【助産師解説】母乳を増やすには?少ない理由と5つの対策

【助産師解説】母乳を増やすには?少ない理由と5つの対策

母乳を増やす方法と、足りないかも?と感じる理由について助産師が解説します。母乳がなかなか増えなかったり、不足してしまうのにはどのような理由があるのでしょうか。対策もあわせてお伝えします。


この記事を解説してくれた先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

「坂田 陽子 先生」記事一覧はこちら⇒

足りていない気がする……母乳が少なく感じる理由

「母乳が増えない」「不足している」と感じるママは少なくありません。でも、それは本当に母乳の分泌量が足りていないのでしょうか? 「母乳が足りていない」と感じる主なケースと、実際の母乳不足のサインについて説明します。

母乳はすぐに多く分泌されるわけではない

「母乳が足りていないかも…」と感じるのは、多くが "授乳し始めてまだ間もない頃" のようです[*2]。実は、そう感じてしまうのは仕方のないこと。というのも、出産後すぐにたくさんの母乳が分泌されるわけではないからです。

「では、分泌量が増えるまで、母乳だけでは赤ちゃんに十分な量をあげられないのでは?」と心配になるかもしれません。実際、母乳量が安定するまでには一定の時間が必要ですが、生まれたての赤ちゃんの胃もまた小さいもの。初めは一日何度もちょっとずつ飲んでいたのが、赤ちゃんの胃のサイズの成長に添うようにママの母乳の量も増え、まとめてたくさん飲めるようになってきます。赤ちゃんに頻繁に吸ってもらうことで徐々に母乳の分泌が促されるので、量が少ない時期から少量でも頻回に授乳することが大切です。

ただし、赤ちゃんの体重減少が大きいなどの場合には、必要に応じてミルクで補うことがあります。入院中は助産師に相談してみましょう。退院時には母乳の出方を見て適切なアドバイスがもらえます。その後も、不安や疑問、気になることがあるときは医師や助産師に遠慮せず相談しましょう。

これって母乳が足りていない?の誤解

母乳の分泌量が安定した後でも、赤ちゃんが頻繁におっぱいをほしがったり授乳時間が長かったりすると、「もしかして母乳が足りていないのでは?」と心配になるかもしれません。そのように感じたことがあるママは多く、このような感覚を「母乳不足感」と言います。母乳不足感を覚えるのには、主に以下のような状況があります[*1]。

・赤ちゃんの状態

・泣いてばかりで寝てくれない
・母乳を飲ませてもすぐまた飲みたがる
・ずっとおっぱいを離さない
・指やこぶしをよく吸っている

・ママの状態

・おっぱいが張らなくなった
・母乳が漏れなくなった
・搾ってもあまり母乳が出ない

母乳は消化にかかる時間が短いため、1時間ほどで次の授乳が始まる場合もあります[*2]。消化の問題のほかにも、実は赤ちゃんは空腹だけでなく「安心感を得る」ためにも母乳を飲みたがることもあります。

また、おっぱいが張っていないと母乳が溜まっている実感がなく、不足感を覚えやすいですが、一般的に、母乳の分泌が安定してくるとおっぱいは張らなくなる傾向にあります。張っていなくても、搾乳で取れる量が減っていても、母乳不足とは限らないので安心してください。

このように、授乳回数や時間、おっぱいの張りなどを見て、本当は不足していないのに母乳の分泌が足りないかもしれない…と思うのは「母乳不足感」で、本当の「母乳不足」とは異なります。

事実、母乳が増えない、分泌量が少ないと母乳外来に相談に来るママは、母乳不足感を覚えているだけである場合がほとんどです。本当は不足していないのに、その疑いだけでむやみにミルクを足して授乳回数を減らしてしまうと、結果的に母乳量の減少につながってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

母乳不足が疑われるサインとは

では、母乳の不足感と本当に不足している場合とは、どのように見分ければいいのでしょうか?母乳不足が疑われる兆候やサインをご紹介します。

・体重が増えない。体重減少の幅が大きい

赤ちゃんの体重は、産後3ヶ月まではおよそ25~30g/日、3~6ヶ月目はおよそ15~20g/日、それ以降1歳まではおよそ10~15g/日ずつ増えるのが目安です[*3]。

体重の増え方がこれより著しく少なかったり、体重の減り方が多い場合は、哺乳量の不足など何かしらの問題が考えられるので、すぐに医療機関を受診しましょう。

・排泄の回数や量が少ない

尿と便は、赤ちゃんが十分な量の母乳を飲んでいるかどうかを判断するひとつの指標となります。尿の回数が減った、おむつの濡れ具合や重さが少なくなった、便の量が少なくなったと感じるときは、医療機関に相談しましょう。なお、月齢を重ねると、母乳が足りていても便の回数は少なくなる傾向があります。

<母乳が足りている場合の尿と便の目安>[*4]
・尿:1日6~8回、色の薄いおしっこが出る
・便:1日3回以上うんちが出る(生後6週目ごろまで)

・脱水症状が疑われる

口が乾燥している、赤ちゃんの尿の色が濃いなどの症状が見られるときは、脱水症状の可能性があります。また、お腹がすく時間なのに授乳に対して無気力でおとなしい、眠りがちなときも、脱水症状や体調不良が疑われます。

このようなサインが見られるときは、母乳不足の可能性も考えられます。他に何かしらの病気などが潜んでいる可能性もあるので、少しでもおかしいと感じるときはすぐに医療機関を受診しましょう。

母乳を増やすには?分泌量を安定させる5つの方法

母乳はすぐにたくさん出るわけではないことはわかりましたが、赤ちゃんのためにもできるだけ早く量を安定させたいですよね。なかなか増えないなあ…と悩んでいるママは、なおさらでしょう。分泌を促してスムーズに母乳量を安定させるためにできることとは?助産師がアドバイスします。

(1)赤ちゃんがほしがるだけ飲ませてあげよう

母乳の量は、産後早い時期から頻繁に授乳した方が早く増えやすいです。これは、母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激により分泌されるプロラクチンによって産生が促されるためです。

実は、母乳を作るホルモンであるプロラクチンの濃度は出産直後がもっとも高く、その後はゆっくり低下していき、何もしなければ産後7日目くらいには妊娠前と同じくらいまで下がってしまいます。でも、プロラクチンの値は乳頭が刺激されるたびに上昇するので、産後すぐから赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらえば、プロラクチンはその後ゆっくりと低下し、授乳の度に一過性に上昇します。具体的には、24時間に8回以上授乳していれば、次の授乳までのプロラクチン濃度は下がりにくく、その分母乳の産生も安定しやすいと言えます。なので、最初の頃はとにかく赤ちゃんがほしがるだけ、できるだけ頻回に授乳するよう心がけましょう。

また、乳房の中に長い間母乳を溜めておくと、母乳の産生量を抑制するたんぱく質(=乳汁産生抑制因子)によって分泌量が減ってしまいます。母乳の排出を滞らせないためにも、やはり頻回授乳が大切と言えます。

(2)正しい授乳姿勢を心がけよう

おっぱいを飲ませる際は、正しい授乳姿勢を心がけることも大切です。というのも、授乳姿勢が正しくないと吸着がうまくいかず、赤ちゃんが上手に飲めなくなってしまうからです。うまく哺乳できないことで飲み残しが多くなると、乳房に母乳が溜まりやすくなり、乳汁産生抑制因子によって母乳の分泌量が減ってしまう可能性があります。

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3509

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。

(3)ミルクはむやみに補足しない

たとえ母乳不足感を覚えたとしても、むやみにミルクを足さないよう心がけましょう。ミルクを与える量が多くなると母乳の哺乳量が少なくなり、結果的に分泌量の減少につながります。

また、赤ちゃんが人工乳首に慣れてしまうと、まれにおっぱいから吸うことを嫌がる「乳頭混乱」を起こす場合もあります。乳頭混乱が起こると母乳を飲ませることが困難になり、哺乳回数と量が減ってしまうと分泌が減るリスクがあります。

このような理由から、ミルクの補足はどうしても必要なときだけ、必要な量をあげるよう努めることが大切です。わからないときは医師や助産師にアドバイスを受けましょう。

(4)何らかの理由で授乳ができないときは搾乳しよう

授乳をしたくても、状況によっては授乳ができないこともあると思います。そのようなときは、分泌を滞らせないためにも搾乳して母乳を排出させてください。

搾乳が頻繁であったり、手ではうまく搾れないときは搾乳機を使うという方法もあります。さまざまなタイプが市販されているので、無理なく搾乳するためにも専門家にアドバイスを受けながら、自分にもっとも合うものを選んでください。

(5)母乳不足が疑われるときはすぐに受診しよう

母乳不足のサインが見られるときは、すぐにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。また、なかなか母乳が増えない…と心配なときも、1人で悩まずに産婦人科や母乳外来に相談してみてください。母乳不足かどうかを診断してくれるだけでなく、何が問題かをアドバイスしてもらえ、具体的な対策も教えてもらえます。

まれに、出産時の状況(出血や胎盤娩出)など医学的な原因で母乳分泌不全となっていることもあります。心配なときは、遠慮なく相談しましょう。

最初からうまくできる人はいませんし、みんな手探りから始めるのが当たり前。相談することをためらわず、赤ちゃんのためにもスムーズに解決できる道を選びましょう。

まとめ

母乳は産後すぐに多く分泌されるわけではありません。赤ちゃんの胃のサイズに合わせて少しずつ増えていくので、スムーズに分泌量を安定させるためにも初期は頻回授乳を心がけましょう。飲み残しを少なくするために、正しい授乳姿勢と吸着で哺乳することも大切です。母乳がなかなか増えない、赤ちゃんが頻繁に飲みたがる、授乳時間が長いなどの理由で安易に母乳不足を疑い、ミルクを足すのは得策ではありません。わからないときは遠慮なく専門家に相談しましょう。また、赤ちゃんの体重が増えないなど母乳不足が疑われる危険サインが見られるときは、すぐに医療機関を受診してください。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

参考元
[*1]水野克己「母乳育児支援講座」(南山堂)
[*2]堀内成子ほか「エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92」(南江堂)
[*3]厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「乳幼児身体発育 評価マニュアル」p.24
[*4]水野克己「これでナットク母乳育児」(へるす出版)p60

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


小倉優子さん、1歳息子の食事に「危険」と指摘受けて訂正。「離乳食、気を付けます」

小倉優子さん、1歳息子の食事に「危険」と指摘受けて訂正。「離乳食、気を付けます」

タレントの小倉優子さんが9月16日、Instagramに投稿した食事の動画を一度取り下げ、離乳食での間違いを訂正して再投稿しました。小倉さんは小学3年生の長男・5歳の次男・1歳の三男を育てていて、いつも美味しそうな手作りご飯の写真をUPしています。何が間違いだったのでしょうか?


辻希美さんの長女がインスタ開始、長男次男はYouTuberに。辻家が意識する子どもとネットの距離感

辻希美さんの長女がインスタ開始、長男次男はYouTuberに。辻家が意識する子どもとネットの距離感

4人のお子さんを育てる辻希美さんが自身のブログで、中学2年生の長女・希空(のあ)さんのInstagramスタートを告知。8月には10歳の長男・青空(せいあ)くんと8歳の次男・昊空(そら)くんが、YouTuberデビューを発表して動画制作を始めています。


紺野あさ美さん手作りプリンセスケーキの完成度がスゴイ! 長女と一緒にデザート作りも

紺野あさ美さん手作りプリンセスケーキの完成度がスゴイ! 長女と一緒にデザート作りも

8月に第三子を出産した、紺野あさ美さん。「3歳・2歳・0歳」とほぼ年子の育児に奮闘中でしたが、このほど長女が4歳の誕生日を迎えたそう。すると紺野さんは、長女にリクエストされた「プリンセスケーキ」を手作り! これが売り物のように見事な出来栄えです。


たんぽぽ白鳥久美子さん乳首の激痛にひたすら耐え「あたしゃ激痛だよ!!」⇒ 授乳で乳首が痛くなる原因

たんぽぽ白鳥久美子さん乳首の激痛にひたすら耐え「あたしゃ激痛だよ!!」⇒ 授乳で乳首が痛くなる原因

8月に第一子を出産した、たんぽぽの白鳥久美子さんが、9月15日にブログを更新。その前日で、出産から「28日」が経過したことになり、気づけば「アッ!」という間に新生児期が終わっていました。夫のチェリー吉武さんはフランス武者修行のため、白鳥さんはほぼ1人で育児に奮闘中です。


1~3歳の鉄不足を解消する幼児用液体ミルク「明治ステップ らくらくミルク」新発売

1~3歳の鉄不足を解消する幼児用液体ミルク「明治ステップ らくらくミルク」新発売

明治は9月28日に、同社ブランド「明治ステップ」より幼児用液体ミルク「明治ステップ らくらくミルク」を全国で新発売します。


最新の投稿


「にやにやしてました」保育園の連絡帳に書かれた息子の様子が面白い! にやっと率が高すぎる~

「にやにやしてました」保育園の連絡帳に書かれた息子の様子が面白い! にやっと率が高すぎる~

Instagramで子育て漫画を発信されるちるみとらさん。ちるみとらさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【めっちゃオシャレ】保育園行くときより帰るときのほうが凝った髪型になってる! 先生のスキルがすごいっ

【めっちゃオシャレ】保育園行くときより帰るときのほうが凝った髪型になってる! 先生のスキルがすごいっ

Instagramで子育て漫画を発信されるおっきーさん。おっきーさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】#82 真冬に家を飛び出した妻。夫は追いかけてくるか……!?『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#82 真冬に家を飛び出した妻。夫は追いかけてくるか……!?『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ベテラン主婦のボスがワーママ大助かりのレシピを紹介してくれるようで……?


ママと息子の寝る前の習慣がすっごくいい! お布団で振り返る「今日ありがとうと思ったこと」

ママと息子の寝る前の習慣がすっごくいい! お布団で振り返る「今日ありがとうと思ったこと」

Instagramで子育て漫画を発信されるおにゃんこぽんさん。おにゃんこぽんさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。