【医師監修】陣痛が来ないけど大丈夫? 出産までの過ごし方と医療処置のタイミング

【医師監修】陣痛が来ないけど大丈夫? 出産までの過ごし方と医療処置のタイミング

予定日を過ぎたのに陣痛が来ない……。このまま待っていてもいいのかな? 焦ってしまう気持ち、よく分かります。予定日が過ぎても陣痛が来る気配がない場合は、どのように過ごせばよいのでしょうか。また、産婦人科ではどのような対応をしてくれるのでしょうか。


予定日を過ぎたけど大丈夫?

Lazy dummy

出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会えるワクワクと、陣痛や分娩に対する緊張で、そわそわしてしまいますよね。でも、いざ予定日を迎えてみたら何の変化もない……。予定日を過ぎても陣痛が来ないとなると、だんだん大丈夫かな? いつ産まれてくるんだろう? と不安になってしまうもの。予定日を過ぎても陣痛がこない場合は、どうしたらよいのか見ていくことにしましょう。

予定日を過ぎたら、正常な出産時期じゃなくなるわけではない

妊娠37週~42週未満までは正期産(正常の範囲)になるので、予定日を数日過ぎたからといってすぐに不安になったり焦ったりすることはありません。産婦人科によって頻度は異なりますが、通常は予定日である40週0日を過ぎたら少なくとも週2回程度受診し母体と赤ちゃんの状態をチェックします。

ママもお腹の中の赤ちゃんも元気に過ごしていて、子宮内の環境が悪くなければ自然に陣痛が来るのを待つことが多いでしょう。

41週に入る頃になっても陣痛の気配がない場合は、予定日の計算に間違いがなかったか再度チェックし、間違いないことが確認できたら自然陣痛を待つか分娩誘発を行うかの判断をし始めることが多いです。

便利! 陣痛タクシーの利用方法・料金・選び方

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1275

出産を直前に控えたママにとって、陣痛が突然きたら不安ですよね。そんな時、陣痛タクシーなら妊婦さんも安心! 今回は、近年急速に広まった陣痛タクシーの利用方法のほか、料金や、選び方のポイントをお伝えします。

医療処置を行うタイミング・方法は?

Lazy dummy

「医療処置」と聞くと少し不安に思う方もいるかもしれませんが、これは赤ちゃんとママが安心安全にお産を進め、出産するための手助けをするものです。妊娠週数や母体と赤ちゃんの状態などを見極めたうえで行うかどうかを判断し、行う際には十分な説明もあります。では、医療処置はどのタイミングで行われるのでしょうか。施術の方法や、適切なタイミングで処置をしなかった場合に起こり得るリスクについても見ていきましょう。

医療処置をとるタイミングは?

予定日を過ぎたら、まず妊娠初期(主に個体差の少ない8週目頃)の赤ちゃんの超音波写真を再度チェックし、出産予定日が正しいかどうかを確認します。大幅なずれがないことがわかったら、定期的な健診で胎児心拍数の確認や超音波羊水量計測などを行い、母体と胎児の状態をこまめにチェックします。

医療処置をどのタイミングで検討し行うかは産婦人科によって異なります。ただ、健診で異常がない限り、基本的に妊娠41週に入るまでは特別な処置はとらないことが多いでしょう。多くは、妊娠41週に入ったら子宮口の柔らかさや開口度、児頭下降度などの医学的判断と本人の意向をふまえ、分娩誘発をするか、陣痛待機をするかを検討し始めます。実際に、日本では分娩誘発を行う時期を40週と考える産婦人科医は11%、41週が68%、42週が21%というデータが出ており、およそ7割の産婦人科医が積極的な医学的介入は41週に入ってから検討していることがわかっています[*1]。

【医師監修】羊水検査でわかることとは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/157

我が子の健康を願わない妊婦さんはいません。出産前にお腹の赤ちゃんのことを知る手段があるなら検討したいと考えるご夫婦もいらっしゃると思います。羊水検査でわかること、受ける時期や費用についてご紹介します。

医療処置の主な方法

出産予定日を超過した場合の対応は地域や産科施設の態勢、医師の診療哲学、本人の希望などによりさまざまなですが、主には陣痛促進剤による分娩誘発が行われます。陣痛促進剤にはプロスタグランジンとオキシトシンの2種類がありますが、現在では多くの場合でオキシトシンが使用されています。プロスタグランジンを投与すると不規則で緩やかな子宮収縮が起こり、これが徐々に増強していきます。

一方のオキシトシンは自然陣痛に近い子宮収縮が規則的に起こり、間隔が徐々に短縮していきます。いずれも陣痛を起こすきっかけを作るもので、最終的には妊婦さんが持つ自然な力での分娩に導きます。

ただし、薬剤の感受性には個人差があり、妊娠週数によっても変わってきます。オキシトシンでは8~10時間を過ぎると感受性が低くなるので、これを過ぎても分娩に至らない場合は、待機できる場合に限って次の日以降の再トライとなります。

また、陣痛促進剤は子宮頸管の熟化(子宮口がやわらかく開きやすい状態になっていること)が起こっていなければ使えません。子宮口がやわらかくなっていない場合は、まずラミナリア桿(海藻を乾燥させた細い棒状の器具)やメトロイリンテル(水風船のような器具)などを使って子宮口を開く処置を行い、十分に開いたことを確認したうえで促進剤を投与します。人工的な処置を行っても子宮口が開かない場合は、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開が検討されます。

陣痛促進剤は安全?

陣痛促進剤に使用される薬剤は人の体の中に自然に存在するホルモンで、分娩や出産を進めるために必要不可欠なものです。このことからもわかるように、陣痛促進剤そのものは体に害のあるものではなく、安全性も高い薬です。

ただし、過剰に投与すると過強陣痛や子宮破裂、胎児仮死、分娩後出血などの危険をともなう場合があります。そのため、母体と赤ちゃんの状態をしっかりチェックしながら、進み具合や個人差に合わせて医療スタッフが投与量を調整します。また、不必要かつ不適当な使用は避けなければならず、使用の際は必ずインフォームドコンセント(十分な説明をしたうえでの合意)を行うことが条件となっています。

使用条件をしっかり守り、使い方さえ誤らなければ、スムーズなお産をサポートするうえで必要な薬と言えます。

過期産での出産によるリスクは?

Lazy dummy

出産予定日を超過した場合、特に42週を過ぎた過期産に入ると、母体と赤ちゃんにはさまざまな危険がともないます。主には以下のようなリスクがあります。

赤ちゃんのリスク

・胎便吸引症候群
胎盤の機能が落ち、赤ちゃんに酸素が十分行きわたらなくなると、赤ちゃんの腸の動きが必要以上に活発になり、また肛門が緩んで、赤ちゃんは胎便を羊水中に排泄してしまいます。この羊水中に排泄された胎便を吸引してしまうと、産まれた後に呼吸障害を起こすことがあります。

・鎖骨骨折や手や腕の麻痺
妊娠週数が超過すると胎児が大きくなりすぎ、産道を通る際に鎖骨を骨折しやすくなります。また、首から肩にかけての神経を損傷してしまい、腕や手首、手に麻痺を残すことがあります。

・周産期死亡
死産、または産後1ヶ月以内の死亡を言います。過期産になると、このリスクも高くなります。

母体のリスク

・肩甲難産や遷延分娩
赤ちゃんが大きくなりすぎると、分娩の際に赤ちゃんの肩の部分が出てこず難産になったり、相当な時間(初産婦30時間、経産婦15時間)が経過しても出産に至らない「遷延分娩」が起こることがあります。

・弛緩出血
弛緩出血」といって、通常、出産してから胎盤が排出されたあとに、子宮が強く収縮するなどして子宮からの出血は止まりますが、これがうまく行かなくなる「弛緩出血」のリスクも高まります。

このようなリスクを避けるためにも、過期産に入る前に適切な医療処置をとることがすすめられています。

まとめ

Lazy dummy

陣痛の発来時期は人それぞれ違います。予定日ぴったりに来る場合もあれば、それより前に来たり、予定日を過ぎてもなかなか来ないというケースもあります。42週を過ぎる前までは正常の範囲内なので、予定日を過ぎても陣痛が来ないからといって焦ることはありません。リラックスして過ごしながら、自然な陣痛が起こるのを待ちましょう。ただ、42週を過ぎると母子共にリスクがともないます。これを避けるためにも、予定日を超過しているときは過期産に入る前に何かしらの処置をとることが一般的です。医師の判断に従い、十分な説明を受けたうえで分娩の誘発を試みましょう。また、安産のためには妊娠中の生活も重要となります。栄養をバランスよくとり、適度な運動で体力作りにも努めましょう。かわいい赤ちゃんに会える日は、もうそこまで迫っています。自分でできることを行いながらも、最後のマタニティ生活をゆったりと楽しく過ごしてください。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会「3)予定日超過妊娠の分娩取り扱いに際しての留意点」
http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5909-410.pdf#search='%E6%AD%A3%E6%9C%9F%E7%94%A3+%E9%80%B1%E6%95%B0+pdf

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.27)

※記事の修正を行いました(2019.06.07)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】臨月の下痢は出産の兆候!? 主な3つの原因と気を付けるべき症状

【医師監修】臨月の下痢は出産の兆候!? 主な3つの原因と気を付けるべき症状

臨月に入り、「もうすぐ出産というころに下痢になった」という先輩ママは実は少なくないようです。下痢は出産の兆候のひとつなのでしょうか? また、なぜ臨月になると下痢が起こりやすいのでしょうか? 考えられる原因と注意が必要な症状について解説します。


【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

妊娠後期にはお腹の重みと動きづらさが一段と増し、何をするのも“しんどい感じ”かもしれません。さらに息苦しさや胸苦しさなど、“しんどい”では済まないつらさも。妊娠後期の“苦しい”タイミング別にケア法などをまとめます。


【医師監修】妊娠後期に動悸・息切れする原因とセルフケア

【医師監修】妊娠後期に動悸・息切れする原因とセルフケア

赤ちゃんの体重は1kgを超え、ぐんぐん育っている実感が強まる妊娠後期。ただ、ママの方はふとした拍子に心臓のドキドキ(動悸)やハァハァと荒い呼吸(息切れ)が増え、不安を覚えることも多いもの。その理由とケア法をまとめます。


【医師監修】妊娠後期に陰部が痛い! 痛みの理由と対処法

【医師監修】妊娠後期に陰部が痛い! 痛みの理由と対処法

妊娠後期、陰部に痛みを感じたら、体調が心配なうえ出産に何か影響しないか気になるかもしれません。人に相談しにくい話題ですが、恥ずかしいからと放っておくのは禁物。産婦人科専門医に可能性がある痛みの理由と対処法を聞きました。


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


最新の投稿


時短・節約にもなる! メリットいっぱいな賢い「まとめ買い」の方法

時短・節約にもなる! メリットいっぱいな賢い「まとめ買い」の方法

新型コロナウイルスの影響で、今までの日常に大きな変化が生じています。そのひとつとして挙げられるのが「買い物」。他者との接触機会の減少を目的に、自治体にもよりますが、その頻度を「3日に1回程度」とすることが推奨されています。不便だと嘆いていますか? いやいや、実はこの「まとめ買い」にはメリットがたくさんあるんです!


よく使うものこそスタイリッシュに! "魅せる"ティッシュケース

よく使うものこそスタイリッシュに! "魅せる"ティッシュケース

何かと生活感が出てしまいがちなティッシュ。皆さんはどこにどんなふうに置いてますか? 今回は、我が家が買ってよかったオススメのティッシュケースをご紹介したいと思います。


「ここにほしい」が叶う!マグネットで簡単装着お風呂の便利収納アイテム

「ここにほしい」が叶う!マグネットで簡単装着お風呂の便利収納アイテム

お風呂に収納が少なかったり、ここにあったらいいのに……というふうに思ったことはありませんか? 今回は、そんなお風呂事情に便利な収納お助けアイテムをご紹介したいと思います。


定位置はここ! 「どこにある?」と探さないで済むリモコン収納

定位置はここ! 「どこにある?」と探さないで済むリモコン収納

テレビやクーラー、その他の電気機器など、何かと数も種類も多いリモコン達。みなさんはどんなふうに収納していますか? 今回は、よくどこかへ行ってしまいがちなリモコン類を、ひとまとめにできる便利なアイテムについてご紹介したいと思います。


【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

妊娠初期には出血が起こることが少なくありません。出血といっても、おりものに色が付く程度のものから、腹痛を伴い大量に出るものまでさまざまです。今回はその中から、ピンクのおりものが出た場合の原因と対処法を紹介します。