【助産師監修】乳口炎とは?白斑ができる?症状と対処法、乳腺炎との関係

【助産師監修】乳口炎とは?白斑ができる?症状と対処法、乳腺炎との関係

乳頭に小さな白い塊ができて、チクチクと痛い。そんな症状があったら乳口炎(にゅうこうえん)かもしれません。乳口炎は、授乳中によく見られる乳房トラブルの一つです。放置すると乳腺炎になることもあるので、早めに対処しましょう。


乳口炎って?

乳口炎とは、乳頭に小さな白い塊ができたり、炎症が起きた状態をいいます。その原因と症状の特徴、対処法について見ていきましょう。

原因と症状の特徴

Lazy dummy

母乳の通り道である乳管の先端(乳管口)に小さな白い塊ができた状態、炎症を起こした状態が、乳口炎です。白い塊は白斑や乳栓ともいいます。授乳姿勢が不適切なまま授乳をしていると、乳頭に余計な負担がかかり、白斑の原因になります。

白斑の大きさは1ミリ程度で、上皮や母乳の成分などが溜まって固まったものだと考えられています。塊の色は白とは限らず、黄色っぽいものもあるようです。

症状がないこともありますが、白斑のある周囲がピンポイントでチクチクと痛むことも。白斑があると、授乳時に激しい痛みを伴うことがあります。

乳口炎になったときの3つの対処法

乳口炎はセルフケアで改善できる乳房トラブルの一つ。まずは「温める」「つまりを取る」「母乳を出す」という3つのステップで対処していきます。

1. 温める

Lazy dummy

まず、白斑のある側の乳頭を温タオルなどで覆って温めます。お風呂に入って乳房を温めたり、シャワーのお湯を軽く当てて温めたりしてもよいでしょう。

2. つまりを取る

Lazy dummy

乳首やその周辺が温まって柔らかくなり、白斑がふやけてきたら、指先で軽くマッサージするように撫でて白斑を取ります。ガーゼなどの柔らかい布を使って拭き取ってもいいでしょう。

オリーブオイルなどを乳頭に塗ってしばらくおいてから温めると、白斑が取れやすくなります。

3. 母乳を出す

Lazy dummy

白斑のある側から授乳をします(痛みが強く母乳が出にくくなっている場合は、反対側から始める)。
授乳を終えても乳房の張りが残っていたら、搾乳をします。

乳首やその周辺のマッサージも有効で、白斑の奥に溜まっていたものを押し出すように指で圧迫すると、糸状になった白いものが出てくることもあります。乳汁の流れが良くなると白斑もなくなります。適切なマッサージをするために、助産師にやり方を教わるとよいと思います。

白斑はすぐに取れることもありますが、数週間から1ヶ月程度かかることも。取れないときは1回で無理して取ろうとはせず、乳頭を傷つけないよう気を付けつつ、根気強くケアしていくことが大切です。

乳口炎の治療と再発予防

乳口炎は、先に紹介したケアで改善されることも多いです。ですが、強い痛みで授乳がつらいようなら、医療機関で診てもらいましょう。

医療機関では抗菌成分が入った軟膏や、漢方薬の軟膏などで治療を行うこともあります。
乳口炎は再発しやすいので、適切なポジショニングとラッチオン(授乳姿勢と吸着)ができているか、飲ませ方の見直しが必要です。

また、白斑をそのままにしておくと、乳腺炎になることがあります。
しこりができたり、痛みが強まったり、あるいは乳房が張ってきたような感覚がでてきたら、乳腺炎になりかけているかもしれませんので、一度、助産師や産科医に相談してみたほうがよいかもしれません。

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3509

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。

乳腺炎と乳口炎の関係は?

乳房は、母乳を作る乳腺組織と脂肪組織からできていて、乳腺で作られた母乳は乳管を通って外に排出されます。その出口が乳頭にある乳管口です。乳管口や乳管はつながっているので、乳口炎が乳腺炎のきっかけになることも少なくありません。

乳腺炎とは?

乳腺炎とは、母乳をつくる乳腺組織に炎症が起きている状態のこと。その多くが、母乳が乳腺の中にうっ滞し、十分に排出できないことがきっかけで発症します。

主な症状は、初期であれば腫れやしこり、痛みなど。細菌感染を起こして重症化すると、腫れやしこり、痛みに加え、悪寒やふるえを伴う高熱が出ることがあります。

乳口炎と乳腺炎の関係は?

白斑の上に水ぶくれやしこりができることがあり、これが母乳の乳管口を詰まらせて乳管閉塞という状態になると、母乳が乳腺の中にうっ滞する乳腺炎を起こしやすくなります。

乳腺炎は授乳中のママによく見られる乳房トラブルの一つとはいえ、予防ができるのであれば、それにこしたことはありません。乳腺炎を防ぐためにも、白斑を見つけたら都度、対処していくことが大事です。

まとめ

Lazy dummy

乳頭に白い小さな塊ができる乳口炎。飲ませ方の見直しをし、適切なポジショニングとラッチオン(授乳姿勢と吸着)ができるように気を付けましょう。
見つけたときは、温めて患部をふやかし、除去するというセルフケアで対処を。乳口炎は乳腺炎のきっかけになるので、しっかりとケアをすることが大切です。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:山内リカ/監修:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

参考文献
水野克己「これでナットク母乳育児」(へるす出版)
水野克己ほか「母乳育児支援講座」(南山堂)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠6ヶ月】業務の引き継ぎをスタート! 両親学級の参加も #ワーママへの道

【妊娠6ヶ月】業務の引き継ぎをスタート! 両親学級の参加も #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠6ヶ月編をお届けします。


【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠5ヶ月編をお届けします。


【助産師監修】母乳の味ってどんなもの? 味が変わるって本当なの?

【助産師監修】母乳の味ってどんなもの? 味が変わるって本当なの?

「赤ちゃんがあまり母乳を飲まないのは、母乳の味が悪いから」「食生活が偏ると母乳の味が悪くなる」などといわれたことはありませんか? そもそも母乳の味ってどんなものなのでしょうか? また、母乳はどんなことで味が変わるのでしょうか? 詳しく説明していきましょう。


【医師監修】ビタミンK2シロップとは? 飲ませ方のポイント

【医師監修】ビタミンK2シロップとは? 飲ませ方のポイント

赤ちゃんが生まれると、すぐに「ビタミンK2シロップ」という薬を飲ませます。これは、赤ちゃんが脳出血などを起こさないようにするためで、早い時期に飲ませることが大切な薬です。今回は、ビタミンK2シロップについて詳しく説明します。


【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

妊娠初期には出血が起こることが少なくありません。出血といっても、おりものに色が付く程度のものから、腹痛を伴い大量に出るものまでさまざまです。今回はその中から、ピンクのおりものが出た場合の原因と対処法を紹介します。


最新の投稿


飲み物作りの悩みが解消「コールドブリューカラフェ」

飲み物作りの悩みが解消「コールドブリューカラフェ」

家で冷たい飲み物を作って飲む際、どんなアイテムを使っていますか? 水だしコーヒーや、フレーバーティーを気軽に作って、冷蔵庫に常備したいと思っている方も多いのでは? 今回は、色々な飲み物を入れるのに便利で、見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


お風呂にマグネット収納!ひげそりを使いやすく衛生的に収納しよう

お風呂にマグネット収納!ひげそりを使いやすく衛生的に収納しよう

今回はずっと気になっていた、夫のお風呂アイテム「ひげそり」の収納アイテムのご紹介です。薬局で購入するようなお手頃価格のひげそりでも、きちんと収納されなければ刃がダメになってしまったり、すぐに使えなくなってしまい、もったいないですよね。衛生面からも吊り収納がベストということに気づき、今回ぴったりなアイテムを見つけました!


何を入れてもサマになる! スタイリッシュなKINTOのガラスキャニスター

何を入れてもサマになる! スタイリッシュなKINTOのガラスキャニスター

毎日使うキッチンは、お気に入りの空間でありたいものですよね。私のこだわりは「NOプラスチック製品」!そう、ガラスやステンレス、それに木のものだけに囲まれていたいのです。今回おすすめしたいキャニスターはKINTOの製品。スタイリッシュなステンレスの蓋とやわらかいフォルムでデザインされたガラスのシルエットに注目です。


突っ張り棒比較! ダイソー・セリア・キャンドゥのどれがオススメ?

突っ張り棒比較! ダイソー・セリア・キャンドゥのどれがオススメ?

いまや収納に欠かせないツールとなった突っ張り棒。100均ショップ各社は特色を打ち出し、それぞれに魅力的な商品を展開しています。そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥによる突っ張り棒をピックアップしてご紹介。それぞれの特徴についてくわしく解説します。


IKEAのカラーボックス「KALLAX」がおしゃれ!上手な活用事例

IKEAのカラーボックス「KALLAX」がおしゃれ!上手な活用事例

見せる収納の代表格として活用されているカラーボックス。横長の長方形が3~4段並ぶのがスタンダードな形ですが、オシャレな北欧アイテムが揃うIKEAのカラーボックスはなんと正方形! 今回は、IKEAでチェックしたいカラーボックスについてご紹介します。