母乳

母乳に関する記事

母乳が出ない、出過ぎる、飲まない、足りているかわからない…など、母乳に関する悩みやよくある疑問について、医師がお答えします。正しい授乳姿勢や加え方、授乳中の栄養や服薬の注意点など、赤ちゃんの健康のために知っておきたい基礎知識もぜひチェックを。乳腺炎など、授乳中のトラブルについてもまとめています。


【漫画】母乳が……母乳が制御できない!!! 最強母ちゃんの誕生『ヒゲ母ちゃんと娘さん』vol.1

【漫画】母乳が……母乳が制御できない!!! 最強母ちゃんの誕生『ヒゲ母ちゃんと娘さん』vol.1

こんな育児漫画があるなんて……。インパクト強めなヒゲ母ちゃんは1度見たら忘れられない! ヤマモト喜怒さんによるコミックエッセイ『ヒゲ母ちゃんと娘さん』(集英社)から、爆笑必死なエピソードを厳選してお届け。子育てを独自の視点で楽しむヒゲ母ちゃんから元気をもらえること間違いなしです!!


【助産師解説】母乳はいつまで続けるべき?「1歳で終わり」「2歳までは授乳継続」!?

【助産師解説】母乳はいつまで続けるべき?「1歳で終わり」「2歳までは授乳継続」!?

ママと赤ちゃんの大事なスキンシップタイムでもある授乳。母乳は赤ちゃんにとっては重要な栄養源でもあります。でも、離乳食が順調に進み、ママの職場復帰や保育園入園が近づくと頭をよぎるのが「おっぱい卒業」。今回はママたちに「母乳、いつまで?」「卒乳・断乳、いつ?」について聞いてみました。最後の川島先生の解説も必見です!


【助産師解説】母乳にいい食べ物って?食べてはいけないものは?授乳中の食事

【助産師解説】母乳にいい食べ物って?食べてはいけないものは?授乳中の食事

授乳中はおっぱいの詰まり予防や母乳の質をよくするために食事に注意すべきとの声をよく耳にしますが、これは本当なのでしょうか? 母乳と食事の関係と、食べ方、母乳にいい食べ物のアドバイスや注意点について助産師がお伝えします。


【医師監修】新生児の母乳の量・授乳間隔は?不足時のサインをチェック

【医師監修】新生児の母乳の量・授乳間隔は?不足時のサインをチェック

妊娠中から「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい!」と考えているママも多いことでしょう。実際に母乳育児がスタートすると、母乳の量が足りているのか、ミルクを足したほうがいいのかなど、さまざまな悩みが出ることも。今回は母乳が出始めるタイミングや、母乳が足りないときのサインなどをまとめました。


白斑ができた時は授乳していい?乳口炎の対処法と乳腺炎との関係【助産師監修】

白斑ができた時は授乳していい?乳口炎の対処法と乳腺炎との関係【助産師監修】

乳頭に小さな白い塊ができて、チクチクと痛い。そんな症状があったら乳口炎(にゅうこうえん)かもしれません。乳口炎は、授乳中によく見られる乳房トラブルの一つです。放置すると乳腺炎になることもあるので、早めに対処しましょう。


【助産師解説】母乳はいつから出るの?出をよくする2つのポイント

【助産師解説】母乳はいつから出るの?出をよくする2つのポイント

母乳はいつ頃から出始めるの? 分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。


【助産師解説】母乳過多!? 母乳が出過ぎて困る場合の対策

【助産師解説】母乳過多!? 母乳が出過ぎて困る場合の対策

母乳が出過ぎて困るというママへ向けて、考えられる要因とそれに合わせた6つの対策をご紹介。母乳は出ないことだけでなく、出過ぎても問題に。母乳に関するさまざまな問題に、助産師が丁寧に解説します。


【助産師監修】 母乳の搾乳&保存方法と解凍方法、気をつけたい注意点4つ

【助産師監修】 母乳の搾乳&保存方法と解凍方法、気をつけたい注意点4つ

赤ちゃんが入院しなければいけないときや、外出などで赤ちゃんと離れなければいけないとき、しぼっておいた母乳をあげられるといいですよね。しかし、母乳はどのように保存すればいいのでしょうか? どのくらいの期間保存できるのかも気になるところです。そこで、搾乳の仕方や母乳の保存方法、保存・使用するときの注意点をまとめました。


【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

気になる授乳中のアルコール(お酒)問題について、助産師が解説します。赤ちゃんへの影響やリスク、飲みたいときの方法や注意点についてのアドバイスを、ぜひチェックしてください。


【漫画】無神経すぎる一言にムカァ!! 夫に母乳が出ないと相談したら『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.43

【漫画】無神経すぎる一言にムカァ!! 夫に母乳が出ないと相談したら『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.43

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】激痛に耐えたのにこれだけ? 自然分娩のママと比べてしまう母乳量『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.42

【漫画】激痛に耐えたのにこれだけ? 自然分娩のママと比べてしまう母乳量『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.42

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


授乳で悩むママに知ってほしい! 搾乳・母乳保存グッズの“機能面”以外のメリットとは?

授乳で悩むママに知ってほしい! 搾乳・母乳保存グッズの“機能面”以外のメリットとは?

ピジョンは、ユニセフとWHO(世界保健機関)が1990年に制定した8月1日〜7日の「世界母乳育児週間」に向けて、この度、「母乳育児と授乳関連商品に関する調査」を実施しました。


【助産師監修】授乳中にカレーは食べてもいい?乳腺炎や母乳の変化は?

【助産師監修】授乳中にカレーは食べてもいい?乳腺炎や母乳の変化は?

さまざまな香辛料が入ったカレーは、独特の風味で老若男女問わず人気のメニューです。でも、辛かったりスパイスの香りが強かったりすると「母乳に影響しないかな?」と不安になるママもいるようです。今回は授乳中のカレーについて、助産師でラクテーションコンサルタントの坂田陽子先生に解説いただきます。


【助産師監修】授乳中に辛いものを食べてもいい?おっぱいの味は変わる?

【助産師監修】授乳中に辛いものを食べてもいい?おっぱいの味は変わる?

カレーやキムチ、エスニック料理など、辛い味の料理が好きな人は多いですよね。でも、赤ちゃんに母乳を飲ませている時期は、自分の口にするものが「授乳中に食べても大丈夫?」「おっぱいへの影響は?」と不安になることもあります。今回は、授乳中の辛い食べものについて坂田陽子先生に解説いただきます。


【助産師監修】授乳中にキムチを食べてもいい?母乳が変わる!?

【助産師監修】授乳中にキムチを食べてもいい?母乳が変わる!?

食欲をそそる味と香りが魅力のキムチですが、授乳中に食べてもいいものなのでしょうか。実際に「キムチを食べたせいで母乳が辛くなったらどうしよう」と心配するママもいるようです。今回は授乳中のキムチについて、助産師でラクテーションコンサルタントの坂田陽子先生に解説いただきます。


授乳中の豆乳が母乳に良いって本当? イソフラボンの影響は?【管理栄養士監修】

授乳中の豆乳が母乳に良いって本当? イソフラボンの影響は?【管理栄養士監修】

なんとなくヘルシーで健康によさそうなイメージのある「豆乳」ですが、授乳中に飲むと母乳によい影響があるかもと聞くことがあります。これは本当なのでしょうか。豆乳に含まれるさまざまな栄養素の働きとともに解説します。


授乳中にケーキって食べていいの? 乳腺炎になるって本当?【助産師監修】

授乳中にケーキって食べていいの? 乳腺炎になるって本当?【助産師監修】

「授乳中にはケーキは食べないほうがいい」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。なんとなく、「おっぱいが詰まって乳腺炎になりそう」と思っているママもいるかもしれませんが、本当にケーキは授乳中には食べないほうがよいのでしょうか。くわしく解説します。


授乳中にチーズは食べてOK? リステリア菌や乳腺炎の心配は?【助産師監修】

授乳中にチーズは食べてOK? リステリア菌や乳腺炎の心配は?【助産師監修】

妊娠中、非加熱のナチュラルチーズは避けたほうが良いと言われていますが、産後の授乳中も気を付けたほうがよいのでしょうか。ここでは、授乳中の人がチーズを食べるとき、気になりそうなことについて解説します。


授乳中の牛乳はアレルギーに影響する!? 乳腺炎との関係は?【助産師監修】

授乳中の牛乳はアレルギーに影響する!? 乳腺炎との関係は?【助産師監修】

栄養豊富なイメージの「牛乳」ですが、授乳中は赤ちゃんにアレルギーを引き起こさないかや乳腺炎に関係しないか、心配している人がいるかもしれません。ここでは、授乳中に牛乳を飲むことが、これらの心配ごとと本当に関係があるのかどうかなどについて解説します。


【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

乳腺炎は全授乳期間で24~33%の頻度で起こると報告されています[*1]。授乳期間中はいつでも起こる可能性があるため、予防が大切です。知っておきたい乳腺炎になるきっかけと、予防につながる授乳や生活のポイントについて助産師がお伝えします。