ママのための悩み解決サイト


【医師監修】マタニティスイミングのメリットは? 妊娠中のスイミング、取り組む前の条件と注意点

【医師監修】マタニティスイミングのメリットは? 妊娠中のスイミング、取り組む前の条件と注意点

妊娠中にできるエクササイズとして、マタニティスイミングが人気を集めています。マタニティスイミングはいつからできて、どんないいことがあるのでしょうか? メリットや注意点などを知って、安全に楽しみましょう。


【医師監修】妊婦がカフェインを摂りすぎるとどうなるの? どこまでOK?

【医師監修】妊婦がカフェインを摂りすぎるとどうなるの? どこまでOK?

「妊娠中にはカフェインを摂りすぎてはいけない」と言われます。それは、妊娠中のママがカフェインを多量に摂取すると、お腹の赤ちゃんに影響が及ぶ可能性があるから。では、赤ちゃんに影響が及ぶ量とはどのくらいなのでしょうか。カフェイン摂取の利点にも触れながら、問題点を整理してみます。


【医師監修】妊娠したかも…病院にはいつ行くべき?

【医師監修】妊娠したかも…病院にはいつ行くべき?

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、なるべく早く病院を受診したいもの。しかし受診が早すぎると診断ができなかったり、遅すぎるともしもの時に間に合わなかったりすることも。いつ医療機関を受診するのがベストなのでしょうか。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】この熱は妊娠初期症状? 頭痛がしたら風邪? 妊娠時の熱について

【医師監修】この熱は妊娠初期症状? 頭痛がしたら風邪? 妊娠時の熱について

妊娠が成立すると、心身に様々な変化が現れます。人によっては体がほてったような感じがすることも。「微熱があるけれど、妊娠したのかも?」「風邪のような症状だけれど、妊娠の可能性があるのかな?」など、体温の変化をきっかけに妊娠の可能性を考える人もいます。今回は、熱(体温の変化)と妊娠の関係について解説します。


妊活から妊娠、産後まで。“必要なものを選べる特化型サプリメント”が誕生

妊活から妊娠、産後まで。“必要なものを選べる特化型サプリメント”が誕生

妊活・妊娠・産後、それぞれのステージに合わせたサプリメント「BITEKI NOUVEAU」が発売されます。


【医師監修】妊娠中はくしゃみが出る⁉腹痛・尿もれ、赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠中はくしゃみが出る⁉腹痛・尿もれ、赤ちゃんへの影響は?

ふいに襲うくしゃみの大きさに自分でびっくりしてしまうことがあります。鼻粘膜の刺激などによって起こるくしゃみは、筋肉を使う反射的な激しい運動になるので、妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんへの影響は心配になるでしょう。そもそも妊娠するとくしゃみは増えるのでしょうか。専門医に取材しました。


【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

今回は妊娠38週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠9ヶ月の過ごし方は?トラブル対策と出産準備のアドバイス(妊娠32週、33週、34週、35週、妊娠後期)

【医師監修】妊娠9ヶ月の過ごし方は?トラブル対策と出産準備のアドバイス(妊娠32週、33週、34週、35週、妊娠後期)

出産に向けた体の準備が徐々に始まる妊娠9ヶ月。赤ちゃんの体もほぼ完成に近づいていますが、引き続き体調管理に気を付け、健やかに過ごしましょう。この時期に注意したいことや、済ませておきたい出産準備についてまとめました。


【医師監修】妊娠10ヶ月以降の過ごし方は?臨月の注意点と出産の兆候(妊娠36週、37週、38週、39週、妊娠後期)

【医師監修】妊娠10ヶ月以降の過ごし方は?臨月の注意点と出産の兆候(妊娠36週、37週、38週、39週、妊娠後期)

いよいよ臨月に突入。赤ちゃんに会える日はもうすぐです。初めての出産でもお産の進み方を頭に入れておけば安心。あまり神経質にならず、ゆったりした気持ちで過ごしましょう。この時期の体の変化や、注意したいことを中心にまとめました。


【医師監修】妊娠超初期の出血原因と対処方法は?茶色や鮮血は危険?

【医師監修】妊娠超初期の出血原因と対処方法は?茶色や鮮血は危険?

妊娠超初期は医学用語ではありませんが、赤ちゃんとなる卵子が排卵され、受精して子宮に着床するころです。妊娠を確定するにはまだ早く、妊娠を待ち望む女性にとって気持ちが落ち着かない時期ですね。そんな超初期の症状の中で、ここではさまざまな要因で起こる出血に焦点をあてて紹介します。


【医師監修】妊娠中のおりものは何色? 異常なおりものの特徴と原因、対処法

【医師監修】妊娠中のおりものは何色? 異常なおりものの特徴と原因、対処法

おりものは「帯下(たいげ)」とも言われ、子宮 や腟 からの分泌物です。おりものの状態は排卵期を中心とした生理周期で変化しますが、婦人科疾患や感染症などによっても変化します。 その量や色には個人差があるので、異常なおりものの特徴をよく知っておくことが大切です。


【医師監修】臨月のセックスはOK?覚えておきたい4つのこと

【医師監修】臨月のセックスはOK?覚えておきたい4つのこと

出産を間近に控えた臨月のセックスには特別な注意が必要でしょうか? そもそもセックスをしてもいいものか、控えたほうがいいのはどのようなときか、専門医に聞いてみました。


【医師監修】排卵から着床までの体内メカニズムとは?

【医師監修】排卵から着床までの体内メカニズムとは?

赤ちゃんがほしいのであれば、妊娠が成立したのかどうかはとても気になるもの。排卵、受精、着床など、妊娠が成立するまでのしくみはどのようなものなのでしょうか。イラストを用いて詳しく説明します。


【医師監修】かゆみ、シミ…妊娠中の肌荒れの原因と対策は?

【医師監修】かゆみ、シミ…妊娠中の肌荒れの原因と対策は?

妊娠中は肌が敏感になり、さまざまなトラブルがあらわれます。女性ホルモンの増加などが原因で皮脂や汗の量が増え、ニキビや湿疹ができたり、シミ・そばかすが増えたりします。その原因を知り、適切な対処法で肌をケアしましょう。


【医師監修】つわりに効く薬はあるの?吐き気止め、漢方、ビタミン剤など

【医師監修】つわりに効く薬はあるの?吐き気止め、漢方、ビタミン剤など

つらいつらい「つわり」の時期。気持ちの悪さで何も手に付かないような日々を送る妊婦さんも少なくありません。つわりは妊娠によって起こる生理的なものですが、悪化すると入院が必要なほど重症化することもあります。今回は、つわりの症状に効果が期待できる薬やビタミン剤について解説します。


【助産師監修】妊娠中の飲み物「おすすめ」4選 &「注意すべき」3選

【助産師監修】妊娠中の飲み物「おすすめ」4選 &「注意すべき」3選

妊娠中は血液の量が増加するため、意識的に水分を補給する必要があります。妊娠中の水分摂取の目安は1日1.5~2リットルです。ママの身体にもおなかの赤ちゃんにも優しい飲み物を取り入れたいですよね。そこで今回は、妊娠中におすすめの飲み物をご紹介! 摂取を控えたほうがいい飲み物についてもご紹介します。


【助産師解説】妊婦におすすめのお茶は? 注意したいお茶・飲み物も知っておこう

【助産師解説】妊婦におすすめのお茶は? 注意したいお茶・飲み物も知っておこう

いつも以上に水分補給が重要となる妊娠中。妊婦の水分摂取にいいお茶にはどのような種類があるのでしょうか? 飲む際に注意が必要なお茶や飲み物についても、助産師が詳しく解説します。


【助産師解説】抹茶のカフェイン含有量! 妊娠中は飲んでもOK?

【助産師解説】抹茶のカフェイン含有量! 妊娠中は飲んでもOK?

抹茶のカフェイン含有量はどれぐらいなのでしょうか? 妊娠中の摂取について助産師が解説します。妊婦さんにおすすめのお茶も紹介しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。


【助産師解説】麦茶にカフェインは含まれる?妊娠中の影響は?

【助産師解説】麦茶にカフェインは含まれる?妊娠中の影響は?

麦茶のカフェイン含有量について助産師が解説します。カフェインを含まないお茶として有名な麦茶ですが、本当にカフェインはゼロなのでしょうか?麦茶以外のお茶のカフェイン含有量もあわせてお伝えします。