【皮膚科医監修】妊娠線がかゆい!原因と効果的な2つの対策・予防法

【皮膚科医監修】妊娠線がかゆい!原因と効果的な2つの対策・予防法

妊娠してからどんどん大きくなるお腹。気づいたら妊娠線ができ、そこが無性にかゆくなることがあります。今回は妊娠線がかゆくなるわけと、かゆみへの対処法、そして妊娠線のかゆみの予防について、日本橋いろどり皮膚科クリニック院長・皮膚科医の横井彩先生に解説いただきました。


この記事の監修ドクター
日本橋いろどり皮ふ科クリニック院長
石川県金沢市出身2003年秋田大学医学部卒。同皮膚科・形成外科にて広範囲にわたる皮膚科学の診療や研究に従事、2015年助教。2017年藤田医科大学総合アレルギー科講師。2018年〜都内クリニックにて院長を務めた他、複数の皮膚科クリニックにて診療に従事。2021年2月日本橋いろどり皮ふ科クリニックを開院。皮膚科学会認定専門医・医学博士。
■日本橋いろどり皮ふ科クリニックHP
■インスタグラム

「横井彩 先生」記事一覧はこちら⇒

妊娠線のかゆみはなぜ起きる?

ーーー妊娠中に肌トラブルを抱える人は少なくありません。その一つに「妊娠線のかゆみ」があるようです。

皮膚の「敏感さ」と「引き伸ばされる刺激」でかゆみが起こる

妊娠線がかゆくてかゆくて……これってどうしてなのでしょうか?

基本的に妊娠中は皮膚が敏感になる傾向にあり、ちょっとした刺激でかゆみを感じやすくなっています。

さらに妊娠線の部分は皮膚が短期間で伸ばされていくような刺激を受け続けるので、かゆみを感じます。

妊娠線は「皮膚の組織が裂けている」状態

そもそも妊娠線ができた皮膚って、どんな状態なんですか?

妊娠線は、皮膚の組織が伸びることに耐えられず裂けるようなダメージを受けている状態です。

妊娠線は
・内因性のホルモンにより真皮の弾力部分を担う成分の産生が抑制され、伸びにくい皮膚になりやすいこと
それに加えて、
・お腹やお尻などの部分が数ヶ月という短期間でどんどん大きくなることにより急激に皮膚が伸ばされること
これらによって起こります。
弾力や柔らかさが低下している状態で皮膚が伸ばされると、皮膚の組織が伸展に耐えられず裂けるようなダメージを受けます。
これが妊娠線の発症の原因です。

妊娠線のかゆみ、対処法・予防法は? 2つのルール

ーーー今あるかゆみを抑え、ぶり返さないようにしたいものです。妊娠線のかゆみを抑えつつ予防するには、どのような方法があるのでしょうか。

1. しっかり保湿して、かゆみの大敵・乾燥を防ぐ

保湿は妊娠線予防だけでなく、妊娠線のかゆみにも効果があるんですか?

普段も皮膚が乾燥するとかゆみが出やすくなりますが、妊娠中は皮膚が過敏になり、いつも以上に乾燥によるかゆみも出やすくなります。

そこで、妊娠線ができやすいお腹やお尻などの部分にはより保湿をしっかり行う必要があります。


保湿を行うことで皮膚に潤いと柔軟性を与えます。少しでも妊娠線のかゆみを軽減できるよう、保湿を行いましょう。

具体的には、入浴後などにクリームなどの油分と水分が適度に含まれたもので全身を保湿しましょう。妊娠線が気になる部位や乾燥しやすい部位には、さらにオイルなどで水分の蒸散を防ぐのも良い方法です。

保湿の際、マッサージなどをする必要はありますか?

手のひら全体で優しく馴染ませるくらいで十分です。


マッサージというと、しっかり揉み込むような動きを想像するかもしれませんが、皮膚にとって強く擦るのはマイナスです。

2. ボディソープや下着を低刺激なものにする

かゆみがあるときは、体を洗う時も気をつけた方がいいんですかね?

妊娠中は普段以上に刺激の少ない洗浄料を選ぶようにしましょう。

また、きつい下着などもかゆみを引き起こすことがあるので、注意が必要ですね。

優しく洗う

妊娠中は皮膚が過敏になり、乾燥によるかゆみも出やすくなります。洗浄力の強い洗浄料により乾燥すると、皮膚がダメージを受けやすくなります。
妊娠線ができるお腹やお尻・太ももなどは、本来皮脂などによる汚れが多い部位ではありません。ゴシゴシ擦って洗う必要はありません。泡で優しく撫でるように洗いましょう

着心地の良い下着をつける

妊娠中は皮膚が過敏になり、刺激を受けやすく痒みも出やすくなります。締め付けの強い下着レース・タグなどがチクチク刺激となるような下着は、皮膚の痒みを助長するので避けましょう。通気性がよく締め付けの少ない着心地の良い製品を選びましょう。

基本的なケアで皮膚を健やかに保とう

妊娠中は皮膚が過敏になりやすいことに加えて、体調によりケアにあまり時間や気持ちをかけられないこともあります。無理なお手入れではなく、健康な皮膚のための基本的な最低限のケアを行って、健やかに過ごしましょう。

まとめ

妊娠中は皮膚が敏感になり、大きくなるお腹などでは皮膚が伸ばされかゆみを感じやすくなります。かゆみは乾燥や刺激などで引き起こされたり、悪化したりします。かゆみなどの症状がある場合、まずは保湿を心がけ、体を洗う洗浄料や下着なども低刺激なものにすることをおすすめします。早めの対策で軽減が見込めます。湿疹などの症状がある場合は皮膚科を受診しましょう。

(文:横井彩先生/編集・構成:マイナビ子育て編集部)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【皮膚科医解説】妊娠線を消す方法は?効果的なセルフケアと医療機関での治療

【皮膚科医解説】妊娠線を消す方法は?効果的なセルフケアと医療機関での治療

妊娠中や産後に気になる妊娠線。お腹や胸などにできてしまった妊娠線をなくす術はあるのでしょうか。今回は日本橋いろどり皮膚科クリニック院長・皮膚科医の横井彩先生に「妊娠線を消す方法」について解説いただきました。


【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

赤ちゃんの爪はとても小さいものです。爪切りのときにはどんな点に注意すればいいのでしょうか? 爪切りのやり方や頻度、切るときの工夫や注意点、うっかり指先を切った時の対処方法などを知っておきましょう。


【医師監修】ずりばいはいつから?しない理由や練習方法も紹介

【医師監修】ずりばいはいつから?しない理由や練習方法も紹介

赤ちゃんが寝返りできるようになって、次ははいはいだと楽しみにしているママやパパもいることでしょう。はいはいの一種で、最初のころに見られるものに「ずりばい」があります。ずりばいが始まるのはいつごろなのでしょうか? だいたいの時期やずりばいをしないときの原因、ずりばいの練習などについて説明します。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんは自転車にいつから乗せられる?注意点や自転車の選び方

【医師監修】赤ちゃんは自転車にいつから乗せられる?注意点や自転車の選び方

赤ちゃんを自転車に乗せられれば、買い物も楽になって行動範囲も広がり、子育てライフも楽しくなりますね。そこで今回は、赤ちゃんを自転車に乗せていい年齢の目安や、自転車を選ぶ際のポイント、乗る際の注意点などをまとめました。


最新の投稿


【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい。』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載!


もはや無痛じゃない!? お尻にボールをグリグリして耐え続ける産婦 【思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ Vol.13】

もはや無痛じゃない!? お尻にボールをグリグリして耐え続ける産婦 【思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ Vol.13】

はじめての出産は未経験だからこそ理想を思い描きますよね。Instagramで子育て漫画を発信するほかほか命(@hokahokainochi)さんもそんなおひとり。しかし実際の出産は……思ってたんと違う! 今回はほかほか命さんの無痛分娩の出産レポを短期連載でご紹介!『思ってたんとちがう! ドタバタ無痛分娩レポ 第13回』


【漫画】全身プチプラでも「着こなし」次第でおしゃれになれる!『おしゃれなママっていわれたい!』Vol.6

【漫画】全身プチプラでも「着こなし」次第でおしゃれになれる!『おしゃれなママっていわれたい!』Vol.6

時間がないから、すぐ汚れちゃうから、子どもが最優先だから……そんな理由でおしゃれを諦めていませんか? 絶賛育児中の人気イラストレーター・あきばさやかさんによる子育て中のおしゃれのヒントがたくさん詰まった『おしゃれなママっていわれたい!』(マイナビ出版)。ママならではのおしゃれのコツをお届けします!


意外と知らない人が多い!「幼児食の基本」『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.1

意外と知らない人が多い!「幼児食の基本」『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.1

子どものために体にいい食事を作ってあげたいけれど、毎日の料理は大変。そんなママ・パパにおすすめなのが、レンチンで簡単にできる作りおき。2児のママでもある管理栄養士・中村美穂さんの著書『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』(世界文化社)から、幼児食のポイントと選りすぐりのレシピを紹介します!


「にやにやしてました」保育園の連絡帳に書かれた息子の様子が面白い! にやっと率が高すぎる~

「にやにやしてました」保育園の連絡帳に書かれた息子の様子が面白い! にやっと率が高すぎる~

Instagramで子育て漫画を発信されるちるみとらさん。ちるみとらさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。