妊娠後期

妊娠後期に関する記事

逆子や陣痛、出産に対する不安など、妊娠後期によくある心配や疑問について専門家がお答えしています。臨月の過ごし方や陣痛の兆候、促し方、予定日を超過してしまったときの対応、起こりうるマイナートラブルや体重管理などについてもチェックしてみましょう。

妊娠後期に関連するキーワード

臨月 出産兆候 妊娠10ヶ月 妊娠9ヶ月 妊娠8ヶ月 会陰マッサージ 前期破水 高位破水 内診ぐりぐり 前駆陣痛
>>妊娠後期に関連するキーワード一覧

【医師監修】妊婦のおならは臭い?悪臭やガスだまりの原因と対処法

【医師監修】妊婦のおならは臭い?悪臭やガスだまりの原因と対処法

妊娠すると、おならがやたらと出たり、おならのにおいがきつくなったりしませんか? 実はこれらは決して珍しいことではなく、多くの妊婦さんがひそかに悩むことなのです。ちょっと相談しにくいおならの悩みについて、詳しく説明します。


【医師監修】妊娠中はむくみやすい!?妊婦の注意したいむくみは?

【医師監修】妊娠中はむくみやすい!?妊婦の注意したいむくみは?

妊娠すると、多くの人がむくみ(浮腫)を経験します。通常、妊娠中にはどんなむくみが生じやすいのでしょうか。また、要注意のむくみとはどんなものなのでしょうか。今回は妊娠中のむくみの特徴と、むくみ対策についてご紹介します。


【医師監修】妊娠31週の胎児とママの変化は? 特に気をつけたいこと

【医師監修】妊娠31週の胎児とママの変化は? 特に気をつけたいこと

妊娠8ヶ月末に当たる31週ごろは、おなかが張りやすくなり、ときどき子宮が痛むこともあります。また、大きなお腹で日常の動きがますます負担に感じられるようになってくるでしょう。周囲の人に協力してもらいながら、くれぐれも無理しないで過ごすようにしましょう。


【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。


【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

里帰り出産で実家に戻るベストなタイミングについて、助産師のアドバイスをご紹介。里帰り出産の際に知っておきたい注意点や持ち物、産後に自分の家に帰る目安時期についてもお伝えしています。


【医師監修】切迫早産とは?早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響まとめ

【医師監修】切迫早産とは?早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響まとめ

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


【医師監修】妊娠36週、赤ちゃんの様子・ママの体の変化は?

【医師監修】妊娠36週、赤ちゃんの様子・ママの体の変化は?

妊娠28週からは「妊娠後期」と呼ばれています。今回は妊娠36週にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

妊娠に気づいたとき、今まで通りの生活を続けていいのか、悩ましく思うことがいくつかあるかもしれません。上のお子さんの授乳もそのひとつでしょうか。授乳中に妊娠した場合、そのまま母乳をあげ続けていいのか、お腹の赤ちゃんに影響はないのか、専門医に聞いてみました。


【医師監修】陣痛がわからないこともある? そんなときどうする?

【医師監修】陣痛がわからないこともある? そんなときどうする?

出産が近づくと普段からお腹が張る感覚をもつこともあるので、もしも陣痛がきたときにも、それが本当に陣痛かわからなかったら? と心配になる妊婦さんもいます。不安感があるときにどう対処すると良いのか、専門医に聞きました。


【医師監修】妊娠中はくしゃみが出る⁉腹痛・尿もれ、赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠中はくしゃみが出る⁉腹痛・尿もれ、赤ちゃんへの影響は?

ふいに襲うくしゃみの大きさに自分でびっくりしてしまうことがあります。鼻粘膜の刺激などによって起こるくしゃみは、筋肉を使う反射的な激しい運動になるので、妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんへの影響は心配になるでしょう。そもそも妊娠するとくしゃみは増えるのでしょうか。専門医に取材しました。


【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

日本人の約2人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています[*11]。アトピー性皮膚炎や牛乳アレルギーなどは赤ちゃんにも多い病気です。そのためか、「ママが妊娠中に牛乳を飲むと、赤ちゃんがアレルギーになりやすい」という“説”があるようですが、これは本当なのでしょうか?詳しく解説します。


【医師監修】陣痛と微弱陣痛の違いって? 主な原因と処置の方法

【医師監修】陣痛と微弱陣痛の違いって? 主な原因と処置の方法

お産を控えたママにとって心配なのが、陣痛が弱い「微弱陣痛」。今回は微弱陣痛の種類や原因、処置についてご紹介します。


【医師監修】妊娠後期の注意点!7つのマイナートラブルと対処法

【医師監修】妊娠後期の注意点!7つのマイナートラブルと対処法

いよいよ妊娠後期。赤ちゃんに会える日も間近に迫ってきました。出産までどのようなことに気をつけて過ごせば良いのでしょうか。妊娠後期のマイナートラブルとその対処法を知っておきましょう。


【医師監修】出産後、退院はいつ? 事前準備や退院後の過ごし方

【医師監修】出産後、退院はいつ? 事前準備や退院後の過ごし方

出産が近づいたら、出産後のスケジュールや赤ちゃんと一緒の新生活の段取りについても、本格的に考え始めるでしょう。入院するときはママ1人ですが、退院するときは赤ちゃんと2人。服装は? タクシーに乗れる? など具体的な疑問も浮かぶものです。出産から退院直後の生活で特に心に止めておきたいポイントをまとめます。


【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

妊婦健診などで主治医から「子宮口、3センチ(cm)」と言われたら、それはどんなことを意味しているのでしょうか。長かったマタニティライフが終わりに近づいていることは間違いありません。その言葉の意味を分娩までの経過とともに紹介します。


【医師監修】妊娠9ヶ月の過ごし方は?トラブル対策と出産準備のアドバイス(妊娠32週、33週、34週、35週、妊娠後期)

【医師監修】妊娠9ヶ月の過ごし方は?トラブル対策と出産準備のアドバイス(妊娠32週、33週、34週、35週、妊娠後期)

出産に向けた体の準備が徐々に始まる妊娠9ヶ月。赤ちゃんの体もほぼ完成に近づいていますが、引き続き体調管理に気を付け、健やかに過ごしましょう。この時期に注意したいことや、済ませておきたい出産準備についてまとめました。


【医師監修】「つわりのぶり返し」は何週まで続く?"つわり戻り"への対策

【医師監修】「つわりのぶり返し」は何週まで続く?"つわり戻り"への対策

つわりが終われば楽しいマタニティライフが送れるはず! そう思って耐えてきたつわりなのに、終わったと思っていたら、またぶり返したような症状が……そんな事態に困惑する妊婦さんは少なくないようです。つわりのぶり返しの原因と対策について調べました。


【医師監修】妊娠35週、体内の変化は︖ ⽇常⽣活で気を付けたいこと

【医師監修】妊娠35週、体内の変化は︖ ⽇常⽣活で気を付けたいこと

妊娠28週からは「妊娠後期」と呼ばれています。今回は妊娠35週にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化のほか、必要なことや注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠後期は便秘になりやすい? その理由と注意点、対処法

【医師監修】妊娠後期は便秘になりやすい? その理由と注意点、対処法

女性にありがちな便のトラブル。特に、妊娠中は全期間を通して便秘になりやすくなりますが、妊娠後期になってさらに症状がひどくなる場合があります。今回は、便秘など妊娠後期の便のトラブルに関してお伝えします。


【医師監修】つわりに効く薬はあるの?吐き気止め、漢方、ビタミン剤など

【医師監修】つわりに効く薬はあるの?吐き気止め、漢方、ビタミン剤など

つらいつらい「つわり」の時期。気持ちの悪さで何も手に付かないような日々を送る妊婦さんも少なくありません。つわりは妊娠によって起こる生理的なものですが、悪化すると入院が必要なほど重症化することもあります。今回は、つわりの症状に効果が期待できる薬やビタミン剤について解説します。