妊婦の病気・症状

妊婦の病気・症状に関する記事

つわり、便秘、むくみ、腰痛、尿もれなど、妊娠中に起こりやすいさまざまなマイナートラブルの原因と対策、トキソプラズマ症など、妊娠中に気を付けたい感染症や病気の種類とリスク、予防対策などについて紹介しています。

妊婦の病気・症状に関連するキーワード

マタニティブルー お腹の張り  妊娠高血圧症候群 死産 流産 逆子 妊娠 頭痛 妊婦 貧血 妊娠 おりもの 妊婦 便秘
>>妊婦の病気・症状に関連するキーワード一覧

【医師監修】妊婦はどうして喉が乾くの?妊娠中に必要とされる水分の量とは

【医師監修】妊婦はどうして喉が乾くの?妊娠中に必要とされる水分の量とは

妊娠してから、いつもより喉が渇くような気がしませんか? 妊婦さんは喉が渇きやすくなり、水分を多くとったほうがいいといわれます。妊娠中にはどれくらいの水分が必要なのでしょうか? また、それはなぜなのでしょうか?


【医師監修】辛い吐きづわりはいつまで続く? 乗り切るために知っておきたい原因と対策

【医師監修】辛い吐きづわりはいつまで続く? 乗り切るために知っておきたい原因と対策

妊娠初期には、多くの人が吐き気やおう吐などの消化器症状を中心とした体調不良に悩まされます。「吐きづわり」と呼ばれるこの症状は、いったいいつまで続くのでしょうか。その原因と対策とともに解説します。


【医師監修】つわりが終わらないけれど大丈夫? 原因や病気の可能性も解説!

【医師監修】つわりが終わらないけれど大丈夫? 原因や病気の可能性も解説!

辛いつわりがなかなか終わらないと、苦しいだけでなく、いったいいつまで続くのか不安になってしまいますね。つわりが長引く場合は、何か原因があるのでしょうか? つわりに似た症状を起こす可能性がある別の病気とともに解説します。


【医師監修】試してみて! つわり時期におすすめの飲み物

【医師監修】試してみて! つわり時期におすすめの飲み物

つわりで十分な食事がとれないときも、脱水やつわりの重症化を防ぐために水分補給は大切です。なるべく吐き気をもよおさず、辛い症状をやわらげてくれる、自分に合った飲み物をぜひ見つけてみてください。


【医師監修】妊婦に多い悩み! お腹の毛が濃くなったら脱毛していいの?

【医師監修】妊婦に多い悩み! お腹の毛が濃くなったら脱毛していいの?

妊娠したら「体毛が濃くなった」というのはよく聞く話ですよね。とくに妊婦健診でお腹を出す機会が普段より多いので、「お腹の毛」が気になっている妊婦さんもいるかもしれません。ここでは、妊娠中にお腹の毛が濃くなる理由と、気になったら妊娠中に脱毛しても問題ないのかについて解説します。


【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

妊娠中は、体調が大きく変化することで、体にさまざまなトラブルが起こりやすくなりますが、なかでも、特に気をつけたいものの1つに「妊娠糖尿病」があります。ここでは、妊娠糖尿病がどのようなものか、妊娠糖尿病の原因、治療法などについてご紹介していきます。


【医師監修】妊婦が出べそになるのはなぜ? 産後は治る? 病気の可能性も?

【医師監修】妊婦が出べそになるのはなぜ? 産後は治る? 病気の可能性も?

妊娠中、お腹が大きくなってくると「おへそが出て、出べそになった!」と驚く人もいます。妊婦さんが出べそになるのは珍しいことではないようですが、なぜそうなるのでしょうか。その理由や、産後治るのかなどについて解説します。


【医師監修】妊婦に湿布はNG? 貼ってしまったとき、ふくらはぎ・腰・肩が痛いときの対処法

【医師監修】妊婦に湿布はNG? 貼ってしまったとき、ふくらはぎ・腰・肩が痛いときの対処法

妊娠中は自己判断で市販薬を飲むのは控えた方がいいと言われていますが、よくわからないのが「湿布」の扱いではないでしょうか。妊婦さんは湿布を使う時も注意が必要なのでしょうか。体のあちこちが痛い時の対処方法とともにお話しします。


【医師監修】切迫早産で入院したら?ストレスの少ない過ごし方と保険適用について

【医師監修】切迫早産で入院したら?ストレスの少ない過ごし方と保険適用について

妊娠中期から後期の間に切迫早産で入院することになって、戸惑っている人はたくさんいます。ここでは切迫早産とはどういった状態なのか、さらに入院中の治療や過ごし方、入院費についてお伝えします。


【医師監修】つわりの状態と赤ちゃんの性別との関係性とは?

【医師監修】つわりの状態と赤ちゃんの性別との関係性とは?

お腹の赤ちゃんの性別が気になるママやパパは多いですよね。でも、エコー検査で性別がわかるようになるのはある程度赤ちゃんが育ってから。その前に、つわりの状態から性別を知ることはできないのでしょうか? つわりの原因や症状などとともにお話しします。


【医師監修】妊娠超初期におりものがないor少ないこともある?

【医師監修】妊娠超初期におりものがないor少ないこともある?

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中のおりものは何色? 異常なおりものの特徴と原因、対処法

【医師監修】妊娠中のおりものは何色? 異常なおりものの特徴と原因、対処法

おりものは「帯下(たいげ)」とも言われ、子宮 や腟 からの分泌物です。おりものの状態は排卵期を中心とした生理周期で変化しますが、婦人科疾患や感染症などによっても変化します。 その量や色には個人差があるので、異常なおりものの特徴をよく知っておくことが大切です。


【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

妊娠後期にはお腹の重みと動きづらさが一段と増し、何をするのも“しんどい感じ”かもしれません。さらに息苦しさや胸苦しさなど、“しんどい”では済まないつらさも。妊娠後期の“苦しい”タイミング別にケア法などをまとめます。


【医師監修】妊婦は寿司や刺身を食べても良い? 妊娠中の生魚リスクと注意点

【医師監修】妊婦は寿司や刺身を食べても良い? 妊娠中の生魚リスクと注意点

妊娠がわかってから、食べ物に気をつけているママは多いことでしょう。十分な栄養を摂って赤ちゃんと自分を元気づけてあげたいですね。今回は栄養豊富な食材として人気の魚について。妊娠中に寿司ネタなどで生魚を食べるリスクや、火を通していても量には少し注意が必要な点についても紹介します。


【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

一度に3人の命を宿す。三つ子を妊娠したら、そんな奇跡に喜びもひとしお、と同時に不安を抱えるママも多いことでしょう。これからどんなことに備えればいいか、注意したい点はなにか。三つ子のママのギモンや不安に応えていきます。


【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

妊娠中に不安を抱えるママは多いものです。どのような不安が多いのか、先輩ママの体験談をお届け。その心配をどう解消すればいいのかについても、助産師がアドバイスします。


【医師監修】胎嚢と胎芽が確認できる時期は?見えない時の原因について

【医師監修】胎嚢と胎芽が確認できる時期は?見えない時の原因について

超音波検査では妊娠の週数が進むにつれ、赤ちゃんを包み込む胎嚢や、赤ちゃんのもとになる胎芽、心拍などが確認できるようになり、妊娠が確定します。確認できる時期や、見えなかった場合の原因などについて説明します。


【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

妊娠を待ち望んでいた人なら、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がるほどうれしい気持ちになることでしょう。しかし、妊娠初期は流産の可能性が高く、まだまだ油断できない状態です。流産には何種類かありますが、そのうちのひとつである「稽留(けいりゅう)流産」について、詳しく説明します。


妊娠中毒症とは?妊娠高血圧症候群の症状と治療法【医師監修】

妊娠中毒症とは?妊娠高血圧症候群の症状と治療法【医師監修】

妊婦さんを苦しめる「妊娠中毒症」は、現在「妊娠高血圧症候群」という呼び名に変更されています。今回は「妊娠高血圧症候群」による母子への影響、症状、治療法についてお伝えします。


【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

臨月のマイナートラブルとしてよくあげられる「腰痛」。なるべく負担にならないように、産後に持ち越さずにすむように、セルフケアしていきましょう!