妊婦の病気・症状

妊婦の病気・症状に関する記事

つわり、便秘、むくみ、腰痛、尿もれなど、妊娠中に起こりやすいさまざまなマイナートラブルの原因と対策、トキソプラズマ症など、妊娠中に気を付けたい感染症や病気の種類とリスク、予防対策などについて紹介しています。

妊婦の病気・症状に関連するキーワード

マタニティブルー お腹の張り  妊娠高血圧症候群 死産 流産 逆子 妊娠 頭痛 妊婦 貧血 妊娠 おりもの 妊婦 便秘
>>妊婦の病気・症状に関連するキーワード一覧

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】妊娠中期の貧血。立ちくらみなどの症状と原因・対策、鉄分の摂り方

【医師監修】妊娠中期の貧血。立ちくらみなどの症状と原因・対策、鉄分の摂り方

妊娠中期は実は「貧血」が起こりやすいころです。女性はもともと貧血になりやすいのですが、それは生理でほぼ毎月血液が失われるから。妊娠するとホルモンの影響でさらに貧血になりやすくなります。ここでは、妊娠中期の貧血について、対処法、鉄分摂取のポイントを含め解説します。


【医師監修】「妊娠後期の貧血」の症状と対処法。食べ物で鉄分を摂るには?

【医師監修】「妊娠後期の貧血」の症状と対処法。食べ物で鉄分を摂るには?

妊娠中、めまいやふらつきを感じることはよくありますが、もしかしたら「貧血のせい?」と心配している女性もいるかもしれません。ここでは「妊娠後期の貧血」の症状と診断された場合の治療法、赤ちゃんへの影響、鉄の摂取推奨量や鉄分豊富な食材などについて解説します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


【医師監修】「流産」と「切迫流産」の違いは? その原因とよくある症状

【医師監修】「流産」と「切迫流産」の違いは? その原因とよくある症状

妊娠検査薬で念願の陽性反応が出ると喜びたくなるものですが、悲しいことに「流産」は決して珍しくはありません。「切迫流産」という言葉を耳にすることもありますが、流産とはどう異なるのでしょうか。流産と切迫流産の違い、またこれらの原因やよくある症状についても解説します。


【医師監修】妊娠初期にインフルエンザ感染! 胎児への影響は? 薬・予防接種は大丈夫なの?

【医師監修】妊娠初期にインフルエンザ感染! 胎児への影響は? 薬・予防接種は大丈夫なの?

妊娠初期にインフルエンザにかかってしまったら、症状で辛いうえに「赤ちゃんへの影響」が心配になりますよね。ここでは、妊娠初期にインフルエンザにかかってしまった場合、胎児にどんな影響があるのか、どのように治療するのかなどについて解説します。


【医師監修】妊娠初期のつわりの不安、5W1Hでまとめて解消!

【医師監修】妊娠初期のつわりの不安、5W1Hでまとめて解消!

妊娠初期のつわりについて知っておきたいことを「5W1H」に整理してまとめます。基本事項の確認としてご利用いただきたいミニマム情報です。より詳しく知りたいときは、併せてご紹介している関連記事をご活用ください。


【医師監修】自然流産の始まり方は? その症状と原因、妊活の再開時期について

【医師監修】自然流産の始まり方は? その症状と原因、妊活の再開時期について

なんらかの原因で、自然に妊娠の中断が起こってしまう「自然流産」。自然流産が起こるとき、何か予兆はあるのでしょうか。また流産した場合、次の妊活はいつから始められるのでしょうか。自然流産について大切なことをまとめました。


【医師監修】稽留流産後もつわりが続くことはある? 原因と対処法

【医師監修】稽留流産後もつわりが続くことはある? 原因と対処法

「稽留流産」は自覚症状のないことが多く、健診で病院に行ってはじめて発覚することが少なくありません。自覚症状がないということは、稽留流産になっても「つわり」は続くということなのでしょうか? ここでは、稽留流産が起こる理由とともに、つわりとの関係などを紹介します。


【医師監修】臨月の吐き気は「後期つわり」? 気をつけたい吐き気、軽減のコツ

【医師監修】臨月の吐き気は「後期つわり」? 気をつけたい吐き気、軽減のコツ

臨月を含め、妊娠後期に吐き気が再発して、「つわりが戻ってきた!?」と思う妊婦さんは少なくありません。そのため「後期つわり」という言葉もあり、妊婦さんの間で知られています。その正体はなんなのでしょうか? 原因とケア方法を紹介します。


【医師監修】つらい臨月のむくみ! 産後は解消? むくみケアしよう!

【医師監修】つらい臨月のむくみ! 産後は解消? むくみケアしよう!

臨月になって急にむくみが強くなった! そんな悩みをもつ妊婦さんがとても多いのです。出産を間近に控えているだけに、何か問題ではないか心配。むくみによって体重が増えることも気になります。原因やケア法をまとめてご紹介します!


【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

臨月のマイナートラブルとしてよくあげられる「腰痛」。なるべく負担にならないように、産後に持ち越さずにすむように、セルフケアしていきましょう!


【医師監修】妊娠中のこんな頭痛には要注意! 薬は飲める? 妊婦の頭痛対策

【医師監修】妊娠中のこんな頭痛には要注意! 薬は飲める? 妊婦の頭痛対策

妊娠中はマイナートラブル(妊娠に伴って起こる不快症状)が付き物ですが、そのひとつに「頭痛」があります。そんな多くの妊婦さんを悩ます頭痛ですが、ひと口に“頭が痛い”といっても原因やタイプがいくつかあり、妊娠中の対処にはすこし気をつける必要があります。どのような症状からその原因やタイプを考え、ケアをするとよいかまとめます。


【医師監修】妊婦の高熱は危険?胎児へ影響はある? インフルエンザなど妊娠中の発熱について

【医師監修】妊婦の高熱は危険?胎児へ影響はある? インフルエンザなど妊娠中の発熱について

妊娠中はマイナートラブルを含め体調は変化しやすいものです。熱は体調のバロメーター。熱が出るということは、体の中で何かしら普段とは違うことが起きているということです。それは妊娠に伴う自然な変化なのかもしれませんし、病気の徴候かもしれません。今回は、妊娠中の発熱の原因と対処法を解説します。


【医師監修】いよいよ出産準備、お産にのぞむ“心の備え”とは?

【医師監修】いよいよ出産準備、お産にのぞむ“心の備え”とは?

待望の出産の時が近づくと、喜びとともに不安もよぎり、すこし複雑な気持ちになるかもしれません。赤ちゃんを迎える物品などの準備と同時に、大切な心の備えについてまとめます。


【医師監修】つわりで点滴が必要なのはどんなとき?妊娠悪阻の判断と治療方法

【医師監修】つわりで点滴が必要なのはどんなとき?妊娠悪阻の判断と治療方法

妊娠するとつわりに悩まされる妊婦さんも多いですね。つわりは一般的には妊娠中期ごろまでにおさまる一過性のものですが、悪化して「妊娠悪阻(にんしんおそ)」という状態になると、ママの体だけでなくおなかの赤ちゃんにも影響することがあります。今回は、妊娠悪阻の違いについて、また症状がひどい場合に受ける点滴について解説します。


【医師監修】妊婦の下痢、考えられる原因 薬はOK?流産の心配は?

【医師監修】妊婦の下痢、考えられる原因 薬はOK?流産の心配は?

妊娠中は便秘になりやすいと言われますが、下痢になることもあります。妊婦さんに起きる下痢の原因は実にさまざま。治療の緊急性は高くないことが多いとはいえ、軽視していいわけではありません。妊娠中の下痢の原因や正しい対処法を理解しておきましょう。


【医師監修】妊娠中の乳首は黒く、大きくなるって本当? 気になる変化とケア方法

【医師監修】妊娠中の乳首は黒く、大きくなるって本当? 気になる変化とケア方法

妊娠すると、乳首が黒ずんでびっくりする人もいるのではないでしょうか。乳首の変化は人にはちょっと聞きにくいもの。妊娠中にどのような変化をするのか、ケアはどうすればよいのかを説明します。


【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG

【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG

のどが痛いという症状は、比較的よくあることで、普段なら迷わず手軽なケア用品に手が伸びるところですが、妊娠している女性の場合、いつものケアでいいのか、すこし心配になるかもしれません。妊娠中の「のど痛ケア」についてまとめます。