【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策

【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策

ふいにこみ上げてきて抑えられないげっぷは、人前でははずかしく、出たからといって胸がすっと爽快になるわけでもなくて、ちょっと迷惑な症状かもしれません。しかし、妊娠初期のつわりの時期に繰り返すげっぷに悩まされる女性は少なくないようです。妊娠するとげっぷが増えるのでしょうか? 原因を対策とともに紹介します。


げっぷとは? どういうときに出る?

げっぷは、口から入って胃の中にたまった空気が食道を逆流し、再び口から出ていく現象です。医療用語では「曖気(あいき)」といいます。

げっぷはどうして出る?

食事をすると食べ物と一緒に空気を飲み込むので、生理現象としてげっぷが出ます。

とはいえ普段は食道と胃の境目にある「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」という筋肉が胃液や空気の逆流を防ぐ弁のはたらきをしているので、気になるほど頻回には出ません。

しかし、この筋肉がゆるんでいたり、胃に溜まった空気が多いとげっぷが増えます。

また病気が原因でげっぷが増える場合もあります(詳細後述)。

さらに精神的な原因でもげっぷが増えることがあります。不安やストレス、緊張が強いと、無意識に何度も唾液を飲み込み、空気も飲み込んでしまうためです。

松峯先生
「緊張や不安から首や肩に力が入ったり歯を食いしばったりすると、“固唾(かたず)を飲む”などと言うように唾液とともに空気を飲みやすいとされていて、そのような状態は『かみしめ・呑気(どんき)症候群』などと呼ばれています」

これって「げっぷつわり」?

Lazy dummy

「食べつわり」「吐きつわり」「よだれつわり」と並んで俗称「げっぷつわり」がある人もいるようです。つわりの症状としてげっぷが出るのでしょうか?

つわりとは?

つわりとは、妊娠によって体にさまざまな変化が起こることから生じる消化器の不快な症状を中心とした体調不良や症状のことで、妊婦の50〜80%が経験するとされています[*1]。

妊娠したら必ずつわりがあるとはいえないものの、多くの人が何らかの症状を感じるということです。

つわりとげっぷの関係は?

妊娠が直接、げっぷを増やすわけではないものの、妊娠するとホルモン分泌の影響で全身の筋肉がゆるみ、先述の食道と胃の境目にある弁(下部食道括約筋)もゆるむため、空気や胃の内容物が逆流しやすい状態になってしまいます。

さらに、つわりの時期には食べ物のにおいや空腹などさまざまな理由で「気持ちが悪い」「吐き気」などを感じていることがあり、呑酸(どんさん:口や喉まで酸っぱい液がこみあげる感じ)を伴うげっぷの感覚は気持ち悪さを増長させることがあるでしょう。

逆に、げっぷがなかなか出せずに気持ちが悪い、お腹や喉に空気が詰まっている感じがする、などの場合も。
また、吐き気などをこらえることが、無意識に唾液と一緒に空気の飲み込みを増やし、げっぷにつながる場合もあります。

松峯先生
「つわりのために食欲がない時、無理して食べようとすると食べ物と一緒に空気をたくさん飲んでしまい、げっぷを増やす原因になる可能性もあります」

げっぷが増える病気とは?

「逆流性食道炎」「食道裂孔ヘルニア」のほか、胃や十二指腸の病気が原因で起こることもあります。胸焼けや呑酸を伴うげっぷを繰り返す場合は、妊娠していることを告げて消化器内科を受診しましょう。

特に、妊娠期間が進んで子宮が大きくなるにつれ、子宮が胃を圧迫して「逆流性食道炎」が起きやすくなるので注意が必要です。

【医師監修】臨月の吐き気は「後期つわり」? 気をつけたい吐き気、軽減のコツ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7034

臨月を含め、妊娠後期に吐き気が再発して、「つわりが戻ってきた!?」と思う妊婦さんは少なくありません。そのため「後期つわり」という言葉もあり、妊婦さんの間で知られています。その正体はなんなのでしょうか? 原因とケア方法を紹介します。

自力のげっぷ対策は?

Lazy dummy

げっぷの原因が病気ではないことを確かめたうえで、生理的なげっぷを減らしたいときに自分でできることを紹介します

ゆっくり食べる

Lazy dummy

食事をかき込むように早食いすると空気を食べる量も増え、げっぷが出やすくなってしまいます。ゆっくりよく噛んで食べましょう。

炭酸を控える

空気を飲み込みやすいため、控えるとよい(呑気症を防ぐ)とされているのは、炭酸飲料です。ほかにガム、麺類、汁物なども胃に入る空気が増えます。

背中をさする

げっぷが出そうで出なくて苦しいときは背中の中央あたりをさすったり、軽く叩いてみましょう。

松峯先生
「パートナーになでてもらうことでリラックスすることも、症状の軽減に役立ちます」

食後には深呼吸

食後には楽な姿勢で胸やお腹を大きく動かすことを意識して深呼吸を。すぐ横にはならず、少なくとも食後3時間は体を起こした状態で過ごしてから就寝しましょう。

ストレスケア & リラックス

Lazy dummy

不安やストレス、緊張が強いと “固唾を飲む” という言葉があるように、空気を飲み込みやすくなります。心身の緊張をゆるめるケアを工夫しましょう。

松峯先生
「不安や悩みを1人で抱え込まないことが大切です。妊娠や生活に対して心配なことがあったら、『産科で相談できるのは体のことだけ』とは思わないで主治医や助産師などに話してみましょう。 そして忙しい中でも、1日10〜15分だけでもストレッチなどをして体のこりをほぐすと、気持ちもほぐれる場合があります。試してみてください」

また、ストレスの緩和に脳が喜ぶような手仕事をするのがよい(ストレスコーピング=ストレス対処術)とされています。

松峯先生
「脳の健康とストレスケアの第一人者は『つい没頭してしまうような手仕事をしていると脳が活性しているときに出る脳波、P300が広範囲に出て、ストレスケアになる』として、毎日 “ほどほど(いい加減)” にやることを推奨しています。
調理や手芸、DIY、プチ模様替えなどを、つかの間夢中になってやってみるのもいいかもしれません。つわりのさまざまな症状は心身のストレスとなるので、つわりの時期は普段以上にストレスを気にかけ、ぜひ楽しくストレスに対処してください」
Lazy dummy

十分な睡眠をとる

ストレスを解消するには脳の休養としての睡眠がとても大切です。寝室の温度や湿度、寝具などを見直して、より快適な睡眠環境を整えましょう。楽な寝姿勢も試してみてください。

まとめ

妊娠初期のつわり時期にげっぷがよくでるようになる人もいます。げっぷの回数が著しく増える時には、背景に胃や十二指腸の病気が潜んでいる可能性もあるので、症状が続くなどの場合は、まず妊娠していることを告げて消化器内科を受診し、病気の有無を確かめると安心です。病気ではない場合は、セルフケアでなるべく症状を軽減していきましょう。

この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

(文・構成:下平貴子、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献 [*1] 病気がみえるVol.10産科 第4版,p86,メディックメディア,2018.

兵庫県保険医協会「げっぷから考えられる病気」
http://www.hhk.jp/kenko-telservice/2010/0203-155920.php
一般社団法人小郡三井医師会 病気と健康の話
http://www.ogorimii-med.net/column/腸が敏感になる病気・・・過敏性腸症候群の話
古賀良彦著「脳の疲れをとる本」,方丈社,2018

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠4ヶ月】そろそろ担当業務の洗い出し開始、保育園の情報収集も! #ワーママへの道

【妊娠4ヶ月】そろそろ担当業務の洗い出し開始、保育園の情報収集も! #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠4ヶ月編をお届けします。


【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

赤ちゃんが繰り返し耳を触るときは、髪の毛が触れていたり、耳垢が詰まっている可能性がありますが、耳の病気や異常を疑ってみる必要もあります。ここでは、赤ちゃんが耳を触るときに考えられる理由と、関連する病気などについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

赤ちゃんの耳が臭うとき、その多くは「耳垢(じこう。みみあか)」が原因です。ただし、外耳炎や耳の中の異物などが原因となっている場合もあります。ここでは、赤ちゃんの耳が臭くなる原因と対処法を紹介します。


【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

「恥骨」は骨盤を構成する骨のひとつです。出産時は左右の恥骨のつなぎ目が開くため恥骨あたりが痛むのは普通ですが、これは通常あまり長引きません。産後、恥骨の周囲に痛みが続く場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。


【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

妊娠中にお腹が目立ってくると、「腹帯」や「妊婦帯」と呼ばれるものを巻くことがあります。これらはいつから? どんなふうに? 巻くものなのでしょうか。またどんな種類があるのでしょうか。腹帯(妊婦帯)に関する情報をまとめました。


最新の投稿


【医師監修】4歳児の理想的な睡眠時間は? なかなか寝ない原因と睡眠不足の影響

【医師監修】4歳児の理想的な睡眠時間は? なかなか寝ない原因と睡眠不足の影響

保育園や幼稚園で年少さんになる4歳は、本格的に集団生活が始まる年齢。そうした生活環境の変化が睡眠リズムにも影響を与え、十分な睡眠時間がとれなくなることも考えられます。そこで今回は4歳児の理想的な睡眠時間や睡眠不足に陥りがちな原因などを調べてみました。


おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

P&Gは、乳幼児用紙おむつブランドの「パンパース さらさらケア」シリーズから、おむつのベルト部分が同社商品(*1)よりプラス35%長くなった、期間限定おむつ「パンパース はらまきパンツ」を9月26日より新発売しました。


離乳食の後期(生後9ヶ月・10ヶ月・11ヶ月ごろ)の進め方は?カミカミ期の量とかたさ【管理栄養士監修】

離乳食の後期(生後9ヶ月・10ヶ月・11ヶ月ごろ)の進め方は?カミカミ期の量とかたさ【管理栄養士監修】

食事・散歩・睡眠などの生活リズムが整い、2回食にも慣れる離乳後期。親御さんも離乳食づくりにだいぶ慣れてきたと思いますが、3回食に進むタイミングなど新たな疑問もわいてきます。今回は離乳後期の量や調理のポイントなど、この時期の離乳食の進め方のコツをお伝えします。


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!