【助産師解説】食べつわりはどう乗り切る?空腹対策とやわらげる9つの工夫

【助産師解説】食べつわりはどう乗り切る?空腹対策とやわらげる9つの工夫

空腹になると気持ち悪くなる食べつわりの症状は、どのように対策すればいいのでしょうか?食べたいものを好きなだけ食べても大丈夫?という疑問に、助産師がお答えします。上手に乗り切るコツと食べ方の工夫もチェックしましょう。


「食べつわり」についてわかること

<疑問1>食べつわりって何?

Lazy dummy

多くの妊婦さんが妊娠初期に経験するつわり。つわりは、妊娠によって起こる「悪心・嘔吐を中心とした消化器系症状」[*1]を指す言葉ですが、症状の現れ方により大きく2つの種類に分けられます。食べつわりと吐きづわりの具体的な症状について見ていきましょう。

食べつわりとは?

空腹になると吐き気がしたり気持ち悪くなるつわりの症状を、一般的に食べつわりと言います。

血糖値が下がると吐き気がしやすいため、食べつわりのときは小まめに食べることが大切です。常に何かを食べると言うと1日の総摂取カロリーが気になるところですが、この間だけはカロリーや体重増加のことは気にせず、食べられるものを食べられるだけ食べましょう

つわりは、一般的に妊娠8~10週にピークを迎え、12~16週頃には症状が落ち着くことが多いです。

数字だけ見ると40週ある妊娠期間の中で短いように思えますが、実際に毎日具合が悪い状態が1ヶ月以上続くのはしんどいものです。なかなか長いことに気がめいってしまうかもしれませんが、できるだけストレスなく、楽に過ごすことを第一に考えるようにしましょう。

料理を作りたくないときは、パパには自分で用意してもらうなどして、しのいでくださいね。

吐きづわりとは?

食べ物を食べる・食べないに関わらず、常に吐き気がするつわりのを一般的に「吐きづわり」と言ったりします。

吐き気がするだけの人もいれば、実際に嘔吐してしまう人もいます。また、吐き気を感じる頻度や持続時間にも個人差が。昨日は大丈夫だったけど今日はひどい……と、症状の強さが日によって違う人もいれば、常に吐き気がする人もいます。吐き気をもよおしやすい食べ物やにおいも、人によってさまざまです。

吐きづわりの場合は、「自分が食べたい」あるいは「これなら食べられる」と思うものを食べられるだけ食べるようにしましょう。どのような食べ物やにおいがダメなのか、その傾向をつかんで避けるようにすると、症状を少しでも和らげることができるでしょう。

食事がとれていないと赤ちゃんがちゃんと育たないのでは……と心配になるママが多いですが、この時期は栄養面に関しては赤ちゃんの発育はひとまず置いておいて、気持ち悪さを軽くすることだけ考えて大丈夫です。つわりが落ち着いてから徐々に栄養バランスを考えて食事をしていきましょう。

また、食べたくないものを無理に食べる必要はありませんが、吐くのを怖がって何も食べないでいるよりは、少しでも口に入れられると思うものを探し、少量でも食べるようにするといいでしょう。

ただし、嘔吐しているときは頑張って水分をとっていても脱水になってしまうことが少なくありません。固形物がダメでも、水分補給だけはしっかり行うことも大切です。体に力が入らないなどしんどい状態になったときは、無理せず医療機関で点滴をしてもらいましょう。

【助産師解説】つわりのピークはいつまで?<ママ体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3508

妊娠に伴うサインのひとつである「つわり」。この気持ち悪さはいつまで続くの……と不安になる人も多いことでしょう。今回は、実際につわりを体験されたママから聞いた「つわりのピーク」「つわりがいつまで続いたか」についてお伝えします!

<疑問2>食べつわりを乗り切る方法は? 対策4つ

食べつわりの症状を悪化させず、この時期をできるだけ楽に乗り切るための生活のコツをご紹介します。以下の4つのポイントを押さえておけば、食べつわりを上手に対策することができるでしょう。

食事は小分けに、適度な間食も

Lazy dummy

血糖値が下がると吐き気をもよおす食べつわりは、空腹な状態を作らないことが重要です。そのため、この時期は一度にたくさん食べるのではなく、少量を小分けにして食べるよう心がけましょう。

前でも述べましたが、つわりの症状があるときはカロリーについてはあまり気にしなくて大丈夫です。気持ち悪くならないようにすることを優先してください。

ただし、妊娠前の体重によってはこの時期から体重管理が必要な場合もあります。気になるときは医師に相談し、指示をあおぎましょう。

すぐに食べられるものを常備して

Lazy dummy

食べつわりの症状があるときは、食べたいと思ったときにすぐ食べられるよう、手軽に食べられるものを常備しておくようにしましょう。日中はもちろん、寝ている間も空腹で気持ち悪くなる場合があるので、寝るときも食べやすいものを枕元に置いておくと安心です。中には「フランスパンを横に置いて寝た」という先輩ママもいるようです。その際は、飲み物も忘れずに。

働いている場合は、職場にも軽食を常備しておきましょう。仕事中の間食がNGな職場の場合は、直属の上司に今の状況を相談し、便宜をはかってもらえるといいですね。事業主は妊娠中の女性労働者から申し出があったときは、必要な措置をとらなければならないということが法律で定められています[*2]。躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、妊娠による症状はどうしようもないものなので、赤ちゃんのためにも協力してもらいたい旨をはっきりと伝えましょう。

なお、妊娠中の体の状態によって、勤務先での対応が必要な場合には「母性健康管理指導事項連絡カード」[*3]という用紙を医師に書いてもらって勤務の負担を軽くしてもらうなどを求めることができます。医療機関で相談してみてください。

こまめに水分補給を

Lazy dummy

食べつわり、吐きづわりに関わらず、水分不足は吐き気を悪化させる要因になります。妊娠中は普段より多くの水分摂取が必要でもあるので、脱水を防ぐためにも水分補給はこまめに行いましょう。水分が足りているかどうかは、妊娠前と同等の排尿回数が保たれているか?を目安にするとわかりやすいです。

前述しましたが、水分がとりにくい場合は我慢せず、病院で点滴をしてもらうと効果的です。

逆に「やることがあった方が楽」ということも

妊婦さんの中には、「仕事中の方が気が紛れて楽だった」という経験談を持つ人もいます。人によりますが、「家で一人きりで寝ているときの方が気持ち悪さが際立ってつらい」ということもあるようです。自分の体調と相談しつつ、ちょっとした用事を作って動いてみるなど気分転換をするのもよいかもしれません。

ただし、「仕事後、反動で体調が悪くなる」という人も多いです。疲れすぎると夜に一気に具合が悪くなってしまうこともあるので、無理しすぎないようにしてくださいね。

<疑問3>食べつわりにおすすめの食べ物・食べ方って? 工夫6つ

食べたいときに楽に食べられ、栄養も上手にとれる食べ物や食べ方の工夫をご紹介します。つわりの時期は自分が食べたいものを食べるのが基本ですが、そのうえでとり入れたい食べ物や食べ方があればぜひチェックしてみてください。

ショウガ

Lazy dummy

ショウガを口にすると、むかつきや吐き気が軽くなることもあるようです。実際試してみたママからも、少し楽になったという意見を聞きました。なお、欧米では「ショウガ粉末」がつわり症状軽減に有効だとして推奨されているようです[*4]。

私もつわりの時、むかむかが軽減するので常にドライジンジャーやジンジャーエールを持ち歩いていましたよ。ショウガが苦手でないのであれば、朝や夕方など気持ち悪くなりやすいときに口にしてみるのもいいかもしれません。

おにぎり

Lazy dummy

手軽に食べられるおにぎりは、食べつわり時期の間食にぴったりの食べ物と言えるでしょう。小さいサイズににぎったものを冷凍しておけば、チンするだけで食べたいときに楽に食べることができます。

中に入れる具材を変えれば味も変えられるので、飽きずに食べられるのも魅力ですね。とり入れたい栄養素で具材を選べば、栄養バランスを考えた食事ができるという点もポイントです。

野菜スティック

Lazy dummy

手軽に食べられ、カロリーが低いので食べる量の心配が少ないという点でおすすめの食べものです。つわりの時期は食べる量を気にしないのが基本とはいえ、どうしても体重増加が気になる……という人は、カロリーの低い食べ物で食べやすい(あるいは食べたい)ものを探してみるといいでしょう。野菜は、そういう意味で強い味方ですね。

スープ

Lazy dummy

のど越しがよく、食べつわりだけでなく吐きつわりの人にもお勧めしたいのがスープです。

水に溶け出た具材の栄養素まで摂れることから、栄養を効率良く摂取できる料理のひとつです。野菜や魚など、いろんな具材を入れれば、一度にたくさんの栄養素を摂れます。また、消化がよく、気分が悪いときでも食べやすいことから、つわり時期の栄養摂取にもってこいとも言えます。

たくさん作って小分けにして冷凍すれば、食べたいときに温めて手軽に食べられるのもポイント。作るのも、間食として食べるのも楽で、かつ栄養も効率よく摂れるおすすめの料理です。

たまご

Lazy dummy

良質なタンパク質を含み、消化もいいたまごも、つわり時期の栄養補給におすすめの食べものです。ゆで卵にしておけば食べたいときに手軽に食べられるので、食べつわり対策としてもいいですね。

ヨーグルト

Lazy dummy

ヨーグルトは手軽に食べられ、栄養もあるおやつとしておすすめです。調理の手間がないので、つわりの症状が重いときの軽食としてもいいですね。いざというとき用にいくつか買い置きしておくと安心でしょう。

元々砂糖などが入っているものよりも、プレーンヨーグルトに蜂蜜や果物を入れて食べるのがお勧めです。

アイスやゼリー

Lazy dummy

夏場など、暑い季節の間食にはアイスやゼリーもいいでしょう。

ただし、市販の大きいサイズのものは、うっかり食べすぎると糖分のとり過ぎになるので注意しましょう。

市販のものもいいですが、ヨーグルトや果汁100%ジュースをアイストレーに入れて凍らせたり、寒天で固めたりておくと、小分けに食べられておすすめ。市販品よりカロリーが低めなのもポイントです。

【助産師解説】つわり対策で私がイケた食べ物21選<ママ体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3516

妊娠中に多くの女性を悩ませる「つわり」。気持ちが悪い時でも「これは食べられた!」という食品を、ママの体験談と共にご紹介! さらに、妊娠中に気をつけるべき食べ物や飲み物についても解説しました。

まとめ

空腹になると気持ち悪くなるタイプのつわりを、「食べつわり」と言うことがあります。血糖値が下がると吐き気がするので、常にお腹に何かを入れておくことが対策のポイント。食事は一回の量を少なくし、小分けにして食べるようにしましょう。胃が空っぽになる時間がないよう、こまめな間食も必要なので、さっと食べられるものを常に用意しておくことも大切です。常に何かを食べるとなると食べすぎが気になるところではありますが、つわりの時期はカロリーオーバーを気にせず、食べたいものを食べるようにしましょう。何よりも、自分が少しでも楽になり、ストレスのない生活を送ることを優先してくださいね。

この記事を解説してくれた先生
清水茜先生
助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。
東京慈恵会医科大学附属病院の産科、NICU勤務や地域の産婦人科病院にて、妊娠・出産・母乳育児指導・NICUにおける母乳育児指導などに関わる。現在は保健センターで妊婦向けに保健指導を行っている。 自身も、二人の男子を子育て中。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:清水茜先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会編「産科婦人科用語集・用語解説集」
[*2]厚生労働省委託 母性健康管理サイト「妊娠・出産期に知っておくべき法律や制度」
https://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/kensetsu/pdf/guidebook05.pdf
[*3]厚生労働省「母性健康管理指導事項連絡カードについて」
https://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/renraku_card/
[*4] 日本産科婦人科学会「産婦人科 診療ガイドライン ―産科編 2017」p.124
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_sanka_2017.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠4ヶ月】そろそろ担当業務の洗い出し開始、保育園の情報収集も! #ワーママへの道

【妊娠4ヶ月】そろそろ担当業務の洗い出し開始、保育園の情報収集も! #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠4ヶ月編をお届けします。


【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

妊娠中にお腹が目立ってくると、「腹帯」や「妊婦帯」と呼ばれるものを巻くことがあります。これらはいつから? どんなふうに? 巻くものなのでしょうか。またどんな種類があるのでしょうか。腹帯(妊婦帯)に関する情報をまとめました。


【医師監修】妊娠16週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

【医師監修】妊娠16週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠16週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠15週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

【医師監修】妊娠15週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠15週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠14週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

【医師監修】妊娠14週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠14週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。