松峯美貴 先生

松峯美貴 先生

医学博士/東峯婦人クリニック副院長、東峯ラウンジクリニック副所長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長。
妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします! どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。

http://www.toho-clinic.or.jp/

松峯美貴 先生に関する記事


【医師監修】辛い吐きづわりはいつまで続く? 乗り切るために知っておきたい原因と対策

【医師監修】辛い吐きづわりはいつまで続く? 乗り切るために知っておきたい原因と対策

妊娠初期には、多くの人が吐き気やおう吐などの消化器症状を中心とした体調不良に悩まされます。「吐きづわり」と呼ばれるこの症状は、いったいいつまで続くのでしょうか。その原因と対策とともに解説します。


【医師監修】妊婦健診ってどんな服装で行けばいいの? はじめての方も必見!

【医師監修】妊婦健診ってどんな服装で行けばいいの? はじめての方も必見!

標準的に、妊娠初期には計3回、中期前半と半ばは4週間に1度、中期終わり~後期は2週間に1度、そして臨月~出産予定日までは毎週、合計14回ほど通うこととなるのが「妊婦健診(検診。正しくは健診)」です。ここでは、健診にふさわしい身だしなみについてまとめます。


【医師監修】つわりが終わらないけれど大丈夫? 原因や病気の可能性も解説!

【医師監修】つわりが終わらないけれど大丈夫? 原因や病気の可能性も解説!

辛いつわりがなかなか終わらないと、苦しいだけでなく、いったいいつまで続くのか不安になってしまいますね。つわりが長引く場合は、何か原因があるのでしょうか? つわりに似た症状を起こす可能性がある別の病気とともに解説します。


【医師監修】試してみて! つわり時期におすすめの飲み物

【医師監修】試してみて! つわり時期におすすめの飲み物

つわりで十分な食事がとれないときも、脱水やつわりの重症化を防ぐために水分補給は大切です。なるべく吐き気をもよおさず、辛い症状をやわらげてくれる、自分に合った飲み物をぜひ見つけてみてください。


【医師監修】産後のお風呂、湯船はいつから?赤ちゃんとは?上の子は?

【医師監修】産後のお風呂、湯船はいつから?赤ちゃんとは?上の子は?

経腟分娩の場合、多くの産院では出産翌日ごろからシャワーを浴びることができますが、退院後、産後のママが自宅で湯船につかれるのはいつごろからなのでしょうか。赤ちゃんとや上の子との入浴の際に気を付けたいこととあわせて解説します。


【医師監修】産後の過ごし方|入院中~退院後、2人目、帝王切開などで知っておきたいこと

【医師監修】産後の過ごし方|入院中~退院後、2人目、帝王切開などで知っておきたいこと

分娩のあと、実際、ママはどのようなスケジュールで過ごすものなのでしょうか。また、入院中に確かめておくべきことはあるのでしょうか。退院後の過ごし方含め、心づもりや準備しておくとよいことは何か、産婦人科医に聞いてまとめました。


【医師監修】産後の陰部のかゆみ、原因と対処法

【医師監修】産後の陰部のかゆみ、原因と対処法

産後、デリケートゾーンのかゆみを訴えるママは少なくないようです。不快な症状ですが、なかなか周囲に相談できずどう対処したらよいのか困っていたり、受診をためらっているママもいるのではないでしょうか。ここでは、産後に陰部がかゆくなる原因やその対処法について解説します。


【医師監修】産後のおりものはいつまで続く? 生理再開の時期は?

【医師監修】産後のおりものはいつまで続く? 生理再開の時期は?

産後、子宮が急速に回復していく過程で、普段のおりものや生理のときの経血ともまた違うものが性器から出てきて、驚いているママもいるかもしれません。こうした「産後のおりもの?」のようなものはいつまで続くのか、生理の再開と関係するのかなどについて解説します。


【医師監修】産後、生理再開が早い人の特徴|母乳との関係は?

【医師監修】産後、生理再開が早い人の特徴|母乳との関係は?

出産後、体の回復とともに生理は再開しますが、再開が早い人には何か特徴があるのでしょうか? また、母乳を与えているかどうかは、産後の生理再開時期に影響するのでしょうか? 産婦人科医に産後の生理再開について、くわしく聞きました。


【医師監修】茶色いおりものは危険!? 5つの原因と対処方法

【医師監修】茶色いおりものは危険!? 5つの原因と対処方法

ふとした時に「おりものの色がいつもと違う?」と気になることがあります。 この記事では、「おりものが普段より茶色い!?」と気づいた時の対処方法をまとめました。一般的に考えられる、おりものの変化のおもな原因とあわせてご紹介します。


【医師監修】「正期産」とはいつ出産すること?出産を控えて知っておきたい4つのこと

【医師監修】「正期産」とはいつ出産すること?出産を控えて知っておきたい4つのこと

出産が近づくとカレンダーの“予定日”につけた印が気になって、落ち着かない気持ちになる人もいるかもしれません。とはいえ一般にも知られる通り、出産が予定日を過ぎることはよくあることですね。では「正期産」と呼ばれる時期はいつでしょうか? その時期の過ごし方とともにまとめます。


【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

妊産婦さんの間では“内診グリグリ”と通称される「卵膜剥離(らんまくはくり)」についてまとめます。どのような場合に必要になる処置で、何を期待して行われるのでしょうか。専門医に話を聞きました。


【医師監修】子宮頸管の長さが短いとはどのような状態?

【医師監修】子宮頸管の長さが短いとはどのような状態?

主治医から「子宮頸管が短い」として今後の治療などについて説明を受けたものの、十分な理解ができなかった。そのようなケースは間々あるようです。体調や妊娠経過などは個別性が大きいことですから、どのような説明についても、不安や不明な点は率直に伝え、十分に聞いて、自分の状態を理解することが大切です。


【医師監修】妊婦の飲食「栄養ドリンク」これはOK?

【医師監修】妊婦の飲食「栄養ドリンク」これはOK?

妊娠中は普段以上に食事に気をつけている人が少なくないでしょう。好物を我慢している場合も多いかもしれません。それなら、意外なところでせっかく注意して控えていた成分をとりすぎてしまわないようにしたいもの。そこで「栄養ドリンク」について調べてみました。


【医師監修】妊娠初期にカフェインにはどんな影響が?コーヒーは我慢⁉︎

【医師監修】妊娠初期にカフェインにはどんな影響が?コーヒーは我慢⁉︎

食後の1杯のコーヒーが習慣という人も少なくないと思いますが、そんな生活の中で妊娠に気がつくと、「妊娠に気づかずに飲んでいたもの、食べていたもの」が赤ちゃんに影響するのではないかと、心配になるかもしれません。妊娠初期のカフェインとの付き合い方と、妊娠中の食べ物・飲み物ルールをまとめます。


【医師監修】産婦人科医が教える「臨月の外出ルール」4つ

【医師監修】産婦人科医が教える「臨月の外出ルール」4つ

出産を間近に控えたとはいえ、出産前にしておきたい用事や、上のお子さんの行事などがあれば外出しないわけにはいかない場合もあります。また、産休が始まり、出産までの間にすこし気分転換したい、などということがあるかもしれません。臨月の妊婦さんの安全な外出について、4つのルールをご紹介します。


【医師監修】臨月のスクワットの効果はあるの?危険な場合と陣痛・安産との関係

【医師監修】臨月のスクワットの効果はあるの?危険な場合と陣痛・安産との関係

臨月に入れば「1日も早く赤ちゃんに会いたい!」そんな気持ちが日増しに募るためでしょうか、妊婦さんには陣痛発来を望んで何らかの行動をとる人が少なくないようです。その目的で話題にあがることが多い「スクワット」などについて、専門医の見解をうかがいました。


【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

妊娠後期にはお腹の重みと動きづらさが一段と増し、何をするのも“しんどい感じ”かもしれません。さらに息苦しさや胸苦しさなど、“しんどい”では済まないつらさも。妊娠後期の“苦しい”タイミング別にケア法などをまとめます。


【医師監修】妊娠中の食欲vs体重管理 上手な付き合い方

【医師監修】妊娠中の食欲vs体重管理 上手な付き合い方

妊娠中は、食べられないのも、食べすぎるのも、体調や、体重のコントロールに影響するかもしれないと心配です。そのうえ妊娠前とは違う食欲のアップダウンに悩まされる妊婦さんも少なくありません。妊婦さんによくみられる食欲の変化の特徴と、食欲の波と上手に付き合う方法をまとめます。


【医師監修】産後の子宮脱の症状は? 骨盤臓器脱を予防するためにできること

【医師監修】産後の子宮脱の症状は? 骨盤臓器脱を予防するためにできること

女性の骨盤の中にある臓器が腟から体の外に出てしまうことを「骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)」と呼びます。「子宮脱」もその1つで、産後の靭帯などのゆるみが原因になります。今回は産後の子宮脱の症状などをまとめます。