浅川恭行 先生

浅川恭行 先生

産婦人科医/浅川産婦人科院長。
平成5年 東邦大学医学部卒業、同東邦大学大学院医学研究課入学、横須賀聖ヨゼフ病院を経て平成21年より東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師。平成23年より医療法人 晧慈会 浅川産婦人科 理事。平成28年より同産婦人科、理事長、院長。

https://asakawa.or.jp/

専門分野

医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医

所属団体

日本産婦人科医会幹事、日本産科婦人科内視鏡学会理事、日本女性医学会 評議員

浅川恭行 先生に関する記事


【医師監修】妊娠中のセックス(性行為)は大丈夫?妊娠初期やおなかが張った時は?

【医師監修】妊娠中のセックス(性行為)は大丈夫?妊娠初期やおなかが張った時は?

妊娠中のセックス(性行為)って、どうすれば良いの? しても大丈夫? と人知れず悩んでいる妊婦さん、実は多いのでは? 今回は、他人に聞きづらい「妊娠中の夫婦の営み」について、そのリスクにも触れながら、気になるポイントをご紹介します。


【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 流産との関係とNGな運動

【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 流産との関係とNGな運動

妊娠4ヶ月までの妊娠初期は、気持ちも不安定になりがち。まずはリフレッシュのために運動を思いつく妊婦さんも多いのでは。適度な運動はもちろん体調を整えるのにも役立つでしょう。ただし 、妊娠中の運動には少し注意も必要です。ここでは「妊娠初期の運動」について、気を付けておきたいことなどを紹介します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】ほうじ茶のカフェインは大丈夫? 妊婦や赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】ほうじ茶のカフェインは大丈夫? 妊婦や赤ちゃんへの影響は?

今回は、妊婦さんや子供にやさしいイメージのあるほうじ茶に着目します。妊娠中や小さい子供に飲料を与えるとき、まずは気になるカフェイン関連の情報からまとめ、ほうじ茶に含まれるその他の成分や取り入れ方のコツも紹介します。


【医師監修】生理前と妊娠初期症状の違い | 生理きそうでこない時に要チェック

【医師監修】生理前と妊娠初期症状の違い | 生理きそうでこない時に要チェック

女性は妊娠すると生理が止まり、体内で大切な命を育みます。しかし生理がこないからといって妊娠しているとは限りません。妊娠以外の心理的・身体的要因で生理が遅れることもあるからです。生理前の兆候と妊娠初期に起こる症状の違いを理解していきましょう。


【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処

【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処

妊娠したばかりのころ、吐き気などのつわりに悩まされる妊婦さんは多いものです。つわりは食欲不振になるだけでなく、食べることで落ち着く場合もあり、人それぞれ。栄養補給や体重管理も含め、妊娠初期の食欲の変化をどう乗り切るか学びましょう。


【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

およそ1ヶ月ごとに繰り返す生理(月経)。しかし、女性によっては生理周期がバラバラで安定しないことがあります。このような不安定な生理周期の原因は何でしょうか? 生理周期の乱れは、放っておいても問題ないのでしょうか? 今回は生理周期がバラバラになるときについて説明します。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

妊娠中に起こるつわり、むくみ、腰痛、便秘などの不調はマイナートラブルと呼ばれますが、その代表格といえるのが「お腹の張り」。張りの原因と対処法、「心配のない張り」と「異常を知らせる張り」の見分け方などについてお伝えします。


【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

妊娠を待ち望む女性にとって、妊娠検査薬は妊娠の可能性を早く知ることができる大切なツールです。今回は、妊娠検査薬と最近、広く使われるようになってきた早期妊娠検査薬について、2つの違い、使用する際の注意点などを詳しく説明します。


【医師監修】切迫早産とは?なりやすい人の原因と症状

【医師監修】切迫早産とは?なりやすい人の原因と症状

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


【医師監修】子宮外妊娠(異所性妊娠)の症状はいつから?原因と妊娠の継続について

【医師監修】子宮外妊娠(異所性妊娠)の症状はいつから?原因と妊娠の継続について

妊娠検査薬が陽性になったら、妊娠した!と思いますよね。ただ、そうも言い切れない理由のひとつに「子宮外妊娠(異所性妊娠)」があります。検査薬で陽性が出たら妊娠を確定するために産婦人科を受診することが大切です。ここでは、子宮外妊娠(異所性妊娠)の原因と症状、妊娠の継続について詳しく説明します。


【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

生理の周期ごとに、巡ってくる排卵日。女性は一生のうちに、約400~500回[*1]の排卵を経験するといわれています。排卵はいつ、どのような仕組みで起こっているのか。妊活にも健康管理にも役立つ、排卵の基礎知識をお伝えします。


【医師監修】妊娠中にめまいがおこる原因は?貧血だけではない?対処法は?

【医師監修】妊娠中にめまいがおこる原因は?貧血だけではない?対処法は?

妊娠中には様々な原因でめまいが起きやすくなりますが、原因によって対処法が違います。妊娠中に起きやすいめまいの症状、原因を知って、正しい対処法を見つけられるようにしましょう。


【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

子どもの急な発熱、のどの痛み。こうした症状はさまざまなウイルスや細菌などの感染で起こります。その1つが「溶連菌感染症」。一般にそれほど怖い病気ではありませんが、まれに重い合併症を引き起こすことも。適切な治療で合併症を予防し、流行を防ぐため、小さなお子さんのお母さん、お父さんが知っておきたい特徴を紹介します。


【医師監修】流産の原因はなに?どんな兆候・症状があるの?

【医師監修】流産の原因はなに?どんな兆候・症状があるの?

妊娠が分かってママになる日を心待ちにしている妊婦さんにとって、ちょっとした体調の変化で心配になるのが流産ではないでしょうか。怖いけれど知っておきたい流産の兆候や症状、原因について説明します。


【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれ、35歳以上のいわゆる「高齢出産」(高年出産)の割合も上昇してきました。しかし年齢を重ねてからの妊娠・出産がさまざまな困難とリスクを伴うことはご存知の方も多いと思います。今回、40代の女性に焦点を当て、自然妊娠の確率、妊娠・出産のリスク、妊娠を目指すうえでのポイントをまとめました。


【医師監修】切迫流産とは | 流産の可能性や違いについて

【医師監修】切迫流産とは | 流産の可能性や違いについて

無事に元気な赤ちゃんを産みたい!と思うママさんにとって気になる「切迫流産」。流産とは違うというけれど、どう違うのでしょうか。 今回は切迫流産について、流産との違い、症状、原因などを詳しく説明します。