妊娠後期

妊娠後期に関する記事

逆子や陣痛、出産に対する不安など、妊娠後期によくある心配や疑問について専門家がお答えしています。臨月の過ごし方や陣痛の兆候、促し方、予定日を超過してしまったときの対応、起こりうるマイナートラブルや体重管理などについてもチェックしてみましょう。

妊娠後期に関連するキーワード

臨月 出産兆候 妊娠10ヶ月 妊娠9ヶ月 妊娠8ヶ月 会陰マッサージ 前期破水 高位破水 内診ぐりぐり 前駆陣痛
>>妊娠後期に関連するキーワード一覧

【医師監修】妊婦のおならは臭い?悪臭やガスだまりの原因と対処法

【医師監修】妊婦のおならは臭い?悪臭やガスだまりの原因と対処法

妊娠すると、おならがやたらと出たり、おならのにおいがきつくなったりしませんか? 実はこれらは決して珍しいことではなく、多くの妊婦さんがひそかに悩むことなのです。ちょっと相談しにくいおならの悩みについて、詳しく説明します。


【医師監修】妊婦の栄養の摂り方は? 不足しがちな栄養素・注意が必要な食品

【医師監修】妊婦の栄養の摂り方は? 不足しがちな栄養素・注意が必要な食品

出産まで健康に過ごせるように、おなかの赤ちゃんがすくすく育つように、妊娠中の食生活にはなるべく気を配りたいものです。いったいどのようなところに気をつけるとよいのでしょうか? 詳しく説明します。


【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

臨月のマイナートラブルとしてよくあげられる「腰痛」。なるべく負担にならないように、産後に持ち越さずにすむように、セルフケアしていきましょう!


【医師監修】つらい臨月のむくみ! 産後は解消? むくみケアしよう!

【医師監修】つらい臨月のむくみ! 産後は解消? むくみケアしよう!

臨月になって急にむくみが強くなった! そんな悩みをもつ妊婦さんがとても多いのです。出産を間近に控えているだけに、何か問題ではないか心配。むくみによって体重が増えることも気になります。原因やケア法をまとめてご紹介します!


【医師監修】「逆子」だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】「逆子」だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。


【医師監修】 妊娠中、貧血になりやすいのはなぜ? 主な症状と予防・改善の対策

【医師監修】 妊娠中、貧血になりやすいのはなぜ? 主な症状と予防・改善の対策

女性にとって貧血はとても身近な問題です。ふだんから貧血気味という人も少なくないことでしょう。そして妊娠すると、ふだん以上に貧血になりやすくなります。ここでは、立ちくらみと貧血との違いを知って、対策方法をチェックしましょう。


【医師監修】妊婦の足がつる原因は? 妊婦のこむら返り予防と対処法

【医師監修】妊婦の足がつる原因は? 妊婦のこむら返り予防と対処法

夜の就寝中にふくらはぎの痛みで夢から覚めたり、朝目覚めて体を伸ばした瞬間に痛みが走ったり……突然、足の筋肉が痙攣(けいれん)する「足がつる」「腓返り(こむらがえり)」という症状。ビックリしますね。もちろん痛さも相当で不快なものです。この「足がつる」という症状も、妊娠に関係して起きやすくなることがあるようです。


【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

妊産婦さんの間では“内診グリグリ”と通称される「卵膜剥離(らんまくはくり)」についてまとめます。どのような場合に必要になる処置で、何を期待して行われるのでしょうか。専門医に話を聞きました。


【医師監修】シムス位は妊娠中におすすめ? 妊婦にシムス位がおすすめの理由

【医師監修】シムス位は妊娠中におすすめ? 妊婦にシムス位がおすすめの理由

お腹が大きくなっていく過程では、体を休めるときや寝るときに楽な姿勢が普段とは違ってくることがあります。そこで楽な寝姿勢として世界中で知られるという「シムス位」について調べてみました。


【医師監修】臨月の運動は陣痛を促す? その効果と正しいやり方

【医師監修】臨月の運動は陣痛を促す? その効果と正しいやり方

臨月になると「まだ赤ちゃんが降りてこないの? じゃあ運動しないとね!」と声をかけられることがあります。臨月の運動には、本当に出産を早めたり、陣痛を促す効果があるのでしょうか? おすすめの運動や運動にあたっての注意点なども説明します。


【医師監修】妊娠中は口内炎ができやすい? 原因と対処法、妊娠中の口腔トラブル

【医師監修】妊娠中は口内炎ができやすい? 原因と対処法、妊娠中の口腔トラブル

唇の裏側などがただれたようになる口内炎。痛いですね。これができてしまうと、せっかくのご馳走もおいしく食べられなくなってしまいます。この口内炎も、妊娠に関係して起きやすくなることがあるようです。原因を理解して、対策を立てましょう。


【医師監修】妊婦の坐骨神経痛は珍しくない?症状と原因、対処法

【医師監修】妊婦の坐骨神経痛は珍しくない?症状と原因、対処法

妊娠してから太ももや足などがしびれたり痛むようになったら、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)を起こしているのかもしれません。しびれや痛みを我慢しないで正しく対処できるように、坐骨神経痛とは何か、その症状や原因、妊娠中の対処法について知っておきましょう。


【医師監修】妊婦さんに多い浮腫(むく)みのおもな原因と対処法

【医師監修】妊婦さんに多い浮腫(むく)みのおもな原因と対処法

妊娠中はさまざまな原因で体が浮腫みやすくなりがちです。しかも、中には浮腫みの裏に病気が隠れていて、医師に相談が必要なことも。浮腫みの原因を正しく知って、病気が原因の浮腫みを見分けるポイントを抑えておきましょう。


【医師監修】 妊娠中の温泉はダメなの!? 妊婦の温泉、気を付けるポイント

【医師監修】 妊娠中の温泉はダメなの!? 妊婦の温泉、気を付けるポイント

「温泉でも行こうよ」なんて言葉がまるで挨拶のように交わされるほど、日本人は温泉好きです。「子どもが生まれて忙しくなる前に温泉でゆっくりしたい!」と思う妊婦さんも少なくありません。妊婦さんが温泉に入るとき、気を付けたいポイントを確認しておきましょう。


【医師監修】妊娠中の飛行機って危険?妊婦の飛行機移動のコツと注意点

【医師監修】妊娠中の飛行機って危険?妊婦の飛行機移動のコツと注意点

基本的に、妊娠中の遠出はどの週数であってもあまりお勧めできません。ただ、仕事や帰省などでどうしても飛行機に乗らなければいけない妊婦さんもいるでしょう。妊婦さんはそもそも飛行機に乗れるのでしょうか。また、赤ちゃんに影響はないのでしょうか? ここでは、妊婦さんの飛行機搭乗で起こる可能性のあるリスクや注意点を紹介します。


【助産師監修】妊婦の運転やってはいけない3つのこと!車の運転はいつまでOK?

【助産師監修】妊婦の運転やってはいけない3つのこと!車の運転はいつまでOK?

妊婦の運転はいつまでOK? シートベルトは締めるべき? など、妊娠中の運転の気になる問題について助産師が詳しく解説します。絶対に運転してはいけない3つのタイミングについてもチェック!


【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

日本人の約2人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています[*11]。アトピー性皮膚炎や牛乳アレルギーなどは赤ちゃんにも多い病気です。そのためか、「ママが妊娠中に牛乳を飲むと、赤ちゃんがアレルギーになりやすい」という“説”があるようですが、これは本当なのでしょうか?詳しく解説します。


【医師監修】体重管理に悩む妊婦さんへ贈る食事5つの心得・おすすめの運動

【医師監修】体重管理に悩む妊婦さんへ贈る食事5つの心得・おすすめの運動

つわりが軽くなると食欲が増し、気づくと体重が増えすぎて焦ってしまったという妊婦さんも多いのでは。妊娠中の体重管理はとても大切ですが、ダイエットに必死になることも問題です。妊婦さんが適正体重を保つための正しい食事と運動法を知り、健康的なマタニティライフを過ごして元気な赤ちゃんを産みましょう。


【医師監修】かゆみ、シミ…妊娠中の肌荒れの原因と対策は?

【医師監修】かゆみ、シミ…妊娠中の肌荒れの原因と対策は?

妊娠中は肌が敏感になり、さまざまなトラブルがあらわれます。女性ホルモンの増加などが原因で皮脂や汗の量が増え、ニキビや湿疹ができたり、シミ・そばかすが増えたりします。その原因を知り、適切な対処法で肌をケアしましょう。


【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。腰痛や股関節の痛みもその一つ。実はその症状は、臨月に見られるお産の兆候かもしれません。今回は分娩の前に見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


家族や人間関係の悩みランキング


>>家族や人間関係の悩みランキング