妊娠10ヶ月

妊娠10ヶ月に関する記事

妊娠10ヶ月の過ごし方と注意点についてご紹介。いよいよ臨月!いざ分娩となったとき慌てず対応できるよう、お産が近いことを示すサイン、分娩方法や進み方、予定日を超えてしまったときの対処法などを確認しておきましょう。体重の急激な増加を防ぐ方法や起こりうるマイナートラブルとその対策についてもチェックを。

妊娠10ヶ月に関連するキーワード

妊娠40週目 妊娠36週目 妊娠37週目 妊娠38週目 妊娠39週目
>>妊娠10ヶ月に関連するキーワード一覧

【助産師解説】臨月の胎動はどんな感じ?弱くなるって本当?

【助産師解説】臨月の胎動はどんな感じ?弱くなるって本当?

臨月の胎動ってどんな感じ?そんな声にお応えし、先輩ママの体験談をご紹介!臨月になると胎動は変わるのか、前より弱くなるって本当?という疑問についての助産師の解説もぜひチェックしてください。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】妊娠中の胸のトラブルと対処法、やっておきたいケアについて

【医師監修】妊娠中の胸のトラブルと対処法、やっておきたいケアについて

妊娠中に起こる胸の不快感の原因・対処法について紹介していきます。


【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 変化や特徴まとめ

【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 変化や特徴まとめ

おなかが大きくなり、出産が近づく妊娠後期。このころになると、おりものの変化に悩む妊婦さんも増えてきます。おりものは、体の変化をみるバロメーターでもあります。日頃から気をつけるようにしましょう。もし、おりものの状態に不安があれば、診察を受け、必要であればおりもの検査なども受けるようにしましょう。


【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。腰痛や股関節の痛みもその一つ。実はその症状は、臨月に見られるお産の兆候かもしれません。今回は分娩の前に見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間・間隔・程度など

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間・間隔・程度など

赤ちゃんとのご対面を間近に控えたこの時期には、ワクワクした気持ちとともに、出産に対する緊張や不安があるでしょう。陣痛はどのように始まる? 痛みの程度は? すぐに陣痛とわかる? など、陣痛の始まりからお産までの一般的な流れについてお伝えいたします。


【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

「今、妊娠何ヶ月?」「出産予定日は?」という会話はよくするものの、一体どうやって計算しているのか知っていますか? 正しい妊娠週数、出産予定日の計算方法や、正しい妊娠週数を把握するべき理由などをまとめました。


【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

「2人目はスピード出産」といわれることもあるように、2人目以降の出産では兆候やお産の進み方で初産とは異なる点があるのでしょうか? 2人目以降を妊娠中の人が安心して出産に臨めるよう、経産婦と初産婦のお産の違いについて解説します。


【医師監修】「正期産」とはいつ出産すること?出産を控えて知っておきたい4つのこと

【医師監修】「正期産」とはいつ出産すること?出産を控えて知っておきたい4つのこと

出産が近づくとカレンダーの“予定日”につけた印が気になって、落ち着かない気持ちになる人もいるかもしれません。とはいえ一般にも知られる通り、出産が予定日を過ぎることはよくあることですね。では「正期産」と呼ばれる時期はいつでしょうか? その時期の過ごし方とともにまとめます。


【医師監修】立ち会い出産準備で夫ができる4つのポイント

【医師監修】立ち会い出産準備で夫ができる4つのポイント

夫が出産に立ち会う場合、ただ痛がる妻の側にいて見守ればよいというわけにもいきません。夫には、妻が安心して出産に臨めるようにサポートをするという、大切な役割があります。何も知らずにその大役を果たすのは難しく、結局何もできなかったということにならないよう、妊娠中から準備しておきたいことをまとめています。


【医師監修】おしるしとは?陣痛までの流れを解説

【医師監修】おしるしとは?陣痛までの流れを解説

出産が近づいてくると、妊婦さんの体にはいくつかのサインが出現します。「おしるし」もその一つ。おしるしが来てからあわてることのないように、おしるしから出産までの流れを理解し、準備を整えておきましょう。


【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

妊産婦さんの間では“内診グリグリ”と通称される「卵膜剥離(らんまくはくり)」についてまとめます。どのような場合に必要になる処置で、何を期待して行われるのでしょうか。専門医に話を聞きました。


【医師監修】出産予定日を超過してもお産の兆候がないときは?

【医師監修】出産予定日を超過してもお産の兆候がないときは?

出産予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれてこない……そんなとき、どこまでなら安心して待っていてよいのでしょうか。また予定日を超えた場合、どんなリスクがあるのでしょうか。予定日を超えたお産について解説します。


【医師監修】産婦人科医が教える「臨月の外出ルール」4つ

【医師監修】産婦人科医が教える「臨月の外出ルール」4つ

出産を間近に控えたとはいえ、出産前にしておきたい用事や、上のお子さんの行事などがあれば外出しないわけにはいかない場合もあります。また、産休が始まり、出産までの間にすこし気分転換したい、などということがあるかもしれません。臨月の妊婦さんの安全な外出について、4つのルールをご紹介します。


【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

臨月のマイナートラブルとしてよくあげられる「腰痛」。なるべく負担にならないように、産後に持ち越さずにすむように、セルフケアしていきましょう!


【医師監修】妊娠10ヶ月以降の過ごし方は?臨月の注意点と出産の兆候

【医師監修】妊娠10ヶ月以降の過ごし方は?臨月の注意点と出産の兆候

いよいよ臨月に突入し、赤ちゃんに会える日はもうすぐ。初産でもお産の進み方を頭に入れておけば安心。あまり神経質にならず、ゆったりした気持ちで過ごしましょう。この時期の体の変化や、注意したいことを中心にまとめました。


【医師監修】妊娠後期、体重の増えすぎに注意すべき理由とは?

【医師監修】妊娠後期、体重の増えすぎに注意すべき理由とは?

「おなかの赤ちゃんの分まで食べなさい」と勧められるままに食べていては、あっという間に体重オーバーになってしまう妊娠後期。健診での体重測定に毎回ドキドキしてしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。自分はもちろん、赤ちゃんのためにも重要な体重管理。理想の増加目安と管理のコツについて知っておきましょう。


【医師監修】妊娠後期は便秘になりやすい? その理由と注意点、対処法

【医師監修】妊娠後期は便秘になりやすい? その理由と注意点、対処法

女性にありがちな便のトラブル。特に、妊娠中は全期間を通して便秘になりやすくなりますが、妊娠後期になってさらに症状がひどくなる場合があります。今回は、便秘など妊娠後期の便のトラブルに関してお伝えします。


【医師監修】妊娠後期の注意点!7つのマイナートラブルと対処法

【医師監修】妊娠後期の注意点!7つのマイナートラブルと対処法

いよいよ妊娠も終盤に差し掛かり、赤ちゃんに会える日も間近に迫ってきました。出産までどのようなことに気をつけて過ごせば良いのでしょうか。妊娠後期のマイナートラブルとその対処法を知っておきましょう。


【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

どんどんお腹が大きくなり、お産の日が近づいていることを実感する妊娠後期。胎内ですくすくと育つ赤ちゃんに、必要な栄養をたっぷり届けてあげたくなりますね。ここでは、赤ちゃんのために妊娠後期に摂りたい栄養や、このころよくあるマイナートラブルを予防する食事のポイントも紹介します。