【医師監修】つわりの終わりは妊娠何週? つわりの終わりかけって?

【医師監修】つわりの終わりは妊娠何週? つわりの終わりかけって?

妊娠した女性の5〜8割が妊娠初期に経験するつわりはいつごろまで続くのでしょうか。また、つわりが終わるとき、何かサインはあるのでしょうか⁇ 今回は“つわりの終わり”にフォーカスしてまとめます。


つわりはいつまで?

Getty logo

妊娠の初期に起こる吐き気やおう吐などがある「つわり」、このつらさはいつまで続くのでしょうか? まずは一般的な目安の期間を知っておきましょう。

一般的には12〜16週ごろまで

Getty logo

つわりの期間は、一般的には5〜6週ごろに始まり、12〜16週ごろには症状が消失するとされます。子宮の中で赤ちゃんを育て、養う臓器である「胎盤(たいばん)」が完成するころに終わる人が多いですが、消化器の不快な症状が妊娠期間を通じて続くこともあります [*1] [*2]。

症状が長引いたら?

つわりの時期はつらいものですが、あくまでも一時的なもので治療の必要はありません。

ただし、食事や水分を受け付けず、一日中何度もおう吐を繰り返してしまうなどの場合は、つわりのような一時的なものではなく、治療が必要となる「妊娠悪阻(にんしんおそ)」という病気の可能性もあるので、産院を受診しましょう。妊娠悪阻は母子の生命の危険につながるリスクになることもある病気で、早期受診が大切です。

なお、不快な症状が「長引く」という意味では、妊娠週数が進むにつれどんどん大きくなる子宮が胃などを圧迫することなどによって、つわりとは異なる理由で消化器症状が出る場合もあります。それについては後ほど解説します。

つわりはどうやって終わる?

Getty logo

ある日突然、症状がなくなるというよりは、徐々に軽くなっていくケースが一般的です。ただし、つわりの症状は個人差が大きく、同じ人でも妊娠の度にその具合が違うことも多いので、終わり方も同様に個人差が大きく、自分の経験とは異なることがあります。

松峯先生
「妊婦さんの中にはつわりが終わる兆候があったという人もいる一方、終わったと思ったら、またぶり返し、行きつ戻りつ何度かの揺り戻しがあって終わったという声もあります。本当に個人差が大きいですね。 終わりの兆候としてあえていうなら、つわりの時期はパートナーや子供が喜ぶ肉料理などを作るのがつらいものの、調理が苦でなくなってくると、つわりが軽くなってきたといえるかもしれません」

その他にも、「食べられるものの種類が多くなった」「食べられる量が増えた」「気分が悪くない時間帯が少しずつ増えていった」「空腹だと吐き気がしていたが、お腹が空いても平気になった」などの変化を、つわりの終盤に感じた人もいるようです。

妊娠後期などに再び吐き気が起こるのは?

つわりが終わった後、妊娠中期や後期に再び吐き気やおう吐などの症状が起こる場合もありますが、それはつわりではありません。

「後期つわり」という言葉を知っている人もいるかもしれませんが、これは医学用語ではなく、ネットなどでの造語で、後期につわりとは呼びません。

妊娠中期や後期の症状の主な原因は次の3つです。

大きくなった子宮が胃や肺を圧迫する

Getty logo

週数を追うごとに大きくなる子宮は、妊娠中期の5ヶ月末(19週の終わり)には小児の頭大ほどに大きくなっているため、胃や肺を圧迫するようになります[*1]。

胃の内容物が逆流しやすい

ホルモン分泌の影響で食道と胃の境目にある「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」という筋肉がゆるむため、胃の内容物が逆流しやすい状態です。

寝不足やストレスが強くなる

お腹が大きくなったことで寝苦しさを感じる場合が多く、眠りが浅くなり、寝不足やストレスが強くなります。

妊娠後期の消化器症状の対処法は?

妊婦の消化器症状の多くは妊娠と関係があり、病的な症状ではなく生理的なものですが、まれに病気による症状であることもあります。

吐き気のほかに、胸焼けや喉焼け、呑酸(どんさん:口や喉まで酸っぱい液がこみあげる感じ)、発熱、血圧の上昇、頭痛、腹痛など複数の症状があるときは産科を受診して原因を確かめ、必要な治療を受けましょう。

症状が吐き気・おう吐だけの場合は、産科で「妊娠悪阻」ではないことを確認したうえで主治医から症状を軽減するためのセルフケアについてアドバイスをもらい、暮らしに取り入れて、つらい症状を緩和していきましょう。

一般的に消化器症状をまねきやすいとされる「甘いもの」「脂っこいもの」「炭酸飲料」などを控える、「分割食(1日4または5回×半人前〜0.7人前程度)」にするなど生活の中ですぐできるセルフケア法もあります。

まとめ

Getty logo

つわりの終わりは一般的に12〜16週ごろで、“フェードアウト”タイプであることが多く、特別な兆候もとらえにくいようです。気になることがあれば妊婦健診の際などに主治医とつわりについて話しておくといいかもしれません。
ただし、人によってはつわりの症状が長引く場合もあり、そのようなときは原因を確かめるために早めに受診しましょう。

この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

(文・構成:下平貴子、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 病気がみえるVol.10産科 第4版 , メディックメディア, 2018.
[*2] 「臨床婦人科産科 2018年 4月号増刊号 産婦人科外来パーフェクトガイド? いまのトレンドを逃さずチェック! 」, 医学書院, 2018.
[*3]厚生労働省「リーフレット“妊婦健診”を受けましょう」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken13/

・産婦人科診療ガイドライン―産科編, 日本産科婦人科学会, 2017.

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。