告もあります[*2]。心当たりがあるママは、できるだけ姿勢をよくするよう意識したり、運動療法などを積極的に取り入れて、予防に努めるようにしましょう。

まとめ

臨月のお腹を抱えて 痛みで歩けない妊婦
Lazy dummy

腰や足の付け根の痛みはつらいものですが、お産の準備が始まっているサインと前向きに捉え、ここで紹介したような対策を行って痛みを和らげましょう。待ちに待った赤ちゃんとの対面まで、もう一息ですよ!

(文:吉村直子/毎日新聞出版MMJ編集部/監修:星真一先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-