妊娠後期

妊娠後期に関する記事

逆子や陣痛、出産に対する不安など、妊娠後期によくある心配や疑問について専門家がお答えしています。臨月の過ごし方や陣痛の兆候、促し方、予定日を超過してしまったときの対応、起こりうるマイナートラブルや体重管理などについてもチェックしてみましょう。

妊娠後期に関連するキーワード

臨月 出産兆候 妊娠10ヶ月 妊娠9ヶ月 妊娠8ヶ月 会陰マッサージ 前期破水 高位破水 内診ぐりぐり 前駆陣痛
>>妊娠後期に関連するキーワード一覧

【医師監修】妊娠中(初期・中期・後期)の吐き気(つわり)で気持ち悪い原因と対処法

【医師監修】妊娠中(初期・中期・後期)の吐き気(つわり)で気持ち悪い原因と対処法

妊婦さんの吐き気は、特定の時期だけでなく、いつでも起こる可能性があります。妊娠初期~後期まで、妊婦さんの吐き気の原因と対処法を知っていきましょう。


【医師監修】妊娠中は寿司や刺身を食べても大丈夫? 生魚のリスク・注意点とは

【医師監修】妊娠中は寿司や刺身を食べても大丈夫? 生魚のリスク・注意点とは

妊娠がわかってから、食べ物に気をつけているママは多いことでしょう。十分な栄養を摂って赤ちゃんと自分を元気づけてあげたいですね。今回は栄養豊富な食材として人気の魚について。妊娠中に生魚を食べるリスクや、火を通していても量には少し注意が必要な点についても紹介します。


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】臨月の下痢は出産の兆候!? 主な3つの原因と気を付けるべき症状

【医師監修】臨月の下痢は出産の兆候!? 主な3つの原因と気を付けるべき症状

臨月に入り、「もうすぐ出産というころに下痢になった」という先輩ママは実は少なくないようです。下痢は出産の兆候のひとつなのでしょうか? また、なぜ臨月になると下痢が起こりやすいのでしょうか? 考えられる原因と注意が必要な症状について解説します。


【医師監修】臨月のセックスはOK?覚えておきたい4つのこと

【医師監修】臨月のセックスはOK?覚えておきたい4つのこと

出産を間近に控えた臨月のセックスには特別な注意が必要でしょうか? そもそもセックスをしてもいいものか、控えたほうがいいのはどのようなときか、専門医に聞いてみました。


【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。


【医師監修】臨月の恥骨痛の原因は? 歩くのも辛いときの4つの対策

【医師監修】臨月の恥骨痛の原因は? 歩くのも辛いときの4つの対策

妊娠中は体にさまざまなマイナートラブルが生じるもの。恥骨の痛みもそのひとつです。とくに臨月になると歩くのもつらいほど、恥骨の痛みを覚えている人もいるはず。恥骨が痛む原因や痛みを軽減させる方法について解説します。


【医師監修】胎児もしゃっくりをする? その原因と「胎動」のいろいろ

【医師監修】胎児もしゃっくりをする? その原因と「胎動」のいろいろ

妊娠中、いつもとは違う規則正しい胎動を感じたこともある人もいるのでは。それはもしかしたら、胎児の「しゃっくり」かもしれません。胎児のしゃっくりは胎動の一種といわれています。その原因や胎動のいろいろについて調べてみました。


【医師監修】妊婦の坐骨神経痛は珍しくない?症状と原因、対処法

【医師監修】妊婦の坐骨神経痛は珍しくない?症状と原因、対処法

妊娠してから太ももや足などがしびれたり痛むようになったら、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)を起こしているのかもしれません。しびれや痛みを我慢しないで正しく対処できるように、坐骨神経痛とは何か、その症状や原因、妊娠中の対処法について知っておきましょう。


【医師監修】いつからどのくらい飲むのが効果的?葉酸サプリを摂取するポイント

【医師監修】いつからどのくらい飲むのが効果的?葉酸サプリを摂取するポイント

妊娠初期の重要な栄養素である葉酸は、妊娠の1ヶ月以上前から適量を摂取しておくことが大切です。葉酸サプリを飲み始めるタイミングについて考えてみましょう。


【医師監修】妊婦さんに多い浮腫(むく)みのおもな原因と対処法

【医師監修】妊婦さんに多い浮腫(むく)みのおもな原因と対処法

妊娠中はさまざまな原因で体が浮腫みやすくなりがちです。しかも、中には浮腫みの裏に病気が隠れていて、医師に相談が必要なことも。浮腫みの原因を正しく知って、病気が原因の浮腫みを見分けるポイントを抑えておきましょう。


【医師監修】マタニティスイミングのメリットは? 妊娠中のスイミング、取り組む前の条件と注意点

【医師監修】マタニティスイミングのメリットは? 妊娠中のスイミング、取り組む前の条件と注意点

妊娠中にできるエクササイズとして、マタニティスイミングが人気を集めています。マタニティスイミングはいつからできて、どんないいことがあるのでしょうか? メリットや注意点などを知って、安全に楽しみましょう。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】つわりに効く薬はあるの?吐き気止め、漢方、ビタミン剤など

【医師監修】つわりに効く薬はあるの?吐き気止め、漢方、ビタミン剤など

つらいつらい「つわり」の時期。気持ちの悪さで何も手に付かないような日々を送る妊婦さんも少なくありません。つわりは妊娠によって起こる生理的なものですが、悪化すると入院が必要なほど重症化することもあります。今回は、つわりの症状に効果が期待できる薬やビタミン剤について解説します。


【医師監修】妊婦のカフェイン過剰摂取の影響とリスクとは?

【医師監修】妊婦のカフェイン過剰摂取の影響とリスクとは?

「妊娠中にはカフェインを摂りすぎてはいけない」と言われます。それは、妊娠中のママがカフェインを多量に摂取すると、お腹の赤ちゃんに影響が及ぶ可能性があるから。では、赤ちゃんに影響が及ぶ量とはどのくらいなのでしょうか。カフェイン摂取の利点にも触れながら、問題点を整理してみます。


【医師監修】妊娠中に咳が止まらない原因は?胎児への影響と対処法

【医師監修】妊娠中に咳が止まらない原因は?胎児への影響と対処法

咳はありふれた症状の1つ。ふだんなら特に気にとめないという人も多いのでは? でも、妊娠中となると話は別です。ママ本人の病気も心配ですし、咳が出ることでお腹の赤ちゃんに負担がかからないかという心配も。流産や早産への影響もあるの? そんな疑問にお答えします。


【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

日本人の約2人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています[*11]。アトピー性皮膚炎や牛乳アレルギーなどは赤ちゃんにも多い病気です。そのためか、「ママが妊娠中に牛乳を飲むと、赤ちゃんがアレルギーになりやすい」という“説”があるようですが、これは本当なのでしょうか?詳しく解説します。


【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

妊娠に気づいたとき、今まで通りの生活を続けていいのか、悩ましく思うことがいくつかあるかもしれません。上のお子さんの授乳もそのひとつでしょうか。授乳中に妊娠した場合、そのまま母乳をあげ続けていいのか、お腹の赤ちゃんに影響はないのか、専門医に聞いてみました。


【医師監修】妊婦健診はいつ受ける?採血はする?頻度・検査内容・費用について

【医師監修】妊婦健診はいつ受ける?採血はする?頻度・検査内容・費用について

ふだん以上に健康管理が大切な妊娠中、定期的にお母さんと赤ちゃんの健康状態を確認するのが一般的に“妊婦健診”と呼ばれる「妊婦健康診査」になります。 妊娠・出産・育児について何でも相談できる機会でもある妊婦健診について解説します。


【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。