浅野仁覚 先生

浅野仁覚 先生

産婦人科医/葵鍾会 ロイヤルベル クリニック。
福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長、アルテミスウィメンズホスピタル院長を経て現在に至る。

https://www.royalbell.jp/

専門分野

日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

所属団体

日本産科婦人科学会、日本周産期新生児学会、日本産科麻酔科学会、日本母体胎児学会、日本超音波学会、日本IVR学会

浅野仁覚 先生に関する記事


【医師監修】胎児のしゃっくり、頻繁に起こるのは心配?胎動ピクッ!が続く理由

【医師監修】胎児のしゃっくり、頻繁に起こるのは心配?胎動ピクッ!が続く理由

妊娠中、いつもとは違う規則正しい胎動を感じたこともある人もいるのでは。それはもしかしたら、胎児の「しゃっくり」かもしれません。胎児のしゃっくりは胎動の一種といわれています。その原因や胎動のいろいろについて調べてみました。


【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊娠の確率を上げるセックス6つのヒント

【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊娠の確率を上げるセックス6つのヒント

妊活についてはさまざまな情報が飛び交っており、セックスの体位に関しては「正常位のほうが、騎乗位よりも妊娠の確率が上がる」などと言われることもあります。果たして妊娠しやすい体位は本当に存在するのでしょうか。


【医師監修】頻尿は妊娠初期症状?妊娠超初期かもと思ったら確認すべきこと

【医師監修】頻尿は妊娠初期症状?妊娠超初期かもと思ったら確認すべきこと

「妊娠超初期」とは医学的な定義があるわけではありませんが、妊娠していなかった場合の生理予定日までを指してよく使われる言葉です。妊娠超初期かもしれないころ「頻尿」になることもあるのでしょうか。妊娠超初期と頻尿の関係について、詳しく紹介します。


【医師監修】妊娠初期の寒気の原因は? つわりの時期の寒さと流産の関係

【医師監修】妊娠初期の寒気の原因は? つわりの時期の寒さと流産の関係

妊娠初期に感じる「寒気」「肌寒い感じ」。背中がゾクッとしたり、ブルッと震えたりといった症状は、体調が変わりやすい時期だけに気になりますよね。果たしてどんな原因が考えられるでしょうか。赤ちゃんへの影響があるかどうかも含めて、解説します。


【医師監修】50歳で妊娠・出産できるのは何%?  妊娠可能年齢と高齢出産のリスク

【医師監修】50歳で妊娠・出産できるのは何%? 妊娠可能年齢と高齢出産のリスク

晩婚化が進み、40代後半に出産する女性もそれほど珍しくなくなってきました。しかし50歳以上となるとまだまだ稀。加齢とともに妊娠することは難しくなり、また妊娠期間中や出産によるリスクも低くありません。ここでは50歳以降の妊娠・出産の可能性について詳しく解説していきます。


【医師監修】稽留流産では胸の張りが消える? その他の症状と原因・診断・治療法

【医師監修】稽留流産では胸の張りが消える? その他の症状と原因・診断・治療法

特に症状もないままに起こる「稽留流産」。赤ちゃんの誕生を心待ちにしている妊婦さんにとって、突然、流産がわかるのはとてもつらいことでしょう。今回は、流産の中でも初期に起こりやすい「稽留流産」について、原因や治療法などをまとめました。


【医師監修】子宮底長でわかることとは? 長い・短い場合と平均的な目安

【医師監修】子宮底長でわかることとは? 長い・短い場合と平均的な目安

妊婦健診でよく耳にする言葉に「子宮底長」があると思います。これは、妊娠が順調かどうかを知るための指標の一つ。今回は、この「子宮底長」について、何を指すのか、どうやって測り、長い時と短い時ではどんなことがあるのか、などについて詳しく解説します。


【医師監修】羊水混濁ってどんな状態? その原因と赤ちゃんへの影響・治療法

【医師監修】羊水混濁ってどんな状態? その原因と赤ちゃんへの影響・治療法

羊水は、子宮の中で赤ちゃんを包み守っている液体ですが、分娩間近になると、羊水が濁る「羊水混濁」を起こすことがあります。これはなぜ起こり、起こると赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか? 羊水混濁の原因や対応、治療方法などを解説します。


【産婦人科医監修】妊婦健診で尿蛋白が陽性に! リスクと3つの対策

【産婦人科医監修】妊婦健診で尿蛋白が陽性に! リスクと3つの対策

「尿蛋白(尿タンパク)が陽性」とは、柔らかく表現すると「尿に蛋白が降りている」とか「蛋白尿が出ている」と言われる状態です。つまり、尿の中に蛋白質が混ざっているということ。では、尿にたんぱく(蛋白)質が混ざっていているとは、どのような状態なのでしょうか?


【医師監修】胎動が弱いのは大丈夫? 減る原因と心配なときの対処法

【医師監修】胎動が弱いのは大丈夫? 減る原因と心配なときの対処法

胎動はお腹の赤ちゃんからのメッセージ。動きを感じて赤ちゃんの様子を想像できるだけでなく、定期的にあることで「元気だよ」ということを伝えてくれています。そんな胎動が弱くなったり減ったりしたときはどうすればいいのでしょうか。考えられる原因とともに対処法をお伝えします。


【医師監修】胎動が痙攣みたいで心配|原因は?何かすべき?

【医師監修】胎動が痙攣みたいで心配|原因は?何かすべき?

胎動にもいろいろなパターンがありますが、まるで「痙攣」しているような胎動があったら赤ちゃんは大丈夫なのか心配になりますね。痙攣のような胎動があったとき考えられる原因や、その場合にできることがあるのか知っておきましょう。


【医師監修】つわりで尿にケトン体が!理由と影響・対処法

【医師監修】つわりで尿にケトン体が!理由と影響・対処法

妊婦健診では尿検査を毎回行います。尿検査で調べる項目の中には「ケトン体」のチェックも含まれています。これが陽性になるとどういう意味があるのでしょうか。また、もしも出てしまったら、どうすればよいのでしょうか。妊娠中に尿中ケトン体陽性になる原因と対処法について解説します。


【医師監修】妊婦の頭痛 よくある原因と深刻な症状とは?効果的な頭痛対策

【医師監修】妊婦の頭痛 よくある原因と深刻な症状とは?効果的な頭痛対策

妊娠中はマイナートラブルが付き物ですが、そのひとつに「頭痛」があります。妊娠によって自然と起こりやすくなる頭痛もありますが、特に妊娠中期半ばから妊娠後期にかけての妊婦さんの場合、中には病気の症状として頭痛が起きていることもあります。よくある原因と注意したい病気、対処法についてまとめます。


【医師監修】つわりでお風呂が辛い! 気持ち悪くなる理由と対処法

【医師監修】つわりでお風呂が辛い! 気持ち悪くなる理由と対処法

つわりの時期には「入浴によって気分が悪くなる」という妊婦さんも少なくないようです。お風呂に入ると気持ちが悪くなるけれど、少しでもさっぱりしたい……そんなときに役立つ入浴方法のコツを紹介します。


【医師監修】働く妊婦の悩み~立ち仕事は1日何時間まで?いつまで働き続けて大丈夫?

【医師監修】働く妊婦の悩み~立ち仕事は1日何時間まで?いつまで働き続けて大丈夫?

妊婦さんの体調が良く妊娠経過も順調であれば、仕事を続けることに問題はありません。しかし、仕事の内容が、体に負担のかかる立ち仕事となると、少し注意が必要かもしれません。妊婦さんが立ち仕事をする際の注意点を解説します。


【医師監修】妊婦が受ける「糖負荷検査」って何?前日や当日の食事はどうしたらいい?

【医師監修】妊婦が受ける「糖負荷検査」って何?前日や当日の食事はどうしたらいい?

妊婦健診では「糖負荷検査」という検査が行われます。糖負荷検査は何のための検査で、どのようなやり方をするのでしょうか? 検査の前日~当日の食事は食べていいのかどうかや食事内容の注意点などについて説明します。


【医師監修】妊婦健診の尿糖検査で陽性(+)になる原因と対策

【医師監修】妊婦健診の尿糖検査で陽性(+)になる原因と対策

妊婦健診の尿糖検査で「+(プラス)」が出たら要注意のサインです。尿糖検査プラスは、どういう健康状態の時に出るのでしょうか? 尿糖検査とは何か、なぜプラスになるのか、出るとどうなるのか、また尿糖検査がプラスにならないためにできることについてお話します。


【医師監修】妊娠高血圧症候群を予防!妊婦が血圧を下げる方法とは

【医師監修】妊娠高血圧症候群を予防!妊婦が血圧を下げる方法とは

妊娠中に血圧が高めになったら、「妊娠高血圧症候群」にならないか心配になるかもしれませんね。ここでは血圧が高めの妊婦さんが血圧を下げるためにできることを中心にまとめました。血圧が心配なとき、出産まで健やかに過ごすための参考にしてください。


【医師監修】つわりの状態と赤ちゃんの性別との関係性とは?

【医師監修】つわりの状態と赤ちゃんの性別との関係性とは?

お腹の赤ちゃんの性別が気になるママやパパは多いですよね。でも、エコー検査で性別がわかるようになるのはある程度赤ちゃんが育ってから。その前に、つわりの状態から性別を知ることはできないのでしょうか? つわりの原因や症状などとともにお話しします。


【医師監修】初産は予定日より遅いor早い? 陣痛の時間は?

【医師監修】初産は予定日より遅いor早い? 陣痛の時間は?

初めての妊娠・出産はすべてが初体験。だからこそ、いろいろなことを知っておきたいと調べたら……なんだか気になるうわさを見つけて不安になってしまうこともあるでしょう。そこで初産にまつわるうわさの真偽を解説します。