妊娠超初期

妊娠超初期に関する記事

妊娠超初期には兆候があるの?気になる症状や身体の変化、月経前症候群(PMS)との違いなどについて専門家が解説します。妊娠の可能性があるときの注意点や過ごし方、妊娠検査薬の使い方や初期の流産などについてもあわせてご紹介しています。

妊娠超初期に関連するキーワード

妊娠1ヶ月 着床 妊娠2週目 妊娠1週目 妊娠3週目 妊娠超初期症状
>>妊娠超初期に関連するキーワード一覧

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

妊娠を待ち望んでいた人なら、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がるほどうれしい気持ちになることでしょう。しかし、妊娠初期は流産の可能性が高く、まだまだ油断できない状態です。流産には何種類かありますが、そのうちのひとつである「稽留(けいりゅう)流産」について、詳しく説明します。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】妊娠超初期にイライラしやすい理由とは

【医師監修】妊娠超初期にイライラしやすい理由とは

排卵から次の月経(生理)が来るまでの時期は、ささいな体調に敏感になってしまうもの。もし、今までになくイライラしていると、「これは妊娠のサイン…?」と思ってしまうかもしれませんね。実際のところはどうなのでしょうか。詳しく解説します。


【医師監修】妊娠したかも!? 妊娠チェックすべき時の症状とは?

【医師監修】妊娠したかも!? 妊娠チェックすべき時の症状とは?

もしかしたら妊娠したかもしれないと感じたら、妊娠初期の特徴をチェックしてみましょう。妊娠初期の概念から、この時期に起こりやすい症状、注意したいことを紹介します。妊活中の方は詳細を確認しておき、妊娠したときに備えましょう。


【医師監修】妊娠超初期に下腹部痛は起こるもの? 妊娠の兆候としての下腹部痛とPMSとの違いとは?

【医師監修】妊娠超初期に下腹部痛は起こるもの? 妊娠の兆候としての下腹部痛とPMSとの違いとは?

妊娠を待ち望んでいる女性にとって、生理開始予定日前の2週間ほどはやきもきする期間ですね。このころに「下腹部痛」があったら、そこから妊娠の可能性を探ることはできるのでしょうか? ここでは、妊娠超初期の下腹部痛と、それによく似たPMSによる下腹部痛について解説します。


【医師監修】生理前と妊娠初期症状の違い | 生理きそうでこない時に要チェック

【医師監修】生理前と妊娠初期症状の違い | 生理きそうでこない時に要チェック

女性は妊娠すると生理が止まり、体内で大切な命を育みます。しかし生理がこないからといって妊娠しているとは限りません。妊娠以外の心理的・身体的要因で生理が遅れることもあるからです。生理前の兆候と妊娠初期に起こる症状の違いを理解していきましょう。


【医師監修】 生理前に胸の張りが……これって妊娠超初期? PMSと見分ける方法はあるの?

【医師監修】 生理前に胸の張りが……これって妊娠超初期? PMSと見分ける方法はあるの?

妊活中で妊娠検査薬が使えるタイミングをいまかいまかと待っている時、普段はない「胸の張り」を感じたら、妊娠超初期の症状と思うかもしれません。ここでは「胸の張り」から妊娠の可能性を知ることができるのか、生理前に起こるPMSと区別できるのかを考えてみます。


【医師監修】卵白のようなおりものが……これって妊娠超初期⁉ 妊娠とおりものの関係とは

【医師監修】卵白のようなおりものが……これって妊娠超初期⁉ 妊娠とおりものの関係とは

「おりもの」の状態が変化したら、なんとなく気になりますね。それが、妊娠検査薬が使えるようになるまで待っている期間であれば、妊娠と関係あるかどうかで、余計気になります。妊娠超初期に「卵白のようなおりもの」が出る可能性はあるのでしょうか?


【医師監修】妊娠超初期はおりものも変わる?

【医師監修】妊娠超初期はおりものも変わる?

妊娠初期(妊娠0〜13週)の中でも、生理開始予定日前の時期を俗に「妊娠超初期」と呼ぶようです。妊娠の可能性がある女性の場合、妊娠超初期に起こる体の変化は些細なことでも「これは妊娠の兆候?」と気になることもあるでしょう。今回は妊娠超初期のおりものの変化について解説したいと思います。


【医師監修】着床出血とは? 生理の症状との違いと妊娠の可能性

【医師監修】着床出血とは? 生理の症状との違いと妊娠の可能性

妊娠を心待ちにしている人は、着床したかどうか毎月気になることでしょう。もしかしたら、着床した時に出血が見られる「着床出血」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これはどんなものなのでしょうか? 生理との違いや妊娠しているかどうかの見分け方についてお話します。


【医師監修】生理前と着床後のおりものの変化とは

【医師監修】生理前と着床後のおりものの変化とは

妊娠は女性の心身に劇的な変化をもたらすものなので、特に妊娠を望んでいる時などはちょっとした変化もそれが妊娠の兆候かどうか、気になるかもしれません。 この記事では、一般的に受精卵が子宮に着床(ちゃくしょう)した時、おりものが変化するのか、また「着床出血」と呼ばれる症状や、妊娠の兆候などについてご紹介します。


【医師監修】妊娠初期の出血の原因は?  考えられる可能性と月経との見分け方

【医師監修】妊娠初期の出血の原因は?  考えられる可能性と月経との見分け方

妊娠初期の出血は、少量であれば心配ないケースもありますが、自己判断はせず、かかりつけのドクターに相談することがとても大切です。特に生理の時より出血量が多い場合や腹痛がひどい場合は夜間・時間外でもすぐに医療機関を受診しましょう。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

「今、妊娠何ヶ月?」「出産予定日は?」という会話はよくするものの、一体どうやって計算しているのか知っていますか? 正しい妊娠週数、出産予定日の計算方法や、正しい妊娠週数を把握するべき理由などをまとめました。


【医師監修】着床出血の量が多いと危険?| その原因と対処法

【医師監修】着床出血の量が多いと危険?| その原因と対処法

妊活していて「着床出血が来た!」と喜んだけれど、量が多い気もする……。実は生理? それとも別の原因かも? そんなお悩みに応えるために、ここでは着床出血の特徴や時期、その他にも考えられる出血原因、注意しておきたい出血についての対処方法を解説します。


【医師監修】妊娠超初期の出血!| その原因と対処法

【医師監修】妊娠超初期の出血!| その原因と対処法

妊娠超初期は医学用語ではなく一般的な言い回しですが、だいたい「卵子が受精して子宮に着床するころ」を指して使われることが多い言葉です。まだ妊娠したかどうか確定できないこの時期、様々な要因から出血することがあります。そんな出血の原因や種類について紹介します。


【医師監修】妊婦は寿司や刺身を食べても良い? 妊娠中の生魚リスクと注意点

【医師監修】妊婦は寿司や刺身を食べても良い? 妊娠中の生魚リスクと注意点

妊娠がわかってから、食べ物に気をつけているママは多いことでしょう。十分な栄養を摂って赤ちゃんと自分を元気づけてあげたいですね。今回は栄養豊富な食材として人気の魚について。妊娠中に寿司ネタなどで生魚を食べるリスクや、火を通していても量には少し注意が必要な点についても紹介します。


【助産師解説】つわりのピークはいつまで?<ママ体験談>

【助産師解説】つわりのピークはいつまで?<ママ体験談>

妊娠に伴うサインのひとつである「つわり」。この気持ち悪さはいつまで続くの……と不安になる人も多いことでしょう。今回は、実際につわりを体験されたママから聞いた「つわりのピーク」「つわりがいつまで続いたか」についてお伝えします!


【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

妊娠中に起こるつわり、むくみ、腰痛、便秘などの不調はマイナートラブルと呼ばれますが、その代表格といえるのが「お腹の張り」。張りの原因と対処法、「心配のない張り」と「異常を知らせる張り」の見分け方などについてお伝えします。


【医師監修】着床出血には「痛み」もあるの? 着床したかどうか知るにはどうすればいい?

【医師監修】着床出血には「痛み」もあるの? 着床したかどうか知るにはどうすればいい?

「着床したか」「生理が来るのか」というタイミングは、体調に何か変化がないか敏感になりますね。着床で起こる「着床出血」の時は「痛み」も感じるのでしょうか? ここでは、「着床出血」と「痛み」の関係について解説します。