流産に関する記事


【医師監修】稽留流産したらつわりはなくなる? つわりで流産の有無は確認できるか

【医師監修】稽留流産したらつわりはなくなる? つわりで流産の有無は確認できるか

「稽留流産」は自覚症状のないことが多く、健診で病院に行ってはじめて発覚することが少なくありません。自覚症状がないということは、稽留流産になっても「つわり」は続くということなのでしょうか? ここでは、稽留流産が起こる理由とともに、つわりとの関係などを紹介します。


【医師監修】胎嚢確認の時期はいつ?胎嚢や胎芽が見えない原因

【医師監修】胎嚢確認の時期はいつ?胎嚢や胎芽が見えない原因

妊娠検査薬で陽性が出たイコール妊娠した、ということではありません。陽性が出たあと、赤ちゃんを包み込む胎嚢や、赤ちゃんのもとになる胎芽、心拍などが確認されてはじめて、妊娠が確定します。これらを確認できるようになる時期や、見えなかった場合の原因などについて説明します。


【漫画】#43 退勤後に産婦人科へ。医師から告げられたのは『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#43 退勤後に産婦人科へ。医師から告げられたのは『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


神田うのさんが流産を明かす「結局1人しか生めなくてごめんね」。流産を経験する女性は少なくない

神田うのさんが流産を明かす「結局1人しか生めなくてごめんね」。流産を経験する女性は少なくない

タレントで実業家の神田うのさんが、これまでに三度の流産を経験していたことをInstagramで明かしています。父の誕生日を祝いながら、「結局1人しか生めなくてごめんねと思った時もありました」と気持ちを綴りました。


【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

妊娠を待ち望んでいた人なら、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がるほどうれしい気持ちになることでしょう。しかし、妊娠初期は流産の可能性が高く、まだまだ油断できない状態です。流産には何種類かありますが、そのうちのひとつである「稽留(けいりゅう)流産」について、詳しく説明します。


【医師監修】流産の症状 | 流産しやすい原因と予防法

【医師監修】流産の症状 | 流産しやすい原因と予防法

流産を経験する⼥性は決して少なくありません。妊娠した女性の約40%が流産しているという報告があるほどです。妊娠を希望している女性はぜひ知っておきたい「流産」のことについて知識を深めていきましょう。


【医師監修】自然流産の始まり方は? その症状と原因、妊活の再開時期について

【医師監修】自然流産の始まり方は? その症状と原因、妊活の再開時期について

なんらかの原因で、自然に妊娠の中断が起こってしまう「自然流産」。自然流産が起こるとき、何か予兆はあるのでしょうか。また流産した場合、次の妊活はいつから始められるのでしょうか。自然流産について大切なことをまとめました。


【医師監修】「流産」と「切迫流産」の違いは? その原因とよくある症状

【医師監修】「流産」と「切迫流産」の違いは? その原因とよくある症状

妊娠検査薬で念願の陽性反応が出ると喜びたくなるものですが、悲しいことに「流産」は決して珍しくはありません。「切迫流産」という言葉を耳にすることもありますが、流産とはどう異なるのでしょうか。流産と切迫流産の違い、またこれらの原因やよくある症状についても解説します。


【医師監修】流産の原因はなに?どんな兆候・症状があるの?

【医師監修】流産の原因はなに?どんな兆候・症状があるの?

妊娠が分かってママになる日を心待ちにしている妊婦さんにとって、ちょっとした体調の変化で心配になるのが流産ではないでしょうか。怖いけれど知っておきたい流産の兆候や症状、原因について説明します。


【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。