【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


「胎動 痛み」についてわかること

<疑問1>胎動が痛いってことはある?(ママアンケート)

ママたちに胎動についてきいたところ、約3割のママが「赤ちゃんが動くことで痛みを感じたことがある」と答えました。

胎動で痛みを感じたことがある?のアンケートグラフ

<疑問2>胎動が痛いくらい激しいのはなぜ?

Getty logo

胎動がよく感じられるようになったのはいいけれど、最近は動きが激しすぎて痛みが我慢できないくらいに……と悩むママは意外と多いもの。痛みを覚えるくらいに激しい胎動には、何か理由や問題があるのでしょうか。

胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠

胎動が激しいことに関しては、心配する必要はありません。赤ちゃんが元気に育ち、よく動いている証拠。決して苦しくてじたばたしているわけではないので安心してください。

赤ちゃんが大きくなるにともない胎動が強くなるのは普通なことです。というのも、筋肉や循環器系の発達が進むと、手や足を動かす力も強くなるためです。

また、成長にともないさまざまな動きができるようになってくるので、自然と動きが活発になり、胎動も激しくなる傾向にあります。このように、胎動が強いのは赤ちゃんが正常に発育している証拠なので、元気に育っていることの確認にもなります。

気にするべきは、胎動が弱かったり急に減ったと感じるときや、まったくなくなったときです。何かしらのトラブルが考えられるので、このようなときはすぐにかかりつけ医に連絡し相談してください。

胎動が痛いと感じるのはなぜ?

胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠と言われると嬉しい反面、痛みを感じるほど激しい胎動が続くと喜んでばかりもいられないというのが本音でしょう。では、胎動により痛みを感じるのはなぜでしょうか。

赤ちゃんが成長してくると筋肉などが発達して動きが活発になるのは前でもお伝えしましたが、その激しい動きとともに繰り出されるパンチやキックが肋骨や膀胱、胃などの臓器にヒットすると、強い痛みを感じるのは当然とも言えます。

<疑問3>胎動が痛いときはどうすればいい? 3つの主な対処法

Getty logo

痛みががまんし難いほど胎動が強いときは、この状態をなんとかできないものかと思いますよね。ただ、残念ながら胎動の痛みを緩和する医学的な方法はありません。

妊娠後期に入ると赤ちゃんは子宮内が狭く感じるほど大きく成長し、これまでのように自由に動き回ることが困難になるため、激しい胎動はおさまる傾向にあります。つわりと同様いずれ終わるものなので、その時期だけ頑張って耐えるのが基本と言わざるを得ない部分はありますが、それでもつらいことに変わりはないですよね。

少しでも楽に乗り切れるよう、痛みを和らげる生活の工夫や方法についてご紹介します。自分に合った方法を探してみてください。

痛い部分をさする

Getty logo

胎動により痛み感じるのは、赤ちゃんの体の一部がママの臓器や骨にあたっているためです。痛いと感じたときは、痛みのある部分をさすったり、お腹をやさしくゆすったりしてみましょう。

赤ちゃんの足や頭があたる位置がずれれば、痛みがやわらぐ場合があります。また、左右向きやすい方を向いて横になるなど、ママの体勢を変えることも効果があるかもしれません。

赤ちゃんに話しかけたり、音楽を聴く

Getty logo

お腹をさするだけでなく、「ママ痛いよ」などと話しかけてもみましょう。赤ちゃんの耳は7ヶ月頃から聞こえ始めるようです。ママの声が聞こえたら、お話が気になったり安心することで動きが落ち着くかもしれません。

同様の理由で、ママが好きな音楽を聴いてみるという方法もありますね。たとえ赤ちゃんの動きに変化はなかったとしても、赤ちゃんに話しかけたり好きな音楽を聴くことで、ママ自身がリラックスして痛みが和らぐ可能性もあります。

胎動で眠れないときは

Getty logo

痛みだけでなく、胎動が激しすぎて寝れないという悩みを抱えるママも多いです。これは、胎動は活動しているときよりもリラックスしているときの方が感じやすいため。また、赤ちゃんは日中よりママがゆっくり休んでいる夜間により活発に動きやすいためともいわれます。

胎動が激しくて睡眠不足という場合は、日中でも赤ちゃんが休むタイミングに合わせて横になったり、お昼寝をして体を休めましょう。

赤ちゃんは成長にともない活動と睡眠のパターンがしっかりしてくるので、20~30分ペースで寝て起きてを繰り返すようになります。この、寝ているタイミングに合わせてママも休むよう工夫してみてください。この時期は家事も無理をせず、体調を一番に考えた生活を心がけましょう。

まとめ

Getty logo

胎動が激しいことは、赤ちゃんが元気にすくすく育っている証拠なのでとても良いことです。とはいえ、激しすぎると痛みも強くなりがちですよね。

基本的には耐えて乗り切るほかありませんが、赤ちゃんの位置をずらしてみる、話しかけるなど、いろんな方法を試して少しでも楽に過ごせる自分なりの方法を見つけてみましょう。

妊娠後期に入ると胎動は落ち着く傾向にあるので、今だけと割り切り、がんばって乗り切ってくださいね。この時期は赤ちゃんと自分の体を第一に考え、無理をし過ぎないことも大切です。

この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

【妊娠2ヶ月】妊娠がわかったらすることって?職場の報告や使える制度・お金 #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。


妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

妊婦の約3人に1人がマタニティマークをつけるのが不安!? 『妊婦フレンズwithパパ』調査

ピジョンが運営する『妊婦フレンズwithパパ』は、このほど「マタニティマークに関する調査」を実施しました。それによると、マタニティマークをつける理由について、妊婦さんと一般の方との間に認識のズレがあることがわかりました。


【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠前後で、自分にどんな変化があった? #プレママ1年生

妊娠前後で、ママたちの変化はあったのでしょうか?気持ちや身体にどんな変化があったのか、先輩ママたちに聞いてみました。


想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

想像していた妊娠と実際のギャップはあった? #プレママ1年生

ドラマで見たり、人から聞いたりして想像していた妊娠と、いざ自分が妊娠したときには、実際どれほどのギャップがあるのでしょうか? ギャップを感じた内容と合わせて、先輩ママたちに聞いてみました。


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


最新の投稿


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。


いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして慣れたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も身体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に1日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

引っ越しを考えたとき、転居先は何を基準に選びますか? 共働きで子育てをしていくなら、家賃や勤務先へのアクセスだけで選ぶのは少しもったいないですよね。子育てに関する市のサポート体制や、街全体として育児がしやすい雰囲気なのか等も、検討する上で重要ポイントになります。今回は、子育てしやすい街として人気の杉並区を調査しました。