【助産師解説】これってつわり?つわり症状ってどんな感じ?<ママ体験談>

【助産師解説】これってつわり?つわり症状ってどんな感じ?<ママ体験談>

つわりのイメージは吐き気や嘔吐ですが、実はその症状には幅があるようです。今回は、実際につわりを体験されたママたちに、つわりの症状についてお伝えしたいと思います。つわりって、吐き気だけじゃないんです!!


つわり、どんな症状だった?? ~ママたちの声~

人によってあったりなかったり、ひどかったり軽かったりする「つわり」。始まる時期も出る症状も個人差があります。そこで、先輩ママたちに「つわり、いつから始まった?」「つわりの症状は?」について聞いてみました。

Getty logo

※画像はイメージです

「スーパーで涙目」

「食べつわり」と「吐きつわり」の間ぐらいで、空腹になると吐き気がして、食べたら食べたで吐き気がして……。

何かを食べていないと吐き気がするのに、何を食べたら楽になるのかがわからず、スーパーでカートを押してぐるぐる回りながら、泣きそうになっていました。

(40代、長男7歳・次男5歳、正社員・事務職)

つわり中は、好きだったものを受け付けなくなったり、意外なものを食べたくなったり、変化が激しいですよね。つい昨日までは「これを食べるとすっきりする!」という必勝フードだったものが、今日になって急にNGになるなんてことも。泣きそうになる気持ち、痛いほどわかります。

「気づいたら夕方に」

においつわりや吐きつわりがあったりしましたが、一番つらかったのは眠気です。

起きていられないくらいの眠気が朝晩問わずありました。朝、夫を送り出して家事を済ませて一休み……のはずが、気づいたら夕方になっていたなんてことも、一度二度ではなく。自分でも信じられないくらいの体験でした。

(30代、長男10歳、フリーランス)

つわりの症状が現れやすい妊娠初期は、強い眠気に驚く人も少なくないようですね。ホルモンの変化により起こる生理的な現象と言われていますが、だるさが残ったりぼーっとしたりすることも。車の運転をする場合など、注意をしてくださいね。

「出産まで食べてばかりで〇kg増」

長男・長女とも典型的な食べつわりの症状で、お腹が少しでも空くと気持ちが悪くなるので、ひたすら食べてばかりいました。

結局、出産前まで食べ続け、20kg近く体重増。産婦人科で厳重注意を受けました。

(30代 長男 7歳・長女3歳)

つわりというと「食べると気持ち悪い」イメージが強いですが、意外と多いのが「空腹だと気持ち悪くなる」というケース。妊娠中は体重管理も重要なミッション。食べつわりがあると、体調だけでなく体重への影響も気になります。一回に食べる量を少しにするなど、なんとか乗り切りたいですね。

「水の銘柄指定」

気持ち悪くて、食べ物ものはもちろん、ペットボトルの水ですら限定的な銘柄しか受け付けませんでした。人工的な甘みや香料もダメでしたね。

(40代、長女1歳10ヶ月)

そうそう、つわりは食べ物だけではなく、受け付ける飲み物にも制限が出てくる場合もあるのです。「牛乳だけは大丈夫」「麦茶だけは絶対飲めない」「薄めたスポーツ飲料が命綱」など、人によってOK・NGドリンクがあるようなので、試してみてください。特に嘔吐が激しいときは脱水にも注意です。

「ティッシュを大量消費!」

よだれつわりというやつで、唾液がたくさん出て、ティッシュを口に当てては捨てていました。

(40代、長男9歳・長女6歳)

つわりが起きやすい妊娠初期に唾液がたくさん出るのは、よくみられる症状のようです。たくさん出る上に、飲み込むのもつらく……。普段は感じない自分の唾液がまずく感じ、吐きだそうにも人前だと難しいですよね。「飴をなめるとつばを飲み込みやすかった」という体験談もありました。

「野菜売り場が鬼門」

ほぼ無いに等しいくらい軽いつわりでした。

でもなぜかスーパーの野菜売り場だけ毎回吐き気をもよおすので、旦那に行ってもらっていました。

(30代、長男2歳、正社員)

つらいときは誰かに甘える! それでいいんですよ~。産後すぐや子育てで忙しく出かけられないとき、パパがしっかりお買い物できれば頼もしいですよね。

「義実家でつわりスタート」

生理予定日だったクリスマスの日、早くから使える妊娠検査薬で陽性反応が出ました。かねてより冬休みに入ったら遠方の義実家に帰省を予定していて、体調も悪くなかったので夫婦共々飛行機で向かいました。

そして大晦日。もち米が炊けるにおいにグワッと吐き気を感じ、そこから待ったなし、つわり生活に突入

実家ではいろいろ気を使ってもらい無事過ごせましたが、問題は帰りの飛行機

もともと乗り物酔いしやすい体質だったからか、心配する夫の問いかけに答えることもできず、目を開けていることさえできず、震える手でエチケット袋を口元に当てたまま、1時間ちょっとのフライトを耐えしのぎました。

空港に着いてからも、CAさんが手配してくれた車いすで移動。歩くことさえ難しいほどの体調不良を土産に帰京しました。

(30代、長男8歳・次男2歳、会社員)

「つわりの症状は乗り物酔いに似ている」との体験談もありました。つわりと乗り物酔いのダブルパンチは、想像するだけで恐ろしい……。

※マイナビウーマン子育て調べ 調査日時:2019年1月28日~2月4日

助産師・佐藤裕子先生からママたちへのアドバイス

妊娠するとみんなつわりになる?

妊娠したからといって、妊婦さん全員につわりの症状が現れるわけではありません。割合としては、妊婦さんの50~80%がつわりになるといわれています。

つわりってどんなかんじ?つわりの症状って?

つわりは以下のような消化器の症状が出ることが多いです。

 ・胸がむかつき、吐き気をもよおす(悪心)
 ・吐く(嘔吐)
 ・食欲がわかない(食欲不振)
 ・食べ物の好みが変わったり、偏ったりする(食嗜変化)


上記以外の症状が出る人も多く、感じる強さにも幅があります。

また、ママたちの間では、妊娠初期に起きやすい変化も合わせて、以下のようなつわりの種類があるといわれているようです。

「吐きつわり」:気持ちが悪く吐き気を感じる、吐く
「食べつわり」:空腹だと気持ち悪くなる
「眠りつわり」「寝つわり」:寝ても寝てもまだ眠く、強い眠気がある
「よだれつわり」「唾液つわり」:唾液がたくさん出る、飲み込めない
「においつわり」:においに敏感になる、平気だったにおいがダメになる

なお、医学的には眠気や唾液が多いなどの症状をつわりとは呼びませんが、これらもつわり同様、妊娠初期のホルモン変化が影響しているものと考えられます。

つわりの症状、ひどくなると?

つわりは妊娠5~6週目から始まり、妊娠12~16週ごろによくなってくる人が多いとされています。しかしながら、長引く人もいれば感じない人もいて、症状の感じ方にも差があります。
つわりが悪化し、水分や食べ物を受け付けず一日中吐いていたり、体重が激減(妊娠前の5%以上)したりした場合は、治療が必要な「妊娠悪阻(にんしんおそ)」の可能性があります。つわり症状が強い場合は、産婦人科で相談しましょう。

つわりのつらい症状、少しでも楽になる方法を探しながら、乗り切ってくださいね。

(構成:マイナビウーマン編集部、監修:佐藤裕子先生)

この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


最新の投稿


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

離乳食を完了後は幼児食へ移行しますが、毎食の献立どうしていますか。どんなことに注意すればよいのか、幼児食づくりに向けて、簡単な人気レシピをご紹介します。


幼児食の野菜レシピ!人気メニューで野菜嫌い克服!【管理栄養士監修】

幼児食の野菜レシピ!人気メニューで野菜嫌い克服!【管理栄養士監修】

離乳食のときはすりつぶしたりきざんでいた野菜も、幼児食に入って形や味がわかるようになると、野菜を食べなくなり苦手になっていく子供は多いようです。ほかのご家庭ではどんな工夫をして野菜嫌いを克服しているのでしょうか。人気メニューやレシピを見ていきましょう。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。