宋美玄 先生

宋美玄 先生

産婦人科医/医学博士/丸の内の森レディースクリニック院長。
大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事。

https://www.moricli.jp/profile/

専門分野

産婦人科専門医・FMF認定超音波医

所属団体

日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本母性衛生学会、日本思春期学会、日本性科学会、日本性機能学会、日本人口学会 一般社団法人日本ガスケアプローチ協会 代表理事、一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会 代表理事、一般財団法人1more baby 応援団 評議員

宋美玄 先生に関する記事


【医師監修】産後に性欲がなくなる原因とセックスレスを防ぐための心得

【医師監修】産後に性欲がなくなる原因とセックスレスを防ぐための心得

産後、セックスから遠ざかってしまう夫婦は少なくありません。セックスレスが続きその他のコミュニケーションまで希薄になれば、その後の夫婦の関係性に大きく影響することも。産後女性の性欲減退はなぜ起こるのか、また産後のセックスレスとそれが夫婦関係に悪影響を及ぼすのを防ぐポイントについて解説します。


【医師監修】旦那に!上の子に!実母に!義母に!<相手別>産後のイライラ解消法

【医師監修】旦那に!上の子に!実母に!義母に!<相手別>産後のイライラ解消法

産後はちょっとしたことで心がゆらぎ、イライラすることが多いもの。感情が抑えきれず、つい家族に当たってしまう……なんてこともあるのでは。そんな、産後に陥りがちなイライラの原因と解消法を紹介します。


【医師監修】妊娠18週のエコー写真|胎動を感じ始めるころ

【医師監修】妊娠18週のエコー写真|胎動を感じ始めるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠18週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠17週のエコー写真|性別がわかることも

【医師監修】妊娠17週のエコー写真|性別がわかることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠17週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠超初期におりものがないor少ないこともある?

【医師監修】妊娠超初期におりものがないor少ないこともある?

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】卵白のようなおりものが……これって妊娠超初期⁉ 妊娠とおりものの関係とは

【医師監修】卵白のようなおりものが……これって妊娠超初期⁉ 妊娠とおりものの関係とは

「おりもの」の状態が変化したら、なんとなく気になりますね。それが、妊娠検査薬が使えるようになるまで待っている期間であれば、妊娠と関係あるかどうかで、余計気になります。妊娠超初期に「卵白のようなおりもの」が出る可能性はあるのでしょうか?


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

どんどんお腹が大きくなり、お産の日が近づいていることを実感する妊娠後期。胎内ですくすくと育つ赤ちゃんに、必要な栄養をたっぷり届けてあげたくなりますね。ここでは、赤ちゃんのために妊娠後期に摂りたい栄養や、このころよくあるマイナートラブルを予防する食事のポイントも紹介します。


【医師監修】妊娠28週のエコー写真|羊水の量が最大に近づいてくる

【医師監修】妊娠28週のエコー写真|羊水の量が最大に近づいてくる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠28週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠後期の下痢、水便。原因・対処法と、赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠後期の下痢、水便。原因・対処法と、赤ちゃんへの影響は?

妊娠8ヶ月から始まる妊娠後期。お腹がどんどん大きくなってきて、お産の日が近づいていることを実感するころです。そんな時にひどい下痢があったらいろいろ心配になりますね。ここでは、妊娠後期の下痢について、原因と対処法、赤ちゃんへの影響など気になる疑問とその回答をまとめて解説します。


【医師監修】妊娠中期のいや〜な胃もたれ、原因は? 予防策3つ

【医師監修】妊娠中期のいや〜な胃もたれ、原因は? 予防策3つ

つわりの症状は妊娠12~16週ごろには治まってくることが多く 、妊娠中期(妊娠14~27週)には「食べられる喜びをかみしめる」なんてことも。一方、妊娠中期に胃もたれで悩む人も少なくないようです。これはいったいどんな原因で起こっているのでしょうか。


【医師監修】妊娠中期の食事|摂るべき栄養素と避けたい食べ物

【医師監修】妊娠中期の食事|摂るべき栄養素と避けたい食べ物

妊娠中期に入ると徐々に「つわりの気持ち悪さが減ってきた」「食べられるようになった」と感じる人が多くなります。そうすると気になるのが食事内容ではないでしょうか。この記事では特に、「妊娠中期に気をつけたい食事の栄養素」について解説します。


【医師監修】排卵検査薬はいつから陽性になる? 使うタイミングを解説

【医師監修】排卵検査薬はいつから陽性になる? 使うタイミングを解説

計画的に妊娠したいときに役立つのが「排卵検査薬」。最近ではドラッグストアなどで購入できますが、いざとなると使い方や結果判定の方法がよく分からない、ということも。排卵検査薬の正しい使い方を知っておきましょう。


【医師監修】妊娠超初期に下腹部痛は起こるもの? 妊娠の兆候としての下腹部痛とPMSとの違いとは?

【医師監修】妊娠超初期に下腹部痛は起こるもの? 妊娠の兆候としての下腹部痛とPMSとの違いとは?

妊娠を待ち望んでいる女性にとって、生理開始予定日前の2週間ほどはやきもきする期間ですね。このころに「下腹部痛」があったら、そこから妊娠の可能性を探ることはできるのでしょうか? ここでは、妊娠超初期の下腹部痛と、それによく似たPMSによる下腹部痛について解説します。


【医師監修】 生理前に胸の張りが……これって妊娠超初期? PMSと見分ける方法はあるの?

【医師監修】 生理前に胸の張りが……これって妊娠超初期? PMSと見分ける方法はあるの?

妊活中で妊娠検査薬が使えるタイミングをいまかいまかと待っている時、普段はない「胸の張り」を感じたら、妊娠超初期の症状と思うかもしれません。ここでは「胸の張り」から妊娠の可能性を知ることができるのか、生理前に起こるPMSと区別できるのかを考えてみます。


【医師監修】生理が2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

【医師監修】生理が2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

生理(月経)は通常、月1回の頻度で来るもの。ところが、つい半月前に来たばかりなのに、また来てしまったら……。「これってもしかして病気なのでは?」と不安になりますよね。今回は短い期間で生理が来る「頻発月経」についてご紹介します。


【医師監修】生理期間はどのくらい? 異常かどうかのチェック方法

【医師監修】生理期間はどのくらい? 異常かどうかのチェック方法

生理の日はどうしても憂うつになりがち。さらに「長すぎるのでは」「量が人よりずいぶん多い?」といった違和感があると 気になりますよね。そこで今回は生理期間と量について、「正常な範囲」を紹介します。一度、異常がないかチェックしてみましょう。


【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と4つの対策

【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と4つの対策

この前生理が来たと思ったら、また来てしまった――。こんな経験ありませんか。生理のサイクルが早いのには何らかの原因があるかもしれません。今回は生理のサイクルが早い原因と対策についてまとめました。


【医師監修】無痛分娩の疑問を解決!そのメリットとリスクとは?

【医師監修】無痛分娩の疑問を解決!そのメリットとリスクとは?

薬を用いて出産の痛みを和らげる「無痛分娩」は、多くの妊婦さんにとって関心の高い分娩法の一つではないでしょうか。「リスクはないの?」「安全なの?」「どうやって痛みを取るの?」「費用は?」……。そんな疑問にお答えします。


出産で女性は心も体も満身創痍!! 夫婦で知っておきたい“産後”のこと #共働き夫婦の産後

出産で女性は心も体も満身創痍!! 夫婦で知っておきたい“産後”のこと #共働き夫婦の産後

出産が近づくにつれ赤ちゃんに会えるという期待が膨らむ反面、未知の世界「産後」に一抹の不安を覚える妊婦さんもいることでしょう。ここでは、産婦人科医の宋美玄先生による医学的な観点と実体験の両方を交えたコメントとともに、産後の変化をまとめました。夫婦で協力して子育てしていくために、妊娠中からできることは準備しておきましょう。