【助産師監修】乳口炎とは?白斑ができる?症状と対処法、乳腺炎との関係

【助産師監修】乳口炎とは?白斑ができる?症状と対処法、乳腺炎との関係

乳頭に小さな白い塊ができて、チクチクと痛い。そんな症状があったら乳口炎(にゅうこうえん)かもしれません。乳口炎は、授乳中によく見られる乳房トラブルの一つです。放置すると乳腺炎になることもあるので、早めに対処しましょう。


乳口炎って?

乳口炎とは、乳頭に小さな白い塊ができたり、炎症が起きた状態をいいます。その原因と症状の特徴、対処法について見ていきましょう。

原因と症状の特徴

Getty logo

母乳の通り道である乳管の先端(乳管口)に小さな白い塊ができた状態、炎症を起こした状態が、乳口炎です。白い塊は白斑や乳栓ともいいます。授乳姿勢が不適切なまま授乳をしていると、乳頭に余計な負担がかかり、白斑の原因になります。

白斑の大きさは1ミリ程度で、上皮や母乳の成分などが溜まって固まったものだと考えられています。塊の色は白とは限らず、黄色っぽいものもあるようです。

症状がないこともありますが、白斑のある周囲がピンポイントでチクチクと痛むことも。白斑があると、授乳時に激しい痛みを伴うことがあります。

乳口炎になったときの3つの対処法

乳口炎はセルフケアで改善できる乳房トラブルの一つ。まずは「温める」「つまりを取る」「母乳を出す」という3つのステップで対処していきます。

1. 温める

Getty logo

まず、白斑のある側の乳頭を温タオルなどで覆って温めます。お風呂に入って乳房を温めたり、シャワーのお湯を軽く当てて温めたりしてもよいでしょう。

2. つまりを取る

Getty logo

乳首やその周辺が温まって柔らかくなり、白斑がふやけてきたら、指先で軽くマッサージするように撫でて白斑を取ります。ガーゼなどの柔らかい布を使って拭き取ってもいいでしょう。

オリーブオイルなどを乳頭に塗ってしばらくおいてから温めると、白斑が取れやすくなります。

3. 母乳を出す

Getty logo

白斑のある側から授乳をします(痛みが強く母乳が出にくくなっている場合は、反対側から始める)。
授乳を終えても乳房の張りが残っていたら、搾乳をします。

乳首やその周辺のマッサージも有効で、白斑の奥に溜まっていたものを押し出すように指で圧迫すると、糸状になった白いものが出てくることもあります。乳汁の流れが良くなると白斑もなくなります。適切なマッサージをするために、助産師にやり方を教わるとよいと思います。

白斑はすぐに取れることもありますが、数週間から1ヶ月程度かかることも。取れないときは1回で無理して取ろうとはせず、乳頭を傷つけないよう気を付けつつ、根気強くケアしていくことが大切です。

乳口炎の治療と再発予防

乳口炎は、先に紹介したケアで改善されることも多いです。ですが、強い痛みで授乳がつらいようなら、医療機関で診てもらいましょう。

医療機関では抗菌成分が入った軟膏や、漢方薬の軟膏などで治療を行うこともあります。
乳口炎は再発しやすいので、適切なポジショニングとラッチオン(授乳姿勢と吸着)ができているか、飲ませ方の見直しが必要です。

また、白斑をそのままにしておくと、乳腺炎になることがあります。
しこりができたり、痛みが強まったり、あるいは乳房が張ってきたような感覚がでてきたら、乳腺炎になりかけているかもしれませんので、一度、助産師や産科医に相談してみたほうがよいかもしれません。

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3509

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。

乳腺炎と乳口炎の関係は?

乳房は、母乳を作る乳腺組織と脂肪組織からできていて、乳腺で作られた母乳は乳管を通って外に排出されます。その出口が乳頭にある乳管口です。乳管口や乳管はつながっているので、乳口炎が乳腺炎のきっかけになることも少なくありません。

乳腺炎とは?

乳腺炎とは、母乳をつくる乳腺組織に炎症が起きている状態のこと。その多くが、母乳が乳腺の中にうっ滞し、十分に排出できないことがきっかけで発症します。

主な症状は、初期であれば腫れやしこり、痛みなど。細菌感染を起こして重症化すると、腫れやしこり、痛みに加え、悪寒やふるえを伴う高熱が出ることがあります。

乳口炎と乳腺炎の関係は?

白斑の上に水ぶくれやしこりができることがあり、これが母乳の乳管口を詰まらせて乳管閉塞という状態になると、母乳が乳腺の中にうっ滞する乳腺炎を起こしやすくなります。

乳腺炎は授乳中のママによく見られる乳房トラブルの一つとはいえ、予防ができるのであれば、それにこしたことはありません。乳腺炎を防ぐためにも、白斑を見つけたら都度、対処していくことが大事です。

まとめ

Getty logo

乳頭に白い小さな塊ができる乳口炎。飲ませ方の見直しをし、適切なポジショニングとラッチオン(授乳姿勢と吸着)ができるように気を付けましょう。
見つけたときは、温めて患部をふやかし、除去するというセルフケアで対処を。乳口炎は乳腺炎のきっかけになるので、しっかりとケアをすることが大切です。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:山内リカ/監修:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

参考文献
水野克己「これでナットク母乳育児」(へるす出版)
水野克己ほか「母乳育児支援講座」(南山堂)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

「産後すぐに出る“初乳”は大事らしい」という知識を持っている人は少なくないようですが、なぜ大事なのか、いつまで出るものなのか、それ以降の母乳とはどう違うのか、となると「??」となってしまうものですよね。今回はそんな初乳にまつわるクエスチョンについて解説します。


【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

新生児の赤ちゃんはまだ母乳をうまく飲めない子もいますが、その理由はさまざまです。今回は「赤ちゃん、母乳をうまく飲めてない?」と思われるケース別に対処法を考えます。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。