【医師監修】おしるしから出産までに知っておきたい7つの事

【医師監修】おしるしから出産までに知っておきたい7つの事

出産が近づいてくると、妊婦さんの体にはいくつかのサインが出現します。「おしるし」もその一つ。おしるしが来てからあわてることのないように、おしるしから出産までの流れを理解し、準備を整えておきましょう。


おしるしとは

出産の兆候がわかるおしるしがあった大きなお腹の女性
Lazy dummy

おしるしって何︖

分娩が近づいていることを知らせる兆候の一つ。妊娠中はホルモンの影響で子宮頸管の付近は粘り気のある液体で満たされています。分娩が近づくと、子宮頸管が広がるにつれて卵膜は子宮壁から剥がれて出血し、粘液とともに押し出されます。この血の混じった腟 分泌物を「おしるし」(産徴)と呼んでいます。
ただし、おしるしがないまま分娩が始まったり、逆におしるしがあってもなかなか分娩が始まらないケースもあります。

おしるしの⾊や量は︖

おしるしの色はピンク、赤、褐色などさまざま。量はトイレットペーパーににじむ程度から、血液が混じったおりもののような状態が多いようです。色、量ともに個人差がありますが、大量に出血することはありません。

おしるしから陣痛、出産まで

おしるしから陣痛までの時間

通常おしるしがあると、1~2日以内に陣痛(規則的な子宮収縮)が始まることが多いようで す 。ただし、おしるしは個人差が大きいので、分娩の開始は、規則的な陣痛(陣痛周期10分以内あるいは1時間6回以上)が出てきたときからとされています。

おしるしがない⼈も多い

前述したようにおしるしがないまま分娩が始まる人もいます。特に出産経験がある経産婦は、はっきりしたおしるしがないという人が少なくありません。

おしるしがあったときの対応方法

まずはリラックス

出血に気づくと「すぐに病院に行かなくては」などとあわててしまいがちですが、ほとんどの場合はおしるしから規則的な陣痛が来るまでは時間があります。妊娠37週を過ぎていて異常な出血(後述)でなければ「これはおしるしで順調な経過をたどっている」と認識し、リラックスして過ごしましょう。

いつも通り動く

おしるしがあってもすぐに分娩になるわけではないので、いつも通り動いてかまいません。ただし数時間以内に陣痛が始まることもあるので、遠方への外出は避けてください。破水したり、規則的な陣痛が始まったら、分娩予定の産院へ連絡して指示を仰ぎましょう。

いつでも⼊院できる準備を

おしるしの直後に分娩になるケースは少ないとはいえ、分娩が近づいていることに変わりはありません。入院用の持ち物の最終チェックをする、サポートしてくれる家族にも連絡して自家用車やタクシーをすぐに手配できるようにしておくなど、いつ入院になってもいいように準備しておきましょう。

おしるしと異常な出⾎の⾒分け方

おしるしの出血があり出産が近づいている女性
Lazy dummy

異常出血を起こす病気とその症状

妊娠後期には胎盤早期剥離、前置胎盤、前置血管などでも性器出血が起こることがあります。「量が多い」「おなかに激しい痛みがある」「おなかが板のように硬く張っている」などの症状が一つでもある場合は、おしるしではなく異常な出血の可能性が高いので、すぐに医療機関を受診する必要があります。

胎盤早期剥離

赤ちゃんがお腹の中にいる間に、胎盤が子宮から剥がれることを「常位胎盤早期剥離」といいます。重症の早期剥離は出血が多量になることが多く、子宮内にたまった血液でおなかが大きくなる、子宮が硬く触れる、下腹部痛といった症状も現れます。より重症化した場合は、子宮が板のようにカチカチに硬くなって激しい痛みを訴え、多量の出血でショック状態になることもあります。

前置胎盤

胎盤が正常よりも腟に近い側に付着し、そのために胎盤が子宮の出口の一部、あるいは全部を覆っている状態を「前置胎盤」といい、全分娩の1%弱を占めています[*1]。
ほとんどが無症状で、妊婦健診の超音波検査で発見されますが、痛みがないのに突然出血することもあります。出血は少量が数回というパターンが多い一方、いきなり大出血から始まることもあります。性器出血があった場合には、腹痛がなくてもすぐに産科を受診するようにしてください。

前置血管

子宮口に面した箇所で卵膜に付着した臍帯(へその緒)の血管が破れて出血します。出血は少量ですが赤ちゃん側の血液なので、赤ちゃんの心臓の音が弱くなるなど状態が急激に悪化します。

破⽔の場合も

赤ちゃんを包んでいる膜が破れ、腟から羊水が流れ出てくることを「破水」といいます。分娩の途中で起きることが多いのですが、陣痛が始まる前に起こることもあります。おしるしと勘違いしてしまいがちですが、温かなさらさらした水のようなものが大量に出てきたときは破水の可能性が高いので、すぐに分娩予定の産院に連絡してください。

まとめ

おしるしは分娩が近づいているサインの一つですが、誰にでも見られるものではなく、色や量にも個人差があります。神経質になる必要はありませんが、おしるしとは異なる異常な出血には注意してください。
おしるしがあってもすぐに分娩が始まるわけではありません。入院の準備を再確認した上で、もうすぐ赤ちゃんに会えることを楽しみに、ゆったりとリラックスして過ごしましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、昭和大学医学部客員教授、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:熊谷わこ/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]公益社団法人 日本産科婦人科学会「前置胎盤」
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=2

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【医師監修】会陰切開の痛みを和らげる3つの方法と注意点

【医師監修】会陰切開の痛みを和らげる3つの方法と注意点

出産を控えている人や会陰切開をした人にとって、会陰切開の痛みはどのくらい続くのか、痛みを和らげるにはどうすればいいかは気になるところですね。今回は会陰切開の痛みや対処方法についてお話しします。


【医師監修】生理前の鮮血。これって着床出血⁉ 妊娠との関係とその他の可能性

【医師監修】生理前の鮮血。これって着床出血⁉ 妊娠との関係とその他の可能性

生理が来るのは数日先のはずなのに「鮮血」が……。いつも生理が規則的な人で、こんな変化があったら気になりますね。妊娠を心待ちにしている時ならなおさらです。今回は「着床出血」で鮮血が出ることはあるのか、着床出血以外の出血原因などについて解説します。


【医師監修】妊娠初期のうつぶせ寝は危険? 赤ちゃんへの影響とは

【医師監修】妊娠初期のうつぶせ寝は危険? 赤ちゃんへの影響とは

普段、うつぶせで寝るくせがある人もいますよね。でも、お腹が圧迫されそうなこの寝方、妊娠したら、いつまで続けてよいのでしょうか。妊娠中におすすめまたは注意が必要な寝姿勢とともに解説します。


【医師監修】妊娠初期の腹痛と出血 | その原因と対処法

【医師監修】妊娠初期の腹痛と出血 | その原因と対処法

妊娠13週までの妊娠初期に、腹痛や出血が現れたらどうすればよいのでしょうか。痛みや出血の原因によっては注意が必要なことがあります。妊娠初期に腹痛や出血があった場合に、注意すべき症状や対処法をまとめました。


【医師監修】妊娠初期に出血が続くときの注意点と赤ちゃんへの影響

【医師監修】妊娠初期に出血が続くときの注意点と赤ちゃんへの影響

妊娠初期に少量の出血があったら気になりますね。中には少量の出血が何日間もダラダラと続く場合も。こういったときはどうすれば良いのでしょうか? 妊娠初期に出血が続くときの注意点、そして赤ちゃんへの影響、対処法について解説します。


最新の投稿


【医師監修】産後ママの食事の注意点 | バランスよく食べる4つの方法

【医師監修】産後ママの食事の注意点 | バランスよく食べる4つの方法

赤ちゃんが加わった新しい生活では、楽しいことが増える一方、新しい悩みも生まれるかもしれません。食事や、食生活で産後のママによくみられる悩みと、食の不安を軽減する食べ方についてまとめます。


離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

お家ではもちろん、外出先での食事にも便利な、離乳食用ハサミ。箸で切るよりも簡単に手早く食材が切れて、赤ちゃんを待たせません。この記事では、離乳食用ハサミの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。


 離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

手間のかかる離乳食作りをサポートしてくれる、ブレンダー。「つぶす」と「混ぜる」の機能で食材を一気に粉砕・混合し、なめらかなペースト状にしてくれます。この記事では、ブレンダーの選び方やおすすめ商品を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんと車のお出かけはいつから?楽しいドライブのコツと注意点

【医師監修】赤ちゃんと車のお出かけはいつから?楽しいドライブのコツと注意点

産院からの退院をはじめ、生後間もない赤ちゃんを車に乗せる機会は意外とあります。赤ちゃんを車に乗せて家族で旅行したり、帰省したりする人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんを車に乗せるときの注意点について解説します。


【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。