ママのための悩み解決サイト
【助産師解説】臨月の胎動はどんな感じ?弱くなるって本当?

【助産師解説】臨月の胎動はどんな感じ?弱くなるって本当?

臨月の胎動ってどんな感じ?そんな声にお応えし、先輩ママの体験談をご紹介!臨月になると胎動は変わるのか、前より弱くなるって本当?という疑問についての助産師の解説もぜひチェックしてください。


この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

臨月っていつ? どんな時期?

Getty logo

「臨月」とは一般的にお産に臨む時期をさす俗称です。

医学的にいうと妊娠週数にはそれぞれ区分があり、お産に望む時期=「正期産」ととらえます。正期産は妊娠37週0日~41週6日をいいます。それ以前を早産、それ以降を過期産といいます。

ここではお産に臨む時期を「臨月」と称してその時の体の変化や胎動の変化を説明していきます。

臨月の胎動の特徴と注意点

Getty logo

臨月になると、その前までと胎動の感じ方は変わるのでしょうか。ここからは、臨月の胎動について助産師が詳しく解説します。気をつけておくべき点についてもお伝えしているので、事前に確認しておきましょう。

予定日が近づくと胎動が弱くなることも

臨月に入ると胎動が少なくなるという話を耳にすることがあると思いますが、これは間違いではありません。予定日が近づいてくると、体は出産体勢に入っていきます。

いよいよ出産準備が進むと、赤ちゃんの頭は骨盤の中に下がって固定されます。すると、赤ちゃんは動きにくくなるので、以前より胎動が弱くなったと感じることがあるのです。

ただし、以前より勢いや激しさがなくなったとしても、赤ちゃんが元気である限り胎動がなくなることは決してありません。

また、陣痛時でも赤ちゃんの睡眠と覚醒のリズムは続いているので、赤ちゃんが生まれるまで胎動は続いています。胎動が急激に弱まった、まったく感じないという場合は何かしらの問題が考えられるので、すぐにかかりつけの病院に連絡して相談してください。

臨月=胎動が弱くなると思い込まないで

体が出産体制に入る関係で予定日近くになると胎動が弱まることがありますが、必ず弱くなるというわけでもありません。胎動の感じ方には個人差があるので、特に変化がなかったというママもいます。

また、陣痛が始まってから骨盤に頭が降りてくるケ ースもよくあることで、分娩ぎりぎりになるまで固定されないことも少なくありません。このような場合は、予定日間近になっても胎動に大きな変化はないでしょう。

大切なのは「臨月は胎動が弱くなる」と思い込まないことです。胎動が弱くなるのにはさまざまな要因があるので、骨盤に固定されたことが理由なのか、何らかのトラブルが起こっているのかは検査してみないとわかりません。

胎動が急に減った、急激に弱くなった、ほとんど感じられなくなったと思ったら、臨月だからと自己判断せず、必ずかかりつけの産婦人科 に連絡するようにしましょう。

心配な方は、妊娠28週以降から時々胎動カウントをしてみましょう。赤ちゃんの変化に敏感に気づきやすくなるはずです。

胎動カウントの方法

必ずしも「胎動が少ない=異常発生」というわけではありませんが、たとえばゆっくり休んでいるときや寝る前などに「胎動カウント」をしてみるといいでしょう。 胎動カウントの方法を知っておき、胎動に変化があった際は焦らずに試してみましょう。

胎動カウントにはいくつかの方法がありますが、今回は一例を紹介します。

<胎動カウントの方法>

1. 横になり、安静にする
2. 胎動を10回感じる(赤ちゃんが10回動く)までの時間を測る
※一連の動作は1回としてカウントすること:「ぽこぽこぽこ」と連続して3回お腹を蹴るときは1回のカウント/「ぽこ…ぽこ…ぽこ…」と間が開いたときは3回のカウント

臨月になると、この胎動カウントで10回数えるまでの時間が長くなる(胎動が少なくなる)傾向はありますが、「カウント10回が1時間を超える」「いつもより胎動が少ない」などのときは、かかりつけの産科に連絡するといいでしょう。

胎動でお産の時期を判断しない

前でも説明しましたが、出産間近でも頭が骨盤に固定されなければ胎動にほとんど変化はないでしょう。陣痛が来るまで以前と変わらずに胎動を感じる人も少なくないので、まだ弱まらないから生まれないと油断せず、予定日が近づいたらいつでも入院できるよう準備をしておくようにしてください。

胎動は赤ちゃんが元気に育っていることを確かめる要素にはなっても、分娩時期の判断要素にはならないことを忘れないようにしましょう。

まとめ

Getty logo

出産時期が近づき赤ちゃんの頭が骨盤に降りてくると、以前より胎動が弱くなったと感じることがあります。

ただし、感じ方には個人差があり、また陣痛後に赤ちゃんの頭が降りてくることもあるので、全ての妊婦さんが出産間近には胎動が弱まるわけではありません。

胎動が弱まる要因はさまざまなので、臨月は胎動が弱くなると思い込まず、急に胎動が減った、以前に比べて極端に弱いと感じるときは、自己判断せずに早急にかかりつけ医に連絡して相談してください。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです

参考文献
日本周産期・新生児医学会学術集会 桑田知之「妊娠中の安全確保 明日からの外来で気をつてけほしいこと」
https://med.tocochan.jp/assets/images/sites/4/50schooling.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


妊活から妊娠、産後まで。“必要なものを選べる特化型サプリメント”が誕生

妊活から妊娠、産後まで。“必要なものを選べる特化型サプリメント”が誕生

妊活・妊娠・産後、それぞれのステージに合わせたサプリメント「BITEKI NOUVEAU」が発売されます。


【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

妊娠に気づいたとき、今まで通りの生活を続けていいのか、悩ましく思うことがいくつかあるかもしれません。上のお子さんの授乳もそのひとつでしょうか。授乳中に妊娠した場合、そのまま母乳をあげ続けていいのか、お腹の赤ちゃんに影響はないのか、専門医に聞いてみました。


【医師監修】妊婦健診はいつ受ける?採血はする?頻度・検査内容・費用について

【医師監修】妊婦健診はいつ受ける?採血はする?頻度・検査内容・費用について

ふだん以上に健康管理が大切な妊娠中、定期的にお母さんと赤ちゃんの健康状態を確認するのが一般的に“妊婦健診”と呼ばれる「妊婦健康診査」になります。 妊娠・出産・育児について何でも相談できる機会でもある妊婦健診について解説します。


【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。


【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

里帰り出産で実家に戻るベストなタイミングについて、助産師のアドバイスをご紹介。里帰り出産の際に知っておきたい注意点や持ち物、産後に自分の家に帰る目安時期についてもお伝えしています。


最新の投稿


20代~30代の既婚男女に聞いた「夫婦間の絆が深まった共通の趣味」ランキング

20代~30代の既婚男女に聞いた「夫婦間の絆が深まった共通の趣味」ランキング

アニヴェルセルは、「夫婦間の趣味」について、全国の20代~30代の既婚男女412名を対象にアンケート調査を行いました。


年末の大掃除であわてないために! 水まわりの小掃除と汚れない工夫

年末の大掃除であわてないために! 水まわりの小掃除と汚れない工夫

年末に向けて、大掃除の準備を意識する季節が近づいてきました。ですが、わが家は大掃除をほとんどしません。それは汚れに気付いたときに、ちょこちょこお掃除することで頑固な汚れ化することを阻止しているから。今回は、そんなわが家の「やり過ぎない」カンタンお掃除をお伝えしたいと思います。


「2019年 赤ちゃんの名前ランキング」、 約16万人から人気の漢字などトレンドを発表

「2019年 赤ちゃんの名前ランキング」、 約16万人から人気の漢字などトレンドを発表

ベビーカレンダーは、2019年に生まれた子ども158,370名を対象に、赤ちゃんの名前に関する調査を実施しました。


【助産師解説】添い乳は危険!?リスク回避の5つのポイント

【助産師解説】添い乳は危険!?リスク回避の5つのポイント

添い乳は危険!という声も多いですが、どのような点にリスクがあるのでしょうか。上手に行えばママと赤ちゃんにメリットの多い授乳方法でもあるので、添い乳におけるトラブルを回避するための方法やコツについて紹介します。


【時短朝食テク】多忙な朝にみそ汁・スープがすぐ完成! 冷凍活用アイディア

【時短朝食テク】多忙な朝にみそ汁・スープがすぐ完成! 冷凍活用アイディア

寒くなってくる季節、朝起きて朝ごはんの支度をするのがどんどんつらくなってきます。そんなときでも、スープ一杯・みそ汁一杯でからだをあたためたい! 朝の一杯がかんたんに作れるアイディアをご紹介します。活用するのは冷凍食材。朝から具だくさんスープが食べられますよ。