妊娠の基礎知識

妊娠の基礎知識に関する記事

妊活方法と妊娠の確率、正しい妊娠チェック、妊娠中の生活と週数別の特徴、早産・流産のリスクと兆候など、妊娠に関わるさまざまな情報をまとめています。妊婦さんはもちろん、妊娠を望む方、妊娠の可能性がある方も、ぜひご一読ください。

妊娠の基礎知識に関連するキーワード

出産予定日 羊水検査 胎動 分娩 妊婦健診 エコー検査 初産婦 経産婦 子宮口
>>妊娠の基礎知識に関連するキーワード一覧

エコー写真の見方まとめ|長期保存のコツと週数別写真集【産婦人科医監修】

エコー写真の見方まとめ|長期保存のコツと週数別写真集【産婦人科医監修】

妊婦健診で行われる超音波検査(エコー検査)は、胎児と対面できるチャンス! 毎回楽しみにしているママ・パパも多いのではないでしょうか。健診のあとには、エコー写真をもらうこともできます。この超音波検査では、いったい何がわかるのでしょうか?


母子手帳はいつ・どこでもらえる? 母子手帳活用法&手続き徹底解説

母子手帳はいつ・どこでもらえる? 母子手帳活用法&手続き徹底解説

胎児の心拍が確認できると、病院から「母子手帳をもらってきてください」といわれます。母子手帳を手にすると、さらに妊娠の喜びが増すことでしょう。今回は母子手帳をいつ・どこでもらうのか、その際に必要な書類などについてご紹介します。さらに里帰りや引っ越しなどの諸手続きについても解説します。


【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

妊娠すると、いつ赤ちゃんに会えるのか楽しみになり、生まれてくる時期が気になるものです。妊娠期間はどのくらいの長さなのでしょうか。出産予定日の算出方法や妊娠期間ごとの様子や注意点などを解説します。


母子手帳の書き方は? 受け取ったらすぐ記入すべき欄はどこ?

母子手帳の書き方は? 受け取ったらすぐ記入すべき欄はどこ?

妊娠の経過や子どもの成長記録を残し、妊婦健診や乳幼児健診を受けるためにも必要な母子手帳。自分ですぐに書いたほうがいい欄、健診のときに医療機関などで書いてもらう欄、子どもが産まれたら書いていく欄があります。将来にわたって残していく記録なので、間違えないように記入したいですね。書き方を解説します。


母子手帳はいつ・どこでもらう? 必要な手続きと流れ

母子手帳はいつ・どこでもらう? 必要な手続きと流れ

妊娠がわかったら必ずすべきことのひとつが、母子手帳を受けとること。初めての妊娠の場合、いつもらいに行くべきか悩んだり、どこで、どうやったらもらえるのかわからなかったりする人は多いはず。母子手帳をもらうべき時期と、必要な持ち物、手続きをご紹介します。


【医師監修】胎児のしゃっくり、頻繁に起こるのは心配?胎動ピクッ!が続く理由

【医師監修】胎児のしゃっくり、頻繁に起こるのは心配?胎動ピクッ!が続く理由

妊娠中、いつもとは違う規則正しい胎動を感じたこともある人もいるのでは。それはもしかしたら、胎児の「しゃっくり」かもしれません。胎児のしゃっくりは胎動の一種といわれています。その原因や胎動のいろいろについて調べてみました。


【医師監修】妊婦がチーズを食べる時、リスクある種類の見分け方は? 妊娠中に安心なチーズとは

【医師監修】妊婦がチーズを食べる時、リスクある種類の見分け方は? 妊娠中に安心なチーズとは

妊娠中に食べてもいいのか、控えたほうがいいのか迷う食材の1つにあげられることがある「チーズ」。手軽に買える種類も豊富ですから、どのように利用するのが安心か、調べてみました。


【医師監修】子宮底長でわかることとは? 長い・短い場合と平均的な目安

【医師監修】子宮底長でわかることとは? 長い・短い場合と平均的な目安

妊婦健診でよく耳にする言葉に「子宮底長」があると思います。これは、妊娠が順調かどうかを知るための指標の一つ。今回は、この「子宮底長」について、何を指すのか、どうやって測り、長い時と短い時ではどんなことがあるのか、などについて詳しく解説します。


【医師監修】「妊婦は蟹を食べちゃダメ」は本当?妊娠中にオススメの食べ方は蟹○!

【医師監修】「妊婦は蟹を食べちゃダメ」は本当?妊娠中にオススメの食べ方は蟹○!

冬の海の味覚として食卓を賑わせてくれる「蟹」。“妊婦は蟹を食べてはいけない”との俗説もあって、食べるのを躊躇している人もいるのでは? その真偽と安全に食べる方法を紹介します。


【産婦人科医監修】妊婦健診で尿蛋白が陽性に! リスクと3つの対策

【産婦人科医監修】妊婦健診で尿蛋白が陽性に! リスクと3つの対策

「尿蛋白(尿タンパク)が陽性」とは、柔らかく表現すると「尿に蛋白が降りている」とか「蛋白尿が出ている」と言われる状態です。つまり、尿の中に蛋白質が混ざっているということ。では、尿にたんぱく(蛋白)質が混ざっていているとは、どのような状態なのでしょうか?


【産婦人科医監修】つわりで点滴が必要なのはどんなとき?入院なしで点滴はありうる?

【産婦人科医監修】つわりで点滴が必要なのはどんなとき?入院なしで点滴はありうる?

妊娠するとつわりに悩まされる妊婦さんも多いですね。つわりは一般的には妊娠中期ごろまでにおさまる一過性のものですが、悪化して「妊娠悪阻(にんしんおそ)」という状態になると、ママの体だけでなくおなかの赤ちゃんにも影響することがあります。今回は、妊娠悪阻の違いについて、また症状がひどい場合に受ける点滴について解説します。


【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。


【医師監修】胎動が弱いのは大丈夫? 減る原因と心配なときの対処法

【医師監修】胎動が弱いのは大丈夫? 減る原因と心配なときの対処法

胎動はお腹の赤ちゃんからのメッセージ。動きを感じて赤ちゃんの様子を想像できるだけでなく、定期的にあることで「元気だよ」ということを伝えてくれています。そんな胎動が弱くなったり減ったりしたときはどうすればいいのでしょうか。考えられる原因とともに対処法をお伝えします。


【医師監修】胎動が痙攣みたいで心配|原因は?何かすべき?

【医師監修】胎動が痙攣みたいで心配|原因は?何かすべき?

胎動にもいろいろなパターンがありますが、まるで「痙攣」しているような胎動があったら赤ちゃんは大丈夫なのか心配になりますね。痙攣のような胎動があったとき考えられる原因や、その場合にできることがあるのか知っておきましょう。


しまった! ママが妊娠前にやっておきたかったことって?

しまった! ママが妊娠前にやっておきたかったことって?

おなかに赤ちゃんがいることが分かったら、マタニティーライフのスタート。生活のあらゆることが変化しますよね。ママにとっては自由に過ごしたり動き回りづらくなるのも事実。そこで、ママたちに妊娠前にしておけばよかったと後悔したことがあるかどうかを聞いてみました。


【医師監修】子宮頸管の長さ|子宮頸管が短い場合の早産との関係と対策

【医師監修】子宮頸管の長さ|子宮頸管が短い場合の早産との関係と対策

主治医から「子宮頸管が短い」として今後の治療などについて説明を受けたものの、十分な理解ができなかった。そのようなケースは間々あるようです。体調や妊娠経過などは個別性が大きいことですから、どのような説明についても、不安や不明な点は率直に伝え、十分に聞いて、自分の状態を理解することが大切です。


【助産師解説】胎動が痛いときはどうしたらいい? 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛いときはどうしたらいい? 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

妊産婦さんの間では“内診グリグリ”と通称される「卵膜剥離(らんまくはくり)」についてまとめます。どのような場合に必要になる処置で、何を期待して行われるのでしょうか。専門医の松峯美貴先生に話を聞きました。


【医師監修】妊婦さんのお腹はいつから出てくる?お腹が膨らむ時期・目立つ時期

【医師監修】妊婦さんのお腹はいつから出てくる?お腹が膨らむ時期・目立つ時期

街中で見かける妊婦さん。大きなお腹が目立つ人もいれば、マタニティマークがなければ一見そうとはわからない人もいます。妊婦さんのお腹の膨らみが目立ち始めるのは妊娠いつごろのことが多いのでしょうか。ここでは、妊娠の経過をお腹の膨らみから追ってみましょう。気になる妊娠線についても解説します。