【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、母乳や育児用ミルク(以下、ミルク)から栄養や水分を得て暮らしていきます。栄養方法を何にするかはママや赤ちゃんの状況によって変わってきますが、それぞれに悩みや疑問を持つものです。今回は、母乳メインのママ、ミルクメインのママ、混合(以下、混合)のママそれぞれのお悩みに答えます!


母乳・ミルク・混合、みんなどうしてるの?

Lazy dummy

国の調査では、生後1ヶ月と3ヶ月の各時点での栄養方法は以下のような割合になりました[*1]。

母乳、混合、ミルクの割合

それぞれに悩みは多い

母乳、ミルク、混合、授乳方法別に「授乳について困ったことがあるか」を聞いたところ、母乳の場合69.6%、ミルクの場合69.8%、混合の場合で88.2%と、いずれも多くのママが何かしらの「困りごと」があることがわかりました[*2]。

例えば、母乳をメインであげているママで一番多かった困ったことは「ミルクを飲むのをいやがる」、ミルクをメインであげているママでは「母乳が出ない」、母乳とミルクの混合栄養のママは「母乳が足りているかどうかわからない」という結果でした。

母乳についてのQ&A

まずは、母乳をメインであげているママに多いお悩み相談から。

授乳間隔ってどのくらいなもの?

授乳間隔は赤ちゃんによって個人差がありますが、月齢によって変化します。具体的には、新生児のころは頻回授乳なことは珍しくないものの、個人差はありますが生後3ヶ月ごろには間隔が安定してくるでしょう。

●赤ちゃんの授乳間隔については以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6917

赤ちゃんの授乳間隔はどれぐらい開ければいいの?という疑問に、助産師がお答えします。月齢別の目安時間と、長かったり短い場合の考えられる原因と対策についてもお伝えしています。

授乳時間が長い/短い場合、原因は?

授乳時間が長い場合は、適切な授乳姿勢や吸着ができていない可能性があります。また、生後3〜4ヶ月ごろ以降だと「遊び飲み」をしていて授乳時間がのびているということも。
逆に授乳時間が短い場合、上手に飲めるから短時間で済んでいるのであれば問題ありませんが、体力がないので長く飲んでいられないということも考えられます。

●赤ちゃんの授乳時間について、対応方法などは以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】授乳時間が長い!短い!授乳時間の目安、原因と対処法 

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3563

1回の授乳時間の目安ってどれぐらい? 月齢別の平均時間と、長い・短いときに考えられる理由や対処法について助産師が解説します。授乳時間はある程度決めた方がいいのかなど、授乳に関する疑問についてもお答えしています。

搾乳器は必要?

必ずしも必要なものではありません。搾乳は母乳を保存したい場合だけでなく、おっぱいの張りがつらいときなどにも行います。電動や手動の搾乳器を使う方法もありますが、手で搾る方法もあります。おっぱいを押さえる場所や方法が誤っているとうまく搾乳できません。搾乳方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

【助産師監修】これはNG? 母乳の搾乳&保存方法と気をつけたい注意点4つ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1404

赤ちゃんが入院しなければいけないときや、外出などで赤ちゃんと離れなければいけないとき、しぼっておいた母乳をあげられるといいですよね。しかし、母乳はどのように保存すればいいのでしょうか? どのくらいの期間保存できるのかも気になるところです。そこで、搾乳の仕方や母乳の保存方法、保存・使用するときの注意点をまとめました。

食事が原因で乳腺炎になるってほんと!?

乳製品や脂肪分が多い食べ物が乳腺炎の直接的な原因となる説には根拠がありません。乳腺炎のリスクは、おっぱいに母乳が溜まってしまうことやママの疲れ・ストレスで抵抗力が落ちていることなどです。

●乳腺炎の原因や症状については以下も参考にしてください。

【助産師監修】乳製品や肉はダメって本当? 乳腺炎を予防する食事とは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7115

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。

急に母乳を飲まなくなった!どうしたらいい?

原因として考えられることのひとつとして、哺乳拒否(ナーシング・ストライキ)があります。体調不良が原因で拒否している場合は、まずはその原因を治療しましょう。体調不良がないのに拒否するようであれば、精神面での不安やストレスが原因となっている可能性があるので、飲むことを無理強いせず、普段よりスキンシップを多くとり、赤ちゃんが安心できるような環境を作ってあげましょう。

●そのほか、母乳を飲まない場合の原因や対処法については以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】母乳を飲まないのはなぜ?哺乳拒否?考えられる原因と対策

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7460

赤ちゃんが急に母乳を飲まなくなった! こんなときに考えられる要因と飲んでもらうための対策について、助産師が詳しく解説します。もしかしてこれが原因かも? というものをチェックしてみてください。

ミルクについてのQ&A

続いて、ミルクメインで授乳しているママのお悩み相談です。

ミルクのメリットって?

母乳のメリットが広く知られるようになり、「ミルクだといけないのかな?」と思ってしまうママも少なくないようです。確かに母乳は栄養や免疫の面で大変優れています。一方、「服薬の制限がない」「ママ以外も授乳を行いやすい」など、健康状態やライフスタイルなどによっては、ミルク育児にもメリットがあります。

●詳細は以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】完ミ育児のメリットは?スケジュールや外出のコツもチェック!

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7049

「完母(完全母乳育児)」ということばになぞらえて、ミルクのみの育児を、俗に「完ミ」と呼ぶことがあります。今回はそんなミルクのみ育児のメリットや授乳スケジュールについて、助産師が詳しく解説します。外出時の持ち物を減らすコツや断乳の時期など、気になるポイントについてもチェックしてくださいね。

哺乳瓶の消毒はいつまでやるの?

消毒を行う場合は、生後3ヶ月未満までは行った方がいいと考えられます。赤ちゃんの健康を守るためには、哺乳瓶を清潔に保つだけでなく、「70℃以上のお湯を使う」など正しい調乳方法を守ることが大切です。

●哺乳瓶の消毒について、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【医師監修】哺乳瓶の消毒は必要なの? いつまでやればいいの?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7317

赤ちゃんに粉ミルクや搾乳した母乳をあげるとき、「哺乳瓶の消毒が面倒くさい……」と思う人は多いのではないでしょうか。 そもそも、赤ちゃんがおもちゃなどをなめるようになってくれば、哺乳瓶だけ消毒することに意味があるのか疑問に感じることも。ここでは、哺乳瓶の消毒は何のためにするのか、いつまでするのかについて考えてみましょう。

赤ちゃんのミルクの量はどう決める?

どの時期でも「この量を絶対に守らなければいけない!」というものはありません。ミルクのパッケージに書かれた量を目安に、赤ちゃんのリズムに沿って調整しましょう。

●具体的な目安量・間隔は以下の記事を参考にしてください。

【医師監修】新生児に与えるミルクはどのくらいが適量?哺乳量の注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/981

ミルクは足りている? それとも多い? 初めて子育てをするママにとって、量は足りているか、間隔は適切かなど、ミルクの与え方は心配要素の1つでしょう。生後まもない頃はなおさらです。新生児に与えるミルクの量と間隔の目安についてお伝えします。

【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量と回数は? 目安と考え方

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8270

新生児のころよりも体つきがぷくぷくしてきた生後2ヶ月の赤ちゃん。この時期には育児用ミルク(以下ミルク)をどのぐらいの量、1日何回あげればいいのでしょうか? このころの赤ちゃんの様子とともに、ミルクの量について解説します。

【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8271

授乳のリズムがだいぶ整ってくる生後3ヶ月。それでも赤ちゃんの飲む量が少なかったり多かったりすると不安になるものです。今回は目安となる育児用ミルク(以下ミルク)の量や混合栄養の進め方について解説します。

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8272

あやすと笑ったり、欲しいものがあったら手を伸ばすなど、外からの刺激に反応する様子が多く見られる生後4ヶ月の赤ちゃん。成長にともない起きている時間が多くなりますが、育児用ミルク(以下ミルク)の量はどのぐらいが適切なのでしょうか。

ミルクの作り方は?

粉ミルクの場合、流れとしては、清潔な哺乳瓶にすりきりで計ったミルクと70℃以上のお湯を入れて混ぜ、人肌程度に冷まします。2019年には調乳が不要な液体ミルクも発売されました。

●調乳方法について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【医師監修】ミルクの作り方、総おさらい! 準備~調乳~洗浄・消毒のコツ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7781

お産入院中に、「調乳指導」は受けても、実際に育児がスタートしてみると、慣れるまでのミルク作りは意外と大変。赤ちゃんの健康のためにも衛生面で気をつけるポイントがあります。調乳は慣れてきたという人も、一度調乳の基礎をおさらいしてみましょう。

新生児がミルクを飲みすぎるときは、白湯をあげてもいい?

新生児の赤ちゃんにミルク(または母乳)以外のものは必要ありません。ミルクを飲む量が多くても、赤ちゃんの機嫌や体調がよければさほど問題はないでしょう。お腹が張って苦しくなったり、頻繁に吐いたりするようであれば、飲ませすぎている可能性があります。

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7950

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。

混合についてのQ&A

ミルクと母乳の混合で育てているママのお悩み相談! 上の母乳・ミルクのお悩みと併せてご覧ください。

母乳の量が安定してくるのはいつごろ?

産後2〜4週間で母乳の分泌量が安定してくることが多いです。赤ちゃんによく飲んでもらいましょう。

【助産師解説】母乳はいつから出るの?安定するまでの期間と分泌をよくする方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6513

母乳はいつ頃から出始めるの?分泌が安定するまでの期間とそのメカニズムについて、助産師が解説します。母乳の出をよくする方法についてもアドバイスしているので、ぜひ参考にしてください。

母乳が足りないかどうか、何でわかる?

体重増加不良、尿の量・回数の減少、便秘が続く、不機嫌などのほか、授乳時に時間がかかる・授乳間隔が開かないなどの場合も母乳不足の可能性が考えられます。母乳が足りているのに足りないように感じる(母乳不足感)こともあるので、専門家に相談してみましょう。

【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は?不足時のサインなど

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1214

妊娠中から「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい!」と考えているママも多いことでしょう。実際に母乳育児がスタートすると、母乳の量が足りているのか、ミルクを足したほうがいいのかなど、さまざまな悩みが出ることも。今回は母乳が出始めるタイミングや、母乳が足りないときのサインなどをまとめました。

混合から母乳のみにするため、どうすればいい?

産後2〜4週ごろまでは十分な母乳が出ないこともあるかもしれませんが、諦めず赤ちゃんが欲しがるままに授乳してください。吸われれば吸われるほど母乳分泌が促されます。ミルクを不必要に足しすぎないことも大切です。

【助産師解説】「完全母乳」ってなに?混合から母乳のみへの移行は?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7050

「完全母乳」という言葉や、それを略して「完母」と表現するのをよく耳にするママも多いことでしょう。この「完全母乳」という言葉、実はとても勘違いしやすいものなのです。今回は意味と考え方について解説するとともに、母乳が足りない時の対応、混合栄養から母乳のみへの移行など、母乳育児にまつわる気になる疑問に助産師が解説します。

哺乳瓶は大丈夫なのに、突然おっぱい拒否...どうしたらいい?

哺乳瓶の乳首の方がよくて、母乳をじかに飲むことを嫌がることがあります(乳頭混乱)。ママの母乳分泌維持とトラブル回避のために搾乳を行いつつ、スプーンなどの他の用具で飲ませてみましょう。

●乳頭混乱について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3526

乳頭混乱の予防と克服方法について助産師が解説します。赤ちゃんが乳頭混乱で母乳を飲んでくれずに困っている、哺乳瓶を使いたいけど乳頭混乱が心配…というママ必見です!

母乳を増やすのに、おっぱいマッサージは必要?

マッサージと母乳分泌増加の関係については「分からない」というのが現状なので、少なくとも「絶対やらなくてはいけない」とは言えないでしょう。

●そのほか、おっぱいマッサージについての疑問は以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について5つの疑問

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6937

多くのママたちが悩む「母乳」「おっぱい」のこと。中でもおっぱいマッサージ(母乳マッサージ)については、いろいろな疑問があります。今回は助産師の坂田陽子先生に「マッサージの効果」「妊娠中のマッサージの必要性」「やってはいけないマッサージ」など、おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について解説いただきます。

母乳を増やす方法は?

一番のポイントは、産後早い時期から頻繁に授乳することです。正しい授乳姿勢と飲ませ方を心がけましょう。

●詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】母乳を増やすには?少ない理由と5つの対策

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7320

母乳を増やす方法と、足りないかも?と感じる理由について助産師が解説します。母乳がなかなか増えなかったり、不足してしまうのにはどのような理由があるのでしょうか。対策もあわせてお伝えします。

授乳についてのQ&A

最後に、授乳に関して共通のお悩み相談です。

赤ちゃんが吐き戻すのはどうしたらいい?

授乳後にダラリと出てくる(溢乳:いつにゅう)であれば大きな問題はありません。飲ませすぎに気をつけ、授乳後はゲップを出させてあげましょう。

●心配な吐き戻しについてなど、詳細は以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】新生児の吐き戻しはなぜ起こる?考えられる3つの原因と対策

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6948

新生児期の吐き戻しについて、その原因と対策を助産師がアドバイスします。赤ちゃんの吐き戻しは生理的なものと言われても、その量や頻度が多いと心配になりますよね。原因別の対策を立てて、不安を取り除きましょう。

授乳後にゲップを上手に出すコツは?

なかなかゲップが出ない時は、縦に抱っこして、座らせて、うつ伏せにして、など別な姿勢を試してみましょう。また、授乳後ではなく授乳の途中の方が出させやすいこともあります。

【助産師解説】新生児のゲップが出ない…助産師が教えるゲップを出すコツ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3524

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。

赤ちゃんが「遊び飲み」するときはどうしたらいい?

テレビの音など外からの刺激をなるべく減らして、それでもダメなら一度授乳を切り上げて仕切り直ししましょう。

【助産師解説】赤ちゃんが「遊び飲み」して困る!時期と原因、ママの対策

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3562

おっぱいを飲みながら「ニヤニヤ」「キョロキョロ」、時にはぺたぺた触ったり噛んだりしておっぱいで遊び始める赤ちゃん。そんな「遊び飲み」はなぜ起こるのでしょうか。集中して飲んでくれない問題を解消する方法について、助産師がアドバイスします。授乳時間が長すぎて困っているというママ、ぜひ参考にしてください。

沐浴後の授乳、すぐにあげていい?

赤ちゃんが待てるようであれば、沐浴を終えて30分程度たってから授乳するといいでしょう。

【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8148

産院で「赤ちゃんの沐浴の直前は授乳を控えてください」と言われることがありますが、沐浴の後の授乳はどうしたらいいのでしょうか。また、沐浴の後は母乳やミルクではなく白湯などの方がいいのかな? と迷う人も少なくないようです。今回は新生児期の赤ちゃんの沐浴後の授乳について、助産師が解説します。

授乳後すぐにお風呂に入れちゃダメ!?

お風呂は満腹でも空腹でもないタイミングがベスト。授乳後れあれば30分程度明けてからの入浴がいいでしょう。

【助産師解説】授乳後すぐのお風呂ってだめなの?どのくらい後ならOK?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8149

赤ちゃんのお世話はなかなか計画通りにいかないもので、タイミングや順番についての悩みが尽きません。とくに授乳の回数が多い時期は、おっぱいやミルクを飲ませた後すぐにお風呂に入れてもいいものか、どのくらい時間をあけるべきか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は授乳後のお風呂について、助産師が解説します。

まとめ

授乳のことだけでなく、子育てをしていく上で悩みはつきないものです。今回は中でも一部について解説しましたが、これら以外にも不安があれば、一人で抱え込まず医師や助産師、地域の保健師などに相談しましょう。ママと赤ちゃんに合った答えを一緒に見つけてくれるはずです。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:坂田陽子先生)


※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省「平成27年度 乳幼児栄養調査結果の概要」p.3
[*2]厚生労働省「平成27年度 乳幼児栄養調査結果の概要」p.7

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】授乳中は貧血になるの? 鉄分不足の原因と改善方法

【医師監修】授乳中は貧血になるの? 鉄分不足の原因と改善方法

産後、授乳している時期に、貧血がなかなか治らず困っているママもいることと思います。授乳と貧血は関係しているのでしょうか? 今回は授乳期の貧血の原因や、貧血を改善するためにできること、赤ちゃんの貧血についてもお話します。


【医師監修】赤ちゃんの便秘と母乳との関係性とは?

【医師監修】赤ちゃんの便秘と母乳との関係性とは?

赤ちゃんの便秘と母乳には関係があるのでしょうか? そもそも赤ちゃんの便秘はどんなものなのでしょうか? 今回は、赤ちゃんが便秘かどうかの見分け方や、便秘になった時のケア、便秘を起こす病気についても説明します。


【医師監修】赤ちゃんに水道水っていいの? ミルク用にも大丈夫?

【医師監修】赤ちゃんに水道水っていいの? ミルク用にも大丈夫?

赤ちゃんのミルクや離乳食などに、水道水を使っても大丈夫かどうか気になったことはありませんか? 今回は、日本の水道水の安全性や、臭いなどがした時の対策方法、水道水を使ったミルクの作り方についてお話します。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。