溶連菌感染症に関する記事


【医師監修】溶連菌はいつから保育園に行ける? 登園再開の目安

【医師監修】溶連菌はいつから保育園に行ける? 登園再開の目安

溶連菌感染症は集団生活を送っている年齢の子供がかかりやすい病気です。高熱が出たり、とびひを引き起こしたりと症状はさまざま。そんな溶連菌感染症にかかったあと、登園できるようなるのはいつごろなのでしょうか?溶連菌感染症と登園再開の目安について解説します。


【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

子どもの急な発熱、のどの痛み。こうした症状はさまざまなウイルスや細菌などの感染で起こります。その1つが「溶連菌感染症」。一般にそれほど怖い病気ではありませんが、まれに重い合併症を引き起こすことも。適切な治療で合併症を予防し、流行を防ぐため、小さなお子さんのお母さん、お父さんが知っておきたい特徴を紹介します。


【医師監修】これって溶連菌?子供に感染したらどうすればいいの?症状・治療・保育園など対処法

【医師監修】これって溶連菌?子供に感染したらどうすればいいの?症状・治療・保育園など対処法

子供のかぜの原因の一つ、溶連菌(A群溶血性連鎖球菌)。かぜだけでなく、猩紅熱(しょうこうねつ)やとびひ、腎臓の病気を引き起こすことも。ただ、細菌感染症ですから抗菌薬の治療が有効です。処方された薬をきちんと使い、しっかり治しましょう。



熱中症対策特集

時短家事応援特集

共働き夫婦応援Project パパとママのチーム力を応援!

暮らしを清潔に 楽ちんお掃除特集

新米パパ・ママのために はじめての出産準備特集

#enjoyhome おうち時間

ママ・パパが取り組むSDGs

健やか親子21(第2次)の活動を応援しています。