ママのための悩み解決サイト

中林稔 先生に関する記事


【医師監修】妊娠9ヶ月の過ごし方は?トラブル対策と出産準備のアドバイス(妊娠32週、33週、34週、35週、妊娠後期)

【医師監修】妊娠9ヶ月の過ごし方は?トラブル対策と出産準備のアドバイス(妊娠32週、33週、34週、35週、妊娠後期)

出産に向けた体の準備が徐々に始まる妊娠9ヶ月。赤ちゃんの体もほぼ完成に近づいていますが、引き続き体調管理に気を付け、健やかに過ごしましょう。この時期に注意したいことや、済ませておきたい出産準備についてまとめました。


【医師監修】妊娠8ヶ月は貧血に注意!よくあるトラブルと対策(妊娠28週、29週、30週、31週、妊娠後期)

【医師監修】妊娠8ヶ月は貧血に注意!よくあるトラブルと対策(妊娠28週、29週、30週、31週、妊娠後期)

いよいよ妊娠後期に突入。子宮が胃を圧迫し、再びつわりのような症状が出たり、夜に寝付けなくなったり、日々、さまざまな悩みが出やきすい時期です。妊娠8ヶ月のママと赤ちゃんの様子、さらに生活のポイントなどをまとめました。


【医師監修】妊娠7ヶ月のママと赤ちゃんの特徴、食事や出産準備の方法(妊娠24週、25週、26週、27週、妊娠中期)

【医師監修】妊娠7ヶ月のママと赤ちゃんの特徴、食事や出産準備の方法(妊娠24週、25週、26週、27週、妊娠中期)

妊娠後期に向けて赤ちゃんがどんどん成長する妊娠7ヶ月は、ママの体に寝苦しさや食欲不振などのマイナートラブルが見られることも。妊娠7ヶ月のママと赤ちゃんの様子、また食事の工夫やこの時期にやっておくと良いことなどをまとめました。


【医師監修】妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子、生活の注意点と過ごし方(妊娠20週、21週、22週、23週、妊娠中期)

【医師監修】妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子、生活の注意点と過ごし方(妊娠20週、21週、22週、23週、妊娠中期)

だんだんと目立ち始めるおなかのふくらみや胎動で、赤ちゃんの存在を実感する人が増えてきます。ここでは妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子についてまとめます。日々の過ごし方や注意点もチェックしておきましょう。


【医師監修】妊娠5カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠16週、17週、18週、19週)

【医師監修】妊娠5カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠16週、17週、18週、19週)

いよいよ妊娠中期に入り、俗に言う「安定期」に入って一安心という気持ちのママも多いことでしょう。ただし、「安定期」は何をしてもよい時期ということではありません。妊娠5ヶ月のママと赤ちゃんの様子、生活上のポイントや、この時期にやっておきたいことも含めてご紹介します。


【医師監修】妊娠3カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠8週、9週、10週、11週)

【医師監修】妊娠3カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠8週、9週、10週、11週)

つわりの症状がピークになることが多い妊娠3ヶ月。心身ともに不安定な時期で、どう過ごしたら良いか悩むママも多いのでは。赤ちゃんは引き続き、器官が形成される大事な時期です。妊娠3ヶ月のママと赤ちゃんの様子をご紹介します。


【医師監修】妊娠4ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠12週、13週、14週、15週)

【医師監修】妊娠4ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠12週、13週、14週、15週)

つわりがだんだんと治まってくる人も多い妊娠4ヶ月。妊婦生活にも慣れ始めるころですが、俗に言う「安定期」はもう少し先ですし無理は禁物です。妊娠4ヶ月のママと赤ちゃんの様子、注意したいポイントについてお伝えします。


【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

妊娠2ヶ月は尿検査で妊娠が判明するころ。赤ちゃんの重要な器官が育つ時期のため、食生活や健康管理には注意が必要です。また、つわりの症状が出るママも。妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子、心がけたいことなどについてまとめました。


【医師監修】妊娠1ヶ月に自覚症状はある?母体の変化と兆候(妊娠0週,1週,2週,3週)

【医師監修】妊娠1ヶ月に自覚症状はある?母体の変化と兆候(妊娠0週,1週,2週,3週)

妊娠1ヶ月は排卵、受精、着床と進むころ。妊娠を判定できるのはもう少し先で、ママにも自覚症状はほとんどありません。とはいえ妊娠の可能性があるなら感染症の予防に努め、タバコやお酒もストップ。葉酸の摂取も意識したい時期です。


【医師監修】排卵日は体調が変わる! つらい排卵痛の4つの原因と対策について

【医師監修】排卵日は体調が変わる! つらい排卵痛の4つの原因と対策について

生理の前になると気分がすぐれない、体調が悪くなるということは多々ありますが、実は排卵⽇の前後でも同じような症状が現れる人がいます。ここでは生理周期と排卵、排卵前後に感じる不調の原因と対策について、まとめました。


【医師監修】排卵日はオリモノが多い? 排卵日を予測する方法とオリモノの関係について

【医師監修】排卵日はオリモノが多い? 排卵日を予測する方法とオリモノの関係について

排卵とオリモノ。何となく結びつかないかもしれませんが、両方とも女性ホルモンの影響を受けていて、生理周期と密接な関わりがあるんです。ここでは排卵日の予測方法とオリモノとの関係についてみていきます。


【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい疾患3つ

【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい疾患3つ

一般的には、25〜38日周期 ぐらいの周期で繰り返される生理(月経)。周期や日数には個人差がありますが、周期がバラバラだったり、3ヶ月以上生理がこなかったり、月に何度も生理が来たりして悩む人も少なくありません。生理不順になる原因とはどのようなものがあるのか、また関連する病気について解説します。


【医師監修】妊娠11週に起こる体内変化は? この時期の過ごし方

【医師監修】妊娠11週に起こる体内変化は? この時期の過ごし方

妊娠11週ごろにはお腹が少し膨らんできた妊婦さんも多いことでしょう。 このころ、体内では赤ちゃんの主な器官が形成されています。つわりは軽くなってくるママもいますが、流産しやすい時期はもう少し続きます。妊娠中のセックスのことなど、早めに知っておいてほしいことをまとめました。


【医師監修】妊娠13週の体調管理は? 食生活の注意点

【医師監修】妊娠13週の体調管理は? 食生活の注意点

妊娠13週になるとつわりの症状がピークを越え、楽になってくるママが多いでしょう。妊娠初期に多い流産の可能性もこの時期には減ってきますが、まだ油断はできません。食生活など、妊娠13週頃に注意したい点を解説します。


【医師監修】妊娠15週の母子の状態と注意点

【医師監修】妊娠15週の母子の状態と注意点

妊娠15週は妊娠初期最後の週です。この頃には赤ちゃんの体内でも重要な臓器や胎盤が完成します。個人差はありますが、つわりの症状はかなりおさまり楽になるママが多いでしょう。体重増加やむくみ、便秘などのマイナートラブルにも気をつけて過ごしましょう。


【医師監修】生理中に頭痛が起こる原因と6つの対策

【医師監修】生理中に頭痛が起こる原因と6つの対策

頭痛は女性に多い不調のひとつ。毎月、生理(月経)が近づくと、ズキンズキンと脈打つ頭痛が起きる。吐き気や肩こりまでひどくなるし、動くと痛みがさらにひどくなる……。こんな頭痛の症状に悩まされていませんか。生理中に起こる頭痛の原因や対策についてまとめました。


【医師監修】妊娠3週の体の状態は? 見直すべき生活習慣はある?

【医師監修】妊娠3週の体の状態は? 見直すべき生活習慣はある?

前回の生理(月経)から3週後は週数で言うと妊娠3週に当たるころ。医学用語ではありませんが、一般にこのころまでのことは「妊娠超初期」と呼ばれています。妊娠が成立するタイミングで、お腹の中では劇的な変化が起きています。赤ちゃんを授かったかどうかの判定が難しい時期ですが、このときだからこそ準備してほしいことをご説明します。


【医師監修】これって妊娠超初期の症状? 身体に変化を感じるのはいつから?

【医師監修】これって妊娠超初期の症状? 身体に変化を感じるのはいつから?

吐き気などの妊娠の兆候が出てくるのは、個人差が大きいものの妊娠5~6週頃からといわれていますが、中には俗にいう“妊娠超初期”にあたる生理予定日前に「妊娠したかも……」など、体の変化や妊娠のサインを感じる人も。妊娠超初期に見られがちな症状や、妊娠に気づかずアルコール、タバコ、カフェインを摂取して場合の胎児への影響を解説


【医師監修】出産後1ヶ月で何kg減る? 産後体重が減らない原因と対策!

【医師監修】出産後1ヶ月で何kg減る? 産後体重が減らない原因と対策!

妊娠中は体が大きく変化しますが、そのひとつに体重の増加があります。体験したこともないような体重変化に「この増えた分の体重は、産んだらすぐに元通りになるの?」と不安になったり、「早く元の体重まで減らさなければ!」と焦ってしまう人もいるかもしれません。一体どのくらいの期間で妊娠前の状態に戻ってくるのでしょうか。


【医師監修】排卵から着床までの体内メカニズム 不妊治療とは?

【医師監修】排卵から着床までの体内メカニズム 不妊治療とは?

赤ちゃんがほしいのであれば、妊娠が成立したのかどうかはとても気になるもの。排卵、受精、着床など、妊娠が成立するまでのしくみはどのようなものなのでしょうか。イラストを用いて詳しく説明します。