【助産師解説】乳腺炎対処法!効果的な自宅ケアとマッサージの方法

【助産師解説】乳腺炎対処法!効果的な自宅ケアとマッサージの方法

乳腺炎のような症状が出たとき、自宅ですぐにできるケアやマッサージ方法を助産師が教えます。乳腺炎という言葉はよく耳にするけど、具体的にどのような症状なの? という疑問にもお答え。発症リスクや予防方法についても知っておきましょう。


「乳腺炎」についてわかること

<疑問1>乳腺炎ってどんなもの?

Getty logo

乳腺炎とは、文字通り母乳が通る乳腺が炎症を起こした状態を言います。まずは、発症要因でみる乳腺炎の種類と、再発パターンやリスクについて見ていきましょう。

乳腺炎の種類

乳腺炎には、発症の要因によって主に2つの種類に分かれます。

<急性うっ滞性乳腺炎>
乳管の詰まりによって、母乳が乳房内にたまることで発症するのが乳腺炎です。局所的な乳房の腫れや痛み、熱感間が引き起こされます。

<急性化膿性乳腺炎>
乳頭や乳輪の傷口などから細菌が入り込み、乳管や乳腺組織内に感染することで炎症が起こった状態です。乳房の腫れや痛みの他、悪寒やふるえをともなう高熱が出ることもあります。

また、化膿性乳腺炎が完治せず、膿がたまっている状態を乳腺膿瘍(にゅうせんのうよう)と言います。この場合は、皮膚を切開して膿を出す処置が必要になります。

乳腺炎は再発しやすい?

乳腺炎は、授乳中の女性なら誰しも経験する可能性がある疾患です。

おっぱいの状態は十人十色、ママによってさまざまですが、授乳期に起きやすい疾患なので、乳腺炎になったからといって必要以上に心配することはありません。

ただ、一度乳腺炎にかかると再発しやすくなるという報告があります。母乳の出がいい、詰まりやすい、乳腺炎になったことがあるという方は、特に気をつけましょう。

<疑問2>乳腺炎って何が原因でなるの?(体験談)

〜乳腺炎の症状と原因〜

では、乳腺炎になると具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。乳腺炎になる原因も、あわせてお伝えします。

乳腺炎の症状と予兆

乳腺炎になると、主に以下のような症状が見られます。

・乳房の腫れや痛み、しこりができる
・乳房の一部が赤みや熱を持つ
・悪寒・発熱、頭痛や関節痛など、インフルエンザのような症状が現れる


この他、腋窩(えきか:脇の下)リンパ節の腫れや痛みをともなうこともあります。
これらすべての症状が必ずあるわけではなく、症状の現れ方は炎症の原因によって変わってきます。例えば、悪寒や発熱の症状は、主に化膿性乳腺炎(細菌感染による乳腺炎)の際に現れやすいとされます。

胸の一部分が痛い、しこりがある、乳頭に白斑ができているなどの症状は乳腺炎の予兆である可能性があるので、注意しましょう。

乳腺炎の主な原因

次に、乳腺炎の原因について見てきましょう。乳腺炎を誘発する主な要因には、「母乳の滞り」「乳房の圧迫」「白斑」「乳頭の傷」などがあります。

・母乳が滞っている
乳腺内に母乳がたまると、急性うっ滞性乳腺炎のリスクが高まります。母乳を滞らせる主な要因には、母乳分泌が多すぎる、授乳ポジションや吸着が適切でない、授乳回数が少ない、外出・仕事復帰・離乳食が始まったなどの理由で授乳の間隔があいてしまった、急な断乳などが考えられます。

・乳房を圧迫している
きついブラジャーなど締め付けの強い下着、シートベルトや抱っこひもなど、長時間同じ部位を圧迫しすぎても乳腺炎を誘発しやすいとされます。

・白斑で出口がふさがれている
白斑とは、母乳の出口である乳口がふさがれて母乳が詰まってしまったときにできる白いニキビのようなものを指し、これができた状態を乳口炎と言います。母乳の排出を止めてしまっているので乳汁うっ滞が起こり、乳腺炎の要因となります。

・乳頭に傷がある
乳頭に傷があると、そこから黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込みやすくなります。細菌に感染すると、急性化膿性乳腺炎を誘発します。

乳腺炎は食べたもののせい?

甘いものや脂っこいものをとり過ぎると乳腺炎になりやすいとの声も聞かれ、そのような理由から食事内容を制限しているママもいるかと思います。

しかし、特定の食べ物で乳腺炎になりやすくなるという医学的根拠はありません。もちろん、健康な身体から十分な母乳が作られるのは確かなので、バランスの良い食事を心がけることは大切です。とはいえ、「甘いものや脂肪分の多いものは絶対にダメ!」ということはありません。たまには好きなものを食べて、ホッとする時間を作ってもいいんです。

乳腺炎だけの問題ではなく、健康のためにも食べすぎには注意しつつ、適度に嗜好品もとり入れてください。

<体験談>みんなは乳腺炎のとき、どうだった?

息子が1歳の時に乳腺炎になりました。しこりと痛みが1週間続き、受診して抗生剤をもらいましたが、しばらくするとまた熱が出る、の繰り返しでした。息子がおっぱいをいやがり、なかなか飲んでもらえないこともあって、完治するまでに1ヶ月かかりました。

(31歳/長男4歳/金融/専門職)
就寝中にいきなり悪寒がしてきて、朝には右のおっぱいが痛くなり、38℃の熱が。授乳しようにも痛くてできず、助産師さんに出張訪問してもらいました。

(35歳/長女2歳/不動産/事務職)
風邪をひいたときに右のおっぱいが急に痛くなり、しこりができました。赤ちゃんに風邪をうつしちゃいけないと思って、授乳を控えていたのがよくなかったようです。マスクしてすぐに飲んでもらったものの、なかなかしこりは消えず。出産した病院に電話したら「しこりを押しながら飲ませて」と教えてもらって、ひたすらしこりを押しながら授乳したら、次の日にはよくなりました。

(32歳/長男7歳・長女0歳/医療/介護職)

※マイナビウーマン子育て調べ 調査日時:2020年2月21日~2月27日

                   

<疑問3>乳腺炎のとき、自宅でできることはある? 4つの対処法

気を付けていても乳腺炎になってしまうことはあります。そこで、ここからは「これって乳腺炎かな?」と思った時、家ですぐにできる対処法をご紹介します。まずはセルフケアを試み、それでも状態が変わらないときは医療機関に相談しましょう。

乳腺炎の対処には赤ちゃんが大活躍! 効果的な乳汁の除去

Getty logo

まず何よりも乳腺にたまった母乳を取り去ることが重要となります。

◆痛みのある部分を確認し、頻回授乳をしましょう
痛みがある方の乳房から先に、できるだけ頻回に授乳しましょう。その際、痛みのある部分が赤ちゃんの下あごか鼻の方にくるように抱き方を工夫すると、詰まった母乳の除去に効果的です。また、授乳の際に、乳汁の滞りのある部位から乳首に向かってやさしく「さする」ことも効果があるでしょう。

◆痛いのに赤ちゃんが飲んでくれないときは
ただ、痛みが強いと射乳反射(母乳が出る作用)が抑えられてしまうことがあります。また、乳腺炎のある方の乳房から作られる母乳は塩分が増えることもあり、赤ちゃんが飲んでくれないこともあります。
このようなときは反対側から授乳し、少ししたら(あるいは炎症がある方の乳房が張ったら)痛い方の乳房を飲ませましょう。どうしても飲んでくれないときは、搾乳で対処してください。

「休息」と「水分補給」は必須条件

乳腺炎からの回復には、十分な休息と水分補給、栄養摂取が必須条件となります。授乳はできるだけ頻回にしつつも、体はしっかり休めましょう。特に、発熱やインフルエンザのような症状があるときは決して無理をせず、休養をとってください。その際、水分と栄養摂取にも気をつけましょう。高熱があって食べられなくても、水分補給はこまめに行ってください。

体調が安定するまでは、家事や育児はできるだけ周りのサポートを受けるようにしましょう。家族の助けを得るのが難しい場合は、地域のサポートなども上手に活用してください。

「冷やす」と「温める」の使い分け

授乳前は乳房を温めて母乳を出やすくし、授乳後は心地よいと感じるのであれば乳房を冷やして患部をケアしてあげましょう。

授乳直前の温罨法(おんあんぽう:患部を温める治療法)には、シャワーを浴びたり、温湿布や蒸しタオルをあてて乳房を温める方法があります。
授乳後の冷罨法(れいあんぽう:患部を冷やす治療法)には、冷湿布や冷やしたガーゼやタオルでくるんだ保冷剤、冷却シートなどの使用することができます。

乳腺炎でマッサージは必要?

乳腺炎のときに、マッサージは必ずしも必要なものではありません。乳房マッサージについては、メリット・デメリットがあります。

 メリット
・手による搾乳で効果的な排乳が行える。
・痛くない心地よい乳房マッサージはママのオキシトシン分泌を促す可能性があり、「触れるケア」としての効果があるとも言われている。
・乳房が腫脹しているときは、腋窩(脇の下)に向かって優しく撫でると、組織液が流れやすくなる。

 デメリット
・乳腺炎は乳房に炎症がおきている状態なので、「炎症部位の安静を保つ」という意味からは乳房マッサージは勧められない。

乳腺炎の時に重要なのは、乳房マッサージではなく、適切なポジショニング(授乳姿勢)とラッチオン(吸いつかせ方)で授乳を休まないことです。

<疑問4>乳腺炎を予防するためにはどうしたらいい?

〜乳腺炎の予防法と受診の目安〜

乳腺炎を予防するには、母乳の滞りを早いうちに解消することが重要です。乳房の一部にしこりや痛みを感じたり、白斑が見られるときは早期に対処しましょう。そうすることで、乳腺炎への進行を防ぐことができます。乳房の詰まりがあるときの、具体的な対処法についてお伝えします。

適切な授乳姿勢・吸着を心がける

授乳のポジショニングが悪かったり、吸着が適切でないと、母乳がうまく排出されず乳腺炎になるリスクを高めてしまいます。授乳時は正しいポジショニングを心がけ、乳首の先だけでなく乳輪までしっかりくわえさせましょう。

すでにしこりや痛みが見られるときは、その部分が赤ちゃんの下あごや鼻の方にくるようくわえさせましょう。母乳の滞りのある部分が吸われやすくなり、母乳の詰まりが解消しやすいです。

授乳回数や長さを制限しない

Getty logo

乳腺の詰まりや痛みが見られたら、できるだけ授乳回数を増やしましょう。授乳時間も制限せず、赤ちゃんがおっぱいをほしがったときにほしがるだけ吸わせてあげましょう。詰まった母乳の早い排出につながります。

おっぱいを清浄綿などで拭かない

乳輪にあるモントゴメリー腺というところから皮脂が分泌されています。これは、皮膚を弱酸性に保ち、細菌の増殖を抑え、乳首や乳輪を保護・保湿するという働きを持っています。清浄綿で拭くと、大事な皮脂もふき取ってしまい、乳首・乳輪が乾燥し、傷や痛みの原因になってしまいます[*1]。乳首に傷ができると、そこから細菌の感染が起きやすくなるため、清浄綿で拭くことは必要ありません。

受診の目安

乳腺炎はセルフケアで改善することもありますが、以下のような場合は医療機関への相談が必要です。

・乳房の一部にしこりや発赤・痛みがあり、十分な授乳や搾乳をしても、24時間経っても症状の改善が認められない場合。
・発熱やインフルエンザ様の症状を認める場合。

このようなときは自己判断で対処しようとせず、医療機関を受診してください。特に、解熱鎮痛剤や抗生剤を安易に使用することは避け、薬の服用は必ず医師の指示を仰いだうえで行ってください。

【助産師監修】授乳中に風邪をひいても、母乳は中断しなくていいの?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7157

授乳中のママが風邪をひいたとき、母乳から赤ちゃんに風邪がうつるのではないかと心配になるママもいるようです。でも、風邪は母乳からはうつらないので、母乳を中断する必要はありません。今回は、授乳中に風邪をひいてしまった時の正しい対処法を解説します。

まとめ

乳腺炎は、授乳中の女性であれば誰でも経験する可能性があります。母乳の詰まりや細菌感染が主な原因となるので、予防するためにも正しい姿勢とくわえさせ方で授乳しましょう。また、授乳間隔を長く開けない、胸を圧迫しないことも大切です。乳頭に傷があると細菌感染しやすいので、傷ついた場合は母乳やラノリンなどで保湿し、早めに治癒できるよう努めましょう。それでも乳腺炎になってしまったときは適切なセルフケアを試みつつ、痛みがひどかったり発熱やインフルエンザ様症状が見られるときは医療機関を受診してください。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京ですみれ出張助産院を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 水野克己 著「これでナットク母乳育児」へるす出版(2009)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


離乳食で鉄分はどうとる?離乳食に使える鉄分豊富な食材は?【管理栄養士監修】

離乳食で鉄分はどうとる?離乳食に使える鉄分豊富な食材は?【管理栄養士監修】

離乳食が進むにつれて、赤ちゃんは離乳食の内容によっては栄養バランスが崩れやすくなり、特に健康維持のために大切な「鉄分」が不足しがちに。そこで今回は、鉄分の大切さと鉄分補給のおすすめメニューをご紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。