ママのための悩み解決サイト

出産に関する記事

出産に関連するキーワード

分娩方法 出産日
>>出産に関連するキーワード一覧

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

【医師監修】いよいよ出産……臨月に見られる5つの兆候と出産間近を知らせる3つのサイン

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。腰痛や股関節の痛みもその一つ。実はその症状は、臨月に見られるお産の兆候かもしれません。今回は分娩の前に見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


【医師監修】陣痛中の胎動Q&A! 陣痛中に胎動はある? 激しいのは?

【医師監修】陣痛中の胎動Q&A! 陣痛中に胎動はある? 激しいのは?

赤ちゃんの存在を強く感じさせてくれる「胎動」。妊娠7ヶ月ごろからはっきりと赤ちゃんの動きがわかる人が多いとされますが、陣痛中にもそれは感じるものでしょうか? 陣痛中の胎動についてまとめます。


【医師監修】会陰切開の痛みはいつまで続く? 対策は?

【医師監修】会陰切開の痛みはいつまで続く? 対策は?

出産時に受けた会陰切開の傷の痛みや、ひきつるような違和感はいつまで続くのでしょうか? そもそもなぜこうした施術が必要なのでしょう。会陰切開についてまとめます。


ムーミンでかわいく! “出産準備に必要な30点セット”がベビーザらス限定で発売

ムーミンでかわいく! “出産準備に必要な30点セット”がベビーザらス限定で発売

日本トイザらスは、 出産準備にぴったりの「30点 ベイビーボックス ムーミン」 12月3日に数量限定で発売します。


【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

【助産師解説】妊娠中に不安はあった?憂鬱を解消する方法

妊娠中に不安を抱えるママは多いものです。どのような不安が多いのか、先輩ママの体験談をお届け。その心配をどう解消すればいいのかについても、助産師がアドバイスします。


【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

出産が怖いと感じる妊婦さんは意外と多いもの。その理由と対処法について、助産師がアドバイスします。漠然とした不安でもやもやしている方も、陣痛などはっきりとした不安がある方も、ぜひチェックしてください。


【助産師解説】いきみ逃しとは? 行う理由と逃し方のコツ6つ

【助産師解説】いきみ逃しとは? 行う理由と逃し方のコツ6つ

いきみ逃しの方法と必要性について、助産師が詳しく解説します。いきみ逃しとは具体的にどのような行動なのか。分娩中の重要な要素といわれる理由についても知っておきましょう。


ひぇぇ、体中が引き裂かれる!? ママたちが出産時に感じたリアルな痛み5選

ひぇぇ、体中が引き裂かれる!? ママたちが出産時に感じたリアルな痛み5選

出産時はとにかく痛いという事は誰もが認識しているはず。しかし、その痛みがどれほどのものかを想像するのは難しいですよね。お産の痛みを何かに例えるとしたら……? 出産経験のある女性のみなさんに聞いてみました。


【助産師解説】後陣痛はいつまで?初産婦より経産婦はひどい?

【助産師解説】後陣痛はいつまで?初産婦より経産婦はひどい?

分娩の際、激しい痛みを伴う陣痛。これで痛いのは終わり! ……と思ったら、「後陣痛」(こうじんつう)を体験しびっくりしたママも少なくないようです。出産後にママが経験する母体回復の過程のひとつである後陣痛について、今回はその原因や持続期間ほか、緩和方法などをお伝えしたます。


【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

【助産師解説】里帰り出産はいつからがベスト?帰省のタイミングと準備

里帰り出産で実家に戻るベストなタイミングについて、助産師のアドバイスをご紹介。里帰り出産の際に知っておきたい注意点や持ち物、産後に自分の家に帰る目安時期についてもお伝えしています。


【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

バースプランとは何か?その立て方と考えるメリットなどについて、助産師がアドバイスします。プランに書ける内容や書き方のコツ、知っておきたい注意点についてもお伝えしています。


【医師監修】出産準備で入院前に用意すべき必要な持ち物34選

【医師監修】出産準備で入院前に用意すべき必要な持ち物34選

入院の準備ができていると、いざ出産の時に慌てずに済みます。パジャマなどバッグに入れる持ち物リストを作っておきましょう。先輩ママのブログも参考になりますよね。出産で入院するタイミングは、ママや赤ちゃんの状態によってさまざまです。入院でどのようなものが必要か、あったら便利なグッズなどもご紹介します。


【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。


【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

お産が近づくと「子宮口が今、○cm開いています!」などといわれることがあります。お産が進むと子宮口はどれくらい開き、全開になるまでどのくらい時間がかかるのでしょうか。お産の進み方とともに解説します。


【助産師解説】出産準備でベビー服の水通し !方法と時期、注意点

【助産師解説】出産準備でベビー服の水通し !方法と時期、注意点

ベビー服の水通しをする方法について、助産師が解説します。水通しをするのはなぜでしょうか? その必要性と、行う時期やタイミング、注意点についてもお伝えしています。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


【医師監修】帝王切開後に2人目を妊娠・出産するまでの期間と注意点

【医師監修】帝王切開後に2人目を妊娠・出産するまでの期間と注意点

分娩の方法には、腟を通る「経腟分娩」と、ママのおなかを切って取り出す「帝王切開」があります。1人目を帝王切開で産んだ場合は、2人目を妊娠・出産するまでに少し期間をあけたほうがよい、とされています。帝王切開後の次の妊娠までの望ましい期間と、注意すべきポイントについて解説します。


【医師監修】立ち会い出産準備で夫ができる4つのポイント

【医師監修】立ち会い出産準備で夫ができる4つのポイント

夫が出産に立ち会う場合、ただ痛がる妻の側にいて見守ればよいというわけにもいきません。夫には、妻が安心して出産に臨めるようにサポートをするという、大切な役割があります。何も知らずにその大役を果たすのは難しく、結局何もできなかったということにならないよう、妊娠中から準備しておきたいことをまとめています。


【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 難産になったらどうするの?

【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 難産になったらどうするの?

いよいよ出産。初めての出産は時間がかかるというけれど、どのくらいかかるの? また、難産になった場合の医療処置について知っておきましょう。


【医師監修】双子出産まとめ!自然分娩できる?気になる費用は?

【医師監修】双子出産まとめ!自然分娩できる?気になる費用は?

双子を妊娠した場合、「自然(経腟)分娩は難しい」「帝王切開での出産になる」といったイメージはありませんか? 実際には双子でも経腟分娩が不可能というわけではありません。しかし、それなりのリスクも生じます。今回は双子の分娩の実状や、双子の出産にかかる費用もあわせてご紹介します。