ドクター監修記事

ドクター監修記事に関する記事

妊娠・出産、婦人科疾患、産後の生活から赤ちゃんの病気と育て方まで、女性が知りたい医療情報をまとめています。よくある疑問から、これって私だけ?というような人には聞きづらいちょっとコアな内容まで、気になる問題に医師がお答えします。

ドクター監修記事に関連するキーワード

内科・小児科 不妊治療クリニック 皮膚科 産婦人科 婦人科 精神科 歯科 耳鼻科 外科 眼科
>>ドクター監修記事に関連するキーワード一覧

【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

一度に3人の命を宿す。三つ子を妊娠したら、そんな奇跡に喜びもひとしお、と同時に不安を抱えるママも多いことでしょう。これからどんなことに備えればいいか、注意したい点はなにか。三つ子のママのギモンや不安に応えていきます。


【医師監修】産後の子宮脱の症状は? 骨盤臓器脱を予防するためにできること

【医師監修】産後の子宮脱の症状は? 骨盤臓器脱を予防するためにできること

女性の骨盤の中にある臓器が腟から体の外に出てしまうことを「骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)」と呼びます。「子宮脱」もその1つで、産後の靭帯などのゆるみが原因になります。今回は産後の子宮脱の症状などをまとめます。


【医師監修】妊娠40週の胎児の体重は? 予定⽇と出産までの過ごし⽅

【医師監修】妊娠40週の胎児の体重は? 予定⽇と出産までの過ごし⽅

今回は、いよいよ出産予定日にあたる妊娠40週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。


【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

妊娠したいと思ってもなかなか上手くいかないと、タイミングが合っているのか、体や年齢に問題があるのかなどが気になりますよね。今回は、妊娠の確率を高めるタイミングの取り方や、年齢と妊娠率の関係、不妊症を疑った場合の対処方法などをまとめて紹介します。


【医師監修】50歳での妊娠は可能?  妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

【医師監修】50歳での妊娠は可能? 妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

晩婚化が進み、40代後半に出産する女性もそれほど珍しくなくなってきました。しかし50歳以上となるとまだまだ稀。加齢とともに妊娠することは難しくなり、また妊娠期間中や出産によるリスクも低くありません。ここでは50歳以降の妊娠・出産の可能性について詳しく解説していきます。


【医師監修】高齢出産の危険性とリスクを減らす3つの方法

【医師監修】高齢出産の危険性とリスクを減らす3つの方法

35歳を超え、40歳近くで出産する人も珍しくない今日。一方、35歳を超えてのいわゆる「高齢出産」では若いときに比べて、いくつかのリスクが伴うことをご存知でしょうか。知っておきたい高齢出産の具体的なリスク、そして無事に出産するまでに自分でできる対策についてまとめました。


【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

産後、赤ちゃんと暮らし始めて戸惑うことがたくさんあることでしょう。中でもなぜ赤ちゃんが泣いているのかわからなかったり、なかなか泣き止まないことに悩むママやパパは少なくありません。今回は新生児が泣き止まない理由や対処法についてお話します。


【医師監修】新生児の身長はどれぐらい?発育の目安と注意したいポイント

【医師監修】新生児の身長はどれぐらい?発育の目安と注意したいポイント

お腹にいる間は「元気に生まれてきてくれればそれでいい」と思っていても産んだ途端、他人との違いが気になってしまうもの。わが子はほかの子と比べて大きい?小さい? 新生児の体の大きさの目安や発達の注意点などをご紹介します。


【医師監修】排卵が遅れる。考えられる原因と対策について

【医師監修】排卵が遅れる。考えられる原因と対策について

妊活中の人はもちろん、健康に毎日を過ごしたい人にとっても生理(月経)周期の乱れは心配の種ですね。排卵時期は基礎体温表などから大まかに予想可能ですが、年齢やストレスなどのほか、病気によっても遅れることがあります。ここでは、排卵が遅れる原因と対策についてみていきましょう。


【医師監修】妊娠したい方が必ずチェックすべき「正しいタイミング」とは

【医師監修】妊娠したい方が必ずチェックすべき「正しいタイミング」とは

自然妊娠を望む場合、排卵日を特定し、適切なタイミングをはかることは大切です。もっとも妊娠しやすいタイミングの取り方や、タイミング法で自然妊娠する確率など、基本的なことをチェックしておきましょう。


【医師監修】排卵検査薬はいつから陽性になる? 使うタイミングを解説

【医師監修】排卵検査薬はいつから陽性になる? 使うタイミングを解説

計画的に妊娠したいときに役立つのが「排卵検査薬」。最近ではドラッグストアなどで購入できますが、いざとなると使い方や結果判定の方法がよく分からない、ということも。排卵検査薬の正しい使い方を知っておきましょう。


【医師監修】排卵日とは?妊娠しやすい日との関係と予測方法

【医師監修】排卵日とは?妊娠しやすい日との関係と予測方法

妊活をする上で重要といわれる排卵日。そもそもどんな日のことなのか、いつ起こるのか、なぜ妊娠のために重要なのか、などの “排卵日の基本” を知って、妊娠の確率をあげるために活かしましょう。自分の排卵日を予測する方法もあわせて紹介します。


【医師監修】排卵日の体調変化!つらい排卵痛の4つの原因と対策とは

【医師監修】排卵日の体調変化!つらい排卵痛の4つの原因と対策とは

生理の前になると気分がすぐれない、体調が悪くなるということは多々ありますが、実は排卵⽇の前後でも同じような症状が現れる人がいます。ここでは生理周期と排卵、排卵前後に感じる不調の原因と対策について、まとめました。


【医師監修】排卵日の排卵とオリモノの関係とは?

【医師監修】排卵日の排卵とオリモノの関係とは?

排卵とオリモノ。何となく結びつかないかもしれませんが、両方とも女性ホルモンの影響を受けていて、生理周期と密接な関わりがあるんです。ここでは排卵日の予測方法とオリモノとの関係についてみていきます。


【医師監修】排卵日の目安は生理周期でわかる? 何日ごろ?

【医師監修】排卵日の目安は生理周期でわかる? 何日ごろ?

排卵日のあたりは妊娠しやすいとよく聞きますが、その時期がいつごろなのかの目安はどのようにして知るものなのでしょうか。そもそも排卵日には、体の中でどのようなことが起きているのかも含め、排卵日を把握するための方法を解説します。


【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

妊活でタイミングを計りたいとき、いつ排卵をするのか、排卵日がいつなのかを知ることがポイントになります。排卵の機会は限られているので、できるだけ正確に予測したいですね。ここでは排卵日の予測について主な4つの方法を紹介します。


【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

「早く赤ちゃんが欲しい!」と思ったら、排卵日を把握することがポイント。理由は、妊娠しやすい時期と排卵日は関連しているからです。では、その排卵日はどうすればわかるのでしょうか? 計算でわかるもの? 今回は排卵日を計算する方法をご紹介します。


【医師監修】着床出血はいつ来るの? 時期の目安は?

【医師監修】着床出血はいつ来るの? 時期の目安は?

「着床出血」とは、受精卵が子宮に「着床」することで起こる出血で、「着床が起こる=妊娠が成立する」ということです。今回は、着床出血はいつ来るのか、またどんな特徴があるのか解説します。


【医師監修】黄色のおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

【医師監修】黄色のおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

通常、ほとんどの時期のおりものは無色ですが、まれに「色がついている?」と気になることがあります。いつもと違っていることに気づいたら、その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より黄色い」と気づいた時の主な原因と対処方法をまとめました。