お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

男女の違いとは? 女が知らない「男性の性欲」の真実

森林原人

女性にはわからない「男性の性欲」のあれこれ。なぜ男性の性欲は女性よりも強いのか、彼らがどんなときにセックスをしたいと思うのか、などを理解すれば彼とのコミュニケーションも変わってくるはず。この記事では、AV男優で執筆活動も行う森林原人さんが「男性の性欲の実態」をくわしく解説します。彼と性欲に温度差があるときの対処法とは?

セックスが難しいのは、相手がいることです。

自分らしさを大切にしろと教育されて育ってきたのに、自分本位でいられないのがセックスです。どうやったら、自分も相手も楽しめるセックスになるのでしょうか。

特に「彼氏との性欲の温度感に差があること」に悩みを抱え、上手なコミュニケーションの取り方がわからないという女性は多いことでしょう。

そこで今回は、仕事柄1万人近くと体を重ねてきた持つ僕が、「性欲」という視点から、男女のすれちがいを考えていきます。

一般的に「男性は女性よりセックスが好き」

草食男子だ、絶食男子だと呼ばれる男性が増えているといわれて久しいですが、肉食男子もロールキャベツ男子(外見はギラギラしてないので一見草食に見えるが実は肉食)も、まだ少なからずいます。

女性より男性のほうがセックスしたい理由

娯楽の選択肢が増えたことで快を得る楽しみの王様がセックスでなくなったし、情報化が進みセックスにまつわるリスク(性感染症、性暴力、人格否定、自己嫌悪)の可能性を知ってしまい慎重にならざるを得ない現代ですが、セックスが好きな男性は女性より多くいます。

なぜそう言い切れるか?

それは、セックスで快感を得やすいのが男性だからです。

男女関係なく多くの人にとってセックスとは挿入のことで、射精で終わります。それには勃起が必要です。つまり、「勃起、挿入、射精」がセックスの定義で、これらすべて男性サイドに決定権があります。

だから、セックスをしたい女性は男性に気を使わなければなりません。勃ってください、挿れてください、イッてください。どう考えても気持ちよくなりやすいのは主体性を発揮しやすい男性です。

男性はなぜセックスをしたがるのか?

快感を得やすい男性は、動物的本能として快を求めてセックスをします。

でもそれだけではありません。むしろ、純粋に肉体的快感だけを求めてセックスをしている男性は、今の日本には少ないのではないでしょうか。

セックスの裏にある「支配欲・社会的要請・承認欲求・義務感」

先ほども書いたように、セックスのリスクを知ってしまうと、そのリスクと得られる快が見合っていないように思えてきます。

それでもセックスをするのは、本人も自覚していない意識下に、「支配欲」「社会的要請」「承認欲求」「義務感」などがあるからだったりします。

ちなみに恋愛感情とセックスの結びつきは薄い

一方で、ロマンチックに愛とセックスを結びつけ、恋愛感情や愛着の表現としてセックスをするのは、そもそも日本の文化として定着していません。

これも、なぜそう言い切れるのか?

それは、日本の家庭では、両親がセックスをしている姿が想像できないという人が大半だからです。

現在の日本において、男女関係の基本とされている夫婦からセックスの匂いを感じとらなかった子どもは、当然ながら男女関係にセックスを持ち込む流れを身につけられません。

さらに、性の匂いをさせないのは、父親以上に母親のはずです。

日本におけるスタンダードな男性の価値観である、自分の彼女や奥さんには性的な匂いを求めないのに、一方でエロい女性が好きというダブルスタンダードは、こんな家庭環境から生まれています。

愛情を互いに持つ2人が一緒にいれば、自然とセックスという表現行為になっていくと身につけていなければ、ほかの流れからセックスを学んでいくしかありません。

たとえばエロ本などのフィクションから「情報」としてセックスを学ぶと、セックスが何かしらの手段になります。そういったとき、大抵女性はモノ扱いになっています。

自分の支配欲を満たすためのモノ。社会的評価を得るためにゲットすべきモノ。自分の価値を確認するためのモノ。それが男性の根幹にあるセックスしたい理由です。

次ページ:男性間に存在する性欲の差は「強弱」ではなく「タイプ」

お役立ち情報[PR]