【令和の出産トレンド】約半数のママが自然分娩を希望 、無痛分娩実施は4%。希望の分娩法は約20年前と変わらず

【令和の出産トレンド】約半数のママが自然分娩を希望 、無痛分娩実施は4%。希望の分娩法は約20年前と変わらず

カラダノートがアプリユーザーを対象に「子育て世代の出産トレンドに関する調査」を実施。その結果約半数のママは「自然に生みたい」と自然分娩を希望していることがわかりました。


子育て世代の最新トレンド

「子育て世代の出産トレンドに関する調査」は、カラダノートが運営するアプリユーザーを対象に行われ、284名からの回答を得ました。

調査概要:子育て世代の出産トレンド調査
調査期間:2021年10月18日〜11月4日
調査方法:インターネット調査
回答者数:284

約半数のママが「自然分娩」を希望

「希望した分娩方法はありましたか?」という質問に「自然分娩」と回答したママは約53%。その理由としては約4割(37%)が「自然の流れに任せて産みたい」と答えています。
具体的には「赤ちゃんが生まれたいタイミングで生まれるのが良い」「初めてだったので陣痛の痛みを感じたかった」と回答。ママたちには自然の流れを大切にしたい気持ちや陣痛を経験したい気持ちがあることがうかがえます。

「無痛分娩」希望者は全体の9%

全体の9%のママが無痛分娩を希望していたと回答。しかし、実際に無痛分娩で出産できたママは約4%でした。無痛分娩ができなかった理由として「母子の健康状態」「金銭的な問題」「病院の方針が合わない」などが挙がっています。 

「無痛分娩」を希望して実施されなかった人の回答詳細
・母子の健康状態:9名
・金銭的な問題:4名
・病院の方針が合わない:3名
・その他:4名

約20年前の調査結果との比較

※出典:NTTコムリサーチ「出産・育児に関するアンケート調査」(調査期間 1999年9月2日~9月16日)

一概に比較検討はできないものの、約20年前に実施されたアンケートと比べてもママが希望する分娩方法には、大きな変化は見られませんでした。
今回の調査結果から、20年前と比べて希望する分娩方法に大きな変化が見られない背景として、ママとお腹の赤ちゃんの健康状態により希望通りの分娩方法にならない実情があるほか、自然分娩を希望するママやパパの意向があることが明らかになりました。

陣痛計測アプリ「陣痛きたかも」

カラダノートは、陣痛間隔をワンタップで計測できるアプリ「陣痛きたかも」を運営しています。リリース以来、延べ300万人以上のママに利用されています。

〈アプリ概要〉
サービス名称:陣痛きたかも
提供会社:株式会社カラダノート
配信形式:スマートフォン(iOS、Android端末)向けアプリ
月額料金:無料
ダウンロード:https://corp.karadanote.jp/archives/application/%e9%99%a3%e7%97%9b%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%8b%e3%82%82

カラダノート
https://corp.karadanote.jp/

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


第一子出産のだいたひかるさん、痛いぐらいに吸引する赤ちゃんの生命力に感動「平凡をキープできるように」

第一子出産のだいたひかるさん、痛いぐらいに吸引する赤ちゃんの生命力に感動「平凡をキープできるように」

1月17日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、再婚、不妊治療、そして現在も乳がんと闘病するだいたひかるさんの第一子出産のエピソードが特集されました。


だいたひかるさん緊急入院「急遽決まった帝王切開」、最後の妊婦健診の夜に

だいたひかるさん緊急入院「急遽決まった帝王切開」、最後の妊婦健診の夜に

タレントのだいたひかるさんが、出産予定日より前ですが緊急帝王切開をすることになったと、夫の小泉貴之さんが伝えています。


はんにゃ川島妻・菜月さん、自宅出産後のつらい気持ちが「本当に救われた」日テレ森アナに感謝

はんにゃ川島妻・菜月さん、自宅出産後のつらい気持ちが「本当に救われた」日テレ森アナに感謝

お笑いコンビ・はんにゃの川島ofレジェンドさんの妻・菜月さんがブログを更新。長女を自宅出産したことで落ち込んでいたとき、「本当に救われた」というエピソードを明かしています。


妊婦の「寿司食いてぇ!」を叶えます!  チーズでつくるリアルな"似せ寿司"レシピを公開

妊婦の「寿司食いてぇ!」を叶えます! チーズでつくるリアルな"似せ寿司"レシピを公開

六甲バターは、「お寿司を食べたい」という妊婦さんの声に応えるため、チーズを使った見た目もそっくりの"似せ寿司"レシピを公開しました。


最新の投稿


【助産師解説】つわりの症状、どんなふうに始まった? 7人のママのつわり体験談

【助産師解説】つわりの症状、どんなふうに始まった? 7人のママのつわり体験談

プレママを悩ませるつわり。始まりのイメージは「急に口元を押さえてトイレへ駆け込む」というものですが、実はその症状や始まりには幅があるようです。今回は実際につわりを体験されたママたちに、つわりの症状についてお伝えしたいと思います。つわりって、吐き気や嘔だけじゃないんです!!


【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。


妊娠中のコーヒーは何杯まで? コーヒー好き妊婦さんにおすすめ飲み物【助産師監修】

妊娠中のコーヒーは何杯まで? コーヒー好き妊婦さんにおすすめ飲み物【助産師監修】

妊娠中は、カフェインを控えるためコーヒー好きな人も控えなければなりません。今回は、妊娠中に飲めるコーヒーの量や、ノンカフェイン・カフェインレスのおいしい飲み物をご紹介します。


【2021年】「那」の意味と読み方、男女の名前180選、名付けの注意点

【2021年】「那」の意味と読み方、男女の名前180選、名付けの注意点

那覇市の漢字にも使われてており、最近、赤ちゃんの名付けに使われることが増えた漢字の「那」。「奈」や「菜」がスタンダードですが、男女ともに使いやすいのが「那」という文字のいいところです。そこで今回は、漢字の「那」を使った名前をご紹介します。


【2021年】「澪」の意味と読み方、男女の名前150選、名付けの注意点

【2021年】「澪」の意味と読み方、男女の名前150選、名付けの注意点

「レイ」や「ミオ」などの読み方で人気の「澪」という漢字。見た目もスマートで、きれいな響きが女の子の名前によく使われている理由のひとつのようです。「澪」という漢字にはどのような由来や意味があるのでしょうか。名前に込められる願いも含めてご紹介します。