妊婦にヨーグルトが良い4つの理由!おすすめの食べ方と種類、注意点【管理栄養士監修】

妊婦にヨーグルトが良い4つの理由!おすすめの食べ方と種類、注意点【管理栄養士監修】

いろいろな健康効果があるといわれるヨーグルト。実は妊娠中にもおすすめしたい食品です。ここではヨーグルトをおすすめする4つの理由のほかに、試してほしい食べ方や食べるときの注意点などを紹介します。


この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

妊婦にヨーグルトがおすすめの理由

体にいいイメージがあるヨーグルトは、妊婦さんにも次のようなメリットがあります。おいしく食べて健やかな妊婦ライフのお供にしたいですね。

不足しがちなカルシウムをとれる

妊婦に推奨されるカルシウム摂取量は、非妊娠時と変わらず1日約650mg[*1]。しかし厚生労働省の栄養に関する調査で、日本では男女とも年代を問わずカルシウムを推奨量まで摂れていないことがわかっています[*2]。妊婦さんも同様に不足しており、カルシウムは積極的に摂りたい栄養素です。

牛乳や乳製品は1回で食べる量に含まれるカルシウムの量が多いのが特徴。例えば全脂無糖タイプのヨーグルトには100gあたり約120mgのカルシウムが含まれています。低脂肪無糖タイプは約130mg、無脂肪無糖タイプは約140mg[*3]といずれも高い数値です。また、牛乳や乳製品はほかの食品と比べてカルシウムの吸収率が高いことがわかっています。

便秘解消に役立つ

妊娠中に悩まされることが多い便秘。その解消法のひとつが腸内の善玉菌を増やすことです。ヨーグルトを食べると「プロバイオティクス」と呼ばれる生きた善玉菌を摂ることができます。

善玉菌の中でも代表的な乳酸菌はヨーグルトのほかに乳酸菌飲料や納豆、漬物などにも含まれています。ビフィズス菌も乳酸菌の一種で、腸内で悪玉菌の繁殖を抑え、便通を改善する働きをします。乳酸菌にはさまざまな種類があり、菌の種類によってヨーグルトの味わいが異なります。

手軽にたんぱく質を摂れる

たんぱく質は筋肉や臓器を作るために必要な栄養素。成人女性の推奨量は1日あたり50gで、妊娠中はここに中期で+5g、後期で+25gすることが推奨されています(初期は付加なし)[*4]。

たんぱく質は動物性食品からも植物性食品からも摂ることができますが、動物性たんぱく質の方がたんぱく質を構成するアミノ酸のバランスがよいため、良質とされます。牛乳を原料とするヨーグルトはもちろん動物性です。つわりで食欲がないときにも、さっぱりとした口当たりのヨーグルトなら手軽に良質なたんぱく質を補うことができます。

胸焼けする後期つわり時でも胃に負担がかからない

妊娠後期は逆流性食道炎の症状に悩まされる妊婦さんも多いもの。ヨーグルトをはじめとする乳製品は消化しやすい食品です。逆流性食道炎になったときにもヨーグルトは食べやすくておすすめです。

妊婦におすすめのヨーグルトの食べ方・種類は?

妊娠中のヨーグルトの食べ方は次を参考にしてください。

糖質の少ないプレーンタイプがおすすめ

妊娠中は赤ちゃんの発育のために十分なエネルギーを確保することが大切。糖質は重要なエネルギー源ですが、主食以外からの糖質の摂りすぎには注意したいもの。加糖タイプの甘いヨーグルトには糖分が多く添加されています。妊婦さんには無糖のプレーンヨーグルトがおすすめです。

ジャムやヨーグルトソースと食べるのが一般的ですが、善玉菌の栄養となるオリゴ糖、オリゴ糖を多く含むハチミツやバナナ、食物繊維が多いきな粉などをかけて食べるのもいいでしょう。

手軽な飲むヨーグルトも人気

飲むヨーグルトも手軽で続けやすいので人気があります。糖分の摂りすぎに注意して上手に取り入れましょう。

毎日コツコツ続ける

ヨーグルトから摂った善玉菌はある程度はお腹の中に存在しますが、そのまま住み着くことはありません。整腸効果を求めるなら毎日続けて食べることがすすめられています。ヨーグルトによって菌の種類は異なり、どの菌が体にあっているかは人それぞれ。毎日ヨーグルトの種類を変えていろいろ食べるより、自分にあったものを見つけてそれを食べ続ける方がベターです[*5]。

妊娠中にヨーグルトを食べるときの注意点

妊娠中にヨーグルトを食べるときは次のことに注意してください。

食べ過ぎない

加糖タイプのヨーグルトは糖分が多く含まれています。たくさん食べると糖質を摂り過ぎてしまうリスクがあります。妊娠中の乳製品の目安は1日あたり2つ分、妊娠後期は3つ分とされています[*6]。ほかの乳製品とのバランスも取って食べ過ぎないようにしましょう。

■乳製品の1つ分(1回の食事での摂取量)の目安
 ・1つ分=牛乳コップ半分=チーズ1かけ=スライスチーズ1枚=ヨーグルト1パック
 ・2つ分=牛乳瓶1本分

詳しい食べ方の目安はこちらを参照してください。
乳製品以外の食品についても、どれだけ食べるかの目安が示されています。
▶厚生労働省「妊産婦のための食事バランスガイド」

冷たいヨーグルトは控えめに

冷たいものを摂りすぎると下痢してしまうことがあります。お腹の具合心配なときは、冷蔵庫から出してすぐに食べるのではなく少し置いて常温に戻して食べたり、ホットヨーグルトにしたりと、工夫するとよいですね(乳酸菌は高温に弱いので温めすぎには注意を)。

妊娠中のヨーグルトに関するよくある疑問

妊娠中のヨーグルトについて、よくある疑問にお答えします。

アロエヨーグルトは妊婦には不向き?

市販のアロエヨーグルトであれば心配ありません

確かにアロエには骨盤内の臓器を充血させる「アロイン」という成分が含まれていて、妊婦さんは食べるのを避けるべきとされています。しかし、この成分はアロエの外皮に多く含まれ、葉肉にはほとんど含まれていません。国内の各大手メーカーのアロエヨーグルトで使用されているのは外皮を除いた葉肉部分なので、その点は安心して食べられます。

ヨーグルトなどの乳製品を赤ちゃんのアレルギー予防のため控えるのは効果ある?

妊娠中に母親が特定の食物を除去しても、食物アレルギーを予防する効果はないとされています。

日本小児アレルギー学会の「食物アレルギー診療ガイドライン2016には

食物アレルギーの発症予防のため、妊娠中や授乳中に母親が特定の食物を除去することは、効果が否定されている上に母親の栄養状態に対して有害であり、推奨されない。

と書かれています[*7]。赤ちゃんのアレルギーを心配して特定の食品を避けることはやめて、食事はバランスよく摂ることを心がけましょう。

まとめ

ヨーグルトは妊娠中にもおすすめできる食品ですが、絶対に食べるべきということではなく、食べないことでデメリットがあるわけではありません。好きな人は安心して適量を食べてOKだし、苦手な人は無理に食べなくても大丈夫。また、どんなにおいしくても、つわりが落ち着いたら一つの食品に偏ることなく、バランスのよい食事を心がけてくださいね。

(文:佐藤華奈子/監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省:「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書 Ⅱ 各論 1 エネルギー・栄養素 ミネラル(微量ミネラル)
[*2]令和元年国民健康・栄養調査報告 第1部 栄養素等摂取状況調査の結果
[*3]文部科学省:日本食品標準成分表2020年版(八訂) 第2章(データ)
[*4]厚生労働省:「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書 Ⅱ 各論 1 エネルギー・栄養素 たんぱく質
[*5]厚生労働省:e-ヘルスネット「腸内細菌と健康」
[*6]厚生労働省:妊産婦のための食事バランスガイド
[*7]日本小児アレルギー学会 食物アレルギー委員会:食物アレルギー診療ガイドライン2016ダイジェスト版 第4章 予知と予防l

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊娠すると食事の面で何か特別なことをしなければならないと考えがちですが、バランスの良い食生活を送ることが基本です。妊婦さんが知っておきたいことして、積極的に摂りたい食べ物と控えた方が良い食べ物があるのでご紹介します。


妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

美容や健康にいいといわれるアーモンド。最近はアーモンドミルクなども気軽に手に入るようになりましたね。アーモンドには妊娠中に取りたい栄養素も含まれており、小腹が空いたときなどのおやつにピッタリな食材です。


最新の投稿


回転式チャイルドシートおすすめ5選!人気コンビ・アップリカなど新生児から使える商品一覧

回転式チャイルドシートおすすめ5選!人気コンビ・アップリカなど新生児から使える商品一覧

数多く種類があり、「どれを購入すればよいかわからない」との声も多いチャイルドシート。中には、回転式を売りにしており、高い人気を得ている製品もあります。固定式にはない、回転式チャイルドシートの魅力とは? 今回は、回転式チャイルドシートのメリット・デメリットや選び方、おすすめ商品をまとめてご紹介します。


【さつまいもおやつ】蒸しさつまいも、さつまいものチーズボール『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.6

【さつまいもおやつ】蒸しさつまいも、さつまいものチーズボール『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.6

子どものために体にいい食事を作ってあげたいけれど、毎日の料理は大変。そんなママ・パパにおすすめなのが、レンチンで簡単にできる作りおき。2児のママでもある管理栄養士・中村美穂さんの著書『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』(世界文化社)から、幼児食のポイントと選りすぐりのレシピを紹介します!


「お菓子持ってこないと遊ばない」って何!? ⇒ 遊ばなくていいよ【息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル Vol.6】

「お菓子持ってこないと遊ばない」って何!? ⇒ 遊ばなくていいよ【息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル Vol.6】

子どもが小学生になると、おうちに友達を呼んで遊ぶことも増えてきますよね。Instagramで子育て漫画を発信するたぷりく(@taprikoo)さんのお宅では、そのことでトラブルが起きてしまったのだそう。今回はたぷりくさんの体験談を短期連載でご紹介!『息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル 第6回』


【お母さんかわいい♡】髪を切ってほしくなさそうな息子、でも美容院から帰ってくると……

【お母さんかわいい♡】髪を切ってほしくなさそうな息子、でも美容院から帰ってくると……

Instagramで子育て漫画を発信されるちーさん。ちーさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【だ、大発見】机に耳をあてて叩くと……? ⇒ 音が大きく聞こえる! 成長したなぁ~

【だ、大発見】机に耳をあてて叩くと……? ⇒ 音が大きく聞こえる! 成長したなぁ~

Instagramで子育て漫画を発信されるほぺ母もなかさん。ほぺ母もなかさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。