お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

男心って謎! 女が知らない男性の本音30選

TETUYA

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い」恋愛コラムニストのTETUYAです。

今回は「女性が知らない男心」と題し、よく遭遇するシチュエーション別に男性の本音30個を考えてみました。

正直、男性の僕じゃないと書けないコラムです(笑)。

ぜひ、こんな男性心理を頭の片隅に置いてもらえればと思います。

<目次>
なぜ男心は理解できないの?
理解できない理由は「男女の使命がちがうから」
男性だって女性のことを理解できない
「男心」を知る30のヒントとは?
(1)「すごい」って言われるのが大好き
(2)恋愛は追いかけられるより追いかけたい
(3)電話より「会う」「LINE」派
(4)女の子なら誰でもいいわけじゃない
(5)女性から言われて一番傷つくのは「つまんない」
(6)質問が増えるのは「好意のサイン」
(7)恋愛は「減点方式」
(8)恋愛より仕事が大事
(9)好きじゃない相手でもセックスできる
(10)浮気する理由は「自分の価値を試したいから」
(11)男友だちと彼女なら前者を選ぶ
(12)下ネタを言う女の子は対象外
(13)彼女と別れたくなるのは「飽きたから」
(14)結婚したい瞬間は女性と同じ
(15)恋愛は「フォルダ保存」
(16)男性が言う「かわいい」の基準はリアクション
(17)頻繁なLINEはぶっちゃけ面倒
(18)女性のネイルやおしゃれには「気づいてない」
(19)奢る心理は「好意があるから」
(20)一番重いと感じる言動は「彼女面」
(21)既読無視の理由は「興味ない」
(22)「モテるでしょ?」は「かわいいね」の裏返し
(23)「遊びの女」はルーズな女性
(24)やっぱり家庭的な女性を本命にしたい
(25)本命彼女の証は「男友だちへの紹介」
(26)振るより振られたい
(27)スマホのロックは浮気の兆候
(28)グレーなことは笑ってごまかす
(29)「浮気の定義は?」で女性の度量を測っている
(30)「お持ち帰り」を狙っているときの4つの質問
男心を理解する「30の本音」

なぜ男心は理解できないの?

女性が男性の気持ちを理解し難いのはなぜ?

過去に遡れば、この世に生まれてきた目的が男女でちがうことに「本当の理由」があると思います。

理解できない理由は「男女の使命がちがうから」

そもそも男性は狩猟本能が強く、できるだけ子孫繁栄のために種を撒かなければいけない使命のもと生まれてきました。

一方で女性に課せられているのは、とにかく自分にとって最高の遺伝子をゲットしなければいけない使命。

このように、男性と女性は本来まったくちがう目的を持った生き物。そんなそもそも論から派生して、男心をなかなか理解できないと悩む女性が多いのです。

与えられた使命から見るに、男性の決定的な特徴として「プライドが高い」「女性に弱いところを見せたくない」といった本音があります。

また、女性と関わる上で「セックスまでがひとつのゴール」であることは間違いありません。

なぜなら「セックス=彼女を征服した満足感」なんです。そんな本音が男女の考え方のちがいにも影響しているのだと僕は思います。

男性だって女性のことを理解できない

男性の気持ちがわからない女性が多いように、男性も女性の気持ちを理解できず悩んでいます。

たとえば、仲がよさそうにしているのに裏ではお互いの文句を言い合っている女性の姿。

男性はどちらというと、合わないタイプとはそもそも接点を持たない主義。したがって、嫌いな人とでも表面上は仲よくできる女性のことを不思議に感じています。

このように、男性と女性にはお互いの考え方を理解できない瞬間が少なからずあるのです。

「男心」を知る30のヒントとは?

ここでは、男心がわからないと悩むあなたに少しでもそれを理解してもらうべく、あらゆるシーン別に「男性の本音30本ノック」を紹介します。

ただし、男性もいろんなタイプがいます。あくまでマジョリティ男子の本音なので悪しからず。

(1)「すごい」って言われるのが大好き

男性はプライドの生き物ですから、なんでもいいから賞賛されたいんです。とにかく「すごい」は大好物。

たとえば、お酒が強いことひとつとっても、「すごい」と言ってあげましょう。

(2)恋愛は追いかけられるより追いかけたい

男性は狩猟本能を持っていますから、やっぱり追いかけたいんです。

だから、それを逆手にとって男性には思う存分追いかけさせること。女性が追いかけたら逃げてしまいますよ(苦笑)。

(3)電話より「会う」「LINE」派

電話が好きな男性より、嫌いな男性のほうが多いですね。

ぶっちゃけて言うと、電話で話すくらいなら会って話したほうがいいと思っています。

そして、仕事のできる男性ほど、長時間の電話は嫌いです。とにかく時間がもったいないと思っています。

男性のルーティーンのなかに、彼女との電話タイムはないはず。LINEで十分。

ちなみに電話って、先に切られると寂しいですよね。男性には先に切らせてあげてください。わがままを言ってごめんなさい。
そして、仕事のできる男ほど、長時間の電話は嫌いです。とにかく時間がもったいないと思ってます。自分のルーティーンの中に、彼女との電話タイムは無いはず。LINEで十分。

(4)女の子なら誰でもいいわけじゃない

基本、女性が好き。

だから、これだけ夜のお店も存在するわけです。だって、そこにニーズがあるから。

でも「誰でもいいか?」となると、それはちがうと思います。

一応それぞれ自分なりに好きな女性の条件はありますから。ただ、お酒が入ると誰でもよくなる男性もいますけどね。

(5)女性から言われて一番傷つくのは「つまんない」

男性はプライドを傷つけられるフレーズを言われたくありません。

一番傷つくのは「一緒にいてつまんない」

容姿のことを言われるのは自分なりに覚悟していても、内面について言われると傷つくんです。上から目線の「バカじゃない?」も嫌ですね。

(6)質問が増えるのは「好意のサイン」

質問の量が増えたり、LINEを即レスしたり。あとは、好きな人を前にするとじっと見つめる時間が長くなります。こんな男性の好意、気づいていますか?

(7)恋愛は「減点方式」

どちらかといえば、恋愛は減点方式でしょう。だって最初のセックスまでが最高点ですから。

そこから、一気に減点方式に移行しちゃいます。

(8)恋愛より仕事が大事

「私と仕事、どっちが大事?」という禁断の質問。

本音を代弁します。やはり仕事でしょうね。

ただし、彼女が嫌いということではありません。最終的に女性と子どもを食わせていきたいという男性のプライドがありますから。ヒモ男はレアケースなのです。

(9)好きじゃない相手でもセックスできる

男性にとってセックスと恋愛は別物です。

よくいう本命と遊び相手は別ということですね。なかなか理解してもらえない男心ですが、これが正直な本音なのです。

(10)浮気する理由は「自分の価値を試したいから」

浮気するのは、自分の男としての価値(テクニックも含め)を試したいからです。

彼女にない何かを持っている女性は、一時的に魅力的に感じてしまうんですね。あとは、自分がいかにモテるかを浮気によって自慢したいところもあります。

(11)男友だちと彼女なら前者を選ぶ

男友だちを選ぶ男性が多いですね。

「付き合い悪い」は男として言われたくないフレーズのひとつ。彼が男友だちとの付き合いを大事にしていたら、快く送り出してあげてください。

(12)下ネタを言う女の子は対象外

飲みの場で一緒に盛り上がれる女性は嫌いじゃないですけど、本命にはしたくないですね。

ただ、「軽い女」と分類してしまうのでセックスはしたいと思うはずです。

(13)彼女と別れたくなるのは「飽きたから」

男性が別れたくなる理由。束縛とかいろいろあると思いますが、一番は「マンネリ」や「飽きたから」でしょう。

(14)結婚したい瞬間は女性と同じ

男性が結婚を考えるのは、友人の結婚式に出たときや、転勤や転職を機に一瞬、不安になったとき。

男性が結婚したいと思う瞬間は、別に女性と変わらないんです。

(15)恋愛は「フォルダ保存」

よくいわれる言葉ですが、これは本当です。過去の終わった恋愛でも、いい思い出になって記憶に残っていることは多いですね。

だから昔の彼女が「今、幸せかどうか」がたまに気になったりするんです。

(16)男性が言う「かわいい」の基準はリアクション

見た目だけじゃなく、男性と会話したときのリアクションがいいことが大事。そこで男心(プライド)をくすぐられるわけです。

女性のリアクションによって自尊心が保たれる、それが男性です。

(17)頻繁なLINEはぶっちゃけ面倒

正直、頻繁なLINEは面倒くさいと感じることのほうが多いです。

ただ、YES or NOで解答できるものはまだいいですよ。逆にそれじゃ答えられないような内容が重たいLINEは嫌です。

(18)女性のネイルやおしゃれには「気づいてない」

天性的に気がつく男性もいますがかなりレア。マジョリティは気づかないと思います(笑)。

とはいえ興味がある子の変化は、まあ気づくでしょうね。マジョリティは気づかないと思います(笑)。

(19)奢る心理は「好意があるから」

もともと、「女性にはお金を出させない」というスタンスの男性もいますが、今は割勘世代が多いかもですね。

だからそれでも奢るということは、基本的に「好意があるから」と思ってください。

(20)一番重いと感じる言動は「彼女面」

やはり束縛全般です。これはありきたりですよね(苦笑)。あとは、まだ彼女でもないのに、彼女面する女性はやっぱり重いですね。

また過去の恋愛経験を話してくるのはいいですが、それがすべて悲惨だとなんだか重く感じます。「付き合ったら俺も巻き込まれるのか……」と。

あとは束縛全般です。これはありきたりですよね(苦笑)。

(21)既読無視の理由は「興味ない」

既読無視は興味がないことに気づいてほしいシグナル。単なるずぼらな男性もいますが、前者が多いですね。

(22)「モテるでしょ?」は「かわいいね」の裏返し

君のこと「かわいい」「興味あるよ」と心では言っています。

「モテるでしょ?」と言われたら素直に喜んでください。

(23)「遊びの女」はルーズな女性

スタイルや顔といった見た目はいいけれど、話す内容が幼稚だったり、いろんなとこがルーズだったりするのはNG。

押しに弱そうな女性も本命にはならないですね。

(24)やっぱり家庭的な女性を本命にしたい

男性は料理、掃除など家事全般ができて安心感のある女性を求めます。これはある意味今も昔も変わらない部分なのかもしれません。

(25)本命彼女の証は「男友だちへの紹介」

本気で付き合っている彼女のことは、自分の友人へ積極的に紹介すると思います。

男性である筆者もそうですが、まわりの男友だちから評価の高い女性を本命にしたがる傾向もあります。

(26)振るより振られたい

男性は、振るより振られるほうがいいと思っています。

なぜなら、自分が振る側だとあとで「別れなきゃよかった」と後悔することが多々あるんです。

だから、自分から振っておきながら「最近どう?」とLINEを送ってくる男性はけっこういます。

(27)スマホのロックは浮気の兆候

急にロックしはじめたり、ロックナンバーの数が増えたり、スマホのケースが手帳タイプに変わったりするのは、浮気(やましい)の兆候があると思ってください。

(28)グレーなことは笑ってごまかす

一種の「悪魔の微笑み」というやつです。間違いなくグレー。

真っ白なら、真剣な顔して否定するはず。なんとかしてごまかしたい気持ちの表れでしょう。

(29)「浮気の定義は?」で女性の度量を測っている

たまに浮気の定義を聞いてくる男性がいます。

これは、あなたが「女として軽いかどうか?」を推し量っています。このアンサー次第で男性からのアプローチの仕方が変わってきますよ。

(30)「お持ち帰り」を狙っているときの4つの質問

合コンなどで男性が「お持ち帰り」を狙っているとき、女性に聞く質問があります。

よくあるのが、「お酒強い?」「どこに住んでるの?」「ひとり暮らし?」「明日の予定は?」という4つの質問。このアンサー次第では、しつこく誘ってくる可能性があります。

男心を理解する「30の本音」

マジョリティ男性の本音、30本ノックいかがでしたか?

男性の本音は、まだまだこのほかにもたくさんあります。

それを知るためには、恋愛の場数を踏むことが一番なんですが、それには時間と労力がかかってしまいますよね。だから、手っ取り早く、効率よくの、僕のコラムでストックしていくことをオススメします(笑)。

男の本音を多く知っていることが、今後の恋愛の道標に大きく影響しますからね。

また、次回、みなさんが知りたい男心について紹介したいと思います。

(TETUYA)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]