婦人科

婦人科に関する記事

妊娠・出産はもちろん、婦人科疾患など女性ならではの悩みについて医師がお答えします。生理不順やPMS、生理痛など、日頃気になっている問題をぜひチェックしてみてください。妊活やマタニティライフに関する情報もお届けしています。

婦人科に関連するキーワード

なおえビューティークリニック 女性医療クリニック・LUNA 中村容子 先生 上田弥生 先生 立之侑子 先生 高橋怜奈 先生 今井愛 先生 ココカラウィメンズクリニック
>>婦人科に関連するキーワード一覧

【医師監修】基礎体温の低さ(冷え)と妊娠の関係性とは?

【医師監修】基礎体温の低さ(冷え)と妊娠の関係性とは?

「妊娠」を意識するようになると基礎体温が身近になります。そんな時、「体温が低いと妊娠しにくい」という話を聞くと気になってしまいます。これは本当なのでしょうか。混同されがちな「低い体温」と「冷え」についても整理していきましょう。


【医師監修】茶色いおりものは危険!? 5つの原因と対処方法

【医師監修】茶色いおりものは危険!? 5つの原因と対処方法

ふとした時に「おりものの色がいつもと違う?」と気になることがあります。 この記事では、「おりものが普段より茶色い!?」と気づいた時の対処方法をまとめました。一般的に考えられる、おりものの変化のおもな原因とあわせてご紹介します。


【医師監修】緑色(黄緑)っぽいおりものこれって病気? 迷った時の対処方法

【医師監修】緑色(黄緑)っぽいおりものこれって病気? 迷った時の対処方法

下着などについたおりものの色がいつもと違っていたら気になります。そんな変化に気づけたのは、日頃から健康を心がけて生活している女性だからこそ。その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より緑色(黄緑)っぽい?」と気づいた時の一般的な原因や対処方法をまとめました。


【医師監修】 おりものから酸っぱい臭いがする⁉ おもな原因と対処方法

【医師監修】 おりものから酸っぱい臭いがする⁉ おもな原因と対処方法

デリケートゾーンの臭いが、いつもより強くなっていたり、変わっていたら気になります。この記事では「おりものから酸っぱい臭いがする?!」と気づいた時の対処方法を、一般的に考えられる原因とあわせてまとめました。


【医師監修】妊娠25週、ママの体の変化と注意したいこと

【医師監修】妊娠25週、ママの体の変化と注意したいこと

妊娠中期には成長スピードがさらに速まり、妊娠25週ごろからは赤ちゃんの体重は1週間に100g以上ずつ増えていきます。それに伴いママの体の負担も増えてきて、腰痛なども起こります。楽な姿勢で寝るなど、毎日を快適に過ごす工夫や食生活で注意したいことを紹介します。


【医師監修】排卵日前後によくある症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある症状と体調が悪くなる原因

生理ではないのに下腹部痛があったり、少量の出血があったりすると、ドキドキしてしまうもの。しかし、それはもしかしたら排卵日ならではの症状なのかもしれません。排卵日前後によくある症状について詳しく説明します。


【医師監修】妊娠26週、胎児はどんな様子? ママの体の変化と気を付けること

【医師監修】妊娠26週、胎児はどんな様子? ママの体の変化と気を付けること

赤ちゃんの体が成長するとともに胎動もますますはっきりと感じられるようになってくるころ。妊婦健診は2週間に一度になります。妊娠28週からの妊娠後期になる前に、産休や育休の手続きの確認をしておくと安心です。


【医師監修】産後セックスのきっかけと痛み対策!いつからOK︖悪露があるときはNG?

【医師監修】産後セックスのきっかけと痛み対策!いつからOK︖悪露があるときはNG?

産後は出産と慣れない育児で体はボロボロ……。悪露は出ているし、会陰の傷も痛むしで、いったいいつからセックスを再開していいのか悩みますよね。しかし、セックスの話はデリケートなだけに、ママ友に相談するのは躊躇してしまうもの。そこで今回は、産後のセックス再開のきっかけや痛み対策について解説します。


【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

そろそろ二人目が欲しいと考えていても、なかなか授からない……。「一人目は難なく妊娠できたのになぜ?」と悩んでいる人は少なくありません。二人目がなかなか授からないのはなぜなのでしょうか。一人目と何か違う点があるのでしょうか。二人目不妊で考えられることと対策を紹介します。


【医師監修】妊娠29週にしておきたいことは? 胎児の成長と注意点

【医師監修】妊娠29週にしておきたいことは? 胎児の成長と注意点

妊娠28週以降は「妊娠後期」と呼ばれています。今回は、妊娠8ヶ月の2週目である妊娠29週にスポットを当て、この時期に起こる赤ちゃんや体の変化のなどと注意点、また、この時期にやっておくとよいことについてお伝えします。


【医師監修】妊娠28週の「体の変化・ 必要なこと・注意点」

【医師監修】妊娠28週の「体の変化・ 必要なこと・注意点」

妊娠28週からは「妊娠後期」に入ります。今回は、妊娠8ヶ月の1週目である妊娠28週にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

妊娠2ヶ月は尿検査で妊娠が判明するころ。赤ちゃんの重要な器官が育つ時期のため、食生活や健康管理には注意が必要です。また、つわりの症状が出るママも。妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子、心がけたいことなどについてまとめました。


【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

生理の周期ごとに、巡ってくる排卵日。女性は一生のうちに、約400~500回[*1]の排卵を経験するといわれています。排卵はいつ、どのような仕組みで起こっているのか。妊活にも健康管理にも役立つ、排卵の基礎知識をお伝えします。


【医師監修】生理が2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

【医師監修】生理が2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

生理(月経)は通常、月1回の頻度で来るもの。ところが、つい半月前に来たばかりなのに、また来てしまったら……。「これってもしかして病気なのでは?」と不安になりますよね。今回は短い期間で生理が来る「頻発月経」についてご紹介します。


【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれ、35歳以上のいわゆる「高齢出産」(高年出産)の割合も上昇してきました。しかし年齢を重ねてからの妊娠・出産がさまざまな困難とリスクを伴うことはご存知の方も多いと思います。今回、40代の女性に焦点を当て、自然妊娠の確率、妊娠・出産のリスク、妊娠を目指すうえでのポイントをまとめました。


【医師監修】生理中に頭痛が起こる原因と6つの対策

【医師監修】生理中に頭痛が起こる原因と6つの対策

頭痛は女性に多い不調のひとつ。毎月、生理(月経)が近づくと、ズキンズキンと脈打つ頭痛が起きる。吐き気や肩こりまでひどくなるし、動くと痛みがさらにひどくなる……。こんな頭痛の症状に悩まされていませんか。生理中に起こる頭痛の原因や対策についてまとめました。


【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

妊娠中の仲良し(セックス)って、どうすれば良いの? しても大丈夫? と人知れず悩んでいる妊婦さん、実は多いのでは? 今回は、他人に聞きづらい「妊娠中の夫婦の営み」について、そのリスクにも触れながら、気になるポイントをご紹介します。


【医師監修】妊娠週数の数え方と妊娠週数毎の主な症状・兆候とは?

【医師監修】妊娠週数の数え方と妊娠週数毎の主な症状・兆候とは?

妊娠開始となる日、出産予定日、そして妊娠中の週数や月数の数え方を一緒に見ていきます。それに基づいて、何週目にどのような症状が出るのか、また、どのようなことに気をつければいいのかを確認しておきましょう。


【医師監修】妊娠中にりんご病(伝染性紅斑)にかかったらどうなるの? 大人のりんご病症状とおなかの赤ちゃんへの影響、予防方法

【医師監修】妊娠中にりんご病(伝染性紅斑)にかかったらどうなるの? 大人のりんご病症状とおなかの赤ちゃんへの影響、予防方法

かわいらしい名前の「りんご病」。子供に多い病気ですが、大人がかかることもあり、大人では子供とはまた違った特徴があるようです。また、妊婦さんに感染すると赤ちゃんへの影響も心配される、注意が必要な感染症です。