【助産師解説】つわりの時期はいつまで?ピークはいつ?<ママ体験談>

【助産師解説】つわりの時期はいつまで?ピークはいつ?<ママ体験談>

妊娠に伴うサインのひとつである「つわり」。この気持ち悪さはいつまで続くの……と不安になる人も多いことでしょう。今回は、実際につわりを体験されたママから聞いた「つわりのピーク」「つわりがいつまで続いたか」についてお伝えします!


つわりのピークはいつだった?いつまで続いた?~ママ体験談

Getty logo

妊娠中、多くのママが体験するつわり。ただしそのピークや持続期間については個人差があります。まずは実際につわりを経験したママ達に、その時の様子を聞いてみることにしましょう。

3ヶ月に入るころ、入院

3人とも2ヶ月に入る頃から始まり、4ヶ月に入る頃おさまりました。その間の2ヶ月間は毎日吐き気との闘いで毎日がピークの感覚です。2番目の子で3ヶ月に入る頃1週間、3番目の子で3ヶ月に入る頃から1ヶ月入院しました。
(40代、娘3人)

3~4ヶ月が一番のピーク

長女、次女ともに妊娠がわかった8週くらいからつわりが始まり、5ヶ月ごろに落ち着きました。ずっと辛かったですが、特に3~4ヶ月が一番のピークと記憶しています。食べつわりと吐きつわりのコンボがつらかった。
(30代、長女10歳・次女7歳、正社員)

ムカムカは9ヶ月まで続いた

つわりは妊娠4週目~5週目ごろに始まりました。結局妊娠後期の9ヶ月くらいまでムカムカがありました。あまり食べられず体重が減ってしまい、出産直前の体重は妊娠前から2kg増で終わりました。
(40代、長男2歳、会社員)

安定期前には落ち着いた

私の場合、つわりの時期は3ヶ月~安定期に入る直前くらいまで。特にピークとかはなく、まんべんなくつらかったように思います。においがきっかけで吐きづわりがあり、あまり食べられない期間もありました。つわりの時期は眠気もすごかったです。
(20代、長男1歳、会社員)

つわり開始から3ヶ月間、ずっとピーク

長男は妊娠2ヶ月から、次男は妊娠とわかる前から始まりました。ピークはつわりが始まってからずっと。空腹になると吐き気がして、食べ過ぎると吐き気がするというのが3ヶ月間は続きました。
(40代、長男7歳、次男5歳、会社員)

1ヶ月間のピークの後、徐々に楽になった

つわりのピークは始まったその日(妊娠2ヶ月のはじめ、5週目)から、まるまる1ヶ月。その間はピークとかなく、ずーっと一定の強さで気持ち悪かったです。ある日、なんだか今日は気分が楽だなという日があり、その後は緩やかな右肩下がりの波を描きながら2週間程度かけてつわり症状が楽になりました。
(20代、長女2歳・長男0歳、会社員)

戌の日の頃には食欲回復

つわりの最中は吐き続け、昨日より今日、今日より明日…と毎日が気分最低の記録を更新している状態で、いつがつわりのピークなんだ! もしかしたらまだピーク前なのかもしれない! と底が見えない恐怖におののいていました。結局、いつつわりが終わったのか記憶が定かではないのですが、戌の日の安産祈願で両家が集まった時にはごちそうをバクバク食べていたので、4ヶ月の終わりごろにはつわりを忘れる程度にはすっかり回復していたということだと思います。
(30代、長男5歳・長女1歳、会社員)

助産師、坂田先生の解説

つわりは「妊娠によって生じる、消化器系症状が中心となる症候」です。 妊娠に伴う身体の変化のひとつですから、その症状やピークについて、知識をつけておきましょう。また、つわりの中には注意が必要なケース(妊娠悪阻)があるため、こちらについても解説します。

つわり、ピークはいつ? つわり症状はいつまで続く?

つわりの主な症状は吐き気(悪心)や嘔吐です。しかしこれだけでなく、全身のだるさや眠気、食欲不振、唾液の増加、食べ物の好みの変化として現れる場合もあります。

症状の出現は「妊娠5~6週頃」が一般的とされ、 妊婦さんの50~80%が経験するとされます。 経産婦 さんより初産婦さんに多いと言われています。妊娠8~10週をピークとして、妊娠12週〜16週頃までに症状が落ち着くことが多いでしょう。

なお、妊娠後期になっても胃がムカムカするような消化器症状がある場合もあり、そのことを「後期つわり」と表現しているのを見かけますが、医学的にはこのような言葉はありません。

つわりの際の注意点

つわりは一過性で、自然消失します。症状の出現が早朝空腹時など、限定的であることも特徴の1つです。一方、つわりの症状が進み、以下に当てはまるようであれば「妊娠悪阻(にんしんおそ)」の可能性があります。

・頻回(1日5回以上 )な嘔吐が一日中続く
・食事や水分の摂取が難しい
・飢餓や脱水の状態(皮膚の乾燥・乏尿・動悸などの症状)
・尿中ケトン体が陽性
・5%を超える体重の減少

妊娠悪阻の場合、治療や入院が必要となるため、産婦人科を受診してください。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


【医師監修】妊娠初期に葉酸を飲まなかったけど大丈夫!? その影響と対処法

【医師監修】妊娠初期に葉酸を飲まなかったけど大丈夫!? その影響と対処法

妊娠確定からすぐつわりが始まって、あたふた。ようやく落ち着いてきたころ、「実は葉酸を飲んでいなかった……」ということに気付いて青くなっている妊婦さんもいるかもしれません。妊娠初期に葉酸を飲まなかったことによる影響はあるのでしょうか。妊娠初期を過ぎてからでも飲むべきかとあわせて解説します。


最新の投稿


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。