【医師監修】切迫流産とは | 流産の可能性や違いについて

【医師監修】切迫流産とは | 流産の可能性や違いについて

無事に元気な赤ちゃんを産みたい!と思うママさんにとって気になる「切迫流産」。流産とは違うというけれど、どう違うのでしょうか。 今回は切迫流産について、流産との違い、症状、原因などを詳しく説明します。


切迫流産とは?原因と症状

Getty logo

切迫流産とは、妊娠22週未満でそのままでは流産となる可能性がある状態を言います。流産とは違い、切迫流産は流産のリスクはあるものの、妊娠が継続できる可能性があります。

切迫流産の症状

切迫流産の症状として、少量の出血、軽い下腹部痛、下腹部の緊満感、腰痛などが挙げられます。

切迫流産の症状があった場合に考えられる原因

出血や下腹部痛の原因として考えられるのは、仕事や運動などのし過ぎ、胎盤が形成される際の出血、腟からの感染によって子宮内が炎症を起こしている、さらには、頸管無力症(子宮頸部が弱い)などが考えられますが、原因が不明な場合もあります。

また、出血の原因としては、胎盤が着床する部分(絨毛)や胎盤がはがれて、子宮を包む絨毛膜に血液が溜まってしまう絨毛膜下血腫 が起きている場合もあります。出血量が多いと流産のリスクも高くなるため、経過を見ながら対応されます。

赤ちゃんはどうなる?切迫流産の診断と治療

切迫流産と診断されると具体的にはどうなるのでしょうか。赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか。

切迫流産と診断されるのはどんなとき?

子宮口は開いておらず、胎児などの子宮内容も外に出ていないが少量の出血があるという場合に、下腹部痛の有無に関わらず切迫流産と診断されます。

流産の可能性はありますが、切迫流産と診断されたすべての方が流産しそうな状態ということではありません。

切迫流産の治療とは?妊娠の継続の可能性

現在のところ、切迫流産から流産への移行を確実に防ぐ治療法はないとされています。基本的には安静にして経過をみたり、状態に応じた薬による治療を受けることになります。

経過をみるといっても、状態によってすぐに入院する、自宅で静養する、とくに生活を変えずに様子を見る、など対応は違ってきます。

子宮内で胎児の心拍が確認されていれば妊娠は継続しているということなので、安静にして経過をみることで、そのまま妊娠継続できる場合も少なくありません。

切迫流産といわれたら

切迫流産と診断されても、安静にするなどの治療により 妊娠を継続できる場合が多いと言われています。切迫流産と言われたら、無理な行動は避け医師の指示に従うことが大切です。

まとめ

少量の出血や下腹部痛は、切迫流産以外に正常妊娠や流産でも起きる場合があります。このような症状があった場合は、あわてて夜間診療を受診するより、しばらくは安静にして様子を見るようにしましょう。

ただし、安静にしていても腹痛が激しくなったり、出血が生理より多くなったりした場合には夜間・時間外であっても 受診するようにしましょう。

この記事の監修ドクター
浅川恭行先生
平成5年 東邦大学医学部卒業、同東邦大学大学院医学研究課入学、横須賀聖ヨゼフ病院を経て平成21年より東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師。平成23年より医療法人 晧慈会 浅川産婦人科 理事。平成28年より同産婦人科、理事長、院長。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本産婦人科医会幹事、日本産科婦人科内視鏡学会理事、日本女性医学会 評議員

(文:島田直子/毎日新聞出版MMJ編集部、監修:浅川恭行先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


最新の投稿


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。