内科・小児科

内科・小児科に関する記事

赤ちゃんや子供の感染症やよくある病気についてまとめています。それぞれの病気に関する基本的な知識だけでなく、苦痛をやわらげてあげるコツなど、家庭でできる対処法もご紹介。乳児湿疹や夜泣き、発達に関する悩みなど、この時期ならではの悩み・疑問についてもお答えしています。

内科・小児科に関連するキーワード

おひさまこどもクリニック 北浜こどもクリニック 有明こどもクリニック 大井美恵子 先生 長谷川友香 先生 神宮の杜クリニック 藤丸拓也 先生 羽鳥幸恵 先生 松田明子 先生 中野瑛子 先生
>>内科・小児科に関連するキーワード一覧

【医師監修】赤ちゃんの下痢 | 危険な下痢の見分け方と注意点

【医師監修】赤ちゃんの下痢 | 危険な下痢の見分け方と注意点

便の状態は、健康のバロメーターのひとつです。とはいえ、赤ちゃんのうんちは月齢が低いほど大人とは違うので、「この状態が赤ちゃんのふつうなの?」と気になったり、「もしかして、下痢では?」と心配になることもあるかもしれませんね。そこで今回は、赤ちゃんの下痢の原因や症状の見分け方、受診の目安などをご紹介します。


【医師監修】ハイハイはいつごろからできるの? しない場合は練習が必要?

【医師監修】ハイハイはいつごろからできるの? しない場合は練習が必要?

赤ちゃんの成長は日々めざましく、首がすわり寝返りをして、おすわりができるようになると、次はハイハイと楽しみにしているママやパパも多いことでしょう。ところがハイハイに関しては、「ハイハイをしない」「ハイハイが苦手」といった心配もあるようです。今回はハイハイについて、さまざまな面からお話します。


【医師監修】生後5ヶ月の赤ちゃんの発育目安、 寝返りサインと離乳食のポイント

【医師監修】生後5ヶ月の赤ちゃんの発育目安、 寝返りサインと離乳食のポイント

生後5ヶ月は寝返りができるようになったり、離乳食を始めたりする時期です。ママは赤ちゃんの成長を実感するころですね。赤ちゃんのチャレンジを見守りつつ、この時期の気を付けたい点をまとめてみました。


【医師監修】2歳児の夜泣きがひどくなる原因と6つの対処法

【医師監修】2歳児の夜泣きがひどくなる原因と6つの対処法

突然始まる夜泣きに疲労困憊、悩みを抱えているママはたくさんいます。今回は2歳児の夜泣きの原因を探り、その対策についてご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが高熱に!4つのケース別対処法

【医師監修】赤ちゃんが高熱に!4つのケース別対処法

赤ちゃんが高熱を出すと、何か重い病気ではないかと心配になりますね。ただ、赤ちゃんの発熱は珍しいことではなく、急に熱が上がることも多いもの。あらかじめ熱が出た場合の対処法を知っておき、症状に合わせて適切に対処してあげましょう。


【医師監修】子供の鼻づまりをやわらげる! 家庭でできる3つのケア方法

【医師監修】子供の鼻づまりをやわらげる! 家庭でできる3つのケア方法

自分では鼻をかめない赤ちゃんや幼い子供の鼻づまりは、苦しそうで、見守るママもつらいものですね。乳幼児の鼻腔(びくう。空気の通り道)はとても狭く、そのうえ鼻粘膜は刺激に敏感なため、鼻水・鼻づまりが起こりやすいのです。早めの受診が原則ですが、ママが家庭でできるケアの方法もありますから、気軽に取り入れてみてください。


【医師監修】インフルエンザの症状は風邪とどう違う?乳幼児の特徴と対処法

【医師監修】インフルエンザの症状は風邪とどう違う?乳幼児の特徴と対処法

インフルエンザが流行する12月~3月は、風邪がはやる時期でもあります。インフルエンザと風邪では、症状はどのように違うのでしょうか。特に乳幼児のインフルエンザの症状や対処法について詳しく説明します。


【医師監修】<タイプ別>乳児湿疹の原因と正しい対処法

【医師監修】<タイプ別>乳児湿疹の原因と正しい対処法

むきたてのゆでたまごのようにすべすべできれいなイメージですが、じつは未熟で弱い赤ちゃんの肌。ちょっとした刺激 で湿疹が出てしまうこともあります。赤ちゃんにできる湿疹=乳児湿疹についての正しい対処法を知っておきましょう。