【医師監修】切迫早産とは?早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響まとめ

【医師監修】切迫早産とは?早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響まとめ

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


早産になる妊娠週数と主な原因

Getty logo

妊娠37週0日~41週6日までに出産することを正期産と言いますが、妊娠22週0日~妊娠36週6日の間に出産することを早産と言います。

切迫早産とはどんな状態?

早産になる危険性が高い状態を「切迫早産」と言います。

具体的には、正期産に至る前に、子宮収縮(お腹の張りや痛み)が繰り返し規則的に起こり、子宮口が開いて子宮頸管が短くなり、赤ちゃんが出てきそうな状態になることで、破水が起きることもあります。

破水とは、子宮が収縮することによって子宮内で羊水とともに胎児を包んでいる膜が破れ、羊水が流出する状態を言います。羊水が出続けると陣痛が起きたり、細菌に感染しやすくなったり、羊水が減ることで赤ちゃんが圧迫されたりするといったことが問題になります。

早産の起こる割合とリスク要因

早産は全妊娠の約5%に起こり[※1]、原因は細菌性腟症などの感染や頸管無力症によるものが多い とされています。重い妊娠高血圧症候群といった妊婦さんの病気が原因になることもあります。

また、これまでの妊娠で早産になったことがある場合は、早産になりやすくなります。その他、子宮頸がんなどのために子宮頸部の切除手術の経験がある場合、双子や三つ子とった多胎妊娠の場合も早産になりやすいとされています。

早産になると何が問題?

早産で生まれた赤ちゃんは、まだ、お母さんのお腹の外の世界で生活する様々な機能が未熟なため、生命の危険や様々な合併症を起こしやすくなります。

早産だったときに起こり得るリスクとは?

早産で生まれた赤ちゃんは、早産の時期が早いほど死亡率が高く、救命されても様々な合併症にかかりやすくなります。

生まれた時には低体温、低血糖、貧血などの状態になる場合があり、合併症としては発育が不十分で生まれたことによる脳出血や呼吸器障害、子宮内感染などによる脳性麻痺、敗血症、慢性肺疾患などがあります。

新生児医療の発達により、早産の中でも34週以降に生まれた赤ちゃんは、正期産(妊娠37~42週未満)で生まれた赤ちゃんとほぼ同じ生存率になってきています。

ただし、脳性麻痺や発育遅延などのリスクは、正期産に比べると高くなっていることが報告されています。

また、近年、早産のため出生体重が軽い赤ちゃん(低出生体重児)は、成人すると高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなることが報告されています。

これは、お腹の赤ちゃんは妊娠末期までに様々な臓器が完成しますが、早産ではこれらの発育が不十分であったり何らかの原因で制限されて生まれてきます。そのため、成長過程で、これらの臓器に負担がかかりやすくなり生活習慣病を発症しやすくなると考えられています。

早産になった場合はどんなフォローが行われる?

早産で生まれた赤ちゃんは、様々な機能が未熟であるため新生児集中治療室(Neonatal Intensive Care Unit:NICU)で治療を受けることが必要になります。

特に早い週数での早産が予想される場合は、あらかじめ妊婦さんにNICUのある病院に入院してもらったり、施設によっては母体搬送するなどが行われます。

早産を防ぐには?その兆候と予防方法は?

早産のリスクがあるとき、早めに対処することで予防できる場合もあります。

切迫早産の症状と診断

切迫早産の自覚症状としては、下腹部痛、出血、破水などがあります。

医療機関での診察で規則的な子宮収縮、子宮口の開大、頸管の短縮が認められた場合に切迫早産と診断されます。

切迫早産と診断されると入院や自宅安静となり、妊娠週数、破水の有無、子宮内感染の有無、胎児の状態などによって治療方法が決まります。

早産を予防する方法は?

早産にならないようにするためには、これを引き起こすリスク要因の早期発見と早期治療が大切です。

早産の原因で割合の高いのが、感染症である細菌性腟症、絨毛膜羊膜炎と、頸管無力症、頸管短縮が起こっている場合と双子・三つ子等の多胎妊娠の場合です。

絨毛膜羊膜炎は早産の原因として最も多く、これが原因となっている時は早い妊娠週数での早産が多くなる傾向があります。絨毛膜羊膜炎は細菌性腟症が原因となっており、細菌性腟症がひどくなると腟炎、子宮頸管炎、絨毛膜羊膜炎へと感染と炎症が広がります。

細菌性腟症は、妊娠可能な女性の10~30%がかかっているとされる珍しくない病気ですが[※2]、大半は症状がないとされ、妊娠中の検診で分かることも多くなっています。細菌性腟症が分かった時点で早めに治療することで、絨毛膜羊膜炎へと発展すること、さらには早産の予防につながります。

頸管無力症は、子宮収縮(陣痛)を自覚しないにもかかわらず、子宮口が開いてしまいます。子宮口が開くと、子宮頸管が短縮して妊娠の継続が難しくなります。検診で頸管無力症と診断された場合、またはその疑いがある場合は、安静療法または、子宮口を縛る頸管縫縮術という手術が行われます。

ここまでで早産を引き起こす要因について紹介しましたが、早産の50%はこれらの異常がみられなかったにもかかわらず起こっています[※3]。早産はすべての妊婦さんで十分に注意したい問題なのです。

生活習慣と早産について

なお、妊婦さんが過度のやせや肥満、喫煙している、ストレスを抱えているなどでも胎児の脳、副腎、胎盤は影響を受け、早産の原因になり得るとされています。

体重増加を過度に気にしないよう栄養のバランスの取れた食事で適正な体重を守り、喫煙習慣のあった方も妊娠したら禁煙を徹底して、無理のない生活をするようにしましょう。

まとめ

早産を防ぐには、早産になりやすい状況の早期診断と症状にあった適切な予防がもっとも大切です。早産の時期が早いほど赤ちゃんの負担が大きくなるので、妊娠中は定期健診を必ず受け、何か異常を感じたら早めに受診するようにしましょう。

この記事の監修ドクター
浅川恭行先生
平成5年 東邦大学医学部卒業、同東邦大学大学院医学研究課入学、横須賀聖ヨゼフ病院を経て平成21年より東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師。平成23年より医療法人 晧慈会 浅川産婦人科 理事。平成28年より同産婦人科、理事長、院長。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本産婦人科医会幹事、日本産科婦人科内視鏡学会理事、日本女性医学会 評議員

(文:島田直子/毎日新聞出版MMJ編集部、監修:浅川恭行先生)

※画像はイメージです

参考文献
[※1]公益社団法人日本産婦人科学会 早産・切迫早産
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=5
[※2]病気が見えるvol.10産科 第3版, 169p, メディックメディア, 2017.
[※3]病気が見えるvol.10産科 第3版, 162p, メディックメディア, 2017.

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。