【助産師監修】母乳の冷凍保存で注意すべきことは?

【助産師監修】母乳の冷凍保存で注意すべきことは?

赤ちゃんと一緒に出かけられない場合など赤ちゃんに母乳を直接あげることが難しいとき、あらかじめ搾乳した母乳を冷凍してストックしておくといいでしょう。今回は、母乳の冷凍に関して、メリットや注意点、具体的な手順などを解説します。


冷凍母乳ってどんなもの?

母乳は冷凍保存できる
Lazy dummy

お母さんの母乳には、赤ちゃんにとって大切な成分がたっぷりつまっています。けれど、直接母乳をあげたいと思っても、何らかの事情で授乳ができないこともあります。そんな時に便利なのが、冷凍母乳です。

どんな時に適しているの?

お母さんが外出時に家族や保育者に育児を頼む時、NICUに入院中の赤ちゃんに母乳を届ける必要がある時に、冷凍母乳はとても便利です。また、お母さんの病気の時など、万が一母乳をあげられなくなった時を想定してあらかじめ母乳を冷凍保存しておくと、いざという時に誰でも赤ちゃんに母乳をあげることができます。

栄養や味は直接授乳と変わる?変わらない?

いったん冷凍した母乳を解凍し温めて与えた場合でも、直接授乳した際の母乳と比べて栄養面での違いはほぼありません。

ただし、母乳の中にある脂肪が分解されて脂肪酸が増えるため、少し匂いが変わるといわれています。風味は落ちても、問題なくあげられます。

いつまで保存できる?

市販の母乳バッグで冷凍母乳を適切に保存した場合(-18度以下)、健康な赤ちゃんでは6ヶ月までは使用できます[*1]。ただし、自宅の冷蔵庫で保存する際には保存状態が一定ではないため、3ヶ月までを目途にできるだけ早めに使いきるようにしましょう。なお、衛生面で問題があるため、余ってしまった飲み残しを再冷凍して使ってはいけません。

母乳を冷凍保存する手順と使い方

母乳を冷凍して保存するためには、まず搾乳することが必要です。搾乳方法から保存のパッキングまでのポイントや注意点を解説します。

搾乳時の注意

母乳を冷凍する時は手を清潔にする
Lazy dummy

搾乳には、お母さんが自分の手を使って母乳を搾る方法と、搾乳器を使う方法があります。どちらの場合も雑菌が入らないようにしっかりと手洗いを行います。爪の間、指の付け根、手首まで洗い残しのないように気を付けましょう。

手で母乳をしぼる際には、蒸しタオルなどで乳房を温めると母乳が出やすくなります。搾乳する際には、同じ場所ばかり搾るのではなく、左右上下まんべんなく搾るのがコツ。母乳の流れがゆっくりになったら、他の部位に指を移動させ搾乳したり、反対の乳房を搾乳しましょう。

搾乳器を使う際には、消毒してから搾乳口を乳頭にあてて使います。なお、搾乳器のサイズが合わないと手で搾るときよりも乳首に強い力がかかる場合があるため、乳首のサイズに合った搾乳口の搾乳器を使いましょう。痛みを感じたら無理に続けないようにしてください。

搾乳するときは、リラックスできる環境で、楽な姿勢で搾乳をしましょう。

保存の仕方

母乳の冷凍保存例
Lazy dummy

搾った母乳はすぐに保存用の母乳バッグに入れますが、その際、母乳バッグの内側に指が触れないように、母乳を入れましょう。また、飲み残しを防ぐため、少量ずつバッグするのがポイント。母乳は冷凍すると膨張するため、決められた容量以上は入れないようにし、母乳バッグの空気をしっかり抜きます。

母乳バッグができたらすぐに、搾乳日を記入してから冷凍庫に入れてください。扉のポケットや入口付近は温度が変動しやすいので、冷凍庫の奥で保存するようにしましょう。

冷凍保存した母乳をどうやって使うの?

冷凍庫で保存していた母乳、もちろん凍ったまま赤ちゃんにあげるわけにはいきません。使う際はどのようにするのでしょうか? 

持ち運びの際の注意点とは?

赤ちゃんが入院している場合や保育園など預け先で使う場合は、自宅の冷蔵庫から母乳を使用する場所まで運ばなくてはなりません。持ち運ぶ際には、途中で溶けないように工夫が必要です。2つの保冷剤で母乳バッグをサンドイッチするようにしてはさんだものをビニール袋に入れ、保冷バッグ内に入れるといいでしょう。特に真夏は、車内などの熱のこもった暑い場所に放置せず、移動先に冷蔵庫があれば使用時まで入れておくようにしてください。

上手な解凍の仕方

冷凍母乳は、冷蔵庫内で時間をかけて(24時間以内)とかすか、流水で解凍します。とけた後は、母乳バッグを清潔なガーゼで拭いて、哺乳ビンに移します。そのあと、40℃前後のぬるま湯で湯せんすると室温~人肌程度の授乳に適した温度になります。流水やぬるま湯を入れる容器は清潔なものを使用してください。また、温めるときに熱湯や電子レンジを使ったり、直接直火にかけたりすると母乳の成分が破壊されてしまうので避けてください。

まとめ

母乳が大量に冷凍保存してあるイメージ
Lazy dummy

お母さんが直接赤ちゃんに授乳できない時、冷凍母乳を使えば、いつでもだれでも母乳を与えることができます。栄養がたっぷりつまった母乳を安心して赤ちゃんに与えることができるよう、冷凍母乳の正しい使い方を知って上手に活用してくださいね。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:大角美由貴、監修・解説:坂田陽子先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]公益社団法人 日本助産師会「赤ちゃんとお母さんにやさしい母乳育児支援」p.19 http://www.midwife.or.jp/b_attendant/breastfeeding.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

授乳はママも赤ちゃんも幸せな気持ちになれるというイメージがありますが、中には反射によって授乳する時に不快感やつらい気持ちになるママもいます。ここでは、こうした気持ちの原因になる「不快性射乳反射」についてお話しします。


ウィメンズヘルスリテラシー協会が母乳・育児の基本を理解するオンライン講座開催

ウィメンズヘルスリテラシー協会が母乳・育児の基本を理解するオンライン講座開催

一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会は2020年11月26日(水)20時から、有料オンライン講座「母乳・育児に必要なリテラシー」を開催します。


【医師監修】卒乳のタイミングはいつ? 正しい方法と大事な注意点

【医師監修】卒乳のタイミングはいつ? 正しい方法と大事な注意点

いつか授乳が終わる日が来るとはわかっているけれど、いつごろ卒乳すればいいのか気になるママも多いことと思います。ここでは、卒乳と断乳の違いや卒乳するタイミング、卒乳・断乳のやり方についてお話しします。


【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

新生児にはよく黄疸が見られますが、母乳を飲んでいる赤ちゃんの黄疸が長引いていたら、それは「母乳性黄疸」かもしれません。母乳性黄疸が疑われるときはどう対処すればいいのか、症状や原因とともにまとめました。


【助産師監修】乳首マッサージで母乳は出るようになる? やり方と注意点

【助産師監修】乳首マッサージで母乳は出るようになる? やり方と注意点

母乳育児のトラブル対策としてよく耳にする「乳首マッサージ」。乳首マッサージはどんなときにするもので、またどんな効果が期待できるのでしょうか。そのやり方や注意点も紹介します。


最新の投稿


【医師監修】産後ママの食事の注意点 | バランスよく食べる4つの方法

【医師監修】産後ママの食事の注意点 | バランスよく食べる4つの方法

赤ちゃんが加わった新しい生活では、楽しいことが増える一方、新しい悩みも生まれるかもしれません。食事や、食生活で産後のママによくみられる悩みと、食の不安を軽減する食べ方についてまとめます。


離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

お家ではもちろん、外出先での食事にも便利な、離乳食用ハサミ。箸で切るよりも簡単に手早く食材が切れて、赤ちゃんを待たせません。この記事では、離乳食用ハサミの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。


 離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

手間のかかる離乳食作りをサポートしてくれる、ブレンダー。「つぶす」と「混ぜる」の機能で食材を一気に粉砕・混合し、なめらかなペースト状にしてくれます。この記事では、ブレンダーの選び方やおすすめ商品を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんと車のお出かけはいつから?楽しいドライブのコツと注意点

【医師監修】赤ちゃんと車のお出かけはいつから?楽しいドライブのコツと注意点

産院からの退院をはじめ、生後間もない赤ちゃんを車に乗せる機会は意外とあります。赤ちゃんを車に乗せて家族で旅行したり、帰省したりする人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんを車に乗せるときの注意点について解説します。


【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。