出産

出産に関する記事

出産前の準備から陣痛の始まり、分娩の瞬間、産後のケアまで、出産に関するさまざまな情報をまとめています。陣痛の兆候、いきみ逃し、会陰切開、後陣痛、高齢出産のリスクなど、気になる問題はもちろん、出産時のリアルな体験や、不安や恐怖の乗り越え方も紹介しています。

出産に関連するキーワード

分娩方法 出産日
>>出産に関連するキーワード一覧

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間・間隔・程度など

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間・間隔・程度など

赤ちゃんとのご対面を間近に控えたこの時期には、ワクワクした気持ちとともに、出産に対する緊張や不安も出てくるものです。陣痛はどのように始まる?痛みの程度は?すぐに陣痛とわかる?など、気になることも多いでしょう。少しでも楽な気持ちで出産に臨んでいただけるよう、陣痛の始まりからお産までの一般的な流れについてお伝えいたします。


【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。腰痛や股関節の痛みもその一つ。実はその症状は、臨月に見られるお産の兆候かもしれません。今回は分娩の前に見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

バースプランとは何か?その立て方と考えるメリットなどについて、助産師がアドバイスします。プランに書ける内容や書き方のコツ、知っておきたい注意点についてもお伝えしています。


【医師監修】帝王切開後の痛みはいつまで続く? 産後の家事や過ごし方

【医師監修】帝王切開後の痛みはいつまで続く? 産後の家事や過ごし方

帝王切開は開腹手術なので、身体の回復には時間を要します。実際に帝王切開をするとなると、痛みはいつまで続くのだろう、ちゃんと家事や育児はできるだろうかと心配になるママも多いはず。そこで、帝王切開による痛みの持続期間や回復までのおおよその期間と、退院後の過ごし方についてお伝えします。


【医師監修】会陰切開の痛みを和らげる3つの方法と注意点

【医師監修】会陰切開の痛みを和らげる3つの方法と注意点

出産を控えている人や会陰切開をした人にとって、会陰切開の痛みはどのくらい続くのか、痛みを和らげるにはどうすればいいかは気になるところですね。今回は会陰切開の痛みや対処方法についてお話しします。


産後セックスレス、どう抜け出す? 産後レス9つのパターンと解消する方法

産後セックスレス、どう抜け出す? 産後レス9つのパターンと解消する方法

「『妊娠・出産』は、セックスレスのきっかけ2大派閥の1つ」だと、恋人・夫婦仲相談所所長で、セックスレス問題解決請負人である三松真由美さんは語ります。出産後、なんとなくセックスレスが続いてしまっている方、夫に拒まれて悩んでいる方に、実例にもとづく具体的なアドバイスをもらいました!


【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。


【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

里帰り出産で実家に戻るベストなタイミングについて、助産師のアドバイスをご紹介。里帰り出産の際に知っておきたい注意点や持ち物、産後に自分の家に帰る目安時期についてもお伝えしています。


【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

妊娠中に不安を抱えるママは多いものです。どのような不安が多いのか、先輩ママの体験談をお届け。その心配をどう解消すればいいのかについても、助産師がアドバイスします。


【助産師解説】出産準備でベビー服の水通し !方法と時期、注意点

【助産師解説】出産準備でベビー服の水通し !方法と時期、注意点

ベビー服の水通しをする方法について、助産師が解説します。水通しをするのはなぜでしょうか? その必要性と、行う時期やタイミング、注意点についてもお伝えしています。


【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

お産が近づくと「子宮口が今、○cm開いています!」などといわれることがあります。お産が進むと子宮口はどれくらい開き、全開になるまでどのくらい時間がかかるのでしょうか。お産の進み方とともに解説します。


【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

出産が怖いと感じる妊婦さんは意外と多いもの。その理由と対処法について、助産師がアドバイスします。漠然とした不安でもやもやしている方も、陣痛などはっきりとした不安がある方も、ぜひチェックしてください。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


【専門家監修】ソフロロジー式分娩・ラマーズ法の効果は?薬を使わずに陣痛を和らげる方法

【専門家監修】ソフロロジー式分娩・ラマーズ法の効果は?薬を使わずに陣痛を和らげる方法

もうすぐ赤ちゃんに会えるのは楽しみだけど、陣痛がつらいのではないかと悩んでいませんか? 無痛分娩も興味あるけど、薬は使いたくない! そんな人におすすめなのがソフロロジー式分娩法とラマーズ法。今回は呼吸方法を中心に紹介します。


【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

【医師監修】初産との違いは? 経産婦の出産兆候!分娩が近いことを知らせるサインとは

「2人目はスピード出産」といわれることもあるように、2人目以降の出産では兆候やお産の進み方で初産とは異なる点があるのでしょうか? 2人目以降を妊娠中の人が安心して出産に臨めるよう、経産婦と初産婦のお産の違いについて解説します。


【医師監修】経産婦は陣痛が短い? 出産経験の有無と陣痛の関係

【医師監修】経産婦は陣痛が短い? 出産経験の有無と陣痛の関係

出産の際に繰り返し起こる子宮の収縮が「陣痛」です。経産婦は初産婦と比較して「陣痛が短い」「出産が早く終わる」などといわれることもありますが、それは本当なのでしょうか? 出産経験の有無と陣痛、そして出産の進み方の関係についてまとめました。


【医師監修】いよいよ出産準備、お産にのぞむ“心の備え”とは?

【医師監修】いよいよ出産準備、お産にのぞむ“心の備え”とは?

待望の出産の時が近づくと、喜びとともに不安もよぎり、すこし複雑な気持ちになるかもしれません。赤ちゃんを迎える物品などの準備と同時に、大切な心の備えについてまとめます。


【医師監修】帝王切開後に2人目を妊娠・出産するまでの期間と注意点

【医師監修】帝王切開後に2人目を妊娠・出産するまでの期間と注意点

分娩の方法には、腟を通る「経腟分娩」と、ママのおなかを切って取り出す「帝王切開」があります。1人目を帝王切開で産んだ場合は、2人目を妊娠・出産するまでに少し期間をあけたほうがよい、とされています。帝王切開後の次の妊娠までの望ましい期間と、注意すべきポイントについて解説します。


初めての妊娠! 宇都宮市の「妊娠から出産後まで」のサポートが手厚いから知っててほしい

初めての妊娠! 宇都宮市の「妊娠から出産後まで」のサポートが手厚いから知っててほしい

妊娠が判明すると「まず何をすればいいんだろう?」「いつごろどんなことをすればいいの?」とわからないことだらけ。病院の先生にからだのことは聞けても、制度や申請のことまでは相談できない。ここでは、妊娠届出にきた不安なママに対し、保健師さんとの面談から始まり妊娠中~出産後までの宇都宮市のサポート体制について紹介します


【助産師解説】いきみ逃しとは? 行う理由と逃し方のコツ6つ

【助産師解説】いきみ逃しとは? 行う理由と逃し方のコツ6つ

いきみ逃しの方法と必要性について、助産師が詳しく解説します。いきみ逃しとは具体的にどのような行動なのか。分娩中の重要な要素といわれる理由についても知っておきましょう。