分娩方法

分娩方法に関する記事

自然分娩、無痛分娩、帝王切開など、分娩の種類と具体的な方法、先輩ママの体験談を紹介しています。最近人気のフリースタイル分娩についてもチェック!バースプランの書き方や立てるメリット、お産の進み方、いきみ逃しの方法など、知っておきたい情報もまとめています。

分娩方法に関連するキーワード

無痛分娩 自然分娩 普通分娩 フリースタイル分娩 水中出産 ソフロロジー式出産 高齢出産分娩 吸引分娩
>>分娩方法に関連するキーワード一覧

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

【医師監修】どんな人が「安産型」? 安産・難産って?

一般的にはよく「安産」「難産」などといいますが、では何をもって「安産」または「難産」なのでしょうか? 安心してお産にのぞむために知っておきたい、医学的な「安産」の捉え方などをまとめます。


【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

【医師監修】出産のとき、子宮口はどれくらい開く? お産の進み方

お産が近づくと「子宮口が今、○cm開いています!」などといわれることがあります。お産が進むと子宮口はどれくらい開き、全開になるまでどのくらい時間がかかるのでしょうか。お産の進み方とともに解説します。


【助産師解説】いきみ逃しとは? 行う理由と逃し方のコツ6つ

【助産師解説】いきみ逃しとは? 行う理由と逃し方のコツ6つ

いきみ逃しの方法と必要性について、助産師が詳しく解説します。いきみ逃しとは具体的にどのような行動なのか。分娩中の重要な要素といわれる理由についても知っておきましょう。


【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

【医師監修】内診グリグリ(卵膜剥離)のタイミングは? 陣痛が来る? 痛いもの?

妊産婦さんの間では“内診グリグリ”と通称される「卵膜剥離(らんまくはくり)」についてまとめます。どのような場合に必要になる処置で、何を期待して行われるのでしょうか。専門医に話を聞きました。


【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 難産になったらどうするの?

【医師監修】出産にかかる時間はどれぐらい? 難産になったらどうするの?

いよいよ出産。初めての出産は時間がかかるというけれど、どのくらいかかるの? また、難産になった場合の医療処置について知っておきましょう。


【医師監修】帝王切開後の痛みはいつまで続く? 産後の家事や過ごし方

【医師監修】帝王切開後の痛みはいつまで続く? 産後の家事や過ごし方

帝王切開は開腹手術なので、身体の回復には時間を要します。実際に帝王切開をするとなると、痛みはいつまで続くのだろう、ちゃんと家事や育児はできるだろうかと心配になるママも多いはず。そこで、帝王切開による痛みの持続期間や回復までのおおよその期間と、退院後の過ごし方についてお伝えします。


【専門家監修】ソフロロジー式分娩・ラマーズ法の効果は?薬を使わずに陣痛を和らげる方法

【専門家監修】ソフロロジー式分娩・ラマーズ法の効果は?薬を使わずに陣痛を和らげる方法

もうすぐ赤ちゃんに会えるのは楽しみだけど、陣痛がつらいのではないかと悩んでいませんか? 無痛分娩も興味あるけど、薬は使いたくない! そんな人におすすめなのがソフロロジー式分娩法とラマーズ法。今回は呼吸方法を中心に紹介します。


【医師監修】帝王切開の傷に関するまとめ! 傷跡の処置方法と注意点

【医師監修】帝王切開の傷に関するまとめ! 傷跡の処置方法と注意点

帝王切開によるお産はどんなときに行われ、傷跡がどれくらい残るのか、気になる人も多いでしょう。そこで今回は傷の痛みや治り方、そして忘れてはいけない心の傷も含め、帝王切開による傷跡のケア方法や注意点を解説します。


ひぇぇ、体中が引き裂かれる!? ママたちが出産時に感じたリアルな痛み5選

ひぇぇ、体中が引き裂かれる!? ママたちが出産時に感じたリアルな痛み5選

出産時はとにかく痛いという事は誰もが認識しているはず。しかし、その痛みがどれほどのものかを想像するのは難しいですよね。お産の痛みを何かに例えるとしたら……? 出産経験のある女性のみなさんに聞いてみました。


【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

【助産師解説】バースプランを立てるメリットは?書ける内容と書き方のコツ、例

バースプランとは何か?その立て方と考えるメリットなどについて、助産師がアドバイスします。プランに書ける内容や書き方のコツ、知っておきたい注意点についてもお伝えしています。


【医師監修】双子出産まとめ!自然分娩できる?気になる費用は?

【医師監修】双子出産まとめ!自然分娩できる?気になる費用は?

双子を妊娠した場合、「自然(経腟)分娩は難しい」「帝王切開での出産になる」といったイメージはありませんか? 実際には双子でも経腟分娩が不可能というわけではありません。しかし、それなりのリスクも生じます。今回は双子の分娩の実状や、双子の出産にかかる費用もあわせてご紹介します。


【医師監修】立ち会い出産する? しない? 現状とメリット・デメリット

【医師監修】立ち会い出産する? しない? 現状とメリット・デメリット

我が子の誕生は、感動的な瞬間ですよね。夫婦で一緒に味わいたいと考える人は多いでしょう。一方で、夫に立ち会ってもらうことに不安を抱く女性もいるようです。立ち会い出産の現状から、メリット・デメリットなどをご紹介します。立ち会い出産について、夫婦で考えてみましょう。


約70%のママが○○! どんな分娩方法がある?みんなの出産経験談

約70%のママが○○! どんな分娩方法がある?みんなの出産経験談

最近では自宅出産や無痛出産、フリースタイル分娩など出産といっても様々な方式を選ぶことができます。どの方式で出産したのか、実際のところをママさんに聞いてみました。


無痛分娩や帝王切開は「楽なお産」? 出産の考え方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.14】

無痛分娩や帝王切開は「楽なお産」? 出産の考え方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.14】

最近、無痛分娩についての安全性についての注意喚起があるとともに、「痛みの無いお産はお産ではない」といった意見を見かけます。今回は、無痛分娩や帝王切開を含めたお産について、少し語らせていただきます。