母乳育児

母乳育児に関する記事

授乳中のトラブルや栄養摂取、服薬の疑問、月齢別の授乳量と間隔など、母乳育児に関する情報をまとめています。授乳中の食事のウソほんと、母乳の出をよくする方法、卒乳・断乳の方法など、よくある疑問についても専門家がお答え。先輩ママの体験談もぜひ参考にしてください。


【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

気になる授乳中のアルコール(お酒)問題について、助産師が解説します。赤ちゃんへの影響やリスク、飲みたいときの方法や注意点についてのアドバイスを、ぜひチェックしてください。


授乳で悩むママに知ってほしい! 搾乳・母乳保存グッズの“機能面”以外のメリットとは?

授乳で悩むママに知ってほしい! 搾乳・母乳保存グッズの“機能面”以外のメリットとは?

ピジョンは、ユニセフとWHO(世界保健機関)が1990年に制定した8月1日〜7日の「世界母乳育児週間」に向けて、この度、「母乳育児と授乳関連商品に関する調査」を実施しました。


平野ノラさん「搾乳した母乳を捨てる時ってなんだかモヤモヤしてかなぴー」心情を吐露。働くママの搾乳事情

平野ノラさん「搾乳した母乳を捨てる時ってなんだかモヤモヤしてかなぴー」心情を吐露。働くママの搾乳事情

芸人の平野ノラさんが、7月13日にInstagramとブログを更新し、仕事中の「搾乳」風景をうつした写真を公開。ロケバス内で搾乳機を使っているそうですが、その心情を綴りました。


授乳中の豆乳が母乳に良いって本当? イソフラボンの影響は?【管理栄養士監修】

授乳中の豆乳が母乳に良いって本当? イソフラボンの影響は?【管理栄養士監修】

なんとなくヘルシーで健康によさそうなイメージのある「豆乳」ですが、授乳中に飲むと母乳によい影響があるかもと聞くことがあります。これは本当なのでしょうか。豆乳に含まれるさまざまな栄養素の働きとともに解説します。


授乳中にケーキって食べていいの? 乳腺炎になるって本当?【助産師監修】

授乳中にケーキって食べていいの? 乳腺炎になるって本当?【助産師監修】

「授乳中にはケーキは食べないほうがいい」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。なんとなく、「おっぱいが詰まって乳腺炎になりそう」と思っているママもいるかもしれませんが、本当にケーキは授乳中には食べないほうがよいのでしょうか。くわしく解説します。


授乳中にチーズは食べてOK? リステリア菌や乳腺炎の心配は?【助産師監修】

授乳中にチーズは食べてOK? リステリア菌や乳腺炎の心配は?【助産師監修】

妊娠中、非加熱のナチュラルチーズは避けたほうが良いと言われていますが、産後の授乳中も気を付けたほうがよいのでしょうか。ここでは、授乳中の人がチーズを食べるとき、気になりそうなことについて解説します。


授乳中の牛乳はアレルギーに影響する!? 乳腺炎との関係は?【助産師監修】

授乳中の牛乳はアレルギーに影響する!? 乳腺炎との関係は?【助産師監修】

栄養豊富なイメージの「牛乳」ですが、授乳中は赤ちゃんにアレルギーを引き起こさないかや乳腺炎に関係しないか、心配している人がいるかもしれません。ここでは、授乳中に牛乳を飲むことが、これらの心配ごとと本当に関係があるのかどうかなどについて解説します。


【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

乳腺炎は全授乳期間で24~33%の頻度で起こると報告されています[*1]。授乳期間中はいつでも起こる可能性があるため、予防が大切です。知っておきたい乳腺炎になるきっかけと、予防につながる授乳や生活のポイントについて助産師がお伝えします。


平愛梨さん、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

平愛梨さん、完全母乳育児の痛みと悩み「育児は本当に分からない」

4月に第三子となる男児を出産した平愛梨さん。現在は夫の長友佑都さん(サッカー日本代表/リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ所属)のフランスで幼い三兄弟を育てる苦労をInstagramにつづっています。


【医師監修】過飲症候群とは? 母乳・ミルクの飲みすぎによる症状と泣き止まないときの対処法

【医師監修】過飲症候群とは? 母乳・ミルクの飲みすぎによる症状と泣き止まないときの対処法

体重が通常よりかなり早く増加している赤ちゃんに、たびたびのおう吐やお腹がパンパンなどの様子も見られたら「過飲症候群」の可能性があります。過飲症候群の症状、原因、対処法を解説します。


【助産師監修】腱鞘炎の時の授乳、今すぐできる授乳のコツ4つ

【助産師監修】腱鞘炎の時の授乳、今すぐできる授乳のコツ4つ

産後間もないママの中には、腱鞘炎(けんしょうえん)に悩むに人も少なくありません。つらい痛みはがまんしないで! 今回は「腱鞘炎の時の授乳のコツ」について助産師の坂田陽子先生にお聞きしました。


【助産師解説】授乳後すぐのお風呂ってだめなの?どのくらい後ならOK?

【助産師解説】授乳後すぐのお風呂ってだめなの?どのくらい後ならOK?

赤ちゃんのお世話はなかなか計画通りにいかないもので、タイミングや順番についての悩みが尽きません。とくに授乳の回数が多い時期は、おっぱいやミルクを飲ませた後すぐにお風呂に入れてもいいものか、どのくらい時間をあけるべきか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は授乳後のお風呂について、助産師が解説します。


【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

産院で「赤ちゃんの沐浴の直前は授乳を控えてください」と言われることがありますが、沐浴の後の授乳はどうしたらいいのでしょうか。また、沐浴の後は母乳やミルクではなく白湯などの方がいいのかな? と迷う人も少なくないようです。今回は新生児期の赤ちゃんの沐浴後の授乳について、助産師が解説します。


【助産師解説】生後0ヶ月(新生児)の母乳の授乳間隔は?成長とお世話の仕方

【助産師解説】生後0ヶ月(新生児)の母乳の授乳間隔は?成長とお世話の仕方

新生児期(生後0ヶ月)の母乳やミルクとの混合の授乳間隔について助産師が解説します。おっぱいの途中で寝てしまう、授乳リズムがなかなか作れない、おっぱいが足りていないのでは?など、この時期によくある疑問についてもまとめました。


【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

【医師監修】妊娠中も上の子の授乳は続けられる?

妊娠に気づいたとき、今まで通りの生活を続けていいのか、悩ましく思うことがいくつかあるかもしれません。上のお子さんの授乳もそのひとつでしょうか。授乳中に妊娠した場合、そのまま母乳をあげ続けていいのか、お腹の赤ちゃんに影響はないのか、専門医に聞いてみました。


【助産師監修】乳房の痛みに関連する病気と原因とは?

【助産師監修】乳房の痛みに関連する病気と原因とは?

「なんだかおっぱいが痛い」という経験がある女性は少なくないでしょう。また痛みの感じ方も、張る感じ、チクチクする感じ、ズキズキする感じなど様々です。おっぱいが痛むのには、実は「生理(月経)周期」「妊娠」「授乳」の3つが大きく関わっています。今回はこれらとおっぱいの痛みの関係について解説します。


【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

母乳の分泌量がなかなか増えない、量が足りない……という場合は何が問題なのでしょうか? 母乳が出ないときの考えられる原因と主な対策について、助産師が解説します。母乳の分泌をよくするコツもチェックしてください。


【助産師解説】授乳中にチョコレートはOK?カフェイン量や乳腺への影響と食べ方のポイント

【助産師解説】授乳中にチョコレートはOK?カフェイン量や乳腺への影響と食べ方のポイント

授乳中のチョコレートは「おっぱいの詰まり」や「カフェインによる影響」などが心配? という疑問に助産師がお答えします。母体や赤ちゃんへの影響や、食べる量の目安など、気になる問題をチェック!


【助産師監修】乳首マッサージで母乳は出るようになる? やり方と注意点

【助産師監修】乳首マッサージで母乳は出るようになる? やり方と注意点

母乳育児のトラブル対策としてよく耳にする「乳首マッサージ」。乳首マッサージはどんなときにするもので、またどんな効果が期待できるのでしょうか。そのやり方や注意点も紹介します。


【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

新生児にはよく黄疸が見られますが、母乳を飲んでいる赤ちゃんの黄疸が長引いていたら、それは「母乳性黄疸」かもしれません。母乳性黄疸が疑われるときはどう対処すればいいのか、症状や原因とともにまとめました。