妊婦食事

妊婦食事に関する記事

妊娠中の食事に関するウソほんと、妊婦の栄養摂取のポイントと注意点についてまとめています。つわりなど、食べられないときの対処法や胃痛がある場合の病気の可能性、便秘対策など、気になる問題についても医師が解説します。


【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

どんどんお腹が大きくなり、お産の日が近づいていることを実感する妊娠後期。胎内ですくすくと育つ赤ちゃんに、必要な栄養をたっぷり届けてあげたくなりますね。ここでは、赤ちゃんのために妊娠後期に摂りたい栄養や、このころよくあるマイナートラブルを予防する食事のポイントも紹介します。


【医師監修】妊婦は生ハムを食べてはダメ? 妊娠中の食中毒予防のコツ

【医師監修】妊婦は生ハムを食べてはダメ? 妊娠中の食中毒予防のコツ

食中毒は家庭でも起こることがあり、妊娠している間は特に注意が必要になります。そして注意喚起されている食品の1つが「生ハム」。生ハムの食中毒のリスクや、食中毒予防のコツなどをまとめます。


【医師監修】妊娠10週の胎児の成長とママ の変化は? 必要なケアと注意点

【医師監修】妊娠10週の胎児の成長とママ の変化は? 必要なケアと注意点

この時期、ひどいつわりに苦しんでいるママもいることでしょう。妊娠8週~10週につわりのピークを迎えることが多いからです。ここではつわりの乗り切り方をはじめ、妊娠10週で気になることをまとめました。


【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

日本人の約2人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています[*11]。アトピー性皮膚炎や牛乳アレルギーなどは赤ちゃんにも多い病気です。そのためか、「ママが妊娠中に牛乳を飲むと、赤ちゃんがアレルギーになりやすい」という“説”があるようですが、これは本当なのでしょうか?詳しく解説します。


【医師監修】妊婦にローストビーフはNG? 安全な食を守るヒント

【医師監修】妊婦にローストビーフはNG? 安全な食を守るヒント

妊娠中、毎日の食の安全に気をつけている人が食べてもいいか、判断に迷うメニューもあります。その1つがローストビーフ。完全な生の肉ではありませんが、出産まで安全な食を守るためにどのように考えると良いのか、ヒントをまとめます。


【医師監修】妊婦は豆乳OK? その栄養素や飲んで良い量は?

【医師監修】妊婦は豆乳OK? その栄養素や飲んで良い量は?

煮た大豆を濾してできる「豆乳」。ヘルシーなイメージで、特に女性に根強い人気があります。では、妊婦さんの場合はどうでしょう? 普段どおりに飲んでも良い?むしろ普段より積極的に飲むべき?逆に妊娠中は控えたほうが良い?妊娠中の豆乳摂取について解説します。


【医師監修】妊娠初期の食事と食べ物。気を付けたい3つの注意点

【医師監修】妊娠初期の食事と食べ物。気を付けたい3つの注意点

女性にとって妊娠と出産は、人生の中でも一大イベントです。これからどのような生活が始まって、どんなふうに過ごせば良いのか、初産の方はわからないことばかりだと思います。妊娠中はゆったりとストレスなく、楽しく過ごせるのが一番です。妊娠初期の食事と注意しておきたい点についてお伝えします。


【医師監修】妊娠初期の便秘に試したい! 4つの対策

【医師監修】妊娠初期の便秘に試したい! 4つの対策

妊婦さんに限らず、女性の体の悩みの上位にあげられることが多い便秘ですが、妊娠初期には普段以上にがんこな便秘に悩まされる人もいるようです。妊娠中、なぜ便通が悪くなるのでしょうか? 症状は初期だけでしょうか? 便秘について知っておきたい知識とケア法をまとめます。


【医師監修】妊娠30週の胎児の大きさは?食生活や気をつけたいこと

【医師監修】妊娠30週の胎児の大きさは?食生活や気をつけたいこと

妊娠28週目からは「妊娠後期」と呼ばれています。今回は、妊娠30週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化のほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】妊婦はビタミンAの過剰摂取に注意! その理由と上手な摂り方

【医師監修】妊婦はビタミンAの過剰摂取に注意! その理由と上手な摂り方

妊娠中は、おなかの赤ちゃんのためにも、しっかりと栄養を摂りたいものですが、栄養素の中には、過剰に摂取すると、かえって赤ちゃんに悪影響を及ぼすものもあります。その1つが「ビタミンA」です。ここでは、ビタミンAを妊娠中に摂りすぎてはいけない理由や、妊娠中の摂取量の上限などについてお話していきます。


【医師監修】妊婦はチーズを食べてもいい? 安心な食べ方は?

【医師監修】妊婦はチーズを食べてもいい? 安心な食べ方は?

妊娠中に食べてもいいのか、控えたほうがいいのか迷う食材の1つにあげられることがある「チーズ」。手軽に買える種類も豊富ですから、どのように利用するのが安心か、調べてみました。


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメ⁉赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメ⁉赤ちゃんへの影響は?

蜂蜜はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【医師監修】妊婦が生卵を食べるのはNG? 生食のリスクと注意点とは

【医師監修】妊婦が生卵を食べるのはNG? 生食のリスクと注意点とは

妊娠中の食事にはいくつかの注意点があり、生食のリスクについては広く知られているかもしれません。しかし食品によっては判断に迷うものもあり、 “卵”はその1つではないでしょうか。生卵など、生で食べるリスクなどについてまとめます。


【助産師監修】妊娠中のコーヒーは大丈夫? 体への影響とおすすめの飲み物

【助産師監修】妊娠中のコーヒーは大丈夫? 体への影響とおすすめの飲み物

妊娠中は、カフェインを控えるためコーヒー好きな人も控えなければなりません。今回は、妊娠中に飲めるコーヒーの量や、ノンカフェイン・カフェインレスのおいしい飲み物をご紹介します。


【医師監修】妊娠中の食事の8つの注意点!OK or NGな食べ物は?

【医師監修】妊娠中の食事の8つの注意点!OK or NGな食べ物は?

「妊婦さんは赤ちゃんの分まで食べなくちゃ!」というのは一昔前の話。食べ過ぎは肥満に繋がりますし、妊婦の食事は下痢や貧血、つわりにも影響するので注意しなければなりません。妊娠中に役立つ食べ物・飲み物の情報を紹介します。


【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処

【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処

妊娠したばかりのころ、吐き気などのつわりに悩まされる妊婦さんは多いものです。つわりは食欲不振になるだけでなく、食べることで落ち着く場合もあり、人それぞれ。栄養補給や体重管理も含め、妊娠初期の食欲の変化をどう乗り切るか学びましょう。


【助産師解説】食べつわりはどう乗り切る?空腹対策とやわらげる9つの工夫

【助産師解説】食べつわりはどう乗り切る?空腹対策とやわらげる9つの工夫

空腹になると気持ち悪くなる食べつわりの症状は、どのように対策すればいいのでしょうか?食べたいものを好きなだけ食べても大丈夫?という疑問に、助産師がお答えします。上手に乗り切るコツと食べ方の工夫もチェックしましょう。


【助産師監修】妊娠中の飲み物「おすすめ」4選 &「注意すべき」3選

【助産師監修】妊娠中の飲み物「おすすめ」4選 &「注意すべき」3選

妊娠中は血液の量が増加するため、意識的に水分を補給する必要があります。妊娠中の水分摂取の目安は1日1.5~2リットルです。ママの身体にもおなかの赤ちゃんにも優しい飲み物を取り入れたいですよね。そこで今回は、妊娠中におすすめの飲み物をご紹介! 摂取を控えたほうがいい飲み物についてもご紹介します。


【医師監修】体重管理に悩む妊婦さんへ贈る食事5つの心得・おすすめの運動

【医師監修】体重管理に悩む妊婦さんへ贈る食事5つの心得・おすすめの運動

つわりが軽くなると食欲が増し、気づくと体重が増えすぎて焦ってしまったという妊婦さんも多いのでは。妊娠中の体重管理はとても大切ですが、ダイエットに必死になることも問題です。妊婦さんが適正体重を保つための正しい食事と運動法を知り、健康的なマタニティライフを過ごして元気な赤ちゃんを産みましょう。


【助産師解説】妊婦のお菓子&おやつ!カロリーの目安、食べ過ぎないコツ

【助産師解説】妊婦のお菓子&おやつ!カロリーの目安、食べ過ぎないコツ

体重管理が大切な妊娠中だけど、お菓子・おやつは食べてもいいの? という疑問に助産師がお答えします。食べるときの注意点と押さえておきたいポイント、おすすめのお菓子・おやつもチェックしてくださいね。