混合育児

混合育児に関する記事

母乳とミルクの混合育児について、よくある悩みや疑問に助産師がお答えしています。授乳方法や1回の量、回数や間隔など、混合だから迷ってしまうことも多いはず。授乳中のトラブルや乳頭混乱の解決策も、ぜひこちらで探してみてください。


「母乳じゃなくてごめんなさい」なんて思わないで。小児科医が伝えたいこと

「母乳じゃなくてごめんなさい」なんて思わないで。小児科医が伝えたいこと

母乳育児の素晴らしさが語られがちな今、母乳が出なかったり、育児用ミルクを選んだりしたことに罪悪感を持つお母さんもいます。でも「環境に合わせてお母さんが選べばいいし、罪悪感を持たなくていい」と森戸先生。そこには深い理由があって……。


<体験談>授乳クッションはいつまで使う?必要?助産師解説|上手な使い方

<体験談>授乳クッションはいつまで使う?必要?助産師解説|上手な使い方

購入するかどうか悩んでいると、「授乳クッションはいつまで使うものなのか」が気になりますよね。ここでは、授乳クッションを使用した期間や購入した理由などを先輩ママに聞いてみました。助産師の坂田先生に上手な使い方も解説してもらうので、参考にしてくださいね。


【助産師解説】新生児の吐き戻し、3つの主な原因と小児科受診の目安

【助産師解説】新生児の吐き戻し、3つの主な原因と小児科受診の目安

新生児期の吐き戻しについて、その原因と対策を助産師がアドバイスします。赤ちゃんの吐き戻しは生理的なものと言われても、その量や頻度が多いと心配になりますよね。原因別の対策を立てて、不安を取り除きましょう。


母乳育児は1日500kcal消費!本当にやせる? 時期・方法|助産師解説

母乳育児は1日500kcal消費!本当にやせる? 時期・方法|助産師解説

「母乳で育てているとやせる!」と聞くことがありますね。妊娠中に増えてしまった体重がなかなか元に戻らず、困っているママも多いはず。ここでは、母乳育児で実際にやせたかどうかの体験談を紹介します。助産師の坂田先生に、産後、健康的に体重を落とすコツも解説してもらうので参考にしてくださいね。


【助産師監修】これは乳腺炎になりかけの症状?初期症状と6つの乳腺炎対策

【助産師監修】これは乳腺炎になりかけの症状?初期症状と6つの乳腺炎対策

ママの多くが経験するおっぱいトラブルの一つが乳腺炎。どんな症状から始まるのか、知りたいママも多いはず。そこで、乳腺炎になりかけたときの症状と、こじらせないための初期の対策をご紹介しましょう。


突然の哺乳瓶拒否!<体験談>その理由と4つの対処法|小児科医監修

突然の哺乳瓶拒否!<体験談>その理由と4つの対処法|小児科医監修

突然哺乳瓶を嫌がるようになり、ミルクを飲んでくれなくなる赤ちゃんもいるようです。これはいったいなぜ起こり、起こった時はどうすればいいのでしょうか。考えられる理由と対策を解説します。


小児科医監修|哺乳瓶でのミルクの飲ませ方<手順・コツ・注意点>

小児科医監修|哺乳瓶でのミルクの飲ませ方<手順・コツ・注意点>

慣れればスムーズにできるようになるものの、最初は慌てがちな「哺乳瓶での授乳」。ここでは、哺乳瓶でのミルクの授乳に「必要な工程」と「ポイント」を初めての人にもわかりやすくまとめました。ゲップのさせ方や哺乳瓶の洗浄・消毒、月齢ごとのミルクの量と回数の目安も紹介するので、参考にしてくださいね。


助産師解説|母乳パッドはいつまで使う? 必要なの?<体験談>

助産師解説|母乳パッドはいつまで使う? 必要なの?<体験談>

「母乳パッド」は、下着や服に母乳がもれないようブラジャーの内側に当てて使うアイテム。でもはじめての出産では、その必要性がいまいちピンとこないかも。ここでは、先輩ママに聞いた使用経験の有無や時期、助産師の坂田先生が解説する使用時のコツを紹介します。購入を迷っている人は参考にしてみてくださいね。


<体験談>粉ミルクはいつまで?止めたきっかけ・フォローアップミルクは?|管理栄養士解説

<体験談>粉ミルクはいつまで?止めたきっかけ・フォローアップミルクは?|管理栄養士解説

赤ちゃんに粉ミルクはいつまであげていて良いのでしょうか?先輩ママに止めた時期ときっかけを聞きました。管理栄養士の川口先生に教えてもらった、止めるときの注意点も紹介します。むし歯やフォローアップミルクについても解説するので、いま迷っているママ・パパは参考にしてくださいね。


助産師解説!私って短乳頭?乳首が短くても授乳はできるの?乳首の悩み<体験談>

助産師解説!私って短乳頭?乳首が短くても授乳はできるの?乳首の悩み<体験談>

「自分の乳首は短い気がする……もしかして短乳頭?」。そんな悩みを抱えている女性も中にはいるでしょう。短乳頭の場合でも、母乳育児はできるのでしょうか。今回は、短乳頭などの乳首の悩みがある場合の授乳のコツについて、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


助産師解説!母乳でおっぱいに左右差|量・張り・痛み・しこりの対処法<体験談>

助産師解説!母乳でおっぱいに左右差|量・張り・痛み・しこりの対処法<体験談>

母乳をあげていると「片側だけ出方が悪い」「左右で大きさが違ってきた」等、左右差が気になることがあります。アンケートでもそんな状況にとまどった経験談が集まりました。今回は、母乳育児中に左右差の悩みがあるときの具体的な対処法について、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


助産師解説!断乳はいつする? <体験談>時期の決め方と無理なく進める方法

助産師解説!断乳はいつする? <体験談>時期の決め方と無理なく進める方法

離乳食の開始後にとまどうのは、「断乳・卒乳をいつするか」ではないでしょうか。その子に合わせてと言われても初めてだからよくわからない……そんな人のため、先輩ママにいつ断乳したか聞いてみました。時期の決め方と具体的な方法などについても、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


【助産師解説】母乳はいつまで出る?薄くなる?<体験談>卒乳後も止まらない時の対処法

【助産師解説】母乳はいつまで出る?薄くなる?<体験談>卒乳後も止まらない時の対処法

最初は、なかなか出ない人も多い母乳ですが、卒乳が近くなると、今度は「一体いつまで出るの?」と疑問に思うかもしれません。また、卒乳したのになかなか母乳が止まらないという人も。ここでは、母乳はいつまで出るのかなどについて、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


助産師解説!卒乳の仕方のポイントは?|時期・やり方・トラブル解決のコツ<体験談>

助産師解説!卒乳の仕方のポイントは?|時期・やり方・トラブル解決のコツ<体験談>

夜中たびたび起こされたり、おっぱいが痛くなったり……いろいろ大変な赤ちゃんの授乳ですが、成長とともに「卒乳」の時期も近づいてきます。でも、「やり方がわからない」「合っているか不安……」という人も多いのでは。今回は、始め方から具体的な方法、トラブル対処法まで、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


生後10ヶ月で卒乳は早い?<体験談>栄養不足を防ぐポイント【助産師・管理栄養士解説】

生後10ヶ月で卒乳は早い?<体験談>栄養不足を防ぐポイント【助産師・管理栄養士解説】

赤ちゃんの成長を実感する最初のステップのひとつ、「卒乳・断乳」。でも、タイミングを決めるのはなかなか難しいものです。1歳のお誕生日を迎える前、生後10ヶ月や11ヶ月ごろに卒乳しても良いのでしょうか。助産師の坂田先生、管理栄養士の川口先生にポイントを解説してもらいます。


【助産師解説】卒乳は何歳にすればいい?<みんなの体験談>

【助産師解説】卒乳は何歳にすればいい?<みんなの体験談>

母乳は何歳まであげていいものなのでしょうか。「実際いつ卒乳したか」と「卒乳のきっかけ」を先輩ママに聞いてみました。卒乳の具体的な方法や注意点についても、助産師の坂田先生に解説いただくので、参考にしてみてくださいね。


助産師解説!卒乳ケアは必要?やり方と時期・注意点<体験談>

助産師解説!卒乳ケアは必要?やり方と時期・注意点<体験談>

卒乳するとき、赤ちゃんの反応が気になる一方で、「おっぱいケアは必要かどうか」についても疑問に思うかもしれません。今回は、卒乳のときにおっぱいは何かケアしたほうが良いのかどうかや具体的な方法・注意点について、助産師の坂田先生に解説してもらいます。


【助産師監修】授乳のとき乳首が痛い!授乳を苦痛にする5つの要因とセルフケア

【助産師監修】授乳のとき乳首が痛い!授乳を苦痛にする5つの要因とセルフケア

授乳はママと赤ちゃんの絆を深めてくれますが、乳首(ちくび)が痛くて母乳育児がつらい――。そんな悩みを抱えているママもいるのでは? ひどい痛みは授乳をやめる原因になるだけに、早めの対策が必要。有効なセルフケアをご紹介しましょう。


【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? モントゴメリー腺は妊娠中に目立つ?

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。


【医師監修】新生児のミルクの量はどのくらい?生後8日・半月など時期ごとの目安

【医師監修】新生児のミルクの量はどのくらい?生後8日・半月など時期ごとの目安

ミルクは足りている? それとも多い? 初めて子育てをするママにとって、量は足りているか、間隔は適切かなど、ミルクの与え方は心配要素の1つでしょう。生後まもない頃はなおさらです。新生児に与えるミルクの量と間隔の目安についてお伝えします。