お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

男女差恋愛学でわかる! 男と女の「決定的な恋愛観の違い」10

高田机上(男女差恋愛学)

恋愛観とは、男女でまったく異なるもの。付き合うとそっけなくなる男性心理がわからない! なんで男性は結婚に焦らないの? など、男心がわからず失敗を繰り返してきた女性もいることでしょう。この記事では、男女差恋愛学の高田机上さんに「男女の恋愛観で決定的に違うこと」とその理由を徹底分析・解説してもらいました。

こんにちは、男女差恋愛学の高田机上です。

私は日夜、ブログで男女差の謎に迫っています。

今回のテーマは「男女の恋愛観の違い」についてです。恋愛の概念はひとつのはずですが、その捉え方には男女差があるのです。

男女で差が出る「10の恋愛観」

恋愛観において、男女の捉え方の差が顕著に表れる10項目をさっそく見ていきましょう。

(1)「総合力で好きになる女」と「容姿を好きになる男」

女性:総合力で好きになる
男性:容姿重視で好きになる

女性にとって交際は結婚前提です。

結婚して経済的・精神的に安定した生活を送れる相手を総合的に選びます。また、女性それぞれで重視する項目が違っても(容姿、性格、評判、経済力など)、総合点はあまり変わりません。

ですので、総合力の高い男性に人気が集中します。

一方、男性にとって交際は性行為前提です。

性行為したい容姿(妊娠能力が高い=若い・健康)を中心に選びます。もちろん性格も考慮しますが、容姿の合格が前提になります。女性の社会進出が進んだ昨今も、結婚したら男性が生活をリードする立場 であると責任を感じている人も多いと思います。したがって、女性に求めるものは生活基準のメリットではなく、容姿になるのです。

(2)好き候補は「数人の女」と「数十人いる男」

女性:好き候補は数人
男性:好き候補は数十人

女性の総合力審査を突破して、好き候補に昇格する男性は数人程度です。

外見だけなら突破できる男性も、内面も見られると絞られます。女性は、好き候補の中から一番「総合力が高い男性」や、一番「ときめきを与えてくれる男性」を好きになります。

男性の好き候補は容姿重視で選ぶので合格者が多いです。

その上、接点が少ない女性や彼氏持ちの女性までも含めるので数が増えます。「あわよくば」までをも候補にするので節操がありません。

最終的に男性は、好き候補の中から一番「自分と付き合ってくれそうな女性」を好きになります。

(3)恋心が「段々高まる女」と「はじめから高い男」

女性:恋心は段々高まる
男性:恋心ははじめから高い

女性は結婚が前提なので「自分の人生を預けられるくらい」の信頼ができてはじめて「好き」だと確信します。

信頼ができるかの審査には時間がかかりますし、信頼というものは人間関係の積み重ねで成立するものなので、恋心も段々と高まるわけです。そして、女性は好きになるとなかなか冷めません。

男性は容姿重視で好きになるため、初対面で早くも好き候補になり、少ないやりとりでもう好きになります。

男性も「この人と結婚できるか」と考えると慎重になりますが、交際時点では結婚を考えていません。男性は交際前に恋心のピークが来て舞い上がりますが、1回性行為をするとその気持ちは落ち着きます。

(4)「うまくいかないときに恋する女」と「うまくいったときに恋する男」

女性:人生がうまくいってないときに恋
男性:人生がうまくいっているときに恋

女性は人生や仕事がうまくいってないとき、「誰か(恋人)に頼りたい」と考えがちです。

でも、その考えはよくありません。なぜなら、自分の感情は自分で面倒を見なくてはいけないから。自分を救えるのは自分だけなのです。男性側としても「私を救ってほしい」というのは重いと感じます。恋愛感情じゃないですもん、それ。

一方の男性は、余裕がないと恋愛はできせん。

男性にとって恋愛とは「がんばるもの」だからです。もちろん交際後は、落ち込んでいるときに彼女に甘えたいと思うこともあります。

しかし、恋愛以外にがんばるべきことがあるとき、独りなら「がんばって彼女を作ろう」という気にはなりません。

(5)「交際前は女が客」であり「交際後は男が客」

交際前:女性が客、男性が店員の関係
交際後:男性が客、女性が店員の関係

男性は付き合ってもらうためにがんばりますが、付き合うと手を抜きはじめます。

はたまた女性は交際後に恋心のピークが来ますが、そのとき彼氏の恋愛感情は落ち着いてしまっているため、ギャップが生じるのです。そして、彼氏に尽くしたり執着したりして立場の逆転が発生します。

良好な交際だと、「同僚店員の関係」になります。同僚店員とは、お互いが相手のために努力する対等な関係のこと。この関係がカップルの理想でしょう。

(6)「言葉を重視する女」と「行動を重視する男」

女性:言葉を重視
男性:行動を重視

女性は彼氏からの気遣いや思いやりの言葉によって、自分の感情を気にかけてもらえないと愛情を実感できません。

男性はそのロジックがわからないので、毎週デートをしたりプレゼントをしたりしていれば、日常LINEをしなくても愛情を表明できていると考えています。

男性のほうは、彼女が体を許す行動をしてくれないと愛情を実感できません。

言葉で「好き」だなんていくらでもいえるからです。男性は感情表現が苦手ですし、相手の感情を読み取るのも苦手。そのため行動をすること・してくれることが重要と考えます。

(7)LINEで「会話したい女」と「業務連絡でいい男」

女性:LINEは会話
男性:LINEは業務連絡

女性は言葉を重視し、その頻度も重視します。

相手が彼氏にしろ友だちにしろ家族にしろ、言葉のやりとりをしていないと相手とつながっている実感を持てないのです。したがって、一番つながっていたい彼氏との日常LINEは生命維持するための呼吸のようなもの。

男性はそんなことないので、LINEは用件を伝えるためでしかなく、日常LINEは面倒とさえ感じます。そこまでしなくても相手とつながっている実感が持てるからです。

くわしくは過去の記事「彼氏から連絡がこない『本当の理由』」 をご参照ください。

(8)「未婚だと焦る女」と「童貞だと焦る男」

女性:未婚だと焦る
男性:童貞だと焦る

女性が未婚だということは「男性からまだ愛を誓われていない」ということにもなります。

女性にとって結婚は「強固な心のつながりの証明」です。それがないのはとても不安になります。女性には出産のタイムリミットがあり、時間の制約もあるので結婚を焦るのです。

男性は童貞だと「一人前の男」ではない気がして焦ります。

女性は「好きになった人が童貞だったら嫌」というわけではありませんよね。しかし、男性にとっては愛情表現イコール性行為なので、彼女には体のつながりを求めます。

(9)結婚は「ゴールである女」と「リタイアである男」

女性:結婚はゴール
男性:結婚はリタイア

女性の本能的なゴールは「優秀な子どもを産むこと」です。

結婚により経済的・精神的に安定した生活を送れる相手から、「強固な心のつながりの証明」が得られました。めでたし。

女性にとって結婚は夢ですが、性行為は現実です。妊娠・出産で確実に人生が変わるからです。

逆に、男性は「たくさんの女性と性行為する」という本能的なゴールを持っているため、結婚とはリタイアです。現役引退です。

男性にとって性行為は夢ですが、結婚は現実(責任)なのです。自発的にしたいとはあまり思いません。彼氏がなかなかプロポーズしてくれない、と多くの女性が悩む理由はそこにあります。

(10)浮気は「転職活動である女」と「副業である男」

女性:浮気は転職活動
男性:浮気は副業

女性は「この恋人(会社)とはやっていけない」と感じると転職活動をします。交際を続けても幸せな結婚を望めないからです。女性は彼氏に大きな不満がなければ副業はまずしません。

ちなみに、女性は普段の人間関係の努力により、演技に慣れているため浮気をしてもバレないことがほとんどでしょう。

男性も愛想が尽きれば転職活動をしますが、彼女に不満がなくても副業をする人がいます。生活苦ではなく遊ぶ金ほしさに近い感覚です。

男性は演技に慣れていませんし、女性の察知力の高さで浮気がバレてしまいます。

男女でこんなに違う恋愛観

恋愛観が近い相手のほうがうまくいきますが、男女で恋愛観がすべて合致することはありません。

好きだけど恋愛観が合わない相手と、話し合いをして(重要)、お互いがどこまで歩み寄れるかが交際や結婚です。

歩み寄れないなら、そこまでの相手ではないか、自分の要求が高すぎるかです。歩み寄りすぎもいけません。片方が我慢して成り立つ関係はうまくいきませんし続かないのです。

こんな男女差を理解して、恋愛を成就させましょう。

(高田机上)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]