妊娠 妊娠
2022年05月18日 17:36 更新

【宋美玄先生解説】妊娠中でもオナニーしていい?オーガズムの胎児への影響と3つの注意点

妊娠中でも性欲はあって当然。高まった気持ちを自慰行為で解放する人もいるでしょう。ですが「おなかの赤ちゃんに影響があるかも」という心配がつきものです。妊娠中のオナニーに問題はないのでしょうか? 産婦人科医で日本性科学会学会員、女性の性に関する著書も多数ある宋美玄先生にお話をうかがいました。

妊娠中にオナニーをしてもいい?

オナニー(マスターベーション)では、性器に触れたりオーガズムによって子宮が収縮したりするため、妊娠中にしてよいのかどうか気になってしまいますよね。そんな疑問に対し、宋美玄先生からこんな答えをいただきました。

妊娠経過に問題がなければ妊娠初期からOK

妊娠中のオナニーについて話す宋先生

「妊娠中であってもマスターベーションをすること自体に問題はありません。妊娠経過に特に問題がなければ(詳しくは後述)、妊娠初期から臨月まで、ムラムラした時にマスターベーションをして気持ちを解放するのはよいことです。

マスターベーションは誰も傷つけず、自分1人で自らを癒やすことができます。性器に触れる手や使用するセックストイを清潔にしていれば、性感染症の心配もありません。『1週間に何回まで』など
回数の制限があるわけでもないので、経過が順調な妊婦さんであれば気にする必要はないでしょう。」

---------------------------
妊娠中のお腹の張りについて、詳しくは以下の記事を参考にしてください。
関連記事 ▶︎妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

オーガズムでの子宮収縮、胎児への影響は心配なし

「中にはオーガズムで子宮が収縮することによる、流産や早産など赤ちゃんへの影響を心配する人がいるかもしれません。

たしかにオーガズムに達すると、子宮収縮=お腹の張りが起こることがあります。しかし、ひとくちに『お腹の張り』と言っても、赤ちゃんに影響があるものとそうでないものとがあります。

たとえば痛みがあったり、ずっと治らない強い張りなどには要注意ですが、立ったり座ったりといった動作に伴うものや、体が疲れた時などに起こる一時的なお腹の張りは、基本的に赤ちゃんへの影響がないと考えられます。マスターベーションによるお腹の張りもそれと同じ一時的なものなので、赤ちゃんへの影響はないと考えて大丈夫です。」

妊娠中のオナニーで注意することはある?

ただし、以下のような場合、オナニーをするのは我慢しておいたほうがよいようです。

1. 出血がある場合、前置胎盤、切迫早産の時はNG

「胎盤が内子宮口(子宮体部と子宮頸部の境目)の一部、または全部を塞いでいる『前置胎盤』の場合、通常では問題のない子宮の収縮が刺激になってしまうこともあります。その場合はマスターベーションを控えてください。健診で前置胎盤だと診断されていなくても、妊娠中期以降、痛みを伴わない突然の出血がある場合も同様です。

もしも出血があればマスターベーションは控えて、かかりつけの医療機関を受診しましょう。

そのほか、切迫流産切迫早産の時もちょっとした子宮収縮が影響することがあるため、マスターベーションはNGです。」

2. 体に負担のかかる体位、長時間はNG

「マスターベーションは気持ちのよい部位を好きなように刺激し、自由に行ってよいものですが、妊娠中は徐々にお腹が大きくなったり、体調の変化も生じやすかったりすることも。そのため前屈みなど体に負担がかかりやすい姿勢で行うのは避けたほうがよいでしょう。

刺激する部位はクリトリスでも腟でも、どちらでもよいです。ただし、腟の中を強く刺激することは避け、赤ちゃんへの影響が心配になる場合はクリトリスの刺激にとどめることをおすすめします。

また、回数に制限がないとはいえ、長時間続けると体が疲れてしまいます。無理せず、適度に楽しみましょう。」

3. オナニーの後に異変が生じた場合は、かかりつけ医にも共有を

「妊娠中、もしもマスターベーション後に出血があった場合は、かかりつけ医にもきちんとそのことを共有してください。出血のタイミングが『マスターベーションをした後』という情報がないと、医師はなぜ出血が起きたのかがわからないままになるかもしれません。

口にするのは少し恥ずかしいかもしれませんが、大切な情報なので正しく共有してもらえると医師としてはありがたいです。」

【妊娠中の性欲調査】妊娠中にオナニーしたくなった? 

妊娠中にオナニーをしたくなった人はどれくらいいるのでしょう。妊娠中や産後の女性にアンケートをとってみました。

※マイナビ子育て調べ  調査期間:2021年11月17日~2021年11月26日 調査人数:106人(23歳~40歳以上の女性)
※ここで紹介した方法と結果は、個人の体験によるものです。記載の方法を推奨したり、結果を保証するものではありません。

性欲変化|3人に1人が妊娠中「性欲up」「オナニーしたくなった」

妊娠中の性欲の変化
「妊娠中に性欲が強くなったり、オナニーしたいと思ったりしたことはある?」という問いに対し、「ある」と答えた人は34%、一方「ない」と答えた人は66%でした。

3割超の人が妊娠中に性欲が強くなり、オナニーをしたいという気持ちになったことがわかります。

ただし、気持ちのうえではそうでも、実際にするかどうかはまた別問題のようです。
妊娠前と妊娠中のマスターベーションの頻度については「変わらない」人が7割弱で、「増えた」と答えた人は約8%に過ぎませんでした。

オナニーの心配|赤ちゃんへの影響の有無や罪悪感も

妊娠中のオナニーで心配になったことについては、

「お腹が張って、切迫早産が心配になった」
(34歳/総合職/小売店)

「お腹の子に影響があるのではないかと心配になった」
(29歳/一般事務/機械・精密機器)

「血が出てきたらどうしうという不安があった」
(29歳/派遣社員/自動車関連)

「子宮を伸縮させることに対する全体的に罪悪感があった」
(33歳/一般事務/金融・証券)

「お腹が張った感じがして、罪悪感が生じた」
(35歳/公務員・団体職員)

など、赤ちゃんへの影響の心配や、なんとなく悪いことをしている気持ちになるという声がありました。

性欲のアップダウンも「妊娠の変化のひとつ」と受け止めて

「妊娠中、特に初期はつわりなどの体調の変化により、性欲どころではなくなることもあります。そのように性欲が減退してマスターベーションをしなくなる人もいれば、一方で性欲が旺盛になってしたくなる人もいます。また、妊娠前となんら変わらないという人もいるでしょう。

どのパターンでも、それがその人なりの変化であり、決しておかしなことではありません。中には同じ人でも「一度目の妊娠の時は性欲が減ったけれど、二度目は増した」ということもあります。

妊娠中、性欲が変化した場合も変わらなかった場合もあまり気にせず、考えすぎないようにしましょう。」

まとめ

妊娠中にマスターベーションをすることは、妊娠経過に問題がなければ、何も悪いことではありません。妊娠中の性欲は人それぞれで、ムラムラした時にマスターベーションで欲求を満たすのは有効な解決手段のひとつです。お腹の張りが生じることがありますが、一時的なものであれば気にしなくてよいでしょう。ただし、前置胎盤や切迫早産と診断された場合は、マスターベーションを避けておきましょう。

(文:山本尚恵/監修:宋美玄 先生)

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-