【医師監修】初産は予定日より遅いor早い? 陣痛の時間は?

【医師監修】初産は予定日より遅いor早い? 陣痛の時間は?

初めての妊娠・出産はすべてが初体験。だからこそ、いろいろなことを知っておきたいと調べたら……なんだか気になるうわさを見つけて不安になってしまうこともあるでしょう。そこで初産にまつわるうわさの真偽を解説します。


この記事の監修ドクター
葵鍾会 ロイヤルベル クリニック勤務。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長、アルテミスウィメンズホスピタル院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター。

「浅野仁覚 先生」記事一覧はこちら⇒

「初産だと出産は予定日より遅くなる!?」

(イラスト:epico428)

初産では出産が予定日より後になることが多いと耳にすることがあります。これは本当なのでしょうか。

ウソ

医学的には初めて妊娠・出産を迎える女性を初産婦、過去に妊娠・出産の経験がある女性を経産婦と呼び、区別をしています。それぞれ違いはありますが、お産の遅れは初産かどうかとは無関係。実際は出産予定日を誤って推定していたケースが多いのです。

妊娠週数の計算によると、出産予定日は妊娠40週0日で、その日を挟んだ妊娠37週0日~41週6日までの出産を正常なお産=正期産と呼びます。つまり、予定日から遅れたとしても約2週間までは正常なお産の範囲内なのです。

【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7169

「今、妊娠何ヶ月?」「出産予定日は?」という会話はよくするものの、一体どうやって計算しているのか知っていますか? 正しい妊娠週数、出産予定日の計算方法や、正しい妊娠週数を把握するべき理由などをまとめました。

しかし妊娠42週0日以降も陣痛が起こらず、出産にいたらない場合は過期妊娠となり、これ以降の出産は過期産と呼ばれます。過期産になっても多くは通常のお産と同じように行います。けれども中には胎盤の機能が衰えたり、羊水が少なくなったり濁ったりするなどして、合併症を生じることがあり、注意が必要です。

日本では全出産のうち、2%未満[*1]が過期産にあたるといわれますが、その頻度は近年、減少傾向にあります。理由のひとつとして、妊娠初期に行われる経腟超音波検査の普及により、妊娠週数が正確に推定されるようになったことが挙げられます。これにより、本来は違うけれど便宜上、過期産に含まれていた「見かけ上の過期産」が少なくなり、全体の数が減少しているというわけです。

「初産だから出産はきっと予定日より遅くなるはず」という思い込みはせず、赤ちゃんと自身の体調に気を配りつつ準備をしながら、その日を大切に待ちましょう。

「初産だと陣痛が長い!?」

「初産では陣痛が長く続き、お産に時間がかかる」と聞くこともあります。これは本当なのでしょうか。

ホント

初産婦は経産婦に比べて、産道の組織が硬い傾向にあります。そのため、分娩時間も長くなることが多いのです。

出産にかかる時間(陣痛の始まりから分娩まで)は、個人差があるものの、初産婦と経産婦とで以下のように異なるといわれています[*2]。

 初産婦=11~15時間
 経産婦=6~8時間


初産婦の場合、陣痛が始まって子宮口が開き始めるまでが、とくに時間がかかる傾向にあるようです(経産婦が5~6時間程度なのに対し、初産婦は10~12時間)。これは産道のうち、子宮頸部と呼ばれる部分が、初産婦ではなかなか柔らかくなりにくいからだと考えられます。

子宮頸部は妊娠中、赤ちゃんがお腹の外に出てしまわないように守る役割があるので、産道の中でもっとも硬く、赤ちゃんが通るときに抵抗の大きい部分です。お産の進行とともに柔らかくなり、最終的にはくちびる程度の柔らかさになるのですが、そうなるまでの時間が初産婦と経産婦とで異なるというわけです。

上記の時間はあくまで平均的なものであり個人差はありますが、目安のひとつとして参考にしてください。

まとめ

初産は妊娠・出産のすべてが初体験。順調に出産を迎えられるのか、陣痛がきたらわかるのか、ちゃんと産めるのかといった心配や不安だらけだと思います。

けれども妊娠や出産の過程について学んだり、マイナートラブルへの対処方法を知ったりしておくと、心配や不安が少しは緩和されるのではないでしょうか。自分なりに調べてみるのはもちろん、わからないことは妊婦健診で質問や相談をしてみましょう。疑問や悩みはその都度解決し、赤ちゃんと一心同体の貴重な時間を、ゆったりした気持ちで過ごせると良いですね。

(文:山本尚恵/監修:浅野仁覚先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本産科婦人科学会: 産婦人科研修の必修知識2016-2018, p176, 2016.
[*2]日本産科婦人科学会: 産婦人科研修の必修知識2016-2018, p248, 2016.
[*3]メディックメディア「病気がみえる vol.10 産科 第4版」P.86

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


キンタロー。さん第二子妊娠の発表前は「怖くて怖くて」……温かい声に感謝

キンタロー。さん第二子妊娠の発表前は「怖くて怖くて」……温かい声に感謝

芸人のキンタロー。さんが、不妊治療を経て第二子を妊娠していることを発表しました。すでに安定期を迎えており、年内の出産を予定しているといいます。妊娠を公表するにあたってキンタロー。さんは、「本当に怖くて怖くて 前の晩は、正直眠れませんでした」と、不安だった気持ちを明かしています。


第一子妊娠中のやしろ優さん夫、「男はどういったムーブをすればよいでしょうか?」と妊娠後期のアドバイス募る

第一子妊娠中のやしろ優さん夫、「男はどういったムーブをすればよいでしょうか?」と妊娠後期のアドバイス募る

第一子を妊娠中のお笑い芸人・やしろ優さん。夫である笑撃戦隊の野村辰二さんも妊娠公表を機にブログを開設し、やしろさんとの妊婦生活を綴っています。10月14日に野村さんは、妊娠後期に差し掛かる妻に対して、夫は何をしてあげたらいいのか? と読者に質問を投げかけました。


おのののかさん「とにかく毎日眠くて、重くて、腰が痛い」苦しくて眠れず……妊娠後期のトラブル

おのののかさん「とにかく毎日眠くて、重くて、腰が痛い」苦しくて眠れず……妊娠後期のトラブル

第一子を妊娠中のタレント・おのののかさんが、出産を目前に控えての体調についてInstagramに綴りました。眠気や不眠、腰痛などに悩まされながらも、「お気に入りのカフェでゆったりできるのもあと少しなんだな~」と、残りわずかのマタニティライフを噛みしめているようです。


やしろ優さん妊娠7ヶ月のお腹に「全然変わらないんだが笑」。ラストスパートに向け観察を継続

やしろ優さん妊娠7ヶ月のお腹に「全然変わらないんだが笑」。ラストスパートに向け観察を継続

第一子妊娠中のお笑い芸人・やしろ優さんが、自身のブログに現在のお腹の様子を撮った写真を投稿。現在は「約妊娠7ヶ月」とのことですが、妊娠前の写真と並べて比較すると、あまり変化が見られないそう。


出産前後のすれ違いを回避せよ! 実録・渡邊家の夫婦ミーティング(後編) #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.15

出産前後のすれ違いを回避せよ! 実録・渡邊家の夫婦ミーティング(後編) #渡邊大地の令和的ワーパパ道 Vol.15

『産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート』『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(ともにKADOKAWA)など、夫婦のパートナーシップをテーマにした著書が話題の渡邊大地さんによる新連載! 令和における新たなワーパパ像を、読者のみなさんとともに考えます。


最新の投稿


【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

「料理は主婦の仕事」という考え方は既に古く、今は夫婦で協力して家事や育児をこなす時代です。しかし、各家庭の実態はどうでしょうか? まだまだ料理はママ任せという家庭が多いのでは? そこで、夫が家で料理をする頻度についてアンケートをとってみました。パパの手料理にまつわるエピソードと一緒にお楽しみください。


【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

Instagramで子育て漫画を発信されるまむさん。まむさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

蜂蜜(はちみつ)はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

夫婦共働きのご家庭では、戸籍上の名字と仕事用に使う名字が異なっている人も多いでしょう。いま話題の夫婦別姓について、ママたちはどのような意見を持っているのか、アンケートを実施しました。賛成派も反対派も、まずは対話から! お互いの意見を聞いてみましょう。