ママのための悩み解決サイト


【医師監修】喃語(なんご)って何?喃語が出ないときは何か問題があるの?

【医師監修】喃語(なんご)って何?喃語が出ないときは何か問題があるの?

喃語(なんご)という言葉を聞いたことがなくても、赤ちゃんが「アー」や「ウー」などと発声する様子を見たことがある人は多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんの喃語について、まとめてみました。


【医師監修】男女の産み分けはできる?気になる産み分けゼリーについても解説

【医師監修】男女の産み分けはできる?気になる産み分けゼリーについても解説

「生まれてくる赤ちゃんの性別をコントロールしたい」という考えは根強く、ちまたには男女の産み分けに関するさまざまなうわさがあふれています。生殖医療技術が進化した今、はたして性別の産み分けは可能なのでしょうか?


【医師監修】妊娠中の自転車はOK?それともNG?気になるリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の自転車はOK?それともNG?気になるリスクと注意点

妊娠中は、母体や胎児に影響が出るという理由で、妊娠していないときと同じようにはいかないこともあります。自転車の運転はどうなのでしょうか? 通勤や買い物、上の子の送迎などでどうしても自転車に乗らざるを得ない妊婦さんも多いですよね。ここでは、妊娠中に自転車に乗る際の注意点などを紹介します。


【医師監修】妊娠5カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠16週、17週、18週、19週)

【医師監修】妊娠5カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠16週、17週、18週、19週)

いよいよ妊娠中期に入り、俗に言う「安定期」に入って一安心という気持ちのママも多いことでしょう。ただし、「安定期」は何をしてもよい時期ということではありません。妊娠5ヶ月のママと赤ちゃんの様子、生活上のポイントや、この時期にやっておきたいことも含めてご紹介します。


【医師監修】妊娠3カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠8週、9週、10週、11週)

【医師監修】妊娠3カ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠8週、9週、10週、11週)

つわりの症状がピークになることが多い妊娠3ヶ月。心身ともに不安定な時期で、どう過ごしたら良いか悩むママも多いのでは。赤ちゃんは引き続き、器官が形成される大事な時期です。妊娠3ヶ月のママと赤ちゃんの様子をご紹介します。


【医師監修】妊娠4ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠12週、13週、14週、15週)

【医師監修】妊娠4ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠12週、13週、14週、15週)

つわりがだんだんと治まってくる人も多い妊娠4ヶ月。妊婦生活にも慣れ始めるころですが、俗に言う「安定期」はもう少し先ですし無理は禁物です。妊娠4ヶ月のママと赤ちゃんの様子、注意したいポイントについてお伝えします。


【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

妊娠2ヶ月は尿検査で妊娠が判明するころ。赤ちゃんの重要な器官が育つ時期のため、食生活や健康管理には注意が必要です。また、つわりの症状が出るママも。妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子、心がけたいことなどについてまとめました。


【医師監修】妊娠1ヶ月に自覚症状はある?母体の変化と兆候(妊娠0週,1週,2週,3週)

【医師監修】妊娠1ヶ月に自覚症状はある?母体の変化と兆候(妊娠0週,1週,2週,3週)

妊娠1ヶ月は排卵、受精、着床と進むころ。妊娠を判定できるのはもう少し先で、ママにも自覚症状はほとんどありません。とはいえ妊娠の可能性があるなら感染症の予防に努め、タバコやお酒もストップ。葉酸の摂取も意識したい時期です。


【医師監修】生後5ヶ月の赤ちゃんの発育目安、 寝返りサインと離乳食のポイント

【医師監修】生後5ヶ月の赤ちゃんの発育目安、 寝返りサインと離乳食のポイント

生後5ヶ月は寝返りができるようになったり、離乳食を始めたりする時期です。ママは赤ちゃんの成長を実感するころですね。赤ちゃんのチャレンジを見守りつつ、この時期の気を付けたい点をまとめてみました。


【医師監修】生後4ヶ月!赤ちゃんの特徴と家庭内事故の予防対策

【医師監修】生後4ヶ月!赤ちゃんの特徴と家庭内事故の予防対策

生後4ヶ月は、首がすわり、声がするほうに振り向いたり、あやすとよく笑ったりと周囲の刺激に対して反応が増えてくる時期。ここでは、この時期の赤ちゃんの発育・発達の目安とお世話や事故防止のポイントを紹介します。


【医師監修】妊娠初期の関門!赤ちゃんの心拍確認についてもっと知りたい!

【医師監修】妊娠初期の関門!赤ちゃんの心拍確認についてもっと知りたい!

せっかく妊娠しても、残念ながら妊娠初期に流産してしまうことは決して珍しくありません。そして、そのころの流産に至る確率の予想に役立つのが、胎児の心拍です。いわば、心拍の確認は妊娠初期の関門といえます。詳しく説明していきましょう。


【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

妊娠を待ち望んでいた人なら、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がるほどうれしい気持ちになることでしょう。しかし、妊娠初期は流産の可能性が高く、まだまだ油断できない状態です。流産には何種類かありますが、そのうちのひとつである「稽留(けいりゅう)流産」について、詳しく説明します。


【医師監修】赤ちゃんが逆子だといわれたらどうすればいい?

【医師監修】赤ちゃんが逆子だといわれたらどうすればいい?

赤ちゃんは妊娠中期まではおなかの中で回転していますが、たいていは頭を下にした「頭位」に落ちつきます。妊婦健診で頭を上にした「逆子」だと言われたらどうすればいい? 外回転術や逆子体操の有効性、分娩方法の決め方などを解説します。


【医師監修】妊娠中の旅行はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の旅行はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

妊娠中に旅行に行く、通称「マタ旅」が人気を集めています。でも、もともと健康な妊婦さんであっても妊娠中はつわりなどの急な体調変化がつきものです。妊娠中に旅行をするリスクと、もしどうしても出かける必要がある場合はどんなことに気をつければいいのかを考えていきましょう。


【医師監修】妊婦さんのお腹はいつから出てくる?お腹が膨らむ時期・目立つ時期

【医師監修】妊婦さんのお腹はいつから出てくる?お腹が膨らむ時期・目立つ時期

街中で見かける妊婦さん。大きなお腹が目立つ人もいれば、マタニティマークがなければ一見そうとはわからない人もいます。妊婦さんのお腹の膨らみが目立ち始めるのは妊娠いつごろのことが多いのでしょうか。ここでは、妊娠の経過をお腹の膨らみから追ってみましょう。気になる妊娠線についても解説します。


【医師監修】妊婦は豆乳OK? その栄養素や飲んで良い量は?

【医師監修】妊婦は豆乳OK? その栄養素や飲んで良い量は?

煮た大豆を濾してできる「豆乳」。ヘルシーなイメージで、特に女性に根強い人気があります。では、妊婦さんの場合はどうでしょう? 普段どおりに飲んでも良い?むしろ普段より積極的に飲むべき?逆に妊娠中は控えたほうが良い?妊娠中の豆乳摂取について解説します。


【医師監修】妊娠中の食欲vs体重管理 上手な付き合い方

【医師監修】妊娠中の食欲vs体重管理 上手な付き合い方

妊娠中は、食べられないのも、食べすぎるのも、体調や、体重のコントロールに影響するかもしれないと心配です。そのうえ妊娠前とは違う食欲のアップダウンに悩まされる妊婦さんも少なくありません。妊婦さんによくみられる食欲の変化の特徴と、食欲の波と上手に付き合う方法をまとめます。


【医師監修】茶色いおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

【医師監修】茶色いおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

ふとしたときに「おりものの色がいつもと違う?」と気になることがあります。 この記事では、「おりものが普段より茶色い!?」と気づいたときの対処方法をまとめました。一般的に考えられる、おりものの変化のおもな原因とあわせてご紹介します。


【医師監修】 妊娠超初期はおりものも変わる? 妊娠時に気をつけたいおりものの症状

【医師監修】 妊娠超初期はおりものも変わる? 妊娠時に気をつけたいおりものの症状

妊妊娠がわかると、体に起き始めたさまざまな変化に意識が向きます。特に妊娠初期(~13週)の頃は、体調や生活の大きな変化を感じる人も多いでしょう。また、妊娠初期の中でも生理予定日前などのごく早期を、俗に「妊娠超初期」と呼ぶこともあるようですが、この時期は体の些細な変化でも「これは妊娠の兆候?」と気になるものです。


【医師監修】 着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】 着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠は女性の心身に劇的な変化をもたらすものなので、特に妊娠を望んでいるときなどはちょっとした変化もそれが妊娠の兆候かどうか、気になるかもしれません。 この記事では、一般的に受精卵が子宮に着床(ちゃくしょう)したとき、おりものが変化するのか、また「着床出血」と呼ばれる症状や、妊娠の兆候などについてご紹介します。