浅野仁覚 先生

浅野仁覚 先生

産婦人科医/葵鍾会 ロイヤルベル クリニック。
福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長、アルテミスウィメンズホスピタル院長を経て現在に至る。

https://www.royalbell.jp/

専門分野

日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

所属団体

日本産科婦人科学会、日本周産期新生児学会、日本産科麻酔科学会、日本母体胎児学会、日本超音波学会、日本IVR学会

浅野仁覚 先生に関する記事


【医師監修】産後にお腹の皮がしわしわに!気になるたるみを引き締める4つの方法

【医師監修】産後にお腹の皮がしわしわに!気になるたるみを引き締める4つの方法

出産が終わってお腹が戻ると思っていたら、皮がしわしわに! 産後のお腹のたるみは誰でも起こることです。ある程度は自然に戻りますが、できるだけ早く何とかしたいもの。そんなお腹のたるみを引き締めるためにできることを紹介します。


【医師監修】産後ダイエットはいつから始めるべき?どんな運動をしたらいい?

【医師監修】産後ダイエットはいつから始めるべき?どんな運動をしたらいい?

妊娠・出産で増えた体重や変化した体型を早く戻したいと思ったとき、まず頭に思い浮かぶのがダイエットでしょう。ですが、産後すぐは本格的なダイエットはおすすめできません。この記事では産後の運動や気をつけるべきことを中心に、産後ダイエットをいつからどのように始めるといいのか紹介します。


【医師監修】胎教はいつから?音楽や絵本での胎教の効果とは

【医師監修】胎教はいつから?音楽や絵本での胎教の効果とは

妊娠がわかると「胎教」に興味が湧く人も多いのでは。胎教はいつごろから始めるのがよいのでしょう。また胎教というと音楽を聴かせたり、絵本を読んだりするのが一般的ですが、それらには一体どのような効果があるのでしょうか。


【医師監修】臨月やってはいけないこと・過ごし方まとめ!気をつけたい外出や食事とは

【医師監修】臨月やってはいけないこと・過ごし方まとめ!気をつけたい外出や食事とは

臨月になり、赤ちゃんに会える日も近づいてきました。無事お産の日を迎えて分娩を乗り越えるために、この時期はどんなことに気をつけながら過ごせばいいのでしょうか? 日常生活と外出先でやってはいけないことをまとめました。


【医師監修】授乳中は貧血になるの? 鉄分不足の原因と改善方法

【医師監修】授乳中は貧血になるの? 鉄分不足の原因と改善方法

産後、授乳している時期に、貧血がなかなか治らず困っているママもいることと思います。授乳と貧血は関係しているのでしょうか? 今回は授乳期の貧血の原因や、貧血を改善するためにできること、赤ちゃんの貧血についてもお話します。


【医師監修】陣痛に前兆はある?胎動の様子は?知っておきたい分娩前の変化

【医師監修】陣痛に前兆はある?胎動の様子は?知っておきたい分娩前の変化

陣痛がいつごろ始まるのか前もってわかると安心ですが、実際には陣痛の前兆はあるのでしょうか? また胎動の変化は起こるのでしょうか? ここでは、分娩が近づくと起こりやすい変化について説明します。


【医師監修】おしるし後のお風呂はOK? 入浴のタイミングや注意点も解説

【医師監修】おしるし後のお風呂はOK? 入浴のタイミングや注意点も解説

出産が近づいたときに起こる「おしるし」。出産が始まるとしばらくお風呂に入れなくなりますが、おしるしの後、お風呂には入っても良いのでしょうか。注意したいこととあわせて解説します。


【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊活中に妊娠の確率を上げるポイント

【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊活中に妊娠の確率を上げるポイント

妊活についてはさまざまな情報が飛び交っており、セックスの体位に関しては「正常位のほうが、騎乗位よりも妊娠の確率が上がる」などと言われることもあります。果たして妊娠しやすい体位は本当に存在するのでしょうか。


【医師監修】妊婦に湿布はNG? 貼ってしまったとき、ふくらはぎ・腰・肩が痛いときの対処法

【医師監修】妊婦に湿布はNG? 貼ってしまったとき、ふくらはぎ・腰・肩が痛いときの対処法

妊娠中は自己判断で市販薬を飲むのは控えた方がいいと言われていますが、よくわからないのが「湿布」の扱いではないでしょうか。妊婦さんは湿布を使う時も注意が必要なのでしょうか。体のあちこちが痛い時の対処方法とともにお話しします。


【医師監修】妊婦健診でもらえるエコー写真の見方が知りたい!超音波検査って何?

【医師監修】妊婦健診でもらえるエコー写真の見方が知りたい!超音波検査って何?

妊婦健診で行われる超音波検査は、胎児と対面できるチャンス! 毎回楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。健診のあとには、エコー写真をもらうこともできます。この超音波検査では、いったい何がわかるのでしょうか?


【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

お産が近づくと「子宮口が今、○cm開いています!」などといわれることがあります。お産が進むと子宮口はどれくらい開き、全開になるまでどのくらい時間がかかるのでしょうか。お産の進み方とともに解説します。


【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

「2人目はスピード出産」といわれることもあるように、2人目以降の出産では兆候やお産の進み方で初産とは異なる点があるのでしょうか? 2人目以降を妊娠中の人が安心して出産に臨めるよう、経産婦と初産婦のお産の違いについて解説します。


【医師監修】 妊娠〜出産までの経過を知ろう。赤ちゃんの成長と妊娠時期別の注意点をチェック!

【医師監修】 妊娠〜出産までの経過を知ろう。赤ちゃんの成長と妊娠時期別の注意点をチェック!

妊娠がわかると喜びと同時に、赤ちゃんは順調に育っているか、自分の妊娠経過に問題はないかなどが気になってしまうのは当然のこと。ここでは、妊娠初期〜出産前までのおなかの変化や赤ちゃんの成長、時期別の主な注意点をまとめて紹介していきます。


【医師監修】50歳での妊娠は可能?  妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

【医師監修】50歳での妊娠は可能? 妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

晩婚化が進み、40代後半に出産する女性もそれほど珍しくなくなってきました。しかし50歳以上となるとまだまだ稀。加齢とともに妊娠することは難しくなり、また妊娠期間中や出産によるリスクも低くありません。ここでは50歳以降の妊娠・出産の可能性について詳しく解説していきます。


【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

「早く赤ちゃんが欲しい!」と思ったら、排卵日を把握することがポイント。理由は、妊娠しやすい時期と排卵日は関連しているからです。では、その排卵日はどうすればわかるのでしょうか? 計算でわかるもの? 今回は排卵日を計算する方法をご紹介します。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】妊娠超初期にイライラしやすい理由とは

【医師監修】妊娠超初期にイライラしやすい理由とは

排卵から次の月経(生理)が来るまでの時期は、ささいな体調に敏感になってしまうもの。もし、今までになくイライラしていると、「これは妊娠のサイン…?」と思ってしまうかもしれませんね。実際のところはどうなのでしょうか。詳しく解説します。


【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?

妊娠初期に感じる「寒さ」。背中がゾクッとしたり、ブルッと震えたりといった症状は、体調が変わりやすい時期だけに気になりますよね。果たしてどんな原因が考えられるでしょうか。赤ちゃんへの影響があるかどうかも含めて、解説します。


妊娠中毒症とは?妊娠高血圧症候群の症状と治療法【医師監修】

妊娠中毒症とは?妊娠高血圧症候群の症状と治療法【医師監修】

妊婦さんを苦しめる「妊娠中毒症」は、現在「妊娠高血圧症候群」という呼び名に変更されています。今回は「妊娠高血圧症候群」による母子への影響、症状、治療法についてお伝えします。


【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?

【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?

妊娠中に案外多いマイナートラブルのひとつに、「胃痛」があります。妊娠初期のころには、つわりから起こることもありますが、妊娠中期や後期になっても胃が痛いと感じる妊婦さんもいるようです。今回は、妊娠中の胃痛の原因や病気の可能性、受診の目安や胃痛の解消法についてまとめました。